人気ブログランキング |
<   2019年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
よもやまシネマ454 “ワイルド・スピード/スーパーコンボ”
よもやまシネマ454 “ワイルド・スピード/スーパーコンボ”_e0120614_14471451.jpgよもやまシネマ454 “ワイルド・スピード/スーパーコンボ”_e0120614_14474463.jpg




2019.8.2

「W・Sシリーズ」のスピンオフ作品、“スーパーコンボ”を公開初日に鑑賞。ここのところ硬派な作品ばかりを見てきたわたし。素晴らしい作品ばかりで、映画の持つ奥深さや影響力をしっかりと味わいさらに映画が好きになりました。そんな中、息抜きと言ったら失礼だが今回はひたすら娯楽性重視でエンタメの作品を選んでみた。本来映画の役割はエンターテイメントの追求である。そう言う意味では「W・Sシリーズ」はその代表と言っていい。
車好きや音楽好きには溜まらないシリーズも今作で9作目。ワイスピメンバーの2人、ホブス(ドウェイン・ジョンソン)とショウ(ジェイソン・ステイサム)の凸凹コンビが主役。面白くてカッコいい作品に出来あがり、多いに楽しませてくれた。ラスト近くのサモアでの展開はちょっとやり過ぎ感はあるが、これからの展開が楽しみである。もともとは凄腕のドライバーで強盗団のボス、ドミニク(ヴィン・ディーゼル)とそれを追うロス市警の警官ブライアン・オコナー(ポール・ウォーカー)の奇妙な友情ドラマだった作品はあれよあれよと様変わり予測不能状態になった。今作品のホブスとショウも元をたどれば敵。その頃の作品も小憎たらしいほど嫌な奴(ショウ)だったが、いつの間にか仲間になっていた。
途中ブライアンを演じていたポール・ウォーカーが交通事故で亡くなるという事もあり、今の流れが生まれたのかも知れない。それほど人気を誇るシリーズは、配給会社はもとよりシリーズファンにとっても長く続けてほしい作品である。今回の“スーパー・コンボ”はもともと犬猿の仲の2人の丁々発止の会話がツボにはまるエグさで、ずーっと(^0^)放しでした。途中からこんな色の作品だったっけ!と我を忘れてしまいました。話術の面白さも抜群でちょっとブラックなところが溜まりません。2人のキャラが表裏で表されてはいるのだが、家族愛の深さに関しては同。そのあたりの演出も上手で、2人のキャラがますます好きに鳴ります。相変わらずのカーアクション+バトルアクションも見応えばっちりで、格好良くて溜まりません。両方の母親が出てきますが、その存在感がハンパありません。ショウの母親役は英国が誇る名優ヘレン・ミレン。もう画面に出るだけでオーラがハンパありません。74歳とは思えないエネルギーがほとばしり、実に美しい。前回の作品紹介で紹介したジュディ・デンチといい、イギリスには素晴らしい女優さんが歳を重ねて活躍していて嬉しい限りである。みなさん、夏休みにはぜったいお勧めの1本です。彼女と行くもよし、華族で見るもよし、ぜひアクションを堪能しに出かけてみてはいかがでしょうか?
P.S. ショウの妹ハッテイ役で今回出てきたヴァネッサ・カービーがメチャクチャ格好良かったです。美人な上に身体能力も抜群。その上男気があり魅力満載です。これからが楽しみな女優さんのひとりになりました。


by eddy-web | 2019-08-05 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
その昔花街として賑わっていた街「神楽坂」。いまもその薫りを残し、江戸情緒を感じさせる路地裏のお風呂屋さん。
その昔花街として賑わっていた街「神楽坂」。いまもその薫りを残し、江戸情緒を感じさせる路地裏のお風呂屋さん。_e0120614_15555624.jpg銭湯探訪39
熱海湯(新宿区神楽坂)
2019.7.29.


はじめて新宿区の銭湯に足を運んだ。たださすがに銭湯だけを目的にするほど暢気でも無いので映画鑑賞と一緒に訪ねたわたし。場所は神楽坂。東京の中でも指折りの江戸情緒を残しつつ進化している人気スポットの街。飯田橋の近くにある風情豊かな街は、近隣に多くの大学があり若者にも知られたエリア。小洒落たお店と昔ながらの小料理屋が融合し、いまやあらたな文化発信地に成りつつある。坂道を挟み昔ながらの老舗と、若者に人気の洒落たお店が建ち並び普段でも賑わう。そんな人通りの多い道をちょいと脇に入ると、そこには時間が止まったような石畳の風情豊かな料亭や小料理屋の看板が立ち並ぶ。このあたりはその昔花街として栄え、芸子さんたちが闊歩し路地裏のあちこちから三味線も音が聞こえてきたらしい。いまでも運が良ければ、そんな三味の音に遭遇する事できる。
その昔花街として賑わっていた街「神楽坂」。いまもその薫りを残し、江戸情緒を感じさせる路地裏のお風呂屋さん。_e0120614_15565401.jpg
そんな街にたったひとつある銭湯“熱海湯”が今日の目的地。建物は昭和29年築というから、わたしと同級生の65。これも何かの縁、とても親近感が湧きます。細い路地を抜け、小料理屋の看板を横目に見ながら歩く事10分、ちょっと迷ったことを計算しても駅(飯田橋)からはそう遠くないロケーション。雰囲気もとても良い感じで、一っ風呂浴びた後に一杯なんて溜まりませんねぇ~っ!!ただ、ちょっと見た感じお店はどこも「一芸サンお断り」ってな感じです。勝手な思い込みかも知れませんが、ちゃんと調べてからいった方が良いかも・・・。
その昔花街として賑わっていた街「神楽坂」。いまもその薫りを残し、江戸情緒を感じさせる路地裏のお風呂屋さん。_e0120614_18051104.jpg
ちょっと話しがそれたので“熱海湯”さんのお話しを。表の造り構えも宮造で、いまも薪で湯を沸かしているとの事。ここら辺も銭湯好きには溜まらない拘り。湯の温度が半端なく熱い事で有名らしく、そこも確かめたいこと。玄関前にはご主人の趣味なのか、植木が置かれ夏の雰囲気を演出している。暖簾をくぐるとちょっと低めの番台が・・・。下手をすると見えてしまうのでは無いかと、辺にドキドキしてしまった。浴場の戸を開け中に入るとそこは、ザ・銭湯といった雰囲気で王道のペンキ絵が眼に入る。見事な「富士山」が女湯と男湯をまたがり裾野を大きく拡げ迎えてくれる。この絵も良いのだが、そのしたにあるタイルに鯉や金魚が泳ぐ姿が描かれとても綺麗。
その昔花街として賑わっていた街「神楽坂」。いまもその薫りを残し、江戸情緒を感じさせる路地裏のお風呂屋さん。_e0120614_15581952.jpg
洗い場のカランが設置された壁にも山や渓流が描かれ、もう気分はMAX溜まりません。いよいよ噂の湯舟へと足を入れると、噂に違わず確かに熱い。きっと43℃~44℃くらいはあるだろう。40軒ほど銭湯は回ったが、この温度に近いところは2~3軒しか記憶に無い。2つある湯舟の片方に“あつい”と書かれた手書きの札が下がっていて面白い。入って見れば、大差なくどっちも熱く看板にだまされてはいけません。わたしは熱い方が好きなので、ぜんぜん問題ありませんでした。一度だけ身動きが取れないほど熱いお湯があったことを思いだしました。「どこだったかなぁ~???」調べて今度また行ってみようと思います。久しぶりに100点満点のお風呂屋さんでした。みなさんもたまには、家のお風呂から飛び出し銭湯に行ってみてはいかがですか?きっといい出会いと発見があると思います、ぜひ一度・・・。


by eddy-web | 2019-08-01 00:00 | 銭湯探訪(Love ゆ Tokyo) | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif