よもやまシネマ-6 ベロニカは死ぬことにした
e0120614_1232428.jpg
e0120614_13402868.jpg
'08.Jun.17.

 真木よう子。最近すごく気になる女優である。タイプかと言えばむしろ苦手な方かも知れない。しかし彼女の演技には、存在感がある。現在某TV局で、「週刊真木よう子」という番組が深夜に放映されている。わたしはそれを見て、この女優さんにはまってしまった。30分の短いドラマだが、彼女のために書き下ろした作品といっていい作品は、どれも良質である。自分の名前がそのままタイトルになるくらいだから、きっと期待されているのだろう。汚れ役はもちろん、田舎娘、訳あり女性とさまざまな役をピタッと決めてみせる彼女。どくとくですこしエキセントリックな雰囲気をもっている。そういえば、はじめて彼女を知ったのは、「わたしの教科書」というドラマだった。同性同名の俳優さんがいるので、その人と勘違いしていた自分。見れば知らない女優がク−ルで人を近付けないオ−ラをだし、教師役を演じていた。その時は鋭い目の印象だけが、強く残った。
 前置きがながくなってしまったが、その彼女が初主演した作品「ベロニカは死ぬことにした」を観た。原題をそのまま使った意味不明なタイトル。まだデビュ−してそれほど立っていない彼女らしいが、初期の作品らしくとても初々しい。それでも存在感はしっかりと出している。緑に囲まれた山奥の療養所。そこで暮らす精神を病んだ人々の話である。ハ−ドなテ−マだが童話のような演出で、ソフトな感じに仕上げている。彼女が主演だが、まわりの共演者がただものではない人ばかり。相手役はイ・ワンという韓国の俳優(?)だが、市村正親、風吹ジュン、中嶋朋子、荻野目慶子、多岐川裕美、片桐はいり、そしてベテランの淡路恵子さん。これだけ個性豊かな人に囲まれたら、たいていはくわれてしまうもの・・・。だが彼女はしっかりと自分をだしてそこにいた。それにしても豪華なメンツである。患者と看護する側に別れての芝居だが、治療をする側の人の方が怪しい。まさに怪演。
 作品が良いか悪いかは、観て自分で判断してもらうとし、印象には残る。最後のCGは、個人的には少し表現が安易で気になった。彼女を確かめるように観た自分なので、得るものは充分あったのだが。借りたDVDに「人情喜劇」と表示があったが、そうかなァ〜・・・??
役の名前、とわ(永遠)という名は古臭い感じだが、好きである。あと印象に残った言葉をひとつ。「何でもあるけど、何にもない。」いま(現代)を生きている人だれでもが抱える、空虚な感覚かも知れない。それを少しづつ乗り越え「生きたいと思う瞬間」を描いている作品である。
※ブラジルの人気作家、パウロ・コエーリョの同名ベストセラーの映画化。2005年度作品。監督:堀江慶。
[PR]
# by EDDY-Web | 2008-06-17 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
News 太田宏明の新作木馬、届く。
e0120614_11372514.jpg

e0120614_11352588.jpg
08.Jun.10
NEWS
UZUMAKI工房に参加している木馬作家・太田氏の作品が静岡から届いた。兼ねてから依頼していたもので、作品コンセプト「森へのおもい(自然を大切にする)」を改めて見つめ直し、素材感をそのまま生かした作品を創っていただきました。シンプルな仕上がりは、木馬本来のぬくもりと美しさを見るものに伝えてくれ、新たな世界を生んでいます。ひとつとして同じ物はない、手づくりの卓越した技術から生まれるディテ−ルの美しさに、木目の暖かさが加わりきっと満足していただけるものと思います。詳しくはUZUMAKI工房のSHOPにてご案内いたします。http://eddy.shop-pro.jp/●UZUMAKI工房

e0120614_11482591.jpg
江東区・横十間川親水公園「菖蒲まつり」e0120614_11484356.jpg
[PR]
# by eddy-web | 2008-06-11 11:40 | ひとこと・ひとごと・ひとりごと | Comments(0)
よもやまシネマ-5「殯の森」
'08.Jun.3.
e0120614_13402868.jpge0120614_11162988.jpg
 生と死。河瀬監督はいつも身近にある難しいテ−マを選ぶ。いままでの映画ももちろん、この部分が必ず根底にある。やっと販売されたDVDを手に入れ、ひとり部屋の照明を落とし見た。わざわざそうして見ている自分がそこにいる。変人かも知れない。支える人、支えられる人。しかし本当は、支えることにより支えられているという現実。人という字がそうであるように・・・重たい映画だ。こういう作品はきっと、絶対受けつけない人がいるだろう。自分は「萌の朱雀」以来監督のファン。なので勝手だが映画に浸ってしまう。「萌の朱雀」から10年を経てこの映画が出来た。監督の日常から感じとる、一貫したテ−マがそこにある。わたしが感じるある感覚は、映画と言うよりなんか別の表現をこの作品に感じる。説明的な表現をできる限り省き、見る人に目で、耳で、体で、五感すべてを使い感じてほしいと・・・。あとひとつ、いつも感じることがある、監督は人がとても好きなようだ。そして大切にしている。いつもエキストラに素人さんを使う。等身大の生活を意識して、日常のなかにこぼれている喜びや悲しみと言ったものを、自然に伝わるよう描いている。わたしが河瀬作品に引かれるのは自分自身、人が好きなのと、いつも等身大でありたいからかも知れない。出演者が実名で役を演じさせているのは、その役を無理やり演じないようにとの配慮なのか、ちょっと気になった。
 映画のテ−マを象徴するセリフがある。ホ−ムの部屋でシゲさんが呟く「わたしは生きてますか?」シンプルで深い言葉だ。一番印象に残ったシ−ンは、森の中深く彷徨い、雨にうたれ、それでも休まず川の中に入ろうとするシゲサンに「いったらあかん ! いかんといて !」と慟哭する真千子。これは作りもではないこころの叫びと、わたしの中に強く残った。また森の表情が刻々と変わり、時に激しく、そして次の瞬間やさしく。その風景の深い緑が、画面を包み込んでいたのと、流れていた静かなピアノの旋律が物語の印象をさらに深めていた。

 「萌の朱雀」から10年。あの時の高校生は、しっかり10年の時を大切に生きてきた姿を見せている。特典映像を最後に見て、みんなで一心同体の映画づくりをしている監督が羨ましく思えた。でもそれはきっと、監督自身が等身大の自分をそのまま見せているからだろう。
※殯(もがり)
  敬う人の死を惜しみ 忍ぶ時間のこと また、その場所の意。
  語源に「喪あがり」喪があける意、か。
[PR]
# by EDDY-Web | 2008-06-04 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
「森のくらし」読売新聞に紹介記事掲載される!
NEWS
'08.May.27e0120614_2063378.jpg

5月26日付け、読売新聞夕刊掲載記事(転載)
 「一歩二歩山歩」のイラストを描いている中村みつをさんが、漫画とエッセーで自然の魅力をほのぼのと描いた「森のくらし」=写真=を出版した。
 森のおじさんと、キツネ、タヌキなどの仲間たちが集う山小屋の日々と季節の移り変わりを42編の漫画にした。書き下ろしのエッセ−では、登山の楽しみや自然のすばらしさを、リラックスしたみづみづしい表現でつづっている。(中略)中村さんは「読んだ子どもたちが、こんな楽しい世界があると興味を向け、いつか森を訊ねてくれたら」と話している。(後略)
[PR]
# by EDDY-Web | 2008-05-27 00:00 | NEWS | Comments(0)
こどもエネルギ−。
e0120614_11391344.jpg
'08.May.22.e0120614_153836.jpg
 
スポ−ツチャンバラというスポ−ツ武道を、ご存知でしょうか?前回ブル−ムボ−ルの紹介し、続けてのスポ−ツ話。興味のない方にはごめんなさい。わたしはデザインという仕事の傍ら、別にもうひとつ(厳密に言えば2つ)仕事と言える大切なものを持っている。そのひとつがスポ−ツチャンバラの道場運営と指導。かれこれスポ−ツチャンバラ(通称スポチャン)をはじめ20年になろうとしている。そのスポチャンを通して、足立区・江東区の幼稚園や小学校でボランティア活動として、講習会をほぼ毎月行っている。今回は先日行った、江東区立南陽幼稚園の話をしましょう。
 3年目を迎えた講習会。園長の箕輪先生がこのスポーツを、とても気に入ってくれたのがはじまりである。ちなみに園のかかげる、3つの特色ある教育活動のひとつ「心と体の教育」にスポチャンは取り入れられている。スポチャンを通し、コミニケ−ションをはかったり、やや運動能力がむかしにくらべ落ちていると懸念されている体力を上げたりと多くのテ−マをかかえ、園ではじめられた。e0120614_0245878.jpg
 そのむかし、チャンバラはこどもの必須遊びだった。「名をなのれ!」「赤胴鈴の助だ!!」という名セリフ。おじいちゃんたちなら、みんな知っていることだろう。野山を駆け回り、日が暮れるまで時間を忘れ遊んだチャンバラごっこ。 スポチャンはそれを現代に甦らせ、スポ−ツ武道体系化したのがはじまり。わたしはそのスポチャンを通し、子どもたちとの楽しい時間を毎回過ごしている。実は教えることにより、教えられることの方が多い。だからやめられない自分がそこにいる。子どもたちから元気をもらい、どっちが習っているのか解らない。わたしが伝えたい一番大切なこと、それは痛みを知ること。安全な道具だが、思いっきりたたけば痛い。当然といえばそれまでだが、今の子どもたちはそれを知らない。泣き出す子もいる、痛くて泣く、悔しくて泣く、いろいろである。変に慰めたりはしないでほっておく。みんな汗をビッショリかき一生懸命に剣を振る。でも清清しい顔をしている。この瞬間がわたしには最っともの至福の時である。大きな声ではじめに「おねがいします」。最後は「ありがとうございました」をいう。楽しい時間はあっと言う間である。終わりに子どもたちにいつもひとつだけ言うことがある、「痛かったことをぜったい忘れないようにネ。」と・・・。人の痛みがわかる大人になってと願いをこめて・・・。
 今度はおとうさん、おかあさんもいっしょにやりましょう。よろしくお願いしますネ。おとうさん。おかあさん。
e0120614_15144115.jpg

●江東区立南陽幼稚園
南陽幼稚園のかかげる、3つの特色ある教育活動。
その1 豊かな自然とふれあう
その2 心と体の教育
その3 多くの人達との関り
http://www.koto.ed.jp/nanyo-yo/photo12m/photo.html

詳しくは、下記HPを御覧ください。
SPORTS CHANBARA
●護心館不動塾
TEL/03-3646-4995
http://www.h2.dion.ne.jp/~fudo/
[PR]
# by EDDY-Web | 2008-05-21 15:00 | ひとこと・ひとごと・ひとりごと | Comments(0)
ブル−ムボ−ルとカ−リング。
'08.May.19e0120614_110273.jpg
e0120614_11401838.jpg
 みなさんはブル−ムボ−ルという競技をご存知だろうか?もし知っているなら、かなりのスポ−ツOTAKUかも?!冬期スポ−ツのひとつで、カナダではあのカ−リングと人気を二分するスポ−ツである。カ−リングがオリンピックの正式種目にのぼりつめたは周知の事実である。どんなスポ−ツかは説明が長くなるので、割愛したい。興味のある方は、日本ブル−ム協会で検索するといろいろ出てくると思います。簡単にいうと、アイスホッケ−のスケ−トシュ−ズなしバージョンとでも言ったところ。数年に一度、地元カナダを中心に世界大会も開かれている。日本に競技が伝わり、実はもう25年ほどになる。残念だが東京では現在、事実上活動が休止状態。東京のリンクがつぎつぎ閉鎖され、行き場を失ってしまったのは、フィギアやホッケ−だけではない。現在、北海道が中心になりその競技はひろがり、大会などが行われています。最近似たスポ−ツで「長靴ホッケ−」なるものがにわかにブ−ムになっているとニュ−スで報道され、ちょっと不思議な気持ちになった自分である。世界大会レベルではまさに、氷上の格闘技。ホッケ−に勝るとも劣らないハ−ドなスポ−ツ。歴史も100年ほどになると聞いている。
 突然このような話しをしたのは先月、このブル−ムでチ−ムメ−トだったボブが結婚したからである。こんなことでもないと、ブル−ムのことを書く機会もないので・・・。わがチ−ム「東京クラブ・ペンギンズ」は東京協会(現在休止中)に所属した、老舗的チーム。東京リ−グ4回制覇をした、強豪である。そのチ−ムで頼れる仲間だったボブ。彼は本場カナダのチ−ムでプレ−をしていた(いまも現役)。技術はもちろん、容姿、性格すべてハナマルの人物。みんなに好かれる、やさしくおもいやりの深い男。久しぶりの再会、それもとてもおめでたい席で。わたしはひとときの思い出に酔いしれた。当時の仲間とも会うことができ、とても楽しい時間を過ごさせてもらった。わたしは英語がからっきしなのだが、久しぶりに彼との会話を楽しんだ。週末に北海道に飛び、むこうの大会に参加すると、彼は耳もとで言った。そしていっしょに行かないかとも・・・。心底ブル−ムが好きな彼。とても嬉しかった。難しいことだが、出来ることなら彼とはもう一度いっしょにプレ−をしたいと、本当に思った。
 ボブ、明美さん結婚おめでとう!末永くおしあわせに。そしていつまでも友だちでいてください。
e0120614_1172480.jpg
1996年ペンギンズ優勝!
e0120614_11132367.jpg
1996年.Nov.5-9. 
第2回世界大会・日本代表ミックスチ−ム(Challenge Cup'96)
[PR]
# by EDDY-Web | 2008-05-21 11:02 | ひとこと・ひとごと・ひとりごと | Comments(0)
六本木の春。
'08.May.15.e0120614_23303520.jpg
Tokyo Midtownの『STYLE MEETS PEPOLE』というお店で友人が個展を開いている。平竜二「プラチナプリント展」。1ヶ月の個展期間も終了まで3日となり、やっと訪れることができた。HP上では拝見していた作品だが、直に見てその素晴らしさに感動。生で見ないとこの良さは、とうてい伝わらないと断言できる。写真という枠を飛び出し、とても繊細な世界を創りだしている。印画紙のかわりに使われる和紙が、タッチを絶妙な雰囲気でかもし出していて心地いい・・・。この印画紙から創ると言うプラチナプリントの世界にこころを奪われた。わたしは一枚のお皿にぽつんと置かれた、タンポポの綿毛玉の写真に心ひかれた。モチーフの綿毛の球が触れるとこわれそうである。はかなく危ういのだが、凛として心を奪う。雑誌の記事で平さんが語っていた。「写真とは錬金術」であると、今日その意味がすべて解けた。大切に守りつづけてほしい技の世界に触れ、心が和んだわたしである。

平竜二「プラチナプリント展」
●STYLE MEETS PEPOLE
TEL/03-5413-3705
http//laurant.whitesnow.jp
[PR]
# by EDDY-Web | 2008-05-17 14:44 | 展・覧・会 | Comments(0)
展覧会のお知らせ
08.May.4
公私ともに長いおつき合いのみつをさん。またまたの展覧会です。絵を描き、執筆し、山にのぼり、その上うちのUZUMAKI工房にも参加していただき、いったいどこにそんな時間があるのだろう。頭が下がります。もしかしたら仙人!?
みなさん是非、足をお運びください。

中村みつを*ビビ原画展
場所:オリオン書房ノルテ店ラウンジ(立川駅北口)
電話:042-522-1231
日時:5月2日→5月22日(10:00→20:00)
   最終日は17:00まで
原画30点を展示します。
絵本「ビビ」をお買い上げの方には、原画ポストカード1枚プレゼントします。
その他、原画ポストカード各種販売もします。
木像ビビが入り口でお待ちしています。e0120614_12523743.jpg


えんグループ展「記憶のビーズ」
2008年5月22日(木)→25日(日)
午前11時→午後6時
(初日は午後2時から、最終日は午後5時まで)
古民家ギャラリー 風の庵
栃木県佐野市堀米町655-20
TEL:0283-24-7144
http://www.sctv.jp/~yorozuya/kaze_phot.html

イラストレーター、版画家、立体作家、人形作家、和布小物作家、型染作家など、独自の世界をもつ37人が、記憶に残る出来事、なつかしい風景、大切にしていた宝物などを作品にしました。

主な出展作家はイラストレーター・中村みつを、版画家・大野隆司、漫画家・内田カズヒロ、立体作家・大久保八重魚など。

* グループえんについて
目黒区駒場で2001年から2004年まで「ギャラリーえん」をオープンしていたオーナー・尾花則子(作家名はこざる〕と、企画展に出展したり、個展で作品を発表していた作家たちが、ギャラリーをクローズした後も交流を続け、1年半に1回程のペースでグループ展を開催しています。
2005年 埼玉の蒲生で、2006年東京の青山で開催。

お問い合わせ、ご質問などありましたら下記までお願いします。
尾花則子(えん代表)
TEL&FAX:0283-24-7237
e-mail:gallery-en@boat.zero.ad.jp
[PR]
# by eddy-web | 2008-05-04 12:59 | 展・覧・会 | Comments(0)
こそばゆい、デザイン。
e0120614_11415425.jpg
NEWS
08.Apr.3
 
今月末に発売予定の中村みつを作品、「森のくらし」リヨン社刊の最終校正のため、神保町を訪れた。九段下で乗り換えるのだが、九段下の駅構内は人、人、人。きっと千鳥ケ淵の桜を愛でる人々に違いない。散りそうで散らない桜もきっと、この土日が最後。それにしてもすごい人だ。ここのところ忙しく、花見どころかブログもとんとご無沙汰である。毎日書ける方はすごいと本当に思う。まあ、もともとお気楽気分ではじめているので、気が向けば書くという自分である。桜などを見て春を満喫したいところだが、今日は我慢我慢。
 みつをさんとは長い付き合いでかれこれ、20年くらいになろうか?仕事もいろいろご一緒している。それなのにみつをさんの執筆する作品は今回がはじめて。プレッシャ−はないが変な気分である。好きな人の書いた、好きな人の作品である。当然へんなものは創れない。ひとことで言うとこころが「こそばゆい」のである。解りますか?ゆっくりと話し合って創る時間は、いつもながらなかった。みつをさんを精一杯デザインしたが、さてどうだろう・・・。
 4コマまんが的な短編をまとめた今回の作品。エッセイをはさんでとても読みやすい。昨今文字離れが進む若者にも、きっと読みやすい本に違いない。それにみつをワ−ルド満開で、ジワ〜ッとこころが熱ったかくなること間違い無し。ひとりでも多くの人に読んでもらいたい、いちおしの作品です。都会ぐらしで乾いてしまったこころのちょっとお水(森のくらし)はいかがですか・・・。4月15日発売予定。UZUMAKI工房でも取り扱いますのでどうぞよろしくお願いします。
e0120614_14155924.jpg

[PR]
# by eddy-web | 2008-04-05 22:41 | ひとこと・ひとごと・ひとりごと | Comments(0)
カレイからの手紙
e0120614_1720424.jpg

08.Feb.4

 覚えていますか?1月の終り、新聞の片隅にこんな記事が掲載されました。「手紙 風船飛ばして15年・・・カレイが届ける?」というタイトル。内容は、むかし小学生だった少女が、通っていた学校の創立記念で風船に手紙をつけ飛ばした。そして・・・。どこか遠くに暮らす会ったことのない人がそれを拾い、返事が帰り出会いが生まれる話。きっと少しは本当にあることだろうと思う。子供にとっては大切な、夢をのせた手紙である。と、ここまでは良くある話。驚くのはこのあと、記事には千葉の銚子沖で、漁師の人が釣上げたカレイの背中に、ついた手紙を見つけたことからはじまっていた。手紙は15年前のものである。魚の背にどうしてついたかは、カレイしか知らない。信じられない出来ごとだが、ふつうは別に捨てられても仕方ないもの。それを漁師さんのやさしい思いやりから、手紙が差し出し人に戻ったという話。小さな話だが、とってもあったか〜い、ふしぎな話。毎日報道される、暗いニュ−スの数々。そんな中、見つけた記事はその日一日、とても幸せな気分をわたしにくれた。こんな話しが毎日聞けたら、どんなに平和なこころでいられるだろうと思う私である。 
 P.S. ひとつ気掛かりなことがある。そのカレイはどうなったのかなぁ〜。やさしい漁師のおじさんが、きっと供養してくれたに違いないと、わたしはひとり思っている!?
e0120614_183557.gif
制作中の絵本「10月10日のそら」より、雨宿り。
[PR]
# by eddy-web | 2008-02-04 18:35 | ひとこと・ひとごと・ひとりごと | Comments(0)


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif