<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
よもやまシネマ-211 “バケモノの子”
e0120614_1949333.jpg
e0120614_13402868.jpg



2015.July.27

細田監督最新作“バケモノの子”を鑑賞。恥ずかしい話ですが、今回はじめて細田監督作品をスクリーンで観ることになりました。アニメ大好きな自分ですが、ほんとうに恥ずかしい限りです。日本はもとより海外でも高く評価されている細田守監督。’06年のデビュー作“時をかける少女”でいきなり日本アカデミー賞をふくめその年数多くの賞を受賞。いきなりアニメ界にその名を轟かせ、新作が出す度にマガヒット作を生み出しています。そんな監督なのに何故いままで観ていなかったのか、自分でも不思議である。ディズニーやスタジオ・ジブリ作品は、ほとんど見尽くしているわたしが・・・。思うにはじめの細田作品“時をかける少女”がわたしの足を引き止めたような気がする。実写版の“時をかける少女”はみなさんもご存知でしょう。1983年に原田知世主演で映画化され、松任谷由実のテーマ曲と共に大ヒットした映画。メガホンを取ったのは、いまでも大ファンの大林宣彦監督。その時の印象が強烈で、それを壊したくない自分がどうもいて、しらずしらず同作品を拒否していたようである。この夏“バケモノの子”公開に合わせTVで続けて細田監督の前三作が放映されました。どの作品も素晴らしくディズニーやスタジオ・ジブリ作品とも違う、とても清々しく温ったか〜いそして胸がキュンとなる感覚がそこにありました。映像技術はもちろん凄いのですが、何と言っても脚本の素晴らしいさに感動です。もっと早く観るべきでした。
話をもどして“バケモノの子”・・・。“千と千尋の神隠し”のイメージを少し連想したわたしですが、それとは違う細田監督のメッセージがぎゅうぎゅうに詰まった感動の一作となっています。オリジナリティ溢れるその物語にあっという間に引き込まれ、まるで自分が主人公になりそこにいるような気持になり熱い思いが迸りました。熊徹役の役所広司さんはじめそうそうたる役者の方たちが演じた声優は、アニメの枠を飛び出し感情移入してしまうほど見事でした。それぞれのキャラにあったキャスティングがピタッとはまり、主人公九太(宮崎あおい&染谷将太)が成長する姿と相まって何度も泣かされました。本当に豪華な顔ぶれです。百秋坊のリリー・フランキー、多々良の大泉洋さんなど最高。
あらためて振り返ると細田監督作品の共通する点は、こころの中に宿る迷いや苦悩そしてそれを乗り越えてゆくエネルギーが描かれています。だれもが持っているこころの隙間(闇)を正直にみせ、それを見事に乗り越えてみせてくれます。映画を見終わると何か清々しい気分になります。最近なかなかそんな作品には出会わなくなりました。ぜひ親子、恋人、家族、だれでもいいのでいっしょに観に行ってください。そして、劇中に出てくるセリフ“胸の中の剣”が示す「奇跡」を確かめてください。きっとみなさんの中にもあるはずです。
[PR]
by eddy-web | 2015-07-29 19:49 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-210 “アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン”
e0120614_1923117.jpg
e0120614_13402868.jpg



2015.July.11

アベンジャーズ2作目“エイジ・オブ・ウルトロン”が公開されました。前作をさらにスケールアップしてのアクション巨編になり、また私たちの前に登場です。今作はアクションだけにとどまらず、キャラクターたちの内面に迫ったドラマが展開され、キャラを寄せ集めたただのアクション映画ではありません。観たらきっと満足のいく超一級エンタテイメントに仕上がっています。
正直前作もマーベルのキャラを集めた、マニア向けサービス品かと思って鑑賞に挑んだがとんでもない間違いでした。確かにマニア向けなのは解りますが、理屈抜きで楽しませてくれる演出は観客を多いに楽しませてくれました。今回も新しいキャラが生まれますます賑やかになりましたが、この際どんどん増やしてもらいめちゃくちゃ楽しい作品を続けて制作してほしいと思います。先ほども述べましたが、今回は各キャラにスポットをあてその内面にせまる演出をしています。それぞれに抱えたこころの闇をほんの少し見せ、ヒーローたちをより見近に感じることができます。味方はもちろん敵のキャラもとても魅力的。日本のキャラとはひと味もふた味も違う、単純明快なヒーロー軍団。それぞれの能力も性格もぜんぜん違う上、我が強い。そんなヒーローたちがただ人類の平和のために力を合わせて、敵と戦う勧善懲悪の物語はこどもや大人の枠を超えファンを虜にしています。奇想天外な話は百も承知で多いに楽しむのが、この映画の見かたではないでしょうか?ハイテクアーマーを身につけたアイアンマンが取りあえず主役的ポジションにはいますが、神(ソー)がいたり、怪物(ハルク)がいたり、科学に力により生まれ変わったスーパーソルジャー(アメリカ)がいたり、今回はさらに超能力者(クイックシルバー&スカーレット・ウィッチ)まで・・・。その能力はまったく別でも、みな一線級の超人たち。子供じみたた発想ですが、だれが一番強いのかと思う人は多いはず。今回はその超人たちの負の部分をちょっぴりみせ、私たちの身近な存在にしてくれたことはとても嬉しいことでした。そしてどんなに強くても絶対はなく、みなで力を合わせて闘うことの意味と姿にきっと観る方は拍手を送るはず。是非楽しんでください。
P.S. このヒーローの中にあり、地味だが特別な輝きをはなつ2人が大好きです。ひとりは言わずと知れたブラック・ウイドー(スカーレット・ヨハンソン)。もう言う言葉が見つからないほどカッコイイです。女ヒーローキャラは数ありますがトリニティーと同じくらい大好きです。もうひとりは孤高の戦士ホークアイ(ジェレミー・レナー)。この軍団の中では異彩をはなつ、弓矢の名手。みんな凄いパワーで相手を蹴散らして闘うのになんで???弓って感じです。でもそこがめちゃくちゃカッコいいです。古典的武器を使いこなす姿を観ると、SF映画の中にでもふつふつと流れる武道の奥義を感じることが出来ます。矢はいつ補充してるのかって!そんなちっちゃいこと気にしない気にしない。今作はホーク・アイが、ある意味主役だったそんな仕上がりになってます。
※今日の画像はカッコいい裏表紙を載せました。
[PR]
by eddy-web | 2015-07-21 19:03 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-209 “ターミネーター/ジェニシス”
e0120614_1594823.jpg


e0120614_13402868.jpg





2015.July.10

待ちに待った“ターミネーター/ジェニシス”が公開されました。第一作が公開されたのは、もう30年もむかし。新作はシュワちゃんこと、アーノルド・シュワルッツネッガーと一部をのぞきキャスティング総入れ替え。新鮮な顔ぶれですが、やはりシュワちゃんあっての“ターミネーター”。演出も粋な計らいで、T-800に年を重ねさせ登場させています。エッ!?ロボットって歳をとるの・・・。って思うひとは多いはず。映画を観てどうしてなのかは、自分で確かめてください。
“ターミネーター”といえば数あるSF作品の中でも、金字塔と呼ぶにふさわしい名作。1・2作はジェームス・キャメロン監督が手がけ、その演出力と卓越した映像技術で私たちファンを唖然とさせてくれました。いま観てもあの緊張感に溢れたストーリー展開は、ハラハラ・ドキドキの連続で何度観ても感動です。その監督が今回の作品を絶賛しているのであれば、観ない訳にはいきません。「アイル・ビー・バック」の名セリフとともにT-800が帰って来ました。それも最新合成技術を駆使して3世代のシュワちゃんを観ることが出来ます。今回の製作スタッフが、キャメロン監督に敬意をはらってのオマージュを捧げたかたちに仕上げファンも嬉しい限り。今回のT−800はサラ・コナーの守護神(ガーディアン)として、ユーモアを絡めての大活躍。いままでの作品を観ていない人たちでも、納得の面白さになっております。わたし個人は第一作の緊張感が忘れられず、いまでもシリーズ中で一番と思っています。ただ比べる必要もなく、どの作品もシリーズものにありがちな惰性的造りがないのは凄いと感じています。4作目などはシュワちゃんこそ出ませんでしたが、それまでとは違った角度で切り口を拡げとても面白かった作品でした。物語は基本繋がっているのですが、一本一本は単品として楽しむことの出来る作品です。
今回もまた新しい作品と捕らえてみて、まったく問題のない作品となっています。「未来を、取り戻せー。」のキャッチ・フレーズどおり、またまた時空を飛んで歴史を変えるという仕組みは今まで通り。これを観る限りこの作品は永遠に繋がり、終わりなきスパイラルの世界を生んでしまいそう。それはそれでファンにとっては嬉しことなのかも知れません。でも、シュワちゃんのかわりはどこを探しても見当たりません。元気なうちにまとめてくれると、私自身はとっても嬉しいのですが・・・。
今回サラを演じたエミリア・クラークが新鮮で、その美しさは半端なく、そして強い女の発展途上がとても初々しい印象に残りました。彼女はブロードウェイでも活躍する若手の成長株で、「世界で最も美しい顔100人」に3年連続でのトップ10を果たしているそうです。今後の彼女に目が離せません。ジョン・コナー役(T-3000)のジィソン・クラーク、カイル・リース役のジェイ・コトニー、T-1000役のイ・ビョンホン、みなしっかりと役になりきりいい連携を観せてくれました。嬉しかったのは、刑事役で脇をかためたJ・K・シモンズの登場。昨年“セッション”で見事アカデミー賞助演男優賞を取った、あの演技は生涯忘れられない素晴らしいインパクトを残しました。ちょっともったいないくらいの出番でしたが、また会える日を楽しみに待とうと思います。みなさん、シュワちゃんを観に、劇場にGO!!
[PR]
by eddy-web | 2015-07-16 15:09 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-208 “悪党に粛正を”
e0120614_1657885.jpg


e0120614_13402868.jpg



2015.July.07

はじめて、豊洲にやって来ました。同じ江東区とは思えない新しい街といえる場所でした。なぜここにと言うと、今日の映画が近隣で探しここでしかやってなかったから・・・。その作品は“悪党に粛正を”。久しぶりの西部劇です。近年、公開される作品の数がなくなった西部劇。その作品はなんとアメリカ映画ではなく、クリスチャン・レヴィングという監督と国際的俳優マッツ・ミケルセンがタッグを組んで挑むウェスタン。2人はともに北欧デンマークの生まれ。むかし、イタリアに流れ一代ブームを巻き起こしたマカロニ・ウェスタン(イタリアではスパゲッティウェスタンと呼ばれていた)の再来である。いまをときめくクリント・イーストウッド監督が、マカロニ・ウェスタンで名を上げアメリカに凱旋したのは周知の事実。当時、アメリカの西部劇にはない娯楽性が人気を呼び世界を席巻しました。“夕日のガンマン“や“荒野の用心棒”など忘れられない作品たちが名を連ね、1960年〜70年に渡り映画ファンを喜ばせてくれました。
あれから40年を超え、ここに新しい西部劇が登場しました。レヴィング監督は幼い頃、西部劇にはまり大ファンになり今回その夢を実現したと聞きました。さらに主演はデンマークを代表する俳優ミケルセン。彼は昨年観た“偽りなき者”で2012年カンヌで主演男優賞を獲得しましたが、この一本でわたしは彼の素晴らしい演技力の虜になりました。そもそも最近観れなくなった西部劇に挑んだこの二人だけでも、興味津々ですが脇を固める俳優さんの豪華なこと。ヒロイン役はひとことのセリフすらなく表情のみで感情を表す難しい役どころ。演じたのはフランス生まれのエヴァ・グリーン。冷徹非情の適役はアメリカの個性俳優ジェフリー・ディーン・モーガン。その他兄役を演じたスウェーデン生まれのミカエル・パーシュブラントやイギリスの名優ジョナサン・プライスなど豪華な多国籍作品がここに生まれました。さらに悪役の片腕を演じたのがエリック・カントナ。そうフランスでは神様的存在の元プロサッカー選手。俳優としても素晴らしい存在感で、主演のミケルセンですら共演が夢のような出来事だったと語っております。
さてこの作品は、謳い文句にウエスタン・ルノワールという名をつけ新ジャンルという方向付けをしています。確かにアメリカの西部劇にはない雰囲気が冒頭のシーンから溢れ出しています。深みのある映像表現は、“パリ・テキサス““バクダット・カフェ”を思い出すもので、それだけでも画面に引き込まれてしまいます。テーマは復讐という古典的なものだが、主人公の内面に深く入り込んだストイックな表現は最後まで目が離せません。当時の厳しい移民生活が浮かび上がり、一瞬足りと気を許せない毎日が命がけというそんな緊張感に満ち溢れています。冗談ですが、こんな時代に生まれなくて本当に良かったと思えます。このウェスタン、何かを期待させてくれます。見終わった後からジワジワと染み込むような、重たいけど乾いていないそんな印象がした作品でした。
[PR]
by eddy-web | 2015-07-11 16:57 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-207“あん”
e0120614_19471021.jpg

e0120614_13402868.jpg




2015.July.02

今日もしとしと梅雨の空。前々回銀座に足を運び、満席で観られなかった映画を観に・・・。作品は河瀬直美監督の“あん”。個人的な印象だが、今度の作品は今まで観たどの作品とも微妙に違う感覚を感じたわたし。とは言え河瀬監督作品のすべてを見ている訳ではないので、勝手な思い込みかも知れない。“萠の朱雀”“沙羅双樹”殯の森”のどれとも違う何かが、何なのかはじっくり確かめてみようと思います。
河瀬監督の作品は、海外(特にヨーロッパ)では評価が高いののだが日本では好き嫌いがはっきり別れているようだ・・・。わたしは好きな監督さんだが作風が独特で、深層心理に深く入っていくのがメンドクサイ人には好まれないでしょう。そう、ある意味「カルマ的」感性に引かれるひとたちははまってしまうのである。理屈で捕らえず、感性で捕らえると言えば語弊があるかも知れませんが、そんなひとたちはきっと大好きでしょう。言い方が上手くなくてすみません。いままでもそうでしたが、この映画も自然描写(森羅万象)がじつに巧みに使われ物語に深みを与えています。光や影、音や匂い、日常の中で溢れている自然の美しさ儚さを、人間の営みに重ね合わせジュワ〜ッと心に沁みこまさせてくる。わたしはその辺が大好きです。あまり説明的にならず、こちらで勝手に思いを巡らすみたいな、そんな演出が特徴ではないでしょうか?賛否が別れるのはここで、映画の本道大衆文化を求めるひとにはちょっと辛いかも知れません。でも、作り手側が大衆の目ばかり気にして創るものばかりでは、たぶん新しいものは生まれないとわたしは思っています。
さて、“あん”はタイトルからしていままでとは違う感じがしませんか?とてもシンプルな響きです。と思ってみたら、やっぱり河瀬ワールドでいっぱい。監督はいままでテーマの軸に一貫して「生と死」を取り上げ、その時々で違うかたちのひととの関わりを紡いでみせます。今回は病(ハンセン病)をかかえて、ひっそりと生きてきた(生きざるを得なかった)老婦人の小さな願いをテーマに、こころのあり方を見る側に投げかけてきます。この病はいまだに誤解され差別を生み、多くのひとを苦しめています。最近ではあまり報道でも取り上げられなくなり忘れられているそんな有様。なぜ、いまそこにテーマをおき、監督が何を伝えたかったのかは解りませんが、病気そのものの苦しみ以上に精神的苦しみが、いまだ終わっていないのは確かなようです。主演の樹木希林さんは凄いのひとこと。いつもの監督の演出なのですが、実に自然体で主人公になっています。演じていません。ドキュメンタリーのように・・・。逆に違和感を感じるひとも多いかも知れません。孫の内田伽羅がいっしょに出てますが、まっさらな木綿みたいな感じが印象的でした。永瀬正敏さんも渋くなり、俳優としての年輪を感じさせてくれました。そう言えばKYON-KYONの旦那様ですよね・・・。
ちょっと重たいですが、ひとの心理を見直す良い機会だと思います。面倒だと思うひとは、やめましょう。
P.S. ハンセン病(むかしはライ病と呼ばれていた)を織り込んだ映画が何本か思い出されます。日本映画だと“砂の器”。洋画だと“ブラザーサン、シスタームーン”。どちらも素晴らしい作品です。フランコ・ゼフィレッリ監督の“ブラザーサン、シスタームーン”はわたしの中ではベスト3に入る作品。ぜひ機会があったら観てください。こころが清らかになります。(ただし自分が汚れていると思うひとだけ?)
[PR]
by eddy-web | 2015-07-07 19:47 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif