よもやまシネマ-18 最後の初恋
e0120614_13402868.jpg
'08.Oct.20

 ひさしぶりに恋愛映画を見た。それも大人の・・・。主演はリチャ−ド・ギアとダイアン・レインのふたり。ダイアン・レインはデビュ−作の「リトル・ロマンス」からのファン。デビュ−後、コッポラ監督作品に立て続けに出演したが、あまり興行成績にめぐまれず、しばらくスクリ−ンから消えていた時期がある。2000年以降復活しはじめ、いままたその美しい姿を見ることが出来るようになった。味のある年齢になって、これからが楽しみな彼女。もっとスクリ−ンに出てほしい女優さんである。若い頃の汚れを知らない美しさから、人生を重ね内面からでる大人の美しさが加わり、いい女(女優)になった。e0120614_16175019.jpg

 絵に書いたような恋愛物語に、これまた美男・美女の俳優ふたり。いかにものアメリカ映画である。彼らは過去2度共演をしていて、息もピッタリといったところ。わたしてきには、前回の「運命の女」のほうが2人ともうんと輝いてみえる。ダイアンはこの時アカデミ−賞にノミネ−トされ、体当たりの演技は彼女のイメ−ジを完全に変えてみせた。今回の作品はそれとくらべると、物足りなさがわたしには残る。
 互いに傷を持ち、引きずる2人の出会いから、ラストまでの流れはごくありがちなスト−リ−。海辺の古いホテルも使い古されたスチエ−ションである。人は人生の半分くらいにたどり着くと、こんな出会いにあこがれるのだろうか?解らないではないが・・・。ただ欲を言えば、物語の中盤にでてくる、手術で妻を失った老人や、その息子の気持ちのような内面的部分が、もっと画かれていたら良かったと思うのだが。リチャード・ギア演じる医者が老人から聞かされた、妻への深い愛。恋から愛に変わってゆく人生を知ったシ−ンがわたしは一番好きである。これがなければ、まさにハ−レ・クイン・ロマンスのぬる〜い世界だったかも・・・。たがこのあと主人公の医者が涙を流した後の展開が、手のひらを返したようなラブシ−ンにつながり、ちょっとアレッ?て感じで気持ちがさめてしまったのは事実。そんなに軽くて良いの!?といったところである。ま、イイ男とイイ女が出会えばこんなこともあるのかな?みなさん頑張りましょう(いったい何を!)。
 そう言えばこの映画を見た後、30年くらい前に見た「おもいでの夏」という映画を思い出した。1971年、海辺の別荘でおこる、ひと夏の恋愛ドラマ。これはお薦め。性への好奇心と、美しく優しい年上の女性への思慕の情を画いた作品。ぜひ機会があったら見て下さい。音楽はミッシェル・ルグランが担当で、その甘く切ない調べは、映画の印象をさらに強く印象づけた名曲。そしてこの映画の主演女優ジェニファ−・オニ−ルは最高でした。
# by eddy-web | 2008-10-20 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-17 落下の王国

e0120614_13402868.jpg
'08.Oct.9

 銀座で映画を鑑賞するのは、いったい何年ぶりだろう。思い出せないくらい時間がたっている。以前は仕事帰りに、週一くらいは映画館に足を運んでいたものだが・・・。裏通りの風景も随分様変わりし、ますますお洒落になった。ほかのどこともちがう、大人の街、銀座。 生涯記憶に残るであろう映画に、また出会った。 
 どうしても見たい思いが足を運ばせた、「落下の王国」。大袈裟に聞こえては困るが、久しぶりに映画の枠からはみ出た作品と出会い、感動で一週間ほど余韻をひとり楽しんでしまった。言葉では言い表せない美しい映画だ。しかも実写にこだわった演出、脚本、映像、衣装、音楽、どれをとっても一級品。映画からそれを超え、芸術品といえるものになっている、そんな映画だ。映画は元来、総合芸術と言われているが、まさにそのもの。こんな想像力豊かな作品は、「2001年宇宙の旅」以来かも知れない。
 物語り事態は青年と少女の交流から生まれるお伽話なのだが、よくもこれだけ手間ひまかけすごい作品に仕上げたものと、監督やスタッフの力に喝采。構想26年、撮影4年とはさもありなん。本当にすばらしいア−トの世界がここにある。良すぎてあんまり人に言いたくないほど、ひとりじめにしておきたいほどである。監督は「ザ・セル」で世界を驚かせたタ−セム。インド生まれでヒマラヤの寄宿学校で教育を受けたという。ヒマラヤを訪れたことのある、友人があそこには神が住んでいると本当に言っていたが・・・?。そんな環境の中育った人だから、こんな映画が描けるのかも知れない。それとCMの監督として企業広告を多く手掛けてきたキャリアが、このこだわりと映像美を生んでいるのだろう。コスチュームデザインを手掛けた石岡瑛子の衣装も本当に美しいく、それだけでも充分見る価値のある作品になっている。彼女は日本を代表する芸術家として、世界に知られている。広告の賞はもちろん、そのア−トワ−クはその枠を超えグラミ−賞やアカデミ−賞までその手に掴んだすごい女性。タ−セム監督とは「ザ・セル」以来の付き合いと聞いている。才能豊かな人は互いに目に見えない糸で引き合うのだろう。彼女はわたしの大好きなアイスランドの歌姫ビヨ−クの作品も手掛けている。ビヨ−クもまた歌の世界を飛び出し、「ダンス・イン・ザ・ダ−ク」で俳優として世界の賞を総なめにした天才ア−ティストである。才能は違いに引き合う、これはその人たちしか与えられない運命みたいなものかも知れない。うらやましい限りである。
 「落下の王国」は説明無用。はじまりの白黒タイトルロ−ルのスロ−モ−ション画像からぐいぐい引き込まれてしまう。静かな映像は写真家コルベ−ルを思いおこす。とにかく見て欲しい作品。本当に贅沢な作品で、見てけっして損はない。子役の少女アレクサンドリアは取分けの美人ではないが、とても自然体ですごく愛らしい。氷屋が運んできた、氷をイタズラで舐めるシ−ンや、ベッドの上で写真を片目づつ瞑って見るシ−ンは本当に純真無垢。主人公の青年の心の闇を溶かすのは、この彼女の純真なこころ。最後のベッドで横たわる少女と青年の会話場面は、やはり涙を誘う。何度も念を押すが、ぜったいお薦めの作品です。

★なんと美しいポスターでしょう。
 これだけで映画が見たくなりますよね。
e0120614_15335433.jpg

# by eddy-web | 2008-10-14 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-16 パコと魔法の絵本
e0120614_13402868.jpg
'08.Oct.3

 楽しみにしていた映画を鑑賞した。監督はいまもっとも注目されている、中島哲也監督。広告の世界から映画界に転身したひとで、映像に対するこだわりが随所に見られる。「嫌われ松子の一生」では暗いテ−マをミュ−ジカルじたてに演出し、今までにないエンタ−テ−メント作品を作り上げた。いままでの日本映画にはない、新しい表現が生まれた気がする。今回もその手法はますます磨きがかかり、大人のファンタジ−を見事に創ってくれました。大好きな作品がまた一つ、わたしの中に増え大満足。CGの使い方で前回すこしグチったが、この作品みたいなら何も文句などない。むかし見た「オズの魔法使い」が思い浮かんだ。夢がいっぱいで、手作りの暖かさと、とてもうまく重なって美しい。出演した役者のひとりひとりがいきいきして、とても輝いて見えた。きっとみなこの作品が大好きにちがいないと思う。とくに役所広司の大貫は圧巻である。ほんとうに憎たらしいクソじじいで、見ていて腹立たしくその上手さゆえ、後で思いっきり泣かされる。こんなに笑い、こんなに泣いた作品は久々。妻夫木聡、上川隆也はあまり見たことのない芝居を見せ、大いに笑わせてくれる。ほかの俳優さんたちも元気いっぱい。おかま役の國村隼なんか、新宿にいそうで恐いほどはまっていた。「萌の朱雀」の彼はどこにもいません。いやとにかく良かった、何度も見たくなるそんな映画。あんまり泣きすぎ、さすがに映画終了時にすぐ席を立てなかった。きっと目が赤いのがぜったい分かってしまう。実はラスト近くでもうこれで終わりだろうと、自分なりに泣くのを押さえていたのだが、最後にこれでもかともうひと押し、NAMIDAのツボをつかれてしまったかれである。クソ−ッ!!みなさんとにかくぜひ御鑑賞あれ。思いっきり泣きたい人お薦めです。女性が泣くとさっぱりする気持ちがすこし解るかも・・・。
 最後に大貫と浅野の名セリフ。「先生、涙ってのは、どうやって止めるんだ?」「簡単です。いっぱい泣けばとまります。」このシ−ンは感動です。見たあとは、やさしい気持ちがいっぱいになり、幸せな気分になること間違い無し。人のためにこころをつくすことの大切さが、ここに画かれています。
e0120614_1694910.jpg

# by EDDY-Web | 2008-10-06 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
大相撲秋場所を見に国技館ヘ
e0120614_11303159.jpg
'08.Sep.30

e0120614_17939.jpg
 もう3週間も前のことだが、お世話になっているクライアントのK部長から大相撲のチケットをいただいた。それも枡席である。こんな機会はそうはないと、家族で見に両国へ。格闘技大好きのわたしだが、大相撲ははじめて。こどものようにワクワクドキドキ。席は正面のすごく良い場所で、TVで見るのとはひと味もふた味も違う。これが生で見る醍醐味なのだろう。プロレス、ボクシング、カラテなどいろいろな格闘技を生で見てきたが、お相撲はなんといっても国技。伝統や歴史いろいろな意味、興味をひかれ席についてから国技館の中をキョロキョロ。この時は四歳の息子より落ち着きがなかったかも知れない。大好きな高見盛(ロボコップ)が勝った時はやんややんやの大喝采、ひとりはしゃいでしまった。秋場所三日目で満員御礼の幕はなかったが、会場は熱気でむんむん。横綱、朝青龍に早くも土がつき、座ぶとんが空を飛びかう。この感じは一度味わったら、病みつきになるかも・・・。お弁当やらお酒など振舞われ、最高の時間を満喫。K部長には感謝感謝の一日でした。座ぶとんを投げる用意(気持ち)で来ていたカミさんだが、興奮して投げるのをすっかり忘れてしまった。と後でボヤいていました。そういう自分もすっかり、うっかり。今度もしチャンスがあったら、絶対投げてやる!と密かの思うわたしである。
 大相撲がいろいろ別の意味で話題になっているが、大切に守っていってほしい文化だと、心から願う今日この頃。よろしくお願いします、協会の関係者の方たち。
e0120614_1793616.jpg

# by EDDY-Web | 2008-10-01 00:00 | ひとこと・ひとごと・ひとりごと | Comments(0)
よもやまシネマ-15 20世紀少年とWANTED
e0120614_13402868.jpg
'08.Sep.25

 昨日、時間を見つけ「WANTED」を見た。これで先週の「20世紀少年」と立続けに話題作に触れることになる。2つの作品いっしょに感想を書くのはちょっと手抜きかも・・・だが、正直言ってすこし物足りなさが残ってしまったのも事実。でも、ここは評論の場ではないので映画の良い所を見つけ書きましょう。

e0120614_16551595.jpg
 と言う訳でまず、「20世紀少年」。原作の大ファンである。というよりは浦沢直樹のファンが正しいかも・・・。とくにいま、「PLUTO」にはまっている。この作品は手塚治虫の原案、鉄腕アトム「史上最大のロボット」に浦沢ワ−ルドをぶつけた作品。どう挑むかが、すごく興味深かった。東京オリンピックの時、月刊「少年」に掲載され、アトムの中では最も私たちの心をつかんだ作品である。浦沢は見事に新たな世界を創り、わたしを虜にした。浦沢が手塚治虫を尊敬しやまないから生まれた作品と確信する。神様に挑んだ彼の姿勢と作品には、感動のひとこと。どういう結末が待っているのか、こどもの頃と同じようにワクワクしている自分である。浦沢作品は「MONSTER」もそうだが、マンガという枠をこえている、そう思う自分である。
 あっ、とまた話しがそれました。映画、映画。「20世紀少年」だが三部作に分けての公開である。長い話なのでいたしかたあるまい。だがどうだろう、はやく次を見たいと感じる映画になっただろうか?原作を読んでいる、読んでいないのどちらにしてもちょっと・・・。なんだかT.REXの曲が懐かしさだけでなく、時代を超えそのインパクトで映画を飲み込んでしまった感がある。その音が耳に再び焼き付いてしまった。
 時代背景は私たちの少年期、古き良き時代の昭和である。秘密基地づくりやチャンバラごっこに夢中で遊んだ頃を思い出す。それだけでもワクワク、ドキドキな自分なのだが・・・?。映画は原作に忠実に描かれている。だが、それでは原作のもつ、想像力を掻き立てるような刺激は伝わってこない。それを見たかったのだが、欲張りな要求なのか?話はかわるが、キャストはよくもこんなに原作キャラに近い人物を揃えたなという感じである。みんな頑張っていて拍手!!あと、常盤貴子はやっぱり綺麗でした。と言う訳で新春公開の第2段に期待しましょう。

e0120614_16525187.jpg
 さて、「WANTED」。こちらはCG使いまくりで、内容がやや薄い印象を受けた。それと全体に乾いた感じで、わたしの中のなにかにしっくりこない感じがした。スマ−トだしオシャレだしカッコイイ。ただ、なんだかそれだけしか残らなかった。悪を裁く秘密結社の暗殺者という奇抜なテ−マからすれば、こんなものなのかも知れない。アクションが全面にでているばかりで、もう少し登場人物の内面、心理を見たい気がした、もちろん出してはいたのだが。主人公の青年ウェスリ−(ジェ−ムズ・マカウヴォイ)がうだつの上がらない人間から、精密機会のような殺人兵器へと変わっていく過程はなかなかの熱演。脇を固める役者たちも、個性豊かでなかなかである。もちろんモ−ガン・フリ−マンの存在感は言うまでもない。ちょこっとでていたテレンス・スタンプは渋くてカッコ良かった。「テオレマ」の若い頃とはちがった意味で本当のアクタ−。アンジェリ−ナ・ジョリ−は、やっぱし文句なくカッコイイのひとこと。すっかりアクション女優の強いイメ−ジが定着してしまった。でも、わたしは、「17才のカルテ」の時の彼女が好きである。繊細で壊れそうなそんな彼女をできれば、もう一度見たい気がする。勝手をいってすみませんが・・・。余談ですが、彼女の父は「真夜中のカ−ボイ」で鮮烈な印象を残しデビュ−した、ジョン・ボイド。「帰郷」でアカデミ−賞を取っています。一番解りやすいのは「チャンプ」のお父さん役です
# by eddy-web | 2008-09-25 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
初秋のヨコハマ。
'08.Sep.6

e0120614_151727100.jpge0120614_1527265.jpg   
先日、久しぶりにヨコハマを訪ねた。その日は秋とは思えない強い日射しが照りつけ、季節は夏に逆戻り。9月より仕事をいっしょにすることになったIさん。そのIさんが趣味でやられている染色のグル−プ展が開かれていて、ちょっと覗きにやってきた。ヨコハマの町並みはいつ来ても、異国情緒が漂いとてもロマンチックな気分にさせる。会場は石川町からほどなく坂道を上った丘の上にある。名はイタリア山庭園、「ブラフ18番館」。体力には自信あるほうだが、なかなかの上り坂で、着いた時はハンカチはビッショリ。よくは解らないが外交官のもとお屋敷のようである。入口からすでにとてもいい雰囲気で、一歩一歩階段を上る度にワクワクする自分。静かなたたずまいは凛として美しい。お庭は手入れがゆき届き、ゆったりとした空間を演出している。展覧会場は1階にあり、庭が見える全面ガラス張りでかこまれたシンプルな造り。柔らかい木漏れ日が差し込み、とても心地よい。展示された20点ほどの作品はどれも、それぞれ個性が感じられ染色のもつ、淡い色彩にこころ引かれる。
 会場の来られていたIさんのお母さんとご挨拶をし、しばらくお話をした。お若い感じでとてもチャ−ミングな方。60才後半と聞いてとても驚いた。できれば、年はこう重ねたいと思った自分である。短い時間だったが、とても良い時間を過ごすことができた。時間を見つけ、今度はもっとゆっくり高台の町を歩いてみたくなった。
e0120614_12522160.jpg
Iさんの作品「50色の水玉帖」


e0120614_15284019.jpge0120614_1530507.jpg
# by EDDY-Web | 2008-09-09 00:00 | 展・覧・会 | Comments(0)
悩みおおきヒ−ロ−
'08.Aug.25
 アメコミを映画にしたシリ−ズは数多くあるが、個人的にはバットマンが一番好きな私。強さの裏側に合わせもつ弱さに、とても引かれる。どこが好きかと言えば、およそヒ−ロ−とは言いがたいその出で立ち。全身を黒はどうみても悪のイメ−ジ。そこには“心の闇”をかくし戦う、今までにないヒ−ロ−像が存在する。ま、悪のイメ−ジと言えば、スパイダ−マンもその部類なのだが、ディ−プな美しさは問題にならない。スパイダ−マンも好きな映画ですが・・・。現シリ−ズも前シリ−ズも、テ−マや表現の違いはあれど、本当に好みの世界観がある。全身黒のラバ−で身を包む姿はカッコイイの一言。これは男の子にしか解らない感情かも知れない。もちろん女性を差別する気は毛頭ありませんが・・・。好きな女性のみなさんゴメンナサイ。
 まず前シリ−ズで一番好きなのは、ティム・バ−トン監督作品の「リタ−ンズ」。これはティムだからこそ、描けた作品だろう。監督のファンタジ−な表現はもちろん、キャット・ウ−マンやペンギンのキャラも哀愁があり、とても魅力的だった。悪役にもかかわらず、愛すべき存在感を出していた。シザ−・ハンズ同様、これがティムの世界。暗の中に小さな光を見つけるような、不思議な世界がそこにある。彼の作品は大人のおとぎ話、わたしを決して裏切らない。話しがそれてしまい申し訳ない。ティムの話はまたの機会にして・・・。前シリ−ズはロビンが登場してから、やや軽くなってしまった。もちろんそれは彼のせいではなく、やはり監督の力にほか成らない。前シリ−ズのレベル差はかなりあるのだが、「バットマンが好き」で許しましょう。偉そうですが・・・。
 話しをはじめると終わらないくらい好きなわたしは、やっぱりOTAKU?! だれか教えてくれますか!次回は最新作「ダークナイト」の話しを・・・。

e0120614_1147428.jpg
# by EDDY-Web | 2008-08-29 00:00 | ひとこと・ひとごと・ひとりごと | Comments(0)
よもやまシネマ-14 ダ−クナイト
e0120614_13402868.jpg
'08.Aug.29
e0120614_120845.jpg
 バットマンの最新作「ダ−クナイト」を鑑賞した。とても重い映画になった。前シリ−ズを完全に消去した、別の映画になっている。バットマンは道先案内人になり、ジョ−カ−が今回の主役である。究極の悪、これが今回のテ−マになっていて、こんなにも人は悪になれるものなのかと思い知らされる。きっと現代社会に潜む理不尽さを見つめて、辿り着いた作品なのだろうと思える。勧善懲悪のヒ−ロ−映画はここには存在しない。まさにバットマンからダ−クナイト(闇の騎士)と生まれ変わった。ジョ−カ−を演じたヒ−ス・レジャ−は鬼気せまる怪演である。前シリ−ズのジャック・ニコルソンはいるだけでジョ−カ−だったが、彼はいたら恐いジョ−カ−を演じきっている。この作品は、完全に彼のワンマンショ−。クチャクチャとしゃべる話し方が、耳について離れない。
 バットマンはこころの片隅に闇(病み)を抱え、悪を超える悪を目指す。だが成りきれない弱さが時として、自分を追い込み悲劇を生む。それをあざ笑うかのようにもてあそぶジョ−カ−は、殺人や破壊を楽しむ史上最凶のジョ−カ−そのもの。題名のダ−クナイト(闇の騎士)はもうひとつジョ−カ−のダ−クナイト(暗闇)を表しているのかも知れない。存在してはいけない人なのか・・・?こんな人物が現れないことを祈るばかりだ。
 ジョ−カ−を演じたヒ−ス・レジャ−は、08年1月若くしてこの世を逝った。「ブロ−クバック・マウンテン」などに出演し、高い評価を受けていた人物。とても残念な、そして大きな損失である。合掌。
# by EDDY-Web | 2008-08-29 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
2008年夏。残暑お見舞い申し上げます。
ひとくち、いかが・・・・。
EDDYがスタッフを揃え、新部門のWebデザインをはじめました。
どうぞ、お気軽に声をかけてください。
また創作Shop「UZUMAKI工房」にも、乞うご期待。
さらにパワ−アップのEDDYをよろしくお願い致します。
e0120614_2041616.jpg

詳しくは、下記HPをご覧ください。
http://www.eddy-web.jp/m_n_iweb/
# by EDDY-Web | 2008-08-13 00:00 | ごあいさつ | Comments(0)
よもやまシネマ-13 ヒロシマナガサキ
e0120614_20124348.jpg
e0120614_13402868.jpg
'08.Aug.5

 深夜、偶然つけたTVでドキュメンタリ−映画「ヒロシマナガサキ」をやっていた。昨年、岩波ホ−ルなどで公開された作品である。25年の歳月をかけ作られ、アカデミ−賞など数々の賞に輝いている。いつもは仕事をしている時間だが、スイッチONの瞬間から引き込まれ、いつしか正座をし見入っていた。終戦記念日が近づく度、あちこちで流れる戦争をテ−マにした番組の数々。もちろん忘れてはいけない大切な事実であり、知らなければいけない歴史である。だがどうして、その時だけ思い出したようにやるのだろうそして見るのだろう。そう思うと、今の時代や自分自身が嫌になる。
 話を映画に戻そう。自分をふくめ戦争を知らない人の数の方が多い現代社会に、どうしても残さなければいけないことがあるならば、まさにこの映画に描かれた真実だろうと思う。見ていて痛かった、辛かった、苦しかった。でもそんな言葉では言い表せないほど重たい事実がそこにある。人間がおかした大罪がまぎれもなくここに描かれている。この映画は、毎日平和にあぐらをかき、それすら気づいていない自分たちに「戦争はまだ終わってないぞ!!」と胸ぐらを掴まれた気がする映画である。映画の冒頭と最後にそんな皮肉をこめた、渋谷の町や若者たちの姿が写しだされている。沢山の映像資料や写真を見せナレーションで話は進んで行く。そして広島、長崎で被爆し現在を生きる人たちが語る。言葉のひとこと、ひとことが切なく重くのしかかる。真実のもつ重さがそこには確実にある。どう頑張っても近付けないそして越えられない。「戦争や核問題」はいままで自分なりに勉強し、創作活動にも繋げてきた。また表現にも真剣に取り組んできたと思う。だが事実には叶わないことを、本当に思い知らされた。
 被爆者のひとりの女性が語る「人はぎりぎりのところで、死ぬ勇気と生きる勇気を選ぶ」「妹は死を選び、わたしは生を選んだ」と噛み締めるように言った言葉が耳から離れない。またある別の男性はせっかく生き残ったのに、「人間らしく生きることも、死ぬことも出来ませんでした」とのちの後遺症(原爆症)に苦しみ、「あの日死んでいたほうが良かったかも・・・。」と訴えている。身体のこともそうだが、「なぜ、自分は生き残ったのか・・・」と亡くなった人を憶い、今なお苦しんでいる姿がとても辛く胸を締めつけた。そして体験話しの中、はぐれた母親を探し求め、ある場所でそれらしき人の焼けた姿を見つけ、触った瞬間に灰になり崩れ落ちた話の時は、涙が止めどなく流れてしまった。リアルな体験と印象がいまも、この人たちを苦しめている。その事実をわたしたちはしっかりと受け止めなければいけない。
 見終わって思った、もっと平和な世の中に心から感謝をし、一生懸命に生きなければ・・・と。ぜひ、ひとりでも多くのひとに見て欲しい作品である。生意気だが見なくてはいけないと思う。人が人を思いやることを思い出すためにも・・・。
●ドキュメンタリ−映画「ヒロシマナガサキ」白い光、黒い雨、あの夏の記憶
監督:スティ−ブン・オカザキ/2007年/アメリカ/86分/カラ−
http://www.zaziefilms.com/hiroshimanagasaki/

 
P.,S. もうひとつ思ったことがある。6年前、社会問題をテ−マに行ったポスタ−展、答え探しの展覧会「5W1H展」をもう一度やって見ようと・・・。どれだけ参加してくれる人がいるか不安だが、何かしなくてはという気持ちが強くこころを揺さぶり、じっとしていられない。
●答え探しの展覧会「5W1H展」
http://www.geocities.jp/m_n_iweb/5w1h
# by EDDY-Web | 2008-08-05 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif