よもやまシネマ385 “ちはやふる・結び”
e0120614_18274190.jpge0120614_11281080.jpg




2018.3.20

天候のせいなどあって、ちょっと間が空いてしまった映画鑑賞。そんな時偶然目にしたTV放送の映画“ちはやふる”。広瀬すず主演の映画は、思っていた以上にこころに響きいつの間にか食い入るように観ていたわたし。漫画が原作の作品なので、勝手に恋愛をベースにした青春ドラマと位置づけ遠くで眺めていた。青春ものは嫌いではないが、60を超えたおっさんが夢中になって観るのには躊躇いが・・・。ところが以外や、その内容の深さといきいきと生きている主人公たちの姿に、遠い昔に置いてきた忘れ物を見つけたような感動がふつふつと。競技カルタという知らなかった舞台設定にも強く引かれ、そこでぶつかり合う若者たちの想いをかけた熱い戦いにすっかりはまってしまいました。カルタが宙を舞う瞬間、「何じゃこれ!まるで格闘技じゃん!!」って正直思い、概念もいっしょに吹っ飛んだわたし。1000年もの長き歴史を重ねいまも続く日本伝統の文化の奥深さと進化に完全にKOです。
その時に感じた勢いのまま、“ちはやふる・結び”の章を劇場へ観に・・・。主人公千早はもとより、周りを取り囲むキャラが実に個性に溢れ魅力的に描かれた作品は見終わると何故か爽やかな気分に・・・。まさにこれぞ青春。野球やサッカーと何ら変わらないスポ根の世界がそこに描かれ、人と人との絆が大切に描かれ涙を誘います。青春ものにありがちなストーリー展開と言えばその通りですが、時代がどんなに変わろうとも一度はその時間を過ごした者にはたまりません。さきほども言いましたが、キャラがみな輝いていて「いるいるこんな奴」っていった人物が大勢出てきます。はじめ「いや~な感じ!」って思っていた奴が、終わって観れば好きになっていたりして中々の設定です。切磋琢磨して頑張るライバルたちの存在が、どれだけ大切なものかをしっかりと伝えてくれます。時々立ち止まり、悩む姿はじれったくもあり愛おしい瞬間。あ~ぁ!こんな時もあったよなぁ~って、おじさんはひとりジィ~ンと来てしまいました。やれやれ!!劇中に交わされる言葉の中にも、思わず「ふ~ん、良いこというなぁ」と感動することしきり。いい年したわたしまで関心させられます。まだまだ修行が足りないのでしょうか???
原作は漫画なのだが、これを観てつくづく思った事がある。日本の漫画ってやっぱり凄いということ。まさに新しい文化といってもいいものではないでしょうか?外国のひとたちが、絶賛する日本の漫画やアニメはその題材の広さにある。衣食住など何でもテーマにしてしまう、日本人の感性に世界中のひとの興味が向いていることは紛れもない事実です。もうひとつ言えるのは、伝統を重んじ日本文化の継承がしっかりと今に繋がっているではないでしょうか。外国の人が一番リスペクトしているのは、間違いなくそこ。
何だか変な話になってしまいましたが、日本人で良かったと思えた時間を感じたわたしです。
P.S. 広瀬すずちゃんは可愛いだけでなく、実力も兼ね備えた女優さん。若いのに出来すぎ感が半端じゃない。これからどこまで駆け上って行くのでしょうか?いろんな役をこれからもこなし、きっと日本を代表するような女優さんになるのでしょうね。そう、そう、クイーン役をやった松岡美優さん、良かったです。独特のキャラを見事に演じ何度もほくそ笑んでしまいました。彼女もこれから楽しみな女優さんです。


[PR]
# by eddy-web | 2018-03-22 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ384 “午前十時の映画祭8/招かれざる客”
e0120614_18274190.jpge0120614_14183870.jpeg




2018.3.09

公開から51年にもなる懐かしい名作、“招かれざる客”を鑑賞。この作品を観たのはリアルタイムではなく、数年がたったころ名画座での鑑賞だったと記憶している。いまでもテーマとされる人種差別問題に深く切り込んだ作品に、当時胸を打たれたことが思い出されます。時が経ち先日64歳になったばかりの今観ると、また違った意味で色々感じるところがありました。単に人種を超えた愛の物語などとは、言い表せない奥の深い問題をきめ細かに描いていることに気がつかされます。当時の時代を考えれば、こんなに奇麗ごとではすまされない話ではないでしょうか?
それにしても、出ている俳優さんたちの演技力には舌を巻いてしまいます。たった一日の出来事を描いているのに、なんと濃い時間を感じさせてくれるのだろう。交わす言葉の誠実に満ちた感情移入は、一言一言に重みがありこころにズシンと響きます。時代も大きく変わり今でこそ自由になった恋愛だが、もしこの状況が自分に降り掛かったらどんな答えを導き出すなかと考えさせられてしまいます。そのくらいの圧倒的な俳優さんたちの演技力が、ただただ凄いのひとこと。この作品は多くのアカデミー賞にノミネートされて話題になった訳だが、主演女優賞と脚本賞を授賞した。母親役を演じたキャサリン・ヘップバーンが見事な演技で、2度目の女優賞に輝いた文句のつけようがない作品である。複雑な母親の感情をきめ細やかな演技で演じ、思わず涙を誘う。主人公の黒人青年医師を演じたシドニー・ポワチエは、この作品の4年前に“野のユリ”で黒人俳優ではじめてのアカデミー主演男優賞を獲得した俳優で脂ののった見事な演技でした。実父との口論で「黒人である前に、人間でありたい」と訴えるシーンはまぎれもなくこの作品のテーマそのものである。脇を固める俳優さんたちも、みな人間味に溢れ突然降って湧いた出来事を右往左往しながらウェットに富んだ会話でこころを和ませてくれます。こんなひとばかりなら、世界平和も夢ではないと思わせてくれます。わたしが一番感動したのは、何と言っても父親を演じたスペンサー・トレーシーの演技。凄過ぎて言葉が見つかりません。残念ながらアカデミー賞は逃しましたが、紛れもない名優の演技で忘れることのできない作品となっています。残念ながらこの作品が彼の遺作となってしまい、観れば観るほど残念に思えてしまうわたしです。キャサリン同様彼もまた映画史に残る名優として、燦然と輝くスターとなりアカデミー賞ノミネートはジャック・ニコルソンに抜かれるまで9回を誇る俳優さんでした。
映画を見終わって、現在描かれている人種差別をテーマにしたものの原点はここにあるような気がします。至ってシンプルな内容の作品ですが、まさしく名作とはこういう作品を言うのだろうと改めて確信しました。あなたも是非、観てはいかがですか?
P.S. キャサリン・ヘップバーンとスペンサー・トレーシーの関係は周知の事実だった当時、籍こそ入れていなかった二人だが最期を看取ったのはやはりヘップバーンだったそうです。映画の中と同じ、愛に満ち溢れたパートナーだったに違いありません。彼の死後、彼を思い出し辛いという理由でヘップバーンはこの完成版を観ていないと記述に残っています。いまは天国で幸せに、下界を見下ろしていることでしょう。合掌。
[PR]
# by eddy-web | 2018-03-09 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ383 “シェイプ・オブ・ウォーター”
e0120614_18274190.jpge0120614_18090788.jpg




2018.3.06

話題作“シェイプ・オブ・ウォーター”を鑑賞。今年度のアカデミー賞候補No.1の呼び声が高かった作品だが、見事に作品賞を受賞。つい昨日の発表に、いても立ってもいられず劇場へと足を運びました。
感想ですが、大人向けのお伽噺と言ってしまえばそうなのだが、かなり深い愛のテーマを描いています。でも見終わって感じたのは、こう言う作品がアカデミー作品賞を獲るようになったこと。あまり今までにはない事例ではないでしょうか?3年前に作品賞を受賞した“バードマン”も同じような要素を含んだ内容でしたが、それとはまた違う表現には複雑なメッセージが含まれ、なかなか整理がつかないわたし。監督したギレルモ・デル・トロの書き下ろしで創られた作品は、独自の世界観で溢れ、夢とも現実とも思える不思議な空間を想像させてくれます。監督はオタクとしても知られるひとで、日本のまんがなどにも精通し強い影響を受けていると聞きます。そんなひとが創った作品は、主人公のモンスター(半漁人)への拘りも凄く、リアルな作り込みにまず驚かされます。目の動きは特にリアルで、その表情はことばでは表現出来ない感情を見事に表しています。このモンスターを創るのに、今回アカデミー賞でメイクアップ&ヘアスタイリング賞(ウィンストン・チャーチル)を受賞した辻一弘さんに目だけでも創ってほしいと頼んでいたという話が流れていました。本当ならすごい話。いずれにしてもそのリアルさは観ていただければ納得のはず。
さて、主人公のモンスターと心を通わせる女性イライザ(サリー・ホーキンス)は、生まれつき声を失っている障害を持った人物。その彼女は物語の中ではマイノリティを代表していて、友人のゼルダもまた黒人というだけで差別を受けている設定。間違いなく差別への警鐘を訴えたメッセージ性が読んで取れます。ましてやモンスターとなればマイノリティの代表。そんな二人の恋という異例な愛の形の表現が、アカデミー賞という栄誉に繋がったことは間違いないことでしょう。ラストの水中の抱擁シーンは、絵画のように綺麗で美しくこころに残るものとなりました。イライザは全然美人ではありませんが、見終わるととても愛おしく可愛い女にみえて来ます。内面から溢れ出す無償の愛が、彼女をそう見せるのでしょう。荒唐無稽な話ではありますが、こんな愛の表現もあるのかとデル・トロ監督の創造力には拍手を贈ります。
作品はSFともラブロマンスともモンスター作品とも言える要素を併せ持つ、監督のオタク度100%の作品に仕上がっています。アカデミー賞を受賞したほどの作品ですが、結構賛否は分かれるのではないでしょうか?個人的には好みですが、微妙なモヤモヤが残り、わたしの中の満足度が100%にならなかったのは事実。ラストも「へぇ~、そうなるか?」といった感じだし・・・。オタク好みの作品であることは間違いありません。映像表現がちょっと“アメリ”の色彩感に似ていたり、音楽の使い方が郷愁を誘うような古典の曲を使ったりと、独特の演出を施しています。ちょっと凝り過ぎていて、その演出が何を意味しているのかと考えてしまうほど・・・。“美女と野獣”は100%のお伽話でしたが、今作はまさにリアル版ともいえます。斬新な発想の物語は、単に好きとか嫌いとかだけでは評価できないところが、良くも悪くも考えさせられる厄介な作品。このモヤモヤ感は「エヴァンゲリオンの最終回」以来の出来事です。さて、みなさんはどのような感想を持たれるでしょうか?見終わった後に、あれやこれやと話が尽きない物語ではないでしょうか?

P.S. 劇中でイライザが手話で、「彼を助けないんだったら、私たちだって、人間じゃないわ」っていう言葉は胸に突き刺さります。


[PR]
# by eddy-web | 2018-03-07 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ382 “BLACK PANTHER ”
e0120614_18274190.jpge0120614_18281383.jpg




2018.3.01

マーベル最新作“BLACK PANTHER ”を、公開初日に鑑賞。マーベル・コミックの実写化作品としては18作目となるもので、黒人が主役のはじめての作品でもある。この黒人主役の作品と言うのは映画界でも少なく、ましてやヒーローものともなればはじめて。話題にならないはずも無く、全米では異例の大ヒットを記録している。またアメリカでは、オバマ大統領の誕生以来の歴史的出来事と称賛されている。それは単に黒人のスーパーヒーローが活躍する単純な設定ではなく、奴隷制度や植民地主義、※アフロフューチャリズムといったテーマも含まれ、社会現象にまでなっているとのこと。
さて、作品の感想です。マーベル発のニューヒーローは、すでに“キャプテン・アメリカ/シビルウォー”にて登場しているのはご存知だと思います。キャラのひとりという設定だったので、あまり素性が明かされず興味をそそられるひとも多かったはず。今回はそのすべてが解明される作りとなっていて、やはり単独の物語でしか描けない細部にわたっての創り込みがあり素晴らしい仕上がりでした。いままでのヒーローとも違う、新しいヒーロー像を創り上げている気がします。はじめに述べたように、アメリカの歴史にも深く関わる人権問題がバックボーンにあることがよく伝わり感銘を受けました。出演者のほとんどが黒人というのも異例だし、ましてや黒人がメインのヒーローものなど数十年まえなら考えられなかったことではないでしょうか?舞台はアメリカとアフリカの小国「ワカンダ」(架空の国)。この国の若き国王ティ・チャラが主人公だが、この国表向きは途上国の貧しい国なのだが実は・・・?と言う、この発想がまず面白い。まんざらあり得ない話でもないかも知れません。これだけでも創造力が掻立てられ、わくわくドキドキします。ハイテクの最先端をいくこの国の科学の粋を集め生まれたヒーローが、今回の主役ブラック・パンサー。いやぁ~、メチャクチャカッコイイです。シンプルな黒のコスチュームに身を包み、いっけん地味なようで切れ味は最高。他のヒーローの艶やかさはないが、逆に引かれるキャラである。目立ってなんぼのヒーローものではあるが、このヒーローの存在はマニア向けではないでしょうか?さきほど述べた人権問題などを抱えている背景が、新しいヒーロー像に組み込まれているコンセプトに拍手です。一発で好きになりました。近く公開予定の“アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”にも登場することになっている訳だが、あまり進化しないでこのままのシンプルなスタイルを崩さないでほしいと願うわたし。昨今のヒーローは続編が公開される度に、進化を重ねだんだんとロボットみたいな重装備になっています。はじめからそう言うキャラは別として、そうでないキャラは原点を忘れないで欲しいと一ファンとしてお願いしたい。予告でチラっと観たスパイダーマンのコスチュームですが、ちょっとやり過ぎに見えたのはわたしだけでしょうか?軟弱な青年の面影が全く感じられませんでした。それぞれにキャラの特徴があり、スパイダーマンのようなおおよそ虫も殺せないような男が変身するのが面白いし、夢を与えてくれるのではないでしょうか?昔のヒーローはなぞが多く、だからカッコ良かったのです。あまり目立ってはいけません。あれ!!いつの間にか話が変わってしまいました。まだ観てもいないのに、余計なことを言ってしまいました。悪い癖です、申し訳ありません。
ニューヒーロー登場に熱くなってしまいましたが、ぜひ劇場に足を運び確かめてください。きっとあなたも好きになるはず・・・。
P.S. 俳優さんもほとんどが黒人でしたが、監督さんも黒人のライアン・クーグラー。“フルートベール駅で(実話の射殺事件)”でデビューを飾りその才能を高く評価されたひと。今作が3作目だが、これからがますます楽しみ。マイノリティの視線にたった作品は、もちろんですがこれからも沢山良い作品を創って欲しいと願うわたし。あと映画の中で目を引いたのが、衣装デザイン。古典的なアフリカの民族文様や色彩などを生かし、実に見事なアレンジで近未来の衣装を創造しています。そのあたりも、ひとつの見所ではないでしょうか?
※“アフロ・フューチャリズム”とはミュージシャンに限らず一部の黒人 アーティストが表現する宇宙思想。

[PR]
# by eddy-web | 2018-03-02 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
“グレート・ショーマン”との驚きの縁。
e0120614_19074727.jpg2018.Feb.28

先日、話題のミュージカル映画“グレーテスト・ショーマン”を観たのですが、ちょっと意外な繋がりがあることを知りました。主人公のP.T.バーナムは実在の人物でショービジネス界に新風をお越し大成功を納めたひと。のちにサーカスの礎をつくり伝説の人物に・・・。映画は手際の良いテンポで、あっという間に時間が過ぎとてもHappyな気分にさせてくれます。楽曲が抜群で、全英アルバム・チャートで連続6週1位を獲得しました。そんな映画ですが、その主人公バーナム創り上げた「地上最大のショー」は、後に1881年にジェームズ・ベイリーが経営していたサーカスと合併し「バーナム・アンド・ベイリー・サーカス」と名を改め世界中を巡業。彼の死後サーカスは、リング・リング兄弟に売却され「リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカス」となり2017年の5月まで続き、動物愛護団体などからの批判が強まり惜しまれつつも約150年の歴史に幕を閉じました。
さて、“驚きの縁”とはなのだが、実は1998年(昭和63年)にこのサーカスは汐留に大テントを張り、日本で公演されたことがあります。遠い遠い昔の話になりますが、この“リングリング・サーカス日本公演の時、チケット販売に関わるPOPデザインを担当したわたし。当時「リングリング・サーカス」はかなりの評判で、わたしなりに創作意欲が湧きあがり、サーカスの売りであったユニコーンと象の曲芸をイメージし3DのPOPを創作しました。立体絵本を創る気持で楽しみながら創ったことを、昨日のことのように覚えています。ということで、まさかの展開にちょっと驚きを隠せない自分です。長く生きていると、本当にいろいろなことが起こるもんですネェ~!!なんだか時が一瞬止まり、チョッと嬉しい気分です。
e0120614_19085189.jpg

[PR]
# by eddy-web | 2018-02-28 00:00 | チョッといい話?(沁みる話) | Comments(0)
よもやまシネマ381 “グレーテスト・ショーマン ”
e0120614_20164390.jpge0120614_15172806.jpg



2018.2.26

話題作ミュージカル映画、“グレーテスト・ショーマン”を鑑賞。音楽スタッフは昨年“ラ・ラ・ラ・ランド”で見事アカデミー主題歌賞を授賞した、ベンジ・パセック&ジャスティン・ポール。まだ記憶に新しいチームが再び手がけた音楽を引っさげ、本年度も再びアカデミー賞にノミネートされている作品が“グレーテスト・ショーマン”。主演はミュージカル映画、“レ・ミゼラブル”で見事に観客を虜にしたヒュー・ジャックマンとくれば期待しない訳にはいかない。実はジャックマンのイメージが180度変わったと言っていい作品だったのが“レ・ミゼラブル”。彼の底知れない才能に驚かされたのはわたしだけではないでしょう。そんなチームが創った作品ですので、期待を胸に劇場へ・・・。
物語は19世紀半ばに実在した、P.T.バーナムの伝記をもとに現代風に創られたショービジネス界の挫折と成功の物語。冒頭のジャック演じるバーナムのシルエットが浮かび上がり幕が明くシーンは、スタイリッシュでカッコイイのひとこと。あっと言う間に物語の世界へと引きずり込まれる。テンポよく進む話は、切れ味も小気味よく時間を忘れさせる見事なエンターテイメント作品になっています。何と言っても音楽(楽曲)の素晴らしさに、これぞミュージカルの王道と思わせる演出がしっかりとマッチし飽きさせない。主題歌の「ディズ・イズ・ミー(これが私)」の詩には、きっと誰もが心を揺さぶられるに違いない。名曲と言っていい見事な出来映えで、見終わったあと思わず口ずさんでしまいます。全9曲の全てがメッセージ色があり、こころを揺さぶる名曲揃い。全米ではサウンド・トラックながら、ポップチャートで1位を取ったそうです。バーナムのサクセス・ストーリーを現代風にアレンジして完成した作品は、一級品のミュージカル映画となりきっと映画史に残るものだと思います。貧しい家庭に生まれ苦渋を舐めて生きてきた主人公が、夢を見続け外見や地位に囚われずありのまま自分らしく生きることの素晴らしさを仲間と共に謳い上げる。このコンセプトには時代を超えた、メッセージが込められている。多様性が求められる現代こそが、この作品の中に描かれているのではないでしょうか?ハリウッドでは一度は消えかけたミュージカル映画が、息を吹き返し私たちに元気をくれ始めました。とても嬉しい限りです。ひとによっては「ミュージカルはチョっと・・・」と苦手なひとも多いようだが、音楽と踊り、そして美術、さらにストーリーと娯楽のすべてが詰まった作品がミュージカル。こんなお得な買い物を観ないのは損。ひとときの現実逃避も良いではありませんか?みなさんいかがでしょうか・・・。
テーマである偏見や差別に対する強い反骨の想いが、ショーを彩る出演者たちに勇気と力を呼び起こし見事なパフォーマンスで魅了する演出の見事さに感動します。異系の目で見られ生きて来た人々の、心の叫びが歌と踊りに乗り移り胸に迫る最期のエンディングまで目が離せません。さぁ、劇場に足を運び、この感動を共有しましょう。
P.S. ジャックマンの他の出演者もみな皆素晴らしく、脇を固めているショーの仲間たちのパフォーマンスには大拍手です。話は個人的になりますが、中盤で登場するスウェーデンの歌姫ジェニー・リンドの歌と美貌にやられました。他の曲とも違う哀愁を帯びたその曲と歌声は主人公バーナムだけでなく、聞く人の心を癒し包んでくれます。それもまた本物の証。バーナムとの関係にはやや疑問は残りますが、その声と美貌に対し許します。演じているのはレベッカ・ファーガソン。“ミッション・イン・ポッシブル”や“ガール・オン・ザ・トレイン”そして“ライフ”などで印象に残る演技を見せていますが、今回の彼女の存在感は一番印象的。主役でもいけるひとだと思うのはわたしだけでしょうか?本当に奇麗な女優さんです。次回作は再び“ミッション・イン・ポッシブル”だそうで、いまから楽しみなわたしです。
[PR]
# by eddy-web | 2018-02-27 15:18 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ380 “午前十時の映画祭8/バグダット・カフェ ”
e0120614_20164390.jpge0120614_16463906.jpg



2018.2.21

映画史に残る傑作と思う作品、”グダット・カフェ ”のディレクターズカット版を鑑賞。何度観ても素敵な作品である。どこをとってもわたし好みの大好き映画のひとつで、死ぬまでに一度は観て欲しい作品。
公開当時に観た印象は、今までに観たことのない独特な雰囲気を醸し出す不思議な世界観を感じたわたし。そして何より耳に残る主題歌の「コーリング・ユー」のジュペッタ・スティールの歌声。もの悲しくも艶やかなその声は、そっと物語を包み込み印象を高めています。映画音楽で有名な曲は多いが、この曲も間違いなく心に残る一曲になりました。
ドイツ映画だが、舞台はアメリカラスヴェガス近くの郊外の寂れたカフェ。この設定にアメリカには不似合いなドイツ人女となれば、もうすでにお伽噺の予感がする。見終わると、期待を裏切らない傑作でとても気持ちが癒やされる。映像も実に美しく、雄大なアメリカ大陸の風景にふれ一度は行ってみたくなるような気持ちにさえなる。乾いた空気感と艶のある歌声による、演出効果の見事さは圧巻。
物語はドイツからアメリカに観光でやってきた女ジャスミン(本当はヤスミン)が、見知らぬ土地にひとり投げ出され(夫婦喧嘩により)偶然見つけた一軒のカフェ。そこで暮らす人々との交流を通し「幸せとは・・・」を紡いでくれる。砂漠のど真ん中に放り出され、ハイウェイを大きなスーツケースを引きずりながら歩く太ったドイツ人女の姿はかなりインパクトがある。顔立ちもコテコテのドイツ人で失礼だが、メイクのせいもありちょっと怖い。額に汗してやっとたどり着いたハイウェイ沿いのカフェ兼モーテル(&ガソリンスタンド)、その名も“バグダットカフェ”。実にお洒落な名の店だが、客などほとんどこない。店の前で椅子に座り涙を流している女主人ブレンダの前に現れた、異邦人ジャスミン。この出会いから物語ははじまり、最後までグイグイと引き込まれて行く。冒頭ちょっと怖い顔と表現したジャスミンだが、ラスト近くになるとまるで女神のように思えてしまうくらい可愛いと感じてしまう。まさにマジック。映画の中でもマジックの場面が出てくるが、彼女自身がマジックである。絶対に観なくては損をする作品である。彼女が乾いた砂漠に舞い降りた天使で、カフェがそこに暮らす人々のオアシスになる瞬間を是非観てはいかがでしょうか?
ジャスミンを演じたマリアンネ・ゼーゲブレヒトの存在感は凄いのひとこと。ドイツでの活躍は知りませんが、この映画で彼女は間違いなく映画史に残る女優さんになりました。現在70歳を超えたようですが、もっと沢山映画で観てみたいひとりです。そして対するブレンダを演じたCCH・パウンダーの演技もマリアンネに負けない素晴らしいものでした。二人の掛け合いがこの物語を創るあげたと言っても過言ではありません。ラストは涙がジンワリとほほを濡らし、とても幸せな気持ちになります。
P.S. ジャスミンに淡い恋心を抱くカウボーイ風の老いた男を演じた、ジャック・パランス。名作“シェーン”の殺し屋役をした名優が輝いています。とてもピュアな男を演じ、こんな年寄りになれたら良いなと思ったわたし。すでに年寄りの域には入っていますが、まだ修行が足りません。頑張ってジャックを目指します。
[PR]
# by eddy-web | 2018-02-23 16:46 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ379 “スリー・ビルボード ”
e0120614_20164390.jpge0120614_16262493.jpg




2018.2.13

今年度のアカデミー賞候補筆頭の作品“スリー・ビルボード ”を鑑賞。間違いなしの傑作です。アカデミー賞候補に上がっている作品は、まだ公開前の作品が多く鑑賞に至っていない。なので賞を獲るのかは定かではありません。ですが観た感想を素直に言えば、久しぶりに胸にくる作品でした。何よりも出演者の演技が素晴らしく、だれひとり掛けても成立しないであろう表現力の高さを感じざるをえません。
物語はアメリカ中西部の小さな町エビング(架空)の日常を舞台にしている。きっと普通なら何事も無く穏やかで、静かな生活が平々凡々と繰り返されるそんな場所に違いない。ただそれは閉鎖的な環境の中、波風を恐れた人々が息をひそめ我慢している証でもある。アメリカのミズーリ州が背景のこの映画ですが、人権問題や差別がいまだに多く絶対に行っては行けない、生きたくない土地だと聞きます。先日観た“デトロイト”同様に人種差別は露骨に横行し、その中みな息を殺し生きているようだ。
作品は冒頭のシーンから朽ち果てたビルボードが映し出され、うっすらと霧の中に浮かぶ。BGMの曲(アイルランド民謡)がやさしく静かに流れ、何やら不穏な雰囲気を醸し出し一気に画面に吸込まれる見事の演出である。3枚のビルボードに込められたメッセージが町に波紋を拡げ物語ははじまる。人間とは何と愚かな生きものなのかと、つくづく考えさせられる。悪い人間もいないかわり、良いと言える人間もあまり見当たらない。みな生きることに精一杯で、もがき苦しみながら虚勢をはり何とか精神のバランスを保とうとしています。これはまさに人間の本来の姿なのかも知れません。誰が悪い訳でもないのに、つい感情をむき出しにしてしまう人間のこころのあさはかさが物語ひっぱり、ラストへと繋がれる。結末は描かれていないが、考えさせられる余韻を残し幕は閉じます。ダメな人間ばかりなのに、なぜか愛しいのは何故だろう・・・。きっと私たちも同じようにひとを傷つけ、そして悩みもがき苦しみながら生きているからに違いない。人間の内面にこれほど深く切り込んだ作品は久しぶりである。小さな田舎町を舞台にしたところが、逆に印象を深め人の関わりの大切さが見事に謳われている。監督の研ぎすまされた見事な演出力に、圧倒されます。汚い言葉が飛び交い、むき出しの感情のぶつかりあいに思わず苦笑してしまうことすらある。ここまで本音をぶつけあうことなど、私たちの生活ではあり得ないこと。それだけに羨ましさ半分、怖さ半分の極限状態を体験させられる。
監督はマーティン・マクドナーという人物で、監督・脚本・製作の全てを手がけた今作。もとは舞台の脚本からのスタートと聞き、今作は珍しいダークな作品と言われているらしい。本人は哀しい作品と呼んでいるらしい・・・。確かに見終わると儚い哀しみが込み上げてくるのは間違いない。はじめて監督の作品に触れましたが、わたしの中の扉はしっかりと開きつぎをお強請りしています。
冒頭俳優人が素晴らしいと言いました。観れば納得の演技力で、どの役の俳優さんも存在感が半端ありません。主人公の母親ミルドレッドを演じたフランシス・マクドーマンドの鬼気迫る迫力に終始圧倒されますが、それゆえ時に見せる寂しさ哀しさはグサッと胸に突き刺さります。ビルボードの前でひとり花を植えている、彼女の前に現れた子鹿に話しかけるシーンはたまりません。これまでも高い評価を受けているひとだが、わたしははじめて・・・。こんなに凄い俳優さんがいるのだと、勉強不足に猛反省。正直美人とは言いがたいがとてもチャーミングな女性ではないでしょうか?ちょっと怖いですが・・・。敵対する警察所長のウィロビーを演じたウディ・ハレルソン、そしてその部下の危ない警官ディクソンを演じたサム・ロックウェル、この二人の俳優さんも甲乙つけがたい記憶に焼き付く演技でした。3人はアカデミー賞の女優賞と助演男優賞にノミネートされています。観れば納得ですので、ぜひ3人の演技を堪能してみてはいかがでしょうか?
P.S. 劇中で使われたミルドレッドへの言葉(バカ夫の恋人が発した)、「怒りは怒りを来す」はこの作品のコンセプトと言っていい言葉。強くこころに残りました。
[PR]
# by eddy-web | 2018-02-14 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ378 “THE DARK TOWER ”
e0120614_20164390.jpge0120614_16481808.jpg




2018.2.05

モダン・ホラーの開拓者と称される、人気作家スティーブン・キングのライフワークとされる同名小説の映画化である。作品の名は
“ダーク・タワー”。つい最近“IT-イット”を観たばかりだが、この人の作品は本当にワクワクドキドキさせてくれ、まずはずれることがない。彼の才能は他の作家には感じられない、日常の中に潜む不思議な感覚を抽出する類いまれなるセンスにある。ホラー作品も他とは違う、非現実世界の中で描かれ気がつけば夢見心地の中・・・。また、ホラー作家とは思えない「ショーシャンクの空に」や「スタンド・バイ・ミー」のような感動作も執筆するまさに天才。彼の作品はほとんどと言っていいくらい映画化されヒットする。その中身がいいからに他ならないのだが、そう思うととそれらを映像化する側にはそうとうなプレッシャーがあるに違いない。わたしが観た作品群の中にも良いものばかりでなく?っと思う作品はあった。どうしてもスティーブン・キングの名が、期待を大きくしてしまうのはしょうがないことだろう。
さて、“ダーク・タワー”の感想です。原作は長編ですでに第7巻まで出版されているもので、世界幻想文学大賞を授賞した大作。その内容は彼のどの作品とも類似しない壮大かつスリリングな旅が描かれている。特にシリーズとしては描かれておらず、一話分冊形式で書かれているようである。個別に読んでも楽しめるということ。映画は全体の一部をピックアップし脚本が創られたようですが、やはりその世界感は流石と言わざるをえない。毎夜得体の知れない夢にうなされる少年の体験からはじまり、あっと言う間に物語の中に引きずり込まれてしまう。設定も実に奇想天外で宇宙と現実世界との間に存在する「中間世界」での善と悪の闘いが描かれている。その舞台が西部開拓時代を彷彿させる設定なのも意外な感じで、武器も拳銃というアナログな表現である。そこらへんが逆に新鮮なのも面白いところである。中間世界に立つダークタワー(世界の平和を保つ塔)を破棄しようと企む悪の権化「黒衣の男」とタワーを守る最期の守護者「孤高の拳銃使い」とその仲間の壮大な闘いが軸になっている。黒衣の男ウォルターは魔術を操り、対抗するローランド(ガンスリンガーと呼ばれる守護神)は、目にも留まらぬ拳銃さばきで弾丸を撃ち敵を倒す。荒唐無稽な世界なのだが、観ているうちにすっかりはまってしまうのは何故でしょう?よくこんな発想が生まれてくるなと、キングの才能にまたまた驚かされる。彼の創造力には限界など無いのかもしれません。ちょと聞きかじった話だが、彼は実生活で大事故に遭い生死の境を彷徨った経験があるらしい。そんな体験が彼のような、天才を生んだのかもしれない。
監督がスウェーデン版映画“ミレニアムドラゴン・タトゥーの女”を撮ったニコライ・アーセル。知らずに観て、なるほどと思わせてくれました。ガンスリンガーを演じたイドリス・エルバは“マイティー・ソー”のヘイムダル役でお馴染みの俳優さんですが、今回はメインでしっかりと存在感を出しカッコいいです。敵の黒衣の男ウォルターを演じたマシュー・マコノヒーに関しては言うことはありません。何をやっても絵になる男ではないでしょうか?鍵を握る不思議な力を持つ少年ジェイク役のトム・テイラーも二人に負けない演技で、次回作がとっても楽しみです。新たなキングの世界に、みなさんも一歩足を踏み入れてみませんか?きっと癖になると思います。
P.S. 中間世界に足を踏み入れたジェイクが観た屋敷の残骸。その壁に描かれた「ペニー・ワイズ」の文字には、ちょっとほくそ笑んでしまいました。まさにサプライズの演出で、思わず「キング万歳!!」とこころの中で叫んだ瞬間でした。

[PR]
# by eddy-web | 2018-02-06 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ377 “デトロイト”
e0120614_20164390.jpge0120614_20204176.jpg




2018.1.31

いきなり関係ない話ですが、今回の映画鑑賞のチケットですが見知らぬご夫人から頂きました。実は先日“午前十時の映画祭”に来た時、チケット売り場で財布を出していたら後ろから「このチケット余っているので、よかったらどうぞ!」って声をかけられました。ちょっとビックリはしましたが、「いいんですか?」といいありがたく頂戴をしました。その日はとてもハッピーな気分でいちにちを過ごしたわたし。せっかく頂いたものなので、その日は大事に持ち帰り今日“デトロイト”の鑑賞に使わせて頂いた次第。想いも知らない出来事でしたが、映画ファンへのご褒美と勝手に喜んでおります。頂いた方へ感謝をこめ「この場をかり、ありがとうございました」と言わせて頂きます。
さて、“デトロイト”ですが公開前から気になっていた作品。なぜ、興味を引かれたかと言うと物語が1967年に起きたデトロイト暴動の最中に発生した「アルジェ・モーテル事件」の実話が題材だと言うこと。人種差別がまだ色濃く残る時代の警察官のよる、無抵抗の黒人殺害事件がベースになっています。更に監督が、史上初の女性アカデミー監督賞受賞者キャスリン・ビグローであること。“ハート・ロッカー”での監督賞受賞だが、わたしは“その後に公開さてた“ゼロ・ダーク・サーティ”で大ファンになった。女性目線でとらえた作品は、やはり実話の「ウサーマ・ビン・ラーディン殺害」に挑む特殊部隊の物語で秘密裏に行われた作戦の舞台裏が描かれ緊張感溢れる作品でした。正直こんなハードな内容の作品を女性が監督したなどと、当時はにわかに信じがたいものがありました。でも、今作を観れば彼女の実力は間違いなく本物と納得。ここのところ実話ベースの作品が多いが、リアリティを追求する姿勢にはとても共感するものがある。いま、「アメリカン・ファースト」を叫ぶかなり危ない大統領の出現に、迷えるアメリカが抱える深い問題が浮き彫りにされているようにさえ感じる。この作品で再び浮かび上がらせ一石を投じているように思えるタイミングの公開である。
世界中で大きく平和を訴える時代になっても、未だ無くなることのない人種に対する偏見と差別の根深さが、鬼気迫る緊張の中描き出される今作。言いようのない怒りが込み上げて、思わず大声で叫びたくなる衝動に駆られる。どうして人間は、こんな過ちを犯すのだろうとつくづく考えさせられる。事件の被害にあった人たちのこころの傷は、一生消えること無く続くと思うとやるせない気持でいっぱいになる。本当に平和と呼べる日は来るのでしょうか?人間が愚かな生きものである限り、きっとまた同じようなことが起きるだろうと残念だが思ってします。決して簡単なことではないが、少なくとも相手を思いやる気持を忘れない、そんなひとでありたいと自身に言い聞かせる作品との出会いになりました。
作品のすべてが事実かは解らないが、キャスリン・ビグロー監督の描いた“ハート・ロッカー”や“ゼロ・ダーク・サーティ”、そして“デトロイト”は忘れては行けない歴史の1ページの裏側を見せている。だからこそ観るべきだし、記憶に残してどう生きるべきかを考えるヒントにすべき作品ではないでしょうか?
今作品ではあまり馴染みのない俳優さんが多く出ていて、ひとりジョン・ボイエガ(スターウォーズのフィン)だけが知っている俳優さんでした。地味な存在ではありましたが、しっかりと存在感を伺わせこれからの活躍が楽しみになりました。そして強く印象に残った俳優さんは加害者の警察官クラウスを演じたウィル・ポールターそのひと。もの凄い嫌な奴を身体前身でエネルギーを発散し、近くにいたら殴りたくなるそんな演技で圧倒されました。すでに沢山の賞を獲っているようですが、タダモのではありません。要注目の俳優さんです。もうひとり歌手を夢見る黒人青年ラリーを演じたアルジー・スミスのきめの細かい演技は実に見事で、強く心に響くものがありました。二人に拍手です。
最期にこのような痛ましい事件が再び起こらないことを願うのと、事実を忘れず語り継ぐことの大切さをクリエーターのみなさまにお願いしたいと思います。
[PR]
# by eddy-web | 2018-02-05 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif