<   2018年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
よもやまシネマ400 “午前十時の映画祭9・地獄の黙示録”
e0120614_15413249.jpge0120614_13592310.jpg





2018.5.28

フランシス・F・コッポラ監督の映画史に残る名作“地獄の黙示録”を鑑賞。昨年からはまっている“午前十時の映画祭”。往年の懐かしい作品を再びスクリーンで観れる喜びを、全身で楽しんでいるわたし。午前10時という時間帯のためか、それとも懐かしい映画を観て青春時代の思い出に浸りたいのか劇場内はほぼ高壮年のひとたちで埋まる。それぞれの想いを胸に足を運ぶのはわたしも同じ。名作をまとめてくれるこの企画は、ファンにとってはたまらない贈り物。見落としてしまった作品をスクリーンで観られる喜び、そして昔感動した作品にまた触れる喜び。「ありがとう」の言葉しか見つかりません。
さて、400本目に選んだ“地獄の黙示録”は、39年前に公開されわたし25歳の青春真っ只中で観た思い出深い作品。作品はアカデミー賞をはじめ多くの賞を手にし、高い評価を得ての公開となったもの。ベトナム戦争を背景にした作品は数あるが、コッポラ監督の渾身の作品はそれまでには観たことのない、独自の映像表現と音響効果を駆使した贅沢きわまりない作品となっていました。独創的な脚本により、ある意味戦争映画の枠を超えてよく解らない作品としてわたしの中では残っている。その意味を39年の時を経て、確かめてみようと思ったのが今回の鑑賞理由である。
改めてこの映画のことを調べてみた。原作はイギリスの小説家ジョセフ・コンラッドの代表作「闇の奥」という、アフリカを舞台にした西洋植民地主義時代の暗い側面を描写した体験談である。この話を当時社会問題になっていたベトナム戦争に重ね、舞台背景をベトナムに移しての創作となったのが“地獄の黙示録”である。内容は戦争という極限の世界で、失って行く人間の理性の象徴としてジャングルの奥地に王国を築き上げた元軍人(カーツ大佐)の暗殺をテーマにした反戦映画である。小説の主人公クルツをカーツ大佐(マーロン・ブランド)に変え、当時の世相に反映した人間の狂気を創造豊かに描いてみせた。だれもが持っているであろう人間の中に潜む狂気。理性をも壊す究極の状況(戦争)でひとが壊れて行くさまを見せつけられる。わたしは今回再鑑賞で感じたのは、その芸術性の高さから虚像と実像の境を見失ってしまう事実。よりディフォルメされた表現に頭の中が???で追いつくのがやっと・・・。リアルだがリアルでない。そんな印象が強く残ったのは事実。前半は戦争映画で後半はファンタジーのような作品である。ただ戦争をこんな表現もあるのだ、という形で創造してみせたコッポラ監督の凄さは本物だと痛感した。そして映画監督の枠を超え芸術家になったとさえ思わせる作品は、80年代を代表する映画となった。ただ評論家たちは、この映画を傑作と呼ばず快作と呼んだのは、実に面白い話しである。
人間の犯す愚行を代表する事実が戦争。いままでもたびたびテーマになり数多くの名作を残してきた。だが、“地獄の黙示録”はどの作品とも比べようのない作品となりその名を映画史に刻みました。好き嫌いがはっきりと分かれる作品には間違いない。時間とお金がかかった作品であることは間違いない。芸術性も高くそしてエンターテイメント性も併せ持つ、まれな戦争映画であることは観れば納得である。みなさんはどうこの映画を捕らえますか?言いたいことが沢山あり、まとめきれないジレンマに襲われる。そんな作品でした。
話しは変わるがこの作品について調べてみると、エピソード(製作秘話)の面白いこと。でるはでるはのてんこ盛り。よくぞ公開までこぎ着けたものである。ひとつふたつ拾ってみると、さまざまなトラブルが続き、制作費が当初の3倍にふくれあがりと同時にその長さも大きく膨らみ編集が大変だったそうである。未公開の部分を足したものが、何度も上映されその度に全然ちがう印象を持たれたと聞きました。追加したお金はすべて監督が出したと聞き、それはそれで凄いなと正直思いました。
あと、メチャクチャ笑えたのがカーツ大佐を演じたマーロン・ブランドが撮影に待てど暮らせど表れず、来たと思ったら台詞をまったく覚えていなかったという話し。さすが大物は違う。確かにマーロン・ブランドの圧倒的存在感は、いるだけで充分といったオーラを放っていました。
みなさん映画史に残る作品、是非観てください。今日だけでは話しを語りきれないので、是非折を見てまた・・・。はじめにいいましたが、音楽と音響効果が凄く圧倒的シーンをより迫力あるものに仕上げています。エピソードの中にこの作品をオペラと称したひとがいるそうです。
制作に参加していたコッポラ夫人エレノアは、後日談で撮影半ばでコッポラ監督がまさにカーツ大佐になっていたと言っているのが制作の重さを語っています。
また、あるインタビューで監督自身「この作品のテーマ」はとの問いに、いったい何でしょうね?と答えているそうで、きっと苦労が多く行き先を見失っていたのかも???そして「芸術は爆発だ!!」の境地に達していたのかも知れません。

P.S. もうひとつだけ言わせてください。劇中、ある意味カーツ大佐より危ない指揮官キルゴア中佐(ロバート・デュバル)の台詞「朝のナパームの臭いは格別だ!」は、まさに当時のアメリカの狂気を象徴している恐ろしい言葉としてこころに刻まれました。
※今日の画像は日本で創られた駅貼りポスター。日本を代表するデザイナー石岡瑛子氏によるもので、イラストは滝野晴夫氏。2連作の一枚は傑作で、のどから手がでるほど欲しかったことを思い出します。


[PR]
by eddy-web | 2018-05-30 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ399 “孤狼の血”
e0120614_15413249.jpge0120614_16442720.jpg




2018.5.18

何故いま、ヤクザ映画なのか?そんなことを思いながら“孤狼の血”に足を運んだ。
ヤクザ映画の代名詞となった東映の作品“仁義なき戦い”は、今なお語り継がれている実録のバイオレンス作品。1973年に第一作が発表され、瞬く間に人気を集め多くのシリーズ作品が公開され一時代を創った。その作品を手がけた深作欣二監督は、この“仁義なき戦い”シリーズで監督としての名声を不動にし今なお多くの崇拝者がいる。その中にはクエンティン・タランティーノやジョン・ウーという世界の巨匠も名を連ねその凄さを伺わせる。時代と共にヤクザ映画は影を潜め、同時に東映の一時代は終わりを告げた。当時実録のヤクザ抗争をリアルに描いた“仁義なき戦い”は、度肝をぬく迫力で良くも悪くも大きな影響を社会に与えていたのは間違いない。時代がどんどんと平和になり、映画と同じように「仁義」という名も消え、ひとのこころからも遠い世界の話になって行きました。
実録のヤクザ抗争をもとに創られた今回の作品“孤狼の血”は、原作者が柚月裕子氏でメガホンを撮ったのが白石和彌監督。原作が女性だと言うところにまず驚かされる。内容もさることながら、かなりハードな描写の連続でこの男社会を描く感性がどこから来るのかとても興味深い。白石監督は“凶悪”で日本アカデミー賞を授賞し、昨年も“彼女がその名を知らない鳥たち”“サニー/32”と立て続けに話題作を提供しています。どの作品もかなり人間の奥底にある理屈では計り知れない感情を引き出し、不愉快になるほどハードな世界を描きだす気鋭の監督さん。そんな二人が造り出す現代版のヤクザ映画に、70年代を生きてきたわたしは興味全快。今回も内容はいっさい触れません。自身の目で観てください。はたしてその感想は・・・。
近年バイオレンス作品といえば、北野監督が創ってきた“アウトレイジ”が真っ先に頭に浮かぶ。どうしてもこの作品と、今回の“孤狼の血”は比較されるに違いない。これは覚悟の上で製作されたに違いないと、見終わって改めて感じました。個人的には似て非ひなりの作品と受け止めたわたし。ヤクザの世界がベースで創られたところは共通ですが、まず男性と女性の視点の違いがあることと、もうひとつは実録ものとしての映像表現に対するエンターテイメントを追った表現の違いがはっきり現れた作品ではないでしょうか?どちらが良い悪いは、きっとファンの気持次第。両方とも好きというひとは、きっと映画が大好きなひとたち。今作もRー15指定で暴力描写は目を覆いたくなるシーンの連続。いくら松坂桃李くんがでているからと言っても、デートで観るのはシンドイと思います。観るなら男女別々で・・・。
いろんなひとの名が出ましたが、間違いなくみなさん“仁義なき戦い”という作品をリスペクトしています。時代は回るとよく言いますが、緩い今の世の中に刺激が欲しいひと、そして刺激を与えたいひと、そんなひとたちがきっといるのかも知れません。そんなメッセージを感じたわたし。みなさんはどんな感想を持つでしょうか?
P.S. 役所広司さんは何をやっても凄いということが、はっきり解りました。重たく暗くハードな話に選ばれた俳優さんたちは個性派揃い。しっかりと役に徹しその世界をリアルに表現してくれました。中でも桃李くんの頑張りは凄かったです。ここのところ意欲的にイメージを打ち破るような役に挑戦している感じが、たまらなく良いです。俳優としての志しをしっかりと持って、仕事に望んでいるそんな印象を受けました。これからも頑張ってほしい俳優さんのひとりです。
[PR]
by eddy-web | 2018-05-22 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ398 “午前十時の映画祭9/太陽がいっぱい”
e0120614_15413249.jpge0120614_18540602.jpg




2018.5.10

ルネ・クレマン監督の名作“太陽がいっぱい”を鑑賞。名曲をバックにした作品は、何度観ても映画ファンを楽しませてくれる。誰もが知る巨匠は生涯を通し、たった17本しか作品を世に残していない。だが、そのすべてが高く評価されジャンルもサスペンス、コメディ、反戦、恋愛映画と幅広くバラエティ。まさに巨匠と言う名が似合う本物の映画人。カンヌやヴェネツィアでは、前期制作作品のほぼすべてにおいて賞を獲っているのがその証。“禁じられた遊び”ではアカデミー外国映画賞も授賞する、すごい監督さんです。わたしも大好きな監督のひとりで、ようやく大型スクリーンで“太陽がいっぱい”を鑑賞でき感激で「胸がいっぱい」です。
さて、往年の名作をあらためて鑑賞するとそこには観た頃の思い出が甦り、映画の主人公と自らの青春時代が交差し懐かしい想いが沸き上がる。ニーノ・ロータの名曲が流れた瞬間に、タイム・スリップしてしまう感覚がたまりません。主人公トムを演じたアラン・ドロンの美しさは当時もそうでしたが、いまなお追随を許していません。カッコイイ男優は多いが、美しいと形容することの出来るのはこの人以外見つかりません。共演のモーリス・ロネもかなりの美男だが、なんだか別次元の美しさです。この作品でデビューを飾ったマルジュ役のマリー・ラフォレもめちゃくちゃ奇麗で、当時あっという間に彼女の名が世間に知れ渡りました。そんな3人が繰り広げるサスペンスは、大きく前半と後半で展開がわかれ後半はハラハラドキドキの連続。ラストは映画史に残るまさに名シーンである。ラスト近くでウエイトレスと交わすトムの言葉「太陽がいっぱいで最高の気分さ!」は、めぐり来る運命の物悲しさを象徴する名セリフとなりファンのこころに永遠に残りました。
数多くの作品に出演し、どの役でも印象に残る演技で女性ファンだけでなく男たちにも人気があった彼。わたしは“冒険者たち”や“あの胸にもう一度”などが好きな作品で、一番は“さらば友よ”です。
憶うにクレマン監督はこの映画もそうだが、実に見事に音楽をからめ永遠に語り継がれる作品を残したものです。“禁じられた遊び”しかり“雨の訪問者”しかり。たが実は“太陽がいっぱい”の曲を創ったニーノ・ロータは、作品に携わったことに強い不満を残していたとある記事で知りました。クレマン監督は上から目線の親方タイプで「この作品に合う曲を作れ!」と言い放ち、ロータが立腹したというエピソードが残っています。こんな名作と名曲に、まさかこんな話があるなんて・・・???
まぁ、そんなことどうでも良い事です。この作品にこの曲があっての名作なのは間違いないことですから。

P.S. 1999年にマット・デイモン主演で公開された“リプリー”は、“太陽がいっぱい”のリメイクだそうですが残念ながら観ていません。あまり評価は高くないようですが、一度観て見たいと思います。

[PR]
by eddy-web | 2018-05-11 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ397 “ゲットアウト”

e0120614_15413249.jpg

e0120614_11425314.jpg







2018.5.04


昨年見逃した作品“ゲットアウト”を観に、ギンレイへ。二本立てのもう一本は“IT”で、すでに鑑賞済み・・・。二本を見る元気はすでになく、観たかった作品に集中です。あまり前もって情報収集をしないわたしだが、このホラー作品は別。何故かと言えば、まず今年度アカデミー賞脚本賞を獲得したこと。ホラー作品が獲るのはめずらしいのではないだろうか?それともう一つは、監督・脚本のジョーダン・ピールが第一回監督作品の上、本業がコメディアンだということ。さしずめ日本の北野と重なるのである。テーマは差別問題を軸にしたホラー映画となれば、すべてが興味深い。予告編でもなにか目には見えない異様な雰囲気が漂い、いても立ってもいられないほどの期待感がわたしを突き動かしたのは事実。平和になったかのような社会だが、いまだ根強い差別の現状。昨年観た”デトロイト“は実際におきた事件を取り上げリアルな表現で差別問題をあらためて問題提議したばかり・・・。今作はホラー仕立てという表現を使い、いったいどんな形で人種差別を訴えてくれるのかと身構えての鑑賞になった。
オープニング冒頭から、何やらあまり気持ちよくない音楽が流れこれからはじまるであろう物語への不安感が高まる。怖いもの見たさを刺激する絶妙な演出に、ワクワクドキドキ。主人公は黒人の若手新進写真家クリス(ダニエル・カルーヤ)。端正な顔立ちが印象的で目力が半端ありません。白人の恋人ローズ(アリソン・ウィリアムス)と、彼女の家を訪れ交際を認めてもらいに・・・という滑り出し。ローズの楽観的な想いとは裏腹に、クリスは言葉では言い表すことのできない不安をかかえての旅立ち。出てくる人々のなんとも言のえない雰囲気が、不気味である。言葉では親愛の情をあらわしてはいるのだが、どこか嘘くさく無表情。完全に孤立状態のアウェイで、次々に起こる不可解な出来事。見事な脚本で、知らず知らずに画面の中に引き釣り込まれる。名作“シャイニング”や“カッコウの巣の上で”のような不安をじょじょにあおっていく演出は本物。音響効果の使い方も絶妙で、何度もドキッとさせられる。まさに一級品のホラー作品であることは間違いありません。ただ怖がらせるだけでなく、しっかりとアメリカが抱える根強い人権問題をベースにじわっと考えさせられる。物語の良さもさることながら、出てくる俳優さんたちの甲乙つけがたい不気味な演技力。終わってみれば人種問題の枠からはみ出て、もっと大きな人権問題へと変わっていく。もし自分がこの状況に追い込まれたら、どこまで自分を保つことができるだろうか?
ラストは言えませんが、一級品のホラー映画をぜひ自分の目で確かめてください。
P.S. 実は調べて解ったことが・・・。ラストの別バージョンが存在すること。実はわたしはラストが少々出来すぎな感じを抱いていました。そうした中、別の切り口でのラストが存在したことを知り個人的には多いに納得。近々DVDが発売になり、二つのラストが用意されているとのこと。観てはいませんが、もう一つのラストの方が私的には納得かも・・・。
それでも、監督が最近起きている差別事件を重く受け止め出した結論と聞き、何も口を挟む事が出来なくなりました。当事者が一番悩み打ち出した結末に、だれが異論を述べられるでしょうか?そんなことをこころの片隅におき、観るとまた違った印象を受け考えさせられる作品です。
※作品半ば「GET・OUT」という言葉を浴びせられる主人公ですが、思うにこれは嫌って発した言葉でなく“ここにいちゃ駄目!”と言っているように聞こえます。

[PR]
by eddy-web | 2018-05-08 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ396 “アベンジャーズ・インフィニティ・ウォー”
e0120614_15413249.jpge0120614_15421029.jpg




2018.5.02

MARVELがやっちゃっいました。“アベンジャーズ”の最新作インフィニティ・ウォーが予想を裏切る展開で、だれもこんなラストを想像していませんでした。少なくてもわたしは・・・。勧善懲悪の世界を描くアメコミヒーローの今作品は、嘘みたいな完全ボロ負けの物語。だれがこんな終わりを想像した事でしょう。がしかしである、個人的には大満足の面白い作品になり次回作への期待がMAXです。登場したヒーローたちが多い分中身が薄まるかと思いきや、キチッと各キャラにもしっかりスポットをあてた構成にはファンのこころにも届きました。ルッソ兄弟の監督手腕が光ります。それぞれの絆が描かれ、ウルっとくるところも・・・(ブラック・ウイドーとブルース(ハルク)の再会)。それにしても今回登場のビィラン(悪党)が実に魅力的に描かれています。ヒーローVSヴィラン。これは双方に力(能力)があって成立する図式。相手が強ければ強いほど、対決がより魅力的になりその世界感が大きく拡がる。最近のアメコミ作品の多くは、ヒーローよりもヴィランを個性的かつ魅力的に描いたものが多い。例えば“マイティ・ソー”に出てきたヘラ、“ブラック・パンサー”のキルモンガーなど、みな主役を食ってしまう存在感でした。ヒーローがカッコイイのはヴィランあってのこと。これは紛れもない事実。今回はスーパーヴィラン(最強・凶)と称されるサノスが登場し、その圧倒的パワーにアベンジャーズがタジタジになる。えっ!!嘘~っとだれもが目を疑う。その上物語はそれだけにとどまらずサノスの内面にまで深く切り込んだシナリオ構成。実に面白い脚本です。納得の内容で1年後くらいに公開されるであろう次回作の、巻き返しに期待が胸膨らむ。負けることがあるから、より強くなるのはまさに人間もいっしょ。もう勧善懲悪のストーリーではお客は満足しないのだ。弱さをみとめ克服していく姿こそが、美しく真のヒーローなのかも知れない。DCコミックでスーパーマンが死んだ時、みなが悲しみ悲嘆に暮れたことが蘇る。この世に絶対はないと言うことが描かれ、それによりリアルにみなが何を必要としているのかに気づき絆を深める。それこそがヒーロー作品の本当の魅力なのである。
さて、みなさんこのアメコミ超娯楽作品を一日も早く見に行きましょう。「えっもう観た!それは失礼いたしました。」じゃ、観てないひと早く劇場に・・・。
※KBくんは観たかな?今度また飲みながら盛り上がりましょう。その日が楽しみです。
P.S. 全然違う話で申し訳ありませんが、ここ数日寝不足が続いています。原因は世界卓球(団体)のTV放送観戦。残念なことに昨日男子が準々決勝で敗れた。メチャクチャ悔しくて朝まで眠れませんでした。1点を争う攻防は息が詰まるほど緊張感の連続。まさに死闘でした。日本選手は水谷選手を筆頭に素晴らしい戦いをしましたが、敗れてしまいメダル獲得を逃してしまった。今回注目を集めたのが「チョレイ!!」の気合いでお馴染みの15歳張本選手。敗戦後の「全部、一からやり直さないと」の彼の言葉に、凄さと大きさを感じました。頑張れ!張本選手!!君が卓球界の真のヒーローになる日をず~っと応援しています。
[PR]
by eddy-web | 2018-05-05 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif