チョッといい話♥ほんとうの金メダル
e0120614_17383592.jpg



09.Mar.14

先日、門下生(T一)のおかあさんからとっても嬉しい話を聞きました。突然ですが、わたしはDesignの仕事とは別にもうひとつ長年、武道を教えています。この話はある日、その道場でのこと。
 今月都大会が開かれわたしの道場からも、多くのこどもが参加しました。みんなとっても頑張りましたが、勝負の世界は残酷、かならず勝者と敗者を作ってしまいます。運も含めメダルを手にした子もいれば、残念ながら結果をだせなかった子もいます。そんな中、高1のD樹は、なかなか実力を発揮できずに連敗が続きました。気持を立て直し望んだ、種目別(両手長剣)で並みいる強豪を打ち破り見事優勝。もともと力がある子だが、実力だけでは勝てないのがこの世界。わたしは素直に彼を誉め、握手をかわし喜びを分ちあいました。
 ここまでは何でもない話だが後日、この日D樹は用具がなく、小1のT一に借りて出たことを知りました。本来は貸し借りは厳禁。そしてD樹は優勝。終わったあと、D樹はT一の所に行き、「今日の優勝は君の剣のおかげ。だからこのメダルは君のものだヨ!」と金メダルをT一の首にかけてあげたそうです。T一はその日、残念ながら結果が出せませんでした。でもそのことがとっても嬉しかったらしく、もらったメダルを大事そうに寝る時まで枕元に置き、朝をむかえたそうです。そして朝、おかあさんにこう言いました。「おかあさん、来年はボクが金メダルを取って、おにいちゃんにあげるんだ!」と・・・。
 思わず目頭が熱くなってしまいました。いい門下生にめぐまれたことを誇りに思います。このふたりのこころにはきっと、もらったメダルより大きな金メダルが残ったに違いありません。
[PR]
# by eddy-web | 2009-03-30 00:00 | チョッといい話?(沁みる話) | Comments(0)
よもやまシネマ-26 チェ39才別れの手紙
e0120614_13402868.jpg
09.Mar.10

 「チェ28才の革命」に続く、「チェ39才別れの手紙」を観に銀座に出た。時間が作れず、公開終了まじかでの鑑賞になってしまった。観終わっていろいろと考えてしまった。この映画はやはり、映画という枠をはずしても見なければいけなかった作品のようだ。ゲバラの生きざまを真正面から描いてる作品に、少しだけ彼に触れることが出来た気がする。彼を動かしたものは、まぎれもない人への愛かもしれない。捕虜になった終盤、見張りの若い兵士との会話にそれを感じた。兵士が彼に訪ねる、「キューバにも神はいるのですか?あなたには・・・?」と。ゲバラはこう答えた、「もちろん信じる神はいるさ。そしてわたしにとっての神は・・・人。」この会話に彼のすべてが語られている気がする。彼がいまなお、多くの人のこころをはなさずにいるのは、まぎれもないこの愛だろう。こんなに純粋に人は生きられるのだろうか?すべてを投げ打ってまで。ラスト近くの処刑シーンで、動揺を隠せない兵士に向かい「撃て!」と叫び、乾いた銃声が響く。カメラはゲバラ自身の目になり、兵士を見ながら地面に倒れそのまま動かない。このシーンをわたしはきっと一生忘れないだろう。この作品でカンヌで主演男優賞をもらった、ベニチオ・デル・トロに今一度拍手である。
 いま、ゲバラのことを書いた本を読みあさっている。もっと彼を知りたい、近づきたいと・・・。
e0120614_15174320.jpg

 最後に戸井十月の著書「ゲバラ最後の時」の巻末に載っていたゲバラの言葉をひとつ。「もし我々が空想家のようだと言われるならば、救いがたい理想主義者だといわれるならば、できもしないことを考えていると言われるならば、何千回でも答えよう。 そのとおりだ、と」。
彼が死して41年。今もなお彼は人々のなかで生き続け、そしてこれからも永遠に生き続けることだろう。世界中のひとが幸せを願うかぎり・・・。
[PR]
# by EDDY-Web | 2009-03-14 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-25 娑羅双樹
e0120614_13402868.jpg
09.Mar.1

 河瀬直美監督作品「娑羅双樹」を鑑賞した。「萌の朱雀」「殯の森」と観てファンになった自分。この作品は2作品の丁度間くらいに発表されたもの。カンヌ国際映画祭にも出品した2003年の映画である。映画予告の「“神隠し”にあったかのように消えた兄・・・。」というフレーズに強くひかれDVDを手に入れた。
 この作品を通し、監督の映画にたいするこだわりをわたしは改めて確認した。それは特典映像のなかのドキュメントに納められ、映画創りを志す人にはとても良い、こちらもある意味作品かと・・・。どうやら監督は作り過ぎることを極端に嫌うらしく、あくまでも自然の日常にこそ、大切なものがいっぱいあると確信しているようだ。脚本も全体像をまとめたら、細かいセリフなどはほとんど決めず撮影を進めながら創るらしい。たしかに今までの作品も通常の映画にくらべ、セリフのやりとりなど最小限にし、どことなくぎくしゃくしていたり、おどおどしていたりと辿々しい所が多く見られる。通常映画の流れるような会話になれた人たちには、かなり違和感を感じるに違いない。でもどうだろう、確かに私たちの日常生活は、絵に書いたような会話など存在はしない。そこが監督の作品へのこだわりだとしたら、なるほどと思える。学生時代からドキュメント作品を撮り、それが監督の軸(リアリティ)をつくりだしたのかも知れない。
  映画ははじめ、奈良の街中を手持ちカメラで少年2人を追うかたちではじまる。その道はどことなく懐かしく、近くて遠い見覚えのある風景。錯角さえ覚える心象風景、まさに河瀬ワールドのはじまりである。街中の道を時に歩き、走り、そして自転車に乗ってと、何度もくり返し映像に納め使っている。そこには人が暮らし、平凡だか確かに生きていることが描かれているのだ。古典的な「神隠し」という切り口から始まる物語は、家族の絆を描き、生きること生かされていることを伝えてくる。監督自らが場面場面で人物像の感性を役者に伝え、決めごとをいっさいしない手法で物語を頭から順に撮る。嘘のない映画へのこだわりを再び感じたわたし。監督自身が母親役で出演し、出産シーンを演じていた。とてもリアルで、主人公の少年が流した涙はきっと、撮影していることを忘れさせた本物にちがいない。この作品はすでに観た2作品より、淡々と話しが進みやや地味なので、見る人によっては何かものたりなさを残すかも知れません。わたしは言葉より感情を、感覚として伝えるひとつの表現をこの作品で感じることができました。2人の主人公はともに初々しく、その青さがとても新鮮。どうやら少年は新宿あたりを流していたストリートミュージシャンで、監督が見つけ起用したらしい。


e0120614_15171592.jpg
2003年作品
監督・脚本:河瀬直美
音楽:UA
キャスト:福永幸平/兵頭祐香/河瀬直美/生瀬勝久/樋口可南子


 最後に劇中のセリフで心に残った言葉をひとつ。
「人には忘れていいこと、忘れたらあかんこと、忘れなあかんことがある。」
深い言葉がこころにしみる。
そうそう、UAの音楽も印象的でした。
[PR]
# by EDDY-Web | 2009-03-02 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
中村みつを個展のご案内
e0120614_1515139.jpg
09.Feb.28

 みつをさんが久しぶりに個展を開く。昨年は充電期間ということで、満を辞しての開催である。どうやら今年は秋にも予定しているらしく、年2回の大興行。そのはじめと言う訳で、案内状のデザインを頼まれた。今回のテーマは、昨年旅したベトナムの風景とのこと。頂いた案内状用のイラストは、アオザイを来た女学生。なんとも素朴で清楚な感じが、ベトナムの薫りを伝えてくれる。60年代初頭、歴史に残る戦争があったとは、だれも思えないような作品です。そんな過去を知っているみつをさんだから描ける絵が、やわらかなベトナムの風を運んでくれる。
 個展は3月末からの開催だが、待ち遠しいのは私だけではないだろ。いまその追い込みで大変なみつをさんですが、身体に鞭打ちラストスパート!ファイト一発!!
みなさん是非、個展会場に足をお運びください。きっと一度、ベトナムに行きたくなること間違い無し。
※個展会場にて、UZUMAKI工房で制作した、みつをオリジナルトートバッグも予約受付け致します。

中村みつを個展「ベトナムの風景」
2009.3.31(火)〜4.5(日)12:00〜19:00
(最終日18:00まで)月曜休廊
●GALERIE Malle
 東京都渋谷区恵比寿4-8-3
 Tel:03-5475-5054
http://http://galeriemalle.jp/
[PR]
# by EDDY-Web | 2009-02-28 00:00 | 展・覧・会 | Comments(0)
よもやまシネマ-24 少年メリケンサック
e0120614_15165560.jpg
e0120614_13402868.jpg
09.Feb.16

ハチャメチャな映画に遭遇した。やりたい放題と言った感の作品である。でも、きっちり押さえるところは押え、見るものにメッセ−ジを送ってくるのが心憎い。かの宮藤官九郎監督の第2作目の作品「少年メリケンサック」がそれである。主人公の宮崎あおい演ずるかんなが発する「パンクなんか大っ嫌い!」ではじまるのだが、わたしもパンクは苦手、大っ嫌い!!である。ところがどうだろう、映画を鑑賞したあと、好きにはならないが、結構アリかも?と思えるのは??何故だろう???音楽性の問題ではなく、魂にひびく何かがあるからかも知れない。50を過ぎてこんなことを言っている自分は変?音楽の世界も本当に深いなァ〜とあらためて感じた。まあその辺をしっかり踏まえ、宮藤監督は撮ったのだろう。してやられた感がある。個性豊かな俳優陣を手玉にとり、イメージをぶちこわしたり、引き出したりと遊び心満載である。映画ではよく泣く自分だが、今回は笑い過ぎて涙が止まらなかった。だがどんな場合でも、涙を流したあとはスッキリするのが不思議だ。『100%オ馬鹿キャラ』を演じた、宮崎あおいに拍手!『キッタナイ、ダメなオッサン』を演じた佐藤浩市もすごい!!先週観た刑事はどこへ行ってしまったのだろう?篤姫は実在したのだろうか、本当に・・・。他の役者さんもハマッテいました、お疲れさま。後半のシーンでヤングを演じる、三宅弘城が「やりましょうよ!今しかないっすョ」っ言うところはグッときた。おもしろおかしく創ったようだが、きちっと現代社会に向け、若い人から中高年までもっと「元気をだせ!!」と叱咤激励している作品だ。おおいに楽しめた今回の映画である。最後に役者さんって仕事は大変なことは解るが、自分と違ういろいろな人物を表現できるから、苦しくての楽しくてきっと止められない職業なのだろと思った自分である。★ポスターのイケテルデザインに◎。
[PR]
# by EDDY-Web | 2009-02-18 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-23 誰も守ってくれない

e0120614_13402868.jpg
e0120614_1513417.jpg
09.Feb.6

 被害者と加害者のそれぞれの家族を軸に、人権問題にメスをいれた今回の作品。公開日に合わせてTVの特番「誰も守れない」が中継され、まずそれを観た。こちらは被害者家族の立場からの視点で描かれている。映画に繋げてゆく手法は最近多いが、プロローグとしてだけでなく、さまざまな角度で出演者にスポットをあて、多くの人生を浮かび上がらせている。企画は意図的にTVドラマをうまく連動し描いているのだが、逆にある意味映画に繋げるメディアの恐さをも連想したわたしである。
 映画は物語そのものより、ネット犯罪や過剰なメディア競争など、こちらもいろいろと考えさせるやや重いテーマに挑んでいる。映画は本来、娯楽のひとつとして繁栄してきたのだが、今回のように鑑賞する側に問題を考えさせるテーマも近年増えている。かなり誇張されている部分もあるが、とても根深い問題を突き付けられ、観終わったあと頭の中で「自分だったら」と自問自答をくり返してしまった。近づく裁判員制度の現実の重さが、ひしひしと感じられる。
 主演の佐藤浩市もすごいが、何と言っても志田未来の演技には脱帽である。15歳とは末恐ろしいかぎり。TVや映画で難しい役を多くこなし、将来を嘱望された女優さんである。幼さののこる顔だちの中に、凛とした強さをもった彼女のこれからが楽しみである。映画の中で、涙したシーンはいっぱいある。だが、わたしは一番胸が苦しかったところは、過去にわが子を無差別殺傷事件で失った父親(柳葉敏郎)と佐藤演ずる刑事の会話シーン。父親が押さえていた感情を思わず吐き出すところがたまらなく切ない。どうしようもない憤りをぶつける父親。人間はそんなに簡単ではないと言わんばかりのシーンである。
 加害者と被害者、でもこの2つの立場は、いつ自分に起きるか解らないのが現実かも知れない。そのむかし、自分自身に言い聞かせた言葉を思い出した。「ひとりでも生きられるような強いひとになること。でも、ひとりでは生きてゆけない、生きていないということを忘れない。」強く生きる信念と、感謝の心を忘れないう2つのことがら。いろいろな意味で、人は決してひとりではないことを強く感じた映画になった。みなさんは何を感じるでしょうか?
 最後にもうひとつ。リベラというイギリスのボーイソプラノユニットが歌う、映画の主題歌「あなたがいるから」という曲がとても効果的に使われ、ゆさぶられる心をそっと包んでくれたことを言っておこう。
[PR]
# by eddy-web | 2009-02-10 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-22 チェ28歳の革命
e0120614_13402868.jpge0120614_2374465.jpg
09.Jan.28

 年明け初の映画鑑賞。随分長い間、見なかった気がする。選んだのは話題の2部作、ゲバラの映画第一部「チェ28歳の革命」。実はこれを見る1週間ほど前、若き日のゲバラを描いた「モーターサイクル・ダイアリーズ」を観て、とても感動をし余韻にひたりながらの鑑賞である。なぜ再び、ゲバラなのだろうか?言う間でもない、世界が彼のような人物を必要としているに違いないからだ。わたしの高校時代はまさに、ゲバラはヒーロー。学生の多くが、彼の肖像が入ったTシャツを着て街を闊歩していた。そう言えばその頃、オマー・シャリフが演じた「ケバラ」を観た記憶がある。記録に残っているゲバラの写真に本当に似ていて、それだけが強く印象に残っている。40年の歳月が過ぎて、いままたゲバラの時代が・・・。
 
 新作の「チェ28歳の革命」はかなりドキュメント色が強く、彼の人物像にスポットを当てていた。歴史を知るにはいい教科書である。主演のベニチオ・デル・トロが実に見事、まさに熱演である。国連総会での演説シーンは圧巻。オマー・シャリフもすごかったが、デル・トロは何か乗移っている気さえする。内容ははじめに言ったように、記録を追った演出で、次の第二部「39歳別れの手紙」へと続くプロローグになっている。正直、少々物足りなさがすこし残る。だがその分、二部が待ち遠しいのはわたしだけだろうか!?キュ−バ革命を樹立した後、カストロに別れを告げ、自分を必要とする人たちを求め旅立った彼。その最後の生きざまを、はやくこの目で確かめてみたい自分がいる。
 さて、ここで話しを「モーターサイクル・ダイアリーズ」に移してみよう。この映画なかなかの佳作である。若き日のゲバラとその友が、おんぼろバイク(ノートン500)に跨がり南米横断の旅をする、自分探しの青春映画とでも言おうか・・・。フーセル(ゲバラ)が医大生だったことは、周知の事実だが、この作品は大学の友人で、無二の親友アルベルトと2人で過ごした2年あまりの旅を描いている。フーセルはどこにでもいる、普通の青年。当時にしたら、まあ裕福な家庭で育ったいわいるボンボン、そんな感じである。一方のアルベルトも、ちょっとスケベなお調子者といった感じである。はじめは、でこぼこコンビの珍道中ってな雰囲気だったのだが・・・?中盤から旅を通し、いろいろな経験を重ね、何か得体の知れない憤りに、心がゆれて行くさまがジワジワと描かれる。自分探しのこの旅を通して、ゲバラが何かを掴んだことが伺える。旅の最後に訪れた、ハンセン病の施設での経験は、2人にとても大きな影響を与えたことは間違いない。とても印象に残ったシーンがある。施設で治療をこばむある女性患者と会話をする。彼女の『どうして医者になったの・・・』という問いに「人の役にたちたいんだ」と答える。そしてこう会話が続く、『時間のムダよ』。「なぜ」。『人生は苦痛よ』。「そうつらいよ、生きるために闘い続けなきゃならないからね」。このセリフのやりとりは胸がつまされる。そしてもうひとつ熱いシーンがある。24歳の誕生日の夜に、隔離されている施設を挟んだ対岸から、太河を死にものぐるいで泳いで渡るところだ。何か熱いものが込み上げてくる。あれはまぎれもなく、越えなければならない何かを、ゲバラ自身が渡った瞬間だったに違いない。なんだか旅に出たくなりました。
 最後にこの映画、名優ロバート・レッドフォードが制作総指揮をしているのを、字幕スーパーで知りちょっと驚いている。彼もまたゲバラを崇拝しているのだろう。良い映画です。ぜひご覧ください。


e0120614_17132941.jpg






オマケ/旅をともにした、
    わが愛車(初代)。


e0120614_1714555.jpg







3代目。
[PR]
# by EDDY-Web | 2009-02-04 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
2009年 初春。
2009.Jan.1

今年はどんな夢、ひろげましょう。
耳をすましてください。
春はもうそこまで来ています。
e0120614_240783.jpg

みなさまにとり、2009年が良い年でありますよう、
こころからお祈り申し上げます。

※創作Shop「UZUMAKI工房」へも、どうぞお立寄りください。
 詳しくは、下記HPを・・・。
http://eddy-web.jp/top/uzumaki/m_n_iweb/
[PR]
# by eddy-web | 2009-01-01 02:17 | ごあいさつ | Comments(0)
よもやまシネマ-21 地球が静止する日
e0120614_13402868.jpg
'08.Dic.26

 久しぶりに劇場に足を運んだ。今回鑑賞した「地球が静止する日」は、1951年にあの名匠ロバ−ト・ワイズ監督が世に送りだした、SF映画の金字塔「地球の静止する日」のリメイクである。いろいろな意味で興味深く、心して鑑賞に臨んだわたし。ワイズ監督と言えば「サウンド・オブ・ミュ−ジック」。作品はほかにも「ウエスト・サイド物語」「砲艦サンパブロ」など映画史に残る作品が多い。その監督が50年以上前に発表した作品のリメイクとなれば、見ない訳にはいかない。主演にキアヌ・リ−ブスを選んだり、CGを駆使しどう生まれ変わるのか・・・。内容の余計な情報をあまり入れずに、鑑賞したが「2001年宇宙の旅」ほど崇高な感じはなく、「ブレ−ド・ランナ−」ほど心を打つ心理描写は描かれず、「未知との遭遇」ほどインパクトもなかったのは否めない。あとで解説を読むと、あくまでもオリジナルに忠実に制作されたとのことだが・・・。どうだろう折角のテ−マに挑んだわりには、CGばかりが目立つ映画になってしまっているのはすごく残念である。それに冒頭の雪山のシ−ンは、かなり安易に作られている気がする。いづれにしろ名作に挑む難しさがよく解った。
 映画を見て感じたのは、その内容に出てくる、「人間がいなくなると地球は再生するということ。」これのほうがよっぽど現実味をおびていて、考えさせられた。ただその辺が曖昧な表現になりやや物足りない気はする。でもある意味、そこを本気で考えろと言うのであればでは、テ−マ「地球が静止する日」は成功かも・・・?。自分のことばかりの人間は、すこし考え改めるべきなのか?でもやっぱり無理かも・・・。それが人間って気がする自分である。
 くだらないことだが、ひとつ。出てくる巨大ロボットの目の動き、ガンダムのザクなどと同じで親近感を感じた。少なくとも影響を受けている(ガンダムが)と確信したのはわたしだけ?!
 ジェニファ−・コネリ−の瞳が相変わらず美しいのに、とても感激したことをお伝えします。もうひとつ余計ですが・・・。

e0120614_14214070.jpg
[PR]
# by eddy-web | 2008-12-27 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
ノクタ−ン。
e0120614_17332259.jpg
'08.Dec.2

 いま、ある曲にとても引かれている。静かな旋律にこころが癒され、目頭が熱くなることしばし・・・。平原綾香が出した最新作「ノクタ−ン」がそれである。「ジュピタ−」と言うクラシックの楽曲をモチ−フに鮮烈デビュ−を飾った彼女。今回は再びショパンの名曲を、彼女の世界観で実に見事に甦らせている。はじめて聞いた時の感覚はなんだろう?言葉ではうまく言えないが「夜の湖面に浮かぶ月、寄り添うように写るもうひとつの月。」そんな風景が頭に浮んだ。静寂に満ち、こころを穏やかにしてくれる。
 これと似た感覚を随分とむかし、一度だけ味わったことがある。それは遠いむかし、わたしが二十歳の頃のこと。友人から聴かされたマル・ウォルドロンの「オ−ル・アロ−ン」というジャズピアノの曲。彼の名曲「レフト・アロ−ン」は有名だが、はじめて「オ−ル・アロ−ン」を聞いたときのことは今だに忘れられない。ジャズなど聴いたこともないわたしが、静かで孤独観に満ちたその旋律に、不覚にも涙腺をきられてしまったのだ。そして再び、あの時の感覚が甦った曲が「ノクタ−ン」。同じにおい、同じ色、同じ感覚がわたしのこころにせまってくる。理窟なくこころにしみてくる。じわじわと静かに・・・。
 この曲、現在放映中のTVドラマ「風のガ−デン」のエンディンングテ−マに使われている。タイトルロ−ルの背景画像になっている、庭に咲く美しく鮮やかな花々。そこにおよそ不似合いと思われる儚い旋律。それがすごくいいのだ、なんとも言えずいいのだ。短い命を憂れうようで・・・。わたしはこの最後のエンドロ−ルだけでも、恥ずかしながら、うるうるしてしまう。とにかくぜひ、一度聴いてみてください。ドラマの話しもしたいが、今度にしょう。

※ということで、今回は20才の頃に旅した、北海道の花たちの写真を添えて見ました。ラベンダ−以外は解りません、ゴメンナサイ。
e0120614_16582295.jpg
e0120614_16584868.jpg

e0120614_1659898.jpg
e0120614_171264.jpg
e0120614_1711422.jpg

[PR]
# by eddy-web | 2008-12-02 00:00 | ひとこと・ひとごと・ひとりごと | Comments(0)


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif