<   2017年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
よもやまシネマ312 “アメリ”午前十時の映画祭
e0120614_17541615.jpge0120614_13402868.jpg



2017.4.28

映画は基本劇場で観るのがモットーのわたし。TVで観るなんてまずしません。時間とお金を掛け制作された作品を、ゴロゴロしながらなんてもってのほか・・・。まっそうは言っても事情によりやむをえずの時だけ許します。みなさまはご自由ですので、聞き流してください。
はじめて午前十時の映画祭に行って来ました。朝から映画なんて随分優雅じゃない!なんて思わないでください。言い訳に聴こえるでしょうが、過去の名作をスクリーンで観たいというわたしのハートにリンクしてしまいました。まえまえから気持はあったのですが、さすがに真っ昼間の映画鑑賞は気が引け押さえておりました。でも今回は衝動を抑えきれず劇場へ・・・。
鑑賞した作品は“アメリ”。2001年に公開され話題になったフランス映画です。DVDでは観たのですが、やっぱりスクリーンで観ると感動もひとしお。体感温度もぜんぜん違います。改めて何ともいえない夢心地の世界に酔いしれました。この種の作品はきっと好き嫌いがはっきり別れる事でしょう。わたしは大好きです。とても不思議な映画です。こころに沁みたり、感情に刺激を受けたりとかの感動ではなく、説明不可能な感受性の迸りみたいなものが伝わる感じです。これは見る側が何か感じれば、それだけでいいそんな作品ではないでしょうか。でも見終わるととても幸せな気分になれる映画です。どちらかというと女子向けで、それもどちらかと言えば無邪気な天然系のひと向けです。そんな子は少ないでしょうが、いると信じております。あと、オタク系のひともきっとはまります。
15年以上経っても色あせない映像美はフランスの匂いに満ち溢れ、一度は行ってみたいと思わせます。出て来るひとたちはちょっと変わっている人ばかりですが、そんなに悪いひともいないし結構身近にいそうな人ばかり・・・。ちょっと滑稽で憎めないひとたち。これはフランス映画だから表現しうる世界観です。監督のジャン=ピエール・ジュネはこの作品で名監督の名を不動にしたと思われます。同時に主人公アメリを演じたオドレイ・トトゥもこの作品で世界的に有名になりました。この作品のインパクトが凄過ぎて、他の出演作品がちょっと薄味に感じてしまうのですが、別に彼女のせいではありません。でもアメリ可愛いです。彼女現在40歳と聞いてます。これからどんな役を演じていくのかが楽しみなひとです。アメリカ映画は極力さけ、出来ればフランスで活躍してくれる事を勝手ですがお願いしたい。沢山オタクを刺激するスチエーションが用意されてますが、これを観てはじめちゃうひともいるかも・・・。ポスターのキャッチは「幸せになる」。幸せな気持になれるかは自分で確かめてみましょう。
※部屋の中に飾られた可愛い絵(不思議な動物)はミヒャエル・ゾーヴァの作品。この色使いや世界観はまさにアメリ。よくぞここに眼を付けたと監督のセンスに感動です。

[PR]
by eddy-web | 2017-04-28 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
音を楽しむ、無限の可能性・・・。


e0120614_16442570.jpg
●Switch音-11 2CELLOS
2013年にDocomoのCMで起用され、アッと言う間に日本中を席巻したチェロによるデュオ2CELLOS。二人は2本のチェロだけでミケル・ジャクソンの「Smooth Criminal」を演奏した映像をYou Tubeで公開し発掘されたアーティスト。世界には無限の才能で溢れている事を、彼らをみていると思います。アップテンポの曲が彼らの持ち味ですが、静かな曲も痺れます。


[PR]
by eddy-web | 2017-04-21 16:45 | Switch音(音楽の話) | Comments(0)
よもやまシネマ311 “ライオン”/25年目のただいま
e0120614_17523427.jpge0120614_13402868.jpg



2017.4.17

人のぬくもりが沁みて来る、お薦めの作品に出会いました。実話をもとに創られたこの作品は、やさしさが画面から溢れ出し絆の強さがどんな困難も乗り越え奇跡を生むことを教えてくれます。そして母性の強さが支える深い愛を、わたしたちは目の当たりにします。涙が止まらない映画は、久しぶりにこころの汚れを洗い流し優しい気持ちにしてくれました。今年度のアカデミー賞にもノミネートされた作品は、間違いなく期待を裏切りません。こんな事が本当にあるのかという驚きは、ひとが持つこころの優しさと強さが奇跡を起すということを証明してくれます。
25年間迷子だった青年の自分探しの旅は、主人公サルーの少年時代と青年時代を二部構成的に創られた作品。前半は5歳の子ども目線で画面構成され、小さなこころの中に溢れ出る不安を見事に描き観る側の胸を締め付けます。また後半の青年時代は手に入れた安息の中、ず~っと押さえてきた家族への思いに悩む姿が写し出され、生きていることの意味を問いかけてきます。
この作品の本当の凄さは、単に奇跡を描いたお涙頂戴ではないところ。養子縁組という制度にメスを入れ、親子が抱えるそれぞれの葛藤がきめ細やかに描かれている点です。サルーの義兄弟(養子)マントッシュの存在もこの物語に深みを増していることはご覧いただければ理解できることでしょう。実話の持つリアルなテーマがベースになり真実の愛とはをわたしたちに問いかけてきます。ちょっと視点はちがいますが以前観た“チョコレートドーナツ”という作品を思い出しました。簡単ではない難しいテーマですが、世界が揺らいでいる今だからこそ考えなければいけない問題なのかも知れません。
育ての母親スーを演じたニコール・キッドマンの慈愛に満ちた演技に圧倒されます。彼女は実生活においても養子をふたり育てていると知りました。きっとその事実がスーに重なり、強い母性を見せてくれたのでしょう?熟年期に入りますます輝きを放っています。主人公サルーを演じたデヴ・パテルも繊細な感情を見事に演じ涙を誘います。少年期を演じたサニー・パワール(5歳)くんは、画面に映っているだけで愛しくなる。澄んだ瞳と無垢な演技はたまりません。数千人のオーディションで選ばれた原石と、監督がコメントしています。大好きなルーニ・マーラが恋人ルーシーを演じているところも、個人的には嬉しいキャスティング。地味な役ですがしっかりと脇を固めています。
久しぶりに思いっきり泣ける映画でした。アカデミー賞は掴み損ねたようですが、わたしはの中にはしっかりとメッセージを残してくれました。少年時代の俯瞰や引いた映像の描写はとても美しく印象的。そのかすかに残る心象風景が、Google Earthによるテクノロジー操作で自分探しに繋がった事実と奇跡に拍手です。ラスト近くで義理の母スーがサルーに言った「ず~っと旅をしていたのね」と言う言葉はググッと響きます。伝えきれないほどいっぱいいいところがあるので、自分の目でどうか確かめてください。“ライオン”と言うタイトルの謎も、ラストに解かれます。ぜひ、劇場へ。

[PR]
by eddy-web | 2017-04-18 17:52 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ310  “グレート・ウォール”
e0120614_1535729.jpge0120614_13402868.jpg



2017.4.14

チャン・イーモウ監督が手がけた、アクションエンターティメント作品“グレート・ウォール”を鑑賞。中国はもちろん世界屈指の名監督がハリウッドと組んで創り上げた作品は、いまだ謎の多い世界的建造物をテーマにしたスペクタクル巨編。
イーモウ監督と言えば振り幅が広く、地味なテーマで庶民の生活をヒューマンに表現したかと思えば、豪華絢爛の様式美を贅沢に使い中国の歴史を紐解いたりと、その巧みな表現は世界でも高く評価されています。個人的には、地味な作品の方が好みなわたし。いちばん好きな作品はと言えば“初恋のきた道”。この作品でチャン・ツィイーの大ファンになりました。他にも佳作ばかりで、はずれはほとんど見当たりません。ベルリン・カンヌ・ヴェネツィアなど名だたる映画賞をすべて手にしていることをみれば、その評価は実証済み。記憶に新しいのは、北京オリンピックの開会式・閉会式の演出を担当し、CGを駆使したその表現は世界をあっと驚かせ忘れられないものとなりました。
監督作品の中に武侠作品がありますが、今回の“グレート・ウォール”はそのテイストをベースに、モンスターとひととの戦いを万里の長城を舞台にど派手に描いた超娯楽作品。監督がいつも拘る美術や衣装など、それだけでも充分堪能できます。物語は奇想天外、荒唐無稽のお話ですが、いまだ謎多きその建造物をモチーフにした発想は少年のこころをくすぐります。マッド・デイモンというハリウッドスターを招いての展開は、商業的な臭いもしますが面白ければ観客は文句ありません。“HERO”の持つ義侠の世界は健在で、きっと日本人のハートに響くことは間違いありません。わたしは大好きです。時代を表す武具や武器にも強くひかれるのは、わたしが変わり者だから???敵を迎え撃つ軍隊の5つに色分けされた、甲冑は格好良くまた、頂上に仕掛けられた戦闘用の仕組みなど男の子たちにはたまりません。そしてジン・ティエン(景胡)演じた鶴軍女司令官リン・メイが、凜としていてほんと格好良かったです。歌手でもあり中国では若手の注目株だそうです。“キングコング”にも出演していましたが、日本でもブレイクしそう・・・。歴史建造物にスポットを当てた監督の豊かな独創性と、ハリウッドの技術力が加わったスペクタルアクション映画は王道の娯楽作品にしあがりました。3Dで観るならこう言う作品を選びましょう。

[PR]
by eddy-web | 2017-04-15 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
偶然耳にした、彼女の歌声。


e0120614_17134436.jpg
●Switch音-10
とある番組で偶然耳にした、彼女の歌声。早速検索し見つけた彼女、その名はダイアナ・クラール。カナダ出身の女性JAZZピアニスト兼歌手。バラード曲を紹介でしていたのだが、聞いた瞬間電気のようなものが全身を走り抜けた。ジャズと言えばピアノが好きで、いまでも200枚くらいのレコードを持っている。中でもキース・ジャレットのファンで、たまに針を置く。歌はあまり聞かないが、唯一好きなのがチェット・ベイカー。最近ではやはりノラ・ジョーンズってところ。ファンの方には失礼ですが、まだまだ世界は広く素晴らしいひとが沢山いることをあらためて知りました。心地よいその歌声が、毛細管現象のように沁みて来ます。どうぞお聞きください。
[PR]
by eddy-web | 2017-04-13 00:00 | Switch音(音楽の話) | Comments(0)
真央ちゃん、ありがとう!!
e0120614_1611416.jpgフィギュアの星、浅田選手が今日引退会見をしました。掛けたい言葉は数えきれないほどありますが、どんな言葉も彼女の大きさにはほど遠く・・・。どんなひとにも、現役を終える時がやってくる。その時は、そのひとしか決められない。
会見の中、「良い時も、悪い時もファンに支えられ来たので、こころから感謝します。」との言葉がありました。この言葉はそのまま、彼女に返したいと思うのはわたしだけではないでしょう。どれだけ多くのひとが勇気をもらったことか。ソチオリンピックのフリー演技は、生涯こころに残る宝物になりました。どの大会の素晴らしい演技よりも・・・。
こころから“ありがとう”を贈ります。
e0120614_16122217.jpg

[PR]
by eddy-web | 2017-04-12 00:00 | ひとこと・ひとごと・ひとりごと | Comments(0)
よもやまシネマ-309 “ゴースト・イン・ザ・シェル”
e0120614_11452654.jpge0120614_13402868.jpg



2017.4.07

待ちに待った“ゴースト・イ・ザ・シェル”を鑑賞して来ました。コアなファンが待っていたこの作品。原作は日本の漫画作品で、作者は士郎正宗氏。この作品は「攻殻機動隊」として広く知られ、さまざまなクリエーターによりアニメ化されています。特に押井守監督が手がけた作品は、日本にみならず海外でも高い評価を受け多くの作品に影響を与えていることは事実。そのひとつが“マトリックス”である。たしかに類似点が多いのは間違いありません。この作品は、ディープなファンが多いことで知られかなりオタク好みの物語。きっとそんな人たちが集まると、話は尽きないのではないでしょうが?わたしも山ほど話したいところでではありますが、ぐっと抑え今回の実写版についてのみ話をしたいと思います。
アニメ化は何度のされて来ましたが、実写化ははじめて・・・。SF作品というジャンルの中、近未来を想定した架空の世界を描いています。そのためいままでに映像化された作品は、監督により時代設定や主人公草薙素子のキャラやストーリーの相違点が多くあります。軸はぶれていませんが、そのつど関わったクリエーターたちの強い個性により、独自の解釈と展開が生まれある意味別の作品として世に出ています。と言う事で、この実写版も別物と考えたほうがいいと思います。そうでないと、コアなファンたちは「朝まで生TV」状態の終わりなき話になってしまうでしょう。
映画の話と思えば、結局こうやって話が横にいってしまうのは悪い癖。戻しましょう。さて、まずよくぞ実写化に挑んでくださいましたと言っておきましょう。なかなか込み入ったストーリーですので、その部分を大切にしながらどうやって視覚効果に繋げリアリティを作り上げるのか、とても興味深く拝見しました。ハリウッドの手にかかればと言ったところでしょうが、CGやVFX、ワイヤーアクションとあらゆる技術を駆使して創ったアクションシーンは流石の花マル。ただ技術はすでに最近のどの作品を観てもかなりレベルが高く、そこはもう基準枠。やはりファンは原作の世界観がどこまで、表現されるのかを楽しみにしているはず・・・。わたしの大好きなSF作品に、“ブレード・ランナー”があります。この作品には近未来の裏側にある、さまざまな暗躍や冒涜と言った人間の過ちを折り込み考えさせられます。人間が科学の発展を追求するあまり、犯してはいけない領域にまで一歩足を踏み入れてしまうと言った悲壮感が描かれ強く印象に残りました。題材としては同じ匂いの“ゴースト・イ・ザ・シェル”ですが、どうでしょう?わたしの中では少し物足りなさが残ってしまいました。ちょっと格好良過ぎ・・・。これは様々な意見に別れるところかも知れません。主人公素子を演じたスカーレット・ヨハンソンは、相変わらずキレッキレッの格好良さでファンを多いに楽しませてくれます。彼女が何故キャスティングされたのかは、見終わったあと納得しました。原作はもちろん日本人なので、はじめは潜入感のため違和感がありました。が冒頭述べたように新しい作品としてみれば、ぜんぜん問題ないのです。むしろ彼女以外のキャスティグは難しいかも知れません。みなさん他に候補をあげられますか???美しい顔立ちといい、存在感といい、もうひとつ言わせてもらえるなら、ある意味アンドロイイドぽっくありませんか?これは褒め言葉ですので、誤解のなきよう。今回は彼女を中心としたストーリー展開でしたが、所属する「公安9課」にももう少しスポットを当ててくれたら嬉しかったです。欲張りですみません。素子の母を演じた桃井かおりさんが、とても光っていました。流暢な英語を駆使し、ジンワリ涙を誘います。地味な演出ですが、作品に厚みを加えた熱演ではないでしょうか?ファンのみなさん、まずは劇場に足をその目で体感しましょう。よろしければ、それから意見を聞かせてください。

[PR]
by eddy-web | 2017-04-08 11:45 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif