<   2017年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
よもやまシネマ325 「午前10時の映画祭」“突然炎のごとく”
e0120614_18121552.jpge0120614_13402868.jpg



2017.6.27

またまた「午前10時の映画祭」に足を運びました。今回はフランソワ・トリュフォー監督の名作“突然炎のごとく”。1964年の作品で、わたしが10歳の時公開されたもの。その年東京では初めてのオリンピックが開催され高度成長期真っ只中。主演はフランスの名優ジャンヌ・モロー。当時34歳の彼女は女優としては油ののっている頃で、今現在89歳でお元気である。今作のトリュフォーやルイ・マルといった、ヌーヴェルヴァーグ時代の監督の作品に数多く出演し、多くの賞を獲り彼女もまたヌーヴェルヴァーグを代表する女優となった。2012年、10年ぶりの主演映画“クロワッサンで朝食を”で再び映画ファンをうならせる素晴らしい演技を魅せてくれました。
“突然炎のごとく”は“死刑台のエレベータ”とともに、間違いなく彼女の代表作。そもそもヌーヴェルヴァーグとはフランス映画界におきた潮流のひとつ。金銭や名声とは関係なく、情熱で仕事をするという姿勢の新しい映画づくりの波を意味する運動。いまでこそ青臭いと言われるかも知れないものだが、一時代を築いたのは間違いない事実。日本にも影響を及ぼし影響を受けたとされる監督は多い。今村昌平や大島渚などが代表と言われています。
さて、“突然炎のごとく”だがトリュフォー監督の独特の感性がほとばしっています。他の作品もそうですというが、監督の作品は観るとこれぞトリュフォーという感じがする。それくらい徹底した色がでる監督である。正直、途中でふっと気が抜ける瞬間がある。難しいという訳ではないのだが、理解に苦しむ感性がそこに表現されるからである。例えば今作品も男女三人の奇妙な恋愛関係が軸になり、奇妙な共同生活が写し出される。いまでこそそんなに珍しくもないことだが、これを50年以上前に創ったというのが驚きである。まさに新しい波なのかも知れない。とうてい常人には考えつかないというか、考えられない人間関係です。三人の個性が、時にぶつかり合い、時に寄り添いそして予想外のラストへ・・・。不思議な感覚が頭を駆け巡り、ひとを愛する意味を考えさせられる。自由奔放に生きる女カトリーヌを演じたジャンヌ・モローが生き生きとしています。演技なのか地なのか解らないほど、男を惑わす女を見事に演じています。男はこう言う女に弱いのでしょうか?それより解らないのが、二人の男の関係でした。ひとりの女性を共有するなんて・・・、絶対無理!結論!!わたしは凡人という事。時代を超える感性にふれた、貴重な体験となりました。劇中ジャンヌ・モローが歌を歌うのですが、上手いです。後で調べたら、歌手でもあるそうです。どうりで・・・。
P.S. トリフォー監督の“アメリカの夜”が好きです。というか主演のジャクリーン・ビセットが大好きです。

[PR]
by eddy-web | 2017-06-28 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ324 “ハクソー・リッジ”
e0120614_14292720.jpg
e0120614_13402868.jpg




2017.6.26


大好きな俳優&監督の10年ぶりにメガホンを取った作品“ハクソー・リッジ”を鑑賞。そのひとこそはメル・ギブソン。デビューは鮮烈で、オーストラリアの映画を世界にしらしめたアクション作品の金字塔。今観ても充分熱くなる、血湧き肉踊る“マッド・マックス“である。この作品をきっかけにハリウッドに進出し、スターへの道へと突き進んだ彼。ここ数年スキャンダル(DVやアルコール依存)が取りざたされ、肝心の映画よりそちらばかりが目立つ始末。このまま引退なんて・・・と心配していたのですが、戻ってきました。個人的には俳優としても、監督としてもその才能に引かれるわたし。特に監督としての才能は、他の監督にはない描写への拘りが感じられ強く引かれます。徹底した時代考証を行い作品づくりに挑むのだが、逆に専門家からの異論が多いのも事実である。いっぱい好きな作品はあるのですが、“アポカリプト“が大のお気に入り。アカデミー賞を獲った“ブレイブ・ハート“よりもむしろ好きなわたし。やっと戻って来てくれたと、嬉しさより感謝の気持でいっぱい。そして、今作品“ハクソー・リッジ”で再び彼の才能を確かめることになり、さらに好きになりました。
もうひとつこの作品に引かれる訳があります。主演のアンドリュー・ガーフィールドが大のお気に入り俳優だからだ。彼の出演した作品はほとんど観ているが、どの作品を観ても役になりきり作品のもつクオリティを上げかつ印象深くしている演技力にある。“わたしを離さないで“のトミー役で観た、彼の魂の叫びがほとばしる慟哭のシーンは生涯わすれることのできないものとなりました。それ以来だいファンのわらしです。つい最近公開せれたスクセッシ監督の“沈黙“でも素晴らしい演技をみせてくれたばかり。今回も素晴らしい力のこもった熱演です。優男のイメージが強い彼がみせる、真の強さに今回もやられました。
“ハクソー・リッジ”は、実話がもとに創られた作品とのこと。事実だと思って観ると複雑な気持になる。とくに戦争を描いた作品を観る度に、なにか得体の知れないモヤモヤ感が自分を縛り付けます。今回の作品も間違いなくこのジャンルでは秀作のひとつと言えるでしょう。描写が実にリアルで目を背けたくなるシーンの連続。女性にはあまりお薦め出来かねます。もちろん中身は素晴らしいのですが・・・。主人公デズモンド・ドスの生きざまには、本当に心うたれます。信念とはまさにこう言う事を指すのだと思います。ここまで貫けるひとは、いったいどれだけいるのでしょうか?こうありたいとは思ってはみても、現実の中では容易い事ではありません。ある戦闘シーンの中、天を仰ぎ「自分は何をすれば良いのですか?」と神に問うところは、グッと胸に突き刺さります。“沈黙“でも似たようなシーンがありましたが、こころの叫びは彼の専売特許と思えるくらい凄い迫力です。
エンドロールでは本人の映像が流れ、当時の話をされています。そして思ったのは、いままでも感じてきたモヤモヤの感情の整理。戦争という事実を現実に知らない自分が、作品を観て感動する。これってそれだけではいけないのでは・・・。戦争はしては行けない行為だし、認めてもいけないもの。この作品の中でも言ってますが、命を奪う行為は一番許されない悪行。たとえそれが大切なものを守る行為でもあっても、ということをこの作品は教えてくれます。今作品の舞台が沖縄であり、主人公の敵が、わたしたち日本人だというのにも複雑な感情をいだきます。多くの民間人が犠牲になったことは描かれていませんが、この事実も忘れてはいけないとこころとあらためて思いました。そしておおくの戦没者に哀悼の意を・・・。
[PR]
by eddy-web | 2017-06-27 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ323 「午前10時の映画祭」“イブの総て”
e0120614_1832119.jpg
e0120614_13402868.jpg




2017.6.19


すっかりはまってしまった「午前10時の映画祭」。今日は往年の名作“イブの総て”。1950年の作品で、その年のアカデミー作品賞はじめ全6部門を受賞した折り紙付きの作品である。わたしが生まれる4年も前の作品というのに、感慨深いものがある。主演はベティ・デイヴィスそのひと。ハリウッド史上屈指の演技派女優として「フィルムのファースト・レディ」と呼ばれていた大女優。アカデミー賞のノミネート数も11回と、キャサリン・ヘップバーンに抜かれるまでは一位の記録を保持。凄いのひとことである。実は彼女の作品を観るのは2度目。彼女なんて気軽に呼ぶのは失礼とは思いつつ、あえて言わせていただきます。彼女の印象はとても気が強く、怖いイメージが強い。作品を観ていなくても感じる、目力の迫力にある。決して美人とは言えない顔立ちと、なんと言ってもいその瞳の大きさの圧倒される。映画の話に入る前にいろいろはなしがつきないが、彼女の歴史そのものがすべて興味深く話題にことかかない。それだけでも大女優の証かも知れません。調べたエピソードの中で、特に興味を引いたのが、 “青春の抗議”でアカデミー賞を獲得したときの話。前年度に“
痴人の愛“で最有力候補となったのだが、映画会社との間に確執が生まれ圧力がかかり賞を逃した。ところがそのことにより、評論家や世間のひとからの猛抗議が殺到したという。それくらい鬼気迫る演技力は、誰をもうならせたと聞きます。次の年に“青春の抗議”で見事オスカーを手にするのだが、前年度の同情票が集まった感は否めず、それを一番感じている本人が、受賞コメントで「“乙女よ嘆くな”のキャサリン・ヘップバーンが本当の受賞者である」と述べた。この話はぐっときました。真の女優とは彼女のことを言うのだろう。男前です。格好良すぎますね!!
どんな役でもこなし、むしろひとが忌み嫌う役をあえて選び挑戦する役者として、いまも高く評価されている演技力はほんもの。時間をみつけ一本でも多く、彼女の足跡をたどって観たい。
話は尽きませんが、“イブの総て”の感想を・・・。昔の作品ですので、いまと違い映画の教科書とでも言うような演出だったり、表現が多いのは想定内の話。きっと録音や音声技術もままならぬ頃のようで、セリフ回しや演技がやや誇張され舞台劇のような感じがしました。声も必要以上に張り上げている感じにはじめは戸惑ったのですが、脚本の素晴らしさなのか、ベティ・デイヴィスの圧倒する演技力なのか最後はスクリーンに釘付けないなっていた。タイトルのイブ役はアン・バクスターで、大スターを夢見る女の物語がテーマ。そしてベティが演じるのは、イブがあこがれる大女優マーゴ・チャニング。大いなる野望を胸に秘め、あの手この手でのし上がっていく女優と業界の裏側を描いたもの。女の怖さ、したたかさが存分に画かれております。昨今ではそう珍しくもないテーマですが、67年前となれば話は違う。スキャンダラスな内容で注目を集めたのは、言うまでも無い。感想はやはり、名作には嘘がないという事実。ラストなど、ただうなってしまう小気味いい演出で見事のひとこと。P.S. 無名時代のモンローが端役で出ています。やっぱりこの時からオーラが出ていて、メチャクチャ可愛いです。
はじめに彼女の映画は2本目といいました。この作品以外でスクリーンで観た映画は、彼女の晩年79歳の時に撮った“八月の鯨”。共演のリリアン・ギッシュ(93歳)共々、言葉に表せないほどの深みある演技は鮮明に焼きついています。静かにたんたんと進むお話なのだが、こころ癒やしてくれる。こんな年の重ね方ができたら、どんなに幸せだろうと当時ほんとうに思いました。岩波ホールにて公開されるや、異例のロングランになりわたしの尊敬する淀川長治さんが絶賛した作品。最後まで女優魂を貫いた女優、そして女性のベティ・デイヴィスさんに感謝です。いいものを観せていただきました。
e0120614_1812121.jpg
若い頃の彼女は、やっぱり息を呑むほど奇麗でした。余談ですが、彼女をテーマにした「ベティ・デイヴィスの瞳」という歌が1981年に大ヒットしグラミー賞を獲ったそうです。この写真を観ると頷けます。
[PR]
by eddy-web | 2017-06-20 18:02 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ322 “光をくれた人”
e0120614_10585614.jpg
e0120614_13402868.jpg




2017.6.15

11日(日)に大きなイベントの仕切りがあり、精神的にややお疲れモードだったわたし。元気を取り戻すため、3日続けての映画鑑賞へ。昨日観た“マンチェスター~”もそうだが、観たかった作品が多いとき選択にこまる時がある。一番観たい順に観ればいいことなのだが、そうはいかないのが現実。時間の制約があり難しいのだ。今日観た作品は、“光をくれた人”。昨日観たかったのだが、時間が合わず今日になった。さらにこれが運悪く、近隣の映画館上映が昨日まで・・・。
とほほである。これで間を空けると、見逃すことがよくあるのである。そんなことが多々ある自分は即調べ、銀座の劇場へと足を運んだ。もちろんとんぼ返りの強行である。やはり映画は劇場でのポリシー。
無理して来たかいがあった。昨日も感動をもらったが、今日はもっと感動をもらいました。どちらも甲乙つけがたいのだが、好みでは今日の作品に軍配です。いろんな意味で感動の要素がすべて整い、こころがえぐりとられた。最後は涙なくしては観られない、人生の悲しみと喜びが波のように打ち寄せる。
はじまりは重たく、中盤はハラハラドキドキのサスペンスの展開となり、そしてラストはヒューマンドラマへと・・・。こんな人生を経験するひとなど、そうはいまい。だから映画という作品になるのだという、まさに映画のためのストーリーです。さきほど言った感動の要素がすべて描かれているとはそう言う意味。ひとはだれしも人には言えない、悲しみや苦しみのひとつふたつは抱えているもの。そんなものを分かち合えるひとが目の前に現れたら、どんなに幸せでしょう。ただ人生はそこが終わりではないことを、この作品は綴りあげる。神様は時に残酷な試練と仕打ちをあたえる。どうしてこんなにも苦しい思いをしなければ行けないのかと、思わず神を恨んでしまう。客観視できないほど、強く感じてしまったわたしである。登場人物に悪い人はいない。みないいひとなのだが、ほんの運命の悪戯が人生を大きく揺るがす。これでもかこれでもかと、つづく試練にひとはどう立ち向かうのか?昨日観た“マンチェスター~”もいそうであったように・・・。それでも生きて行かなければいけないである。そしてすべてを受け入れた時、きっと穏やか気持ちに満たされるのかも知れません。そんな風になれるのか、不安だらけですが自分に正直でありたいと感じます。
この作品を観たいと思ったのは、あるTVで紹介され主人公の妻イザベル(感情)について大きく意見が分かれたところにある。二人の女性コメントが真っ二つ。これは確かめねばと、強い興味がわいてしまった。わたしは男なので微妙ですが、どちらの意見も間違ってはいないと感じました。女性の中の母性が海よりも深いことは、間違いありません。それにしても主人公トムは、男の中の男。こんなひとには、どんだけ頑張ってもなれそうにありません。それはやはり、多くの悲しみ苦しみを乗り越えて来たからに他ならない。ぜひ、観てほしい作品です。損はいたしません。
主人公トムを演じた、マイケル・ファスベンダー。味わい深い表情の変化で、こころを揺さぶります。代表作はアカデミー作品賞獲得の“それでも夜は明ける”で、メチャクチャ嫌な男を演じ高い評価をえました。ほんとに憎たらしかったです。幅のある俳優さんで、大好きな映画“X-MEN”のマグニートーを演じているのはご承知かと・・・。いま一番のっている実力派の男優さんです。二人の母を演じたアリシア・ヴィキャンデルとレイチェル・ワイズも女と母の慈愛に満ち素晴らしい演技でした。赤ちゃんと子どもの表情が素晴らしく、より悲しみに深みが表現され印象に残る。そして風景の美しさにも目を奪われます。そんな全ての演出が、怒濤の涙を誘うのです。みなさんハンカチをお忘れ無く・・・。「光をくれた人」というタイトルを、見終わると同時に噛みしめたわたしでした。
[PR]
by eddy-web | 2017-06-18 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ321  “マンチェスター・バイ・ザ・シー”
e0120614_1912137.jpg
e0120614_13402868.jpg



2017.6.14


しばらく映画鑑賞の時間が空くと、何故かこころが乾いてしまう。そんな訳で乾きを癒やすべく2日続けての劇場通い。今日観た作品は、今年度89回アカデミー賞に6部門ノミネートされた“マンチェスター・バイ・ザ・シー”。主演のケイシー・アフレックが重厚な演技で、見事並み居る強豪を押しのけ主演男優賞を獲得した話題作。作品は脚本賞も受賞しており、見終わると後からジンワリと深い悲しみがこみ上げてくる繊細な作品に仕上がっている。今作も文芸作という感じのヒューマンストーリーで、やや重たいがわたしには間違いなく佳作となった。
物語はマンチェスターを舞台にした、ひとりの男の人生に迫る。ひとり故郷を離れ、ボストンで暮らす無口で無愛想な男リー。便利屋として働く彼は、頼まれれば何でもこなす。仕事は出来るが、性格が災いしトラブルも多い。歯に衣着せぬ性格で思った顔とをすぐ言葉にしてしまう。喧嘩ぱやくすぐに切れる。わたしが一番苦手なタイプの人間です。冒頭はこの彼の紹介的なシーンが続き重い。そんな彼にかかる突然の電話。最愛の理解者である、兄の訃報が飛び込む。といつもは内容には絶対触れない主義のわたしですが、とても感動し話したい菌がうずうずしています。先に言いますが良い作品です。大好きな作品のひとつにあげられる一品となりました。これ以上は離しませんが、ケイシ-・アフレックが素晴らしいです。性格は最後まで変わりませんが、愛に飢え、そしてだれよりも深く愛を持っている彼がとても好きになりました。作品は家族愛が中心に描かれています。ひとつの過ちが大きな波紋となり、ひとびとのこころと生活を壊して時間だけが虚しく過ぎて行く。ハッピーエンドとは言えないラストですが、逆にこころに染み込む。どんなに悲しい出来事に出会っても、ひとはそのことから逃げられない。ただひたすら前を向き歩いて行かなければ行けないことを、教えられます。「つらいことは早く忘れ、前を向いて生きて行こう!」なんて簡単に言葉に出来ないことを思い知らされました。人生はいろいろありますが、何故か覚えていることは楽しい思い出より悲しい思い出のが遙かに多い。わたしが根暗だからかも知れませんが、わたしは悲しみもある意味財産だと思っています。全部ひっくるめて、そこに自分があると思って生きています。いままでも、そしてこれからも・・・。無理に悲しみから逃げず、堂々と思いを語れるそんな人間でいようと思います。
また、力が入ってしまいました。良い映画に出会うと、熱くなってしまうわたし。主人公のリーとすごく似ているかも知れません。彼ほど寡黙ではありませんが・・・?
甥のパトリック役を演じたルーカス・ヘッジスが、とても清々しくて印象的です。今風の典型的若者は身勝手で都合が良い、でも実は繊細で傷つきやすい。そんな内面をを見事演じ、時折ユーモアさえ醸し出す演技は幅のひろさを感じます。これからが楽しみな逸材では・・・。
あと、音楽の使い方が絶妙でこころの動きと見事重なっています。そして、美しいマンチェスターの風景が儚いくらい奇麗です。(余談/むかし行ったことのある、カナダのビクトリアにちょっと雰囲気が似ていて懐かしい感じがしました)
監督・脚本を手がけたケネス・ローガン。まだ、そう多くの作品を世に送ってはいないが要注目です。日本では未公開の作品が多くありようで、ぜひこれを機に見せてほしいものです。
久しぶりにお勧めの一本です。わたしのように過去を引きずっているひとは、変な話「自分だけが・・・」から少し解放される作品だと感じます。そして明日からまた、「頑張って生きよう!」と思えるはず・・・。
[PR]
by eddy-web | 2017-06-15 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ320 “22年目の告白-私が殺人犯です。”
e0120614_9572979.jpg
e0120614_13402868.jpg



2017.6.13


久しぶりの邦画鑑賞。観たいと思う映画がなく、やっと見つけた作品。この作品の元ネタは韓国映画だそうで、昨今はやりの逆バージョンといったところ・・・。サスペンス&スリラーのエンターテイメント作品は、現実ではありえない内容の展開が繰り広げられ映画の娯楽性を追求しています。とくに最近よく話題になる、メディアの在り方にメスを入れているところが興味をそそる。さすがにここまで堕落はしていないと思うが、報道の自由と権利とは・・・?と一石を投じています。物語は22年前に起きた連続猟奇殺人事件の犯人が、時効となった翌日にマスコミの前に名乗り出るという、まさにありえないスタート。ただ見終わると、こんな時代が来てしまったらと不安にもなる。人間の知りたいと思う欲望は、残酷で無限だからである。個人的な感想は、疲れたと言うのが本音。全体的に重たいテーマの上、出ている俳優さんたちの過剰気味の演技が応える。ここのところどうも、やや重い作品ばかりに当たってしまう。嫌いではないのだが、続くと年なのできついのである。
W主演と銘打った作品の主人公を演じるのが、藤原竜也くんと伊藤英明さん。藤原君はかの蜷川さんに可愛がられ評価の高い俳優。そしてかたや「悪の教典」で強烈にやばい役を演じ、新たな領域に入った伊藤英明。藤原くんはいままでも、数多く個性的な役をこなして来たのでとくに驚くこともなく、伊藤さんもがっぷり四つの演技。この映画に疲れたのは、テーマを強調するためなのかオーバーな演技が多くお腹いっぱいになってしまったこと。まるで舞台を観ているようで、嘘くさいのが原因。ラストもなんだ救われず虚しい。こんなに絶望感を味わったのは久しぶり。とは言えこれはだめだしではなく、むしろこんなにいやな後味を感じさせられたのは、作り手の術中にはまったのかも・・・。音楽がラストに流れるのだが、タイトルが「疑問擬答」。なるほど・・・と思った瞬間、頭の中で「自問自答」していたわたし。
※作品に嫌悪感を感じたのは、内容だけではなく時折使われる嫌な感じの効果音。イライラ感や圧迫感を増幅させる演出は、作品のテーマをより強調し耳に残る。出来ればあまり聞きたくない音である。
[PR]
by eddy-web | 2017-06-14 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ319  “LOGAN”
e0120614_18211450.jpg
e0120614_13402868.jpg




2017.6.1


マーベル最新作“LOGAN”を観た。ご存知X-MENシリーズの中でも、間違いなく1、2番の人気キャラ「ウルヴァリン」ことローガン。長い間ファンのこころを掴んで離さないキャラの、最後となる今作品やいかに・・・。スピンオフを入れれば8作品がいままで創られ、善し悪しはあれど、どれも多くのファンを喜ばせた。“デッドプール”もX-MENの中に入るのだが、個人的には外したい。嫌いな訳ではないのだが、X-MEN ZEROに登場した時とは、全然違うイメージでわたしには重ならないのである。原作に忠実なのは“デッドプール”で下ネタ満載の作品はなぜかX-MENシリーズでは最高の興行収入をたたき出しているらしい。そうは言われてもやはり、わたしは別物と分け応援したい。
“ローガン(ウルヴァリン)”に話を戻しましょう。今回“LOGAN”と銘打ったのは作品を観ると納得する。いままでのようなスーパーヒーローとして描くのではなく、ミュータントとして生まれた自分を呪いそして悔いる、そんな人間味溢れる姿を描いているからに他ならない。不老不死の身体を持ったことにより、自らは終活できず大切なひとを多く失ってきたことに苦しむローガンは観ていて痛々しい。そして何より悲しい。他のキャラも同じように自らを呪い、人間になることへの強い願望を背負っている分引かれるのだが、ウルヴァリンはまさに象徴。派手な衣装も派手なアクションシーンも少ないが、味のある作品となっている。ローラという少女(ローガンと同じ遺伝子で創られたクローン)を登場させ、ミュータントの未来が描かれている。ウルヴァリンには欠かせないチャールズ(プロフェッサーX)が唯一キャラとして参加し物語りに厚みを加えているのもみのがせ無い。さて最後の作品と本当になるのでしょうか?それは観てのお楽しみ・・・。
劇中のセリフでローラとローガンが交わす会話が印象に残る。「あなたが愛したひとはみな死んだ、ならわたしは大丈夫ね」と言うローラの言葉。これが今作の全てを表しているテーマではないでしょうか?
はじめてX-MENが公開されたのが2000年。17年の歳月を経て、ヒュー・ジャックマンも渋くなりました。でもやっぱりカッコイイですね。“デッドプール”も第二弾が撮影中で来年あたり公開予定だそうです。人気の高いX-MENシリーズですので、スピンオフでも何でもいいので作品を創ってほしいとファン代表としてお願いします。
P.S. そう言えばX-MEN ZEROに登場した、ガンビットをメインにした作品が作成中と聞きました。棒術などを使うキャラはわたし好み。はやくお目にかかりたいものだ!原作はいくらでもあるマーベルコミック。どうか隠れているキャラを、是非表舞台に立たせてください。そしていつまでも少年のこころを失わないように、わたしたちを喜ばせてくださることを願います。
[PR]
by eddy-web | 2017-06-02 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif