<   2015年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
特別展「鳥獣戯画・京都高山寺の至宝」を観に上野の山へ。
e0120614_1335972.jpg


e0120614_11432231.jpg


2015.May.28
本当に久しぶりの展覧会である。学生の頃は、足しげく通った上野の森。思えばはじめて行った展覧会が上野で開催された「ロダン展」である。6歳年上の姉につれられ、はじめて美術展を観たのが上野の森美術館。あれから50年以上もたってしまいました。今回はもう死ぬまで観ることの出来ないであろう、「鳥獣戯画」をこの目に焼き付けるべくやって来ました。木曜日だというのに、相変わらず上野は賑やかだ。駅から匂い立つ新緑の森を抜け、会場となる東京国立博物館に・・・。入場券を購入する際、窓口で“ただいま大変混雑していて160分待ちの状態ですがいかがなさいますか?”と聞かれた。当然ここまで来て帰るはずもなく、いざ会場へ。ついてビックリ!いきなり玄関前は長〜〜〜〜い列。流石の人気というか、私同様死ぬまでに一度拝んでおきたいと思うひとたちなのだろう。何かを獲るには、それなりに時間を使わなければいけないんだということをしみじみ感じました。作品はそれは素晴らしく、平安〜鎌倉時代と受け継がれた墨画の絵巻物。教科書で一度は目にしたことのある有名な画。その筆捌きの見事さに思わずため息。何百年もむかしに描かれたものが、いま目の前で踊っているのです。ただただ凄いのひとこと。ウサギ、カエル、サルなどが擬人化されユーモラスに躍動する姿は、「日本最古の漫画」とも称されている傑作である。作者はいまだ謎のこの巻物で、甲・乙・丙・丁と呼ばれる全四巻からなる国宝。各巻は時代も違い、甲の巻が最も有名だがそれを継承し時代を写し取っている大作絵巻。高山寺に伝来したのでさえ、いまだ解明されてないとのこと。画を観ながらいつ、どこで、だれがなんて思いをはせるのも、古いものでしか味わうことの出来ないロマンかもしれません。ミステリーの要素もふくまれ、実に興味深く観ることが出来ました。冥土の土産にいかがでしょうか?
e0120614_135099.jpg

P.S. それにしても待ち時間の長いのには参りました。実質見学した時間は多分1時間。11時に会場に着き、出たのが4時半。もうお解りかとおもいますが、ある意味苦行だと思いお出かけ下さい。会場ではそちこちで倒れたひとがいました。ご年配の方は特に注意が必要かと思われます。みなさんお気をつけて・・・。
[PR]
by eddy-web | 2015-05-29 13:05 | 展・覧・会 | Comments(0)
よもやまシネマ-202 メイズ・ランナー
e0120614_1157535.jpg

e0120614_13402868.jpg



2015.May.25

予告編を観てから、公開をず〜ッと待っていた映画“メイズ・ランナー”を鑑賞。巨大なコンクリートの壁に囲まれた、とある世界。そこにはなんでそこにいるのかさえ解らない少年たちが・・・。そしてその閉ざされた壁の向こう側にある出口を探し、毎日限られた時間だけ開くその迷路にむかう選ばれしランナー。彼らはここから脱出することが出来るのでしょうか?というストーリー展開ではじまるこの物語。原作は出版と同時の瞬く間に160万部を売り上げたと聞きます。この物語は何もかもが謎で、登場する若者たちがどこのだれで、何処から来たのか何ひとつ解らない。そして定期的にその世界に送られてくる若者。そうしていつしか彼らは共存し役割をきめ、その世界でかすかな希望を胸に暮らしていく。ある日そこにいつものように送られたひとりの若者トーマス。彼がそこに表われてから、ストーリーは急展開をし、止まった時が動き始める。
どうでしょうか、これだけ聞いても何だかワクワク・ドキドキしませんか?映画は全く先の読めない展開で、まるでパズルを解いていくかのように進んで行き、いったいどうなっちゃうの・・・。という感じでラストまで行く。何とか迷路を抜け脱出に成功するにはするのだが・・・???あとは次回と終わってしまう。
この映画が3部構成で作られ、最後に本当のことが解るとういう構成になっているらしい。最近では“バイオ・ハザード”などはこの部類で、終わりなき物語の代表作。いつかは終わるのでしょうが、作り手側の胸三寸といったところ・・・。あまり長いと、少々疲れてくるので落しどころはきちっとして欲しいと思うわたし。ただこの連続ものというのは、困ったことに一度観てしまうとあとには引けなくなるところが厄介。これはまさに、制作者の思うつぼ。途中でもうヤ〜メタ!!ってな具合でストップできるといいのですが、なかなかそうはいきません。“メイズ・ランナー”は3部作と謳っているので、まだ良心的かも。いずれにしても、あまり先延ばしにせず早めに公開してくれることを望みます。この作品ですが、そんな訳でまだ何も言えません。感想はぜ〜んぶ終わってからということにしましょう。登場人物はみな個性豊かで、これらが楽しみといった若者たちでいっぱい。きっとこの中から、未来のスタ−が誕生するのかも知れません。こうご期待としましょう。
P.S. TVドラマでも良かったような気がするのは、わたしだけでしょうか?“ダーク・エンジェル”や“LOST"と同じ匂いがします。
[PR]
by eddy-web | 2015-05-26 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-201 あの日の声を探して
e0120614_14512321.jpg

e0120614_13402868.jpg




2015.May.18

201本目のスタートに選んだのは、“あの日の声を探して”。上映中の新しい映画では、一番見たかった作品です。多くのテーマを含んだ反戦映画だが、いちばん怖いのは戦争はひとのこころをも変えてしまうという事実が描かれているところ。これまで幾度となく戦争をテーマにした作品を見て来ました。最近観た“アメリカン・スナイパー”もそのひとつで、こころに残る一本になったばかり。今回の作品も戦争が多くの命を奪うだけでなく、そのもたらす恐怖が人間の心を壊し浸食してゆくさまを実に見事に描いています。作品は3人の主人公たちが戦争を背景に変わっていく様を、時を挟んでリアルに表現し圧倒される。ひとりの少年(9歳)の悲しい現実を訴えたものかと思っていたが、そこにはもっと違う戦争の怖さがリンクしていて、ラストは衝撃の幕切れです。見事な脚本で、激しく心を揺さぶられる一作となりました。監督はミシェル・アザナヴィシウス(アーティスト/アカデミー賞受賞)というひとで、わたしはじめて作品に触れました。きめ細やかな演出と描写は、まるでその場にいるようなそんな気分に・・・。撮影はグルジアで行われたようで、手持ちカメラを使った映像はリアルで臨場感が溢れ見る側を圧倒します。戦争を背景に3人の違う立場が交差し、それでも必死に生きようとする姿にはいろいろなことを考えさせられます。戦争に追いつめられ、言葉を失った少年ハジ(アブドゥル・カリム・ママツイエフ)。EUで報道の仕事に携わり、現実とのギャップに苦悩し使命感だけが支えのキャロル(ベレニス・ベジョ)。そして平凡な生活から一転し戦争に駆り出され、正気を失っていく青年コーリャ(マキシム・エメリヤノフ)。3人がそれぞれに流した涙の意味は全く違っているのだが、とても深く重たい一粒でした。舞台となっているのは、いまも報道が伝わるチェチェン。この作品はいまこの瞬間におきている、紛れもない事実が描かれた真実の話。これは観なくてはいけない映画のひとつではないでしょうか。
P.S. ハジを演じたアブドゥル・カリム・ママツイエフやコーリャを演じたマキシム・エメリヤノフ、そしてハジの姉ライッサを演じたズクラ・ドゥイシュビリはオーディションで選ばれたひとたち。マキシム・エメリヤノフは俳優さんだが、姉弟の2人はこれが初仕事。本当に素晴らしい演技でした。マキシム・エメリヤノフは特に印象に残りさらなる飛躍を期待します。少なくともわたしたちより、リアルに戦争を感じ取っているからでしょう?わたしたちもただ感動していては駄目かも知れません・・・。
[PR]
by eddy-web | 2015-05-19 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
NANJYa?COLLe/16 なんたってウルトラマン!!
e0120614_11381221.jpg

e0120614_11435113.jpg
2015.May.17

わたしが小学校6年の時にはじまったウルトラマン。いまから49年前のことである。特撮の神様“円谷英二”監督ひきいる円谷プロが手がけた、ヒーローものの先駆者“ウルトラマン”。前進に“ウルトラQ”という特撮ものがあり、これが怪獣たちとの出会いのはじまりであった。少年たちのこころを捕らえて放さない正義の味方は、強さと優しさを合わせ持つ真のヒーロー。戦う相手の怪獣たちにも優しく、ジャミラやシーボーズ、ピグモン、ウーなどあげたら切りがないほど泣かされたお話が多い。そのひとつ「怪獣墓場」のエピソードでは、闘った怪獣たちの法要を科学特捜隊本部にて行い、怪獣たちの供養をする。「怪獣たちの生まれた時代と場所が違えば、闘い倒すこともなかった」と言った名ゼリフははいまも忘れられない。
そんな大好きだった“ウルトラマン”の本と、缶コーヒー(BOSS)のおまけをお見せいたします。ダイキャスト製のおまけは大変良い出来映え。ジェットビートル(ウルトラマン)や、ポインター&ウルトラホーク1号(ウルトラセブン)、やっぱかっこいいですね。

P.S. まだまだあるウルトラマンの収集ものは、また次回に・・・。
e0120614_11385578.jpg

[PR]
by eddy-web | 2015-05-17 11:38 | NANJYa?COLLe(コレクション) | Comments(0)
よもやまシネマ-200 シンデレラ
e0120614_18205762.jpg

e0120614_13402868.jpg




2015.May.15

200本目の記念すべき映画に選んだ作品は、ディズニーの実写版“シンデレラ”。なぜ、このファンタジーを選んだと言えば・・・。実は、私がはじめて外国映画を観たのがアニメの“シンデレラ”で、映画にはまってしまったその原点とも言う物語だったからです。まさかあの不屈の名作が実写化され戻ってくるとは、だれが想像したでしょうか?当時観たときの記憶は鮮明に残り、美しい絵とその表現力に世界には本当に凄いひとがいるんだと、以来ディズニー信者になってしまいました。
アニメの世界もどんどんと進化を重ね、いまやCG技術なくして製作は不可能とさえ言われている。だた、はじめて観た“シンデレラ”はすべて手書き作業のアナログ表現。どれだけの時間とひとの手がそこに使われたのかと想像しても検討がつかない。その上で、あの繊細で美しいファンタジーを創り上げたのだからそれはそれは凄いことです。いま観ても、ぜんぜん色あせない表現力にはむしろ新しささえ感じてしまう。嘘と思うなら、アニメの“シンデレラ”をぜひ観てください。アニメの世界はCGが主流になって来ましたが、ジブリのようにアナログに拘った作品づくりは永遠になくならないで欲しいと願うばかりです。
さて、前置きが長くなりました、実写版の感想です。本家本元が挑んだ実写版ですから、半端なもんは出ないと確信していましたが納得の美しさに感動です。話もシンプルで、解りやすいこの物語。アニメのイメージをどこまで追い求めることが出来るのかが焦点。大満足の映像美と、豪華絢爛な衣装や舞台セットにすっかり酔ってしまいました。女子はこんな映画きっと大好きでしょう。とくに衣装が素晴らしく、シンデレラが舞踏会に着て出かけたブルーのドレスは言葉を失う美しさです。変身シーンは“アナと雪の女王”の時、エルサが氷の城を作り上げるシーンに匹敵する感動です。アニメと実写の違いはあれど、巧みなCG技術あればこその演出効果はさすがディズニー。主人公エラ(シンデレラ)を演じたリリー・ジェームスはピュアなシンデレラにぴったりなキャスティングで、とても可愛かったです。しかし何と言っても凄かったのは、ママ母役のケイト・ブランシェット。やっぱりアカデミー賞はだてではありませんでした。本当に憎たらしいほど凄いです。彼女でなければ、この映画は成立しないかも知れません。ただただ拍手。まだまだ出てくると言う実写版のディズニーアニメ作品。ますます楽しみです。

P.S. シンデレラが着ていたブルーのドレスが美しいのは、先ほど言いましたが着ていたリリー・ジェームスのウェストにもビックリです。女子は憧れるだろうな〜〜っ。
[PR]
by eddy-web | 2015-05-15 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
NANJYa?COLLe/15 おまけの先駆け、グリコの小さなおもちゃ!!
e0120614_11555123.jpg

2015.May.13

グリコと言えば、おまけ!おまけと言えばグリコ!!こどものこころを捕らえて放さない、おまけ戦略。幼い頃から今につづくグリコのおまけ。歴史は古く、大正11年にさかのぼる。グリコの名前は、カキのエキスからとったグリコーゲンから生まれたもの。「一粒300メートル」のキャッチフレーズは、一粒で300メートル走るエネルギーが補給できると唱い上げたもの。こども向けのキャラメルが今もなほ人気を誇るのは、この商品とおまけの合体によるもの。90年以上もつづくこの戦略は、いまも色あせることなくこどもたちのこころを捕らえて放さない訳はいったいなんなのでしょうか?そこで今回は昭和56〜61年頃に出た女の子向けのおまけをご用意致しました。ちっちゃいおもちゃですが、レベルが高く見ているだけで何かワクワクしてきます。あまり古いものは残念ながら持っていませんが、他にもまだありますので機会をみてまたご紹介致します。
e0120614_11571245.jpg

[PR]
by eddy-web | 2015-05-13 11:57 | NANJYa?COLLe(コレクション) | Comments(0)
よもやまシネマ-199 セッション
e0120614_1822035.jpg

e0120614_13402868.jpg





2015.May.11

映画にとって、音楽は欠かせない演出効果のひとつ。その音楽が主役の話題作”セッション”を鑑賞。古典と言ったらファンの方は怒るであろう、ジャズミュージック。ドラマーとして、その世界のてっぺんを目指すひとりの青年の生きざまと、その前に立ちはだかる鬼教師の壮絶な戦いが描かれています。目指す者と育てる者の究極のバトルが、音楽に対する思いの固まりとなり火花を散らす107分。ピ〜ンとはりつめた緊張感が見る側を画面に釘付けにする。そして最後までその緊張感が続き、ラストは・・・。この映画は今年のアカデミー賞で話題となり、3部門で栄冠を手にした。先日観た“バードマン”と最後まで争ったこの作品の監督は、弱冠28歳の新人監督デイミアン・チャゼル。この一作で鬼才の登竜門サンダンス映画祭グランプリを受賞し、その名を世界に印象づけた。この作品は出来の評価だけではなく、わずか19日間で撮影し完成された超低予算の作品というところが凄い。キャリアやお金だけがいい作品を生み出す訳ではないことを証明してみせました。テーマがシンプルな上、攻撃的な演出に合わせたドラムの鼓動との融合で魂を揺さぶられる。息が詰まるほど追いつめられた主人公の心拍が、ドラムの音となり波のように画面から溢れ出す。間違いなく傑作と呼べる作品である。アカデミー賞を争った“バードマン”もドラムの音が効果音として使われいて、何か因縁めいた感じさえうける。どちらの作品も、プロフェッショナルの流儀、またその拘りや厳しさを描き出してみせているのが似ています。甲乙付けがたい作品2作である。この作品でアカデミー助演男優賞を獲得した、鬼教師フレッチャーを演じたJ・K・シモンズ。スパイダーマンでお馴染みの編集長だが、その鬼気迫る芝居はなにか演技を超えた凄まじいほどのエネルギーを放ち、腰さへ引かされます。助演と言うより、主演といっていい存在感である。対する主人公アンドリューを演じたマイルズ・テラーも賞こそ名が上がらなかったが、繊細かつ力強い演技でシモンズと真っ向勝負をしています。とても優しい顔立ちで虫も殺さないような、線の細い青年だが顔つきがどんどん変わってゆく様は見事でした。これからが楽しみな俳優さんです。この作品は音楽や映画などプロを目指すひとには、いろいろな意味印象に残る優れもの。夢を追い戦いに挑む勇気が、ついに一線を越えるその瞬間を迎える。観賞後に極めるものたちは、ほんの一握りしかいないことを知らしめられる。そんな選ばれしひとたちだけが、きっと究極の喜びを味わうことが出来るのだろう。一流のさらに上、超がつく世界の夢物語がここに描かれています。
P.S. とうとう199本という数字になりました。次回はついに200本目。さてどんな映画がわたしを喜ばせてくれるでしょうか?
[PR]
by eddy-web | 2015-05-11 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-198 寄生獣・完結編
e0120614_13332325.jpg

e0120614_13402868.jpg




2015.May.04

やっと公開した、“寄生獣・完結編”。岩明圴原作のこの作品は、つい最近漫画でも読み鑑賞に臨みました。随分前の原作なのですが、深い内容がやっと映像化され日の目をみることになりました。一度はハリウッドの権利を売られたり、映像化は不可能とも言われたり、かなり遠回りして完成しました。前編の時感想で、グロの表現はあまり好みでないと呟きました。今回ももちろんかなりハードな表現があり、見る側にも覚悟が必要です。ただ、その分を差し引いても余ある内容がこの作品には詰まっています。漫画とは思えないそのテーマは、万物の霊長であるとされる人間(人間が決めた)の真の姿とはを、わたしたちに問いかけてくれます。ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが・・・。さまざまな受け止め方があると思います。観賞後ひとりの人として自分はどうだろうか?と考えさせられるに違いありません。そして今も続く人間が犯す過ちを、きっと頭の中に思い浮かべることでしょう。
冒頭のナレーションでながれる“人間の数が半分になれば、燃やされる森の数も半分になるのだろうか?人間の数が100分の1になれば、垂れ流される毒も100分の1になるのだろうか?地球上のだれかがふと思った。みんなの命を守らなければ・・・”それこそがこの作品のテーマなのです。作品の中でも言われていましたが、人間自体が“寄生獣”という表現はストレートに胸に刺さります。
完結編では前作でも描かれた母性を今一度再現し、最後の救いとして伝えてきます。深津絵里さん演じる田宮良子がその象徴として描かれ、子どもを守るその姿に自然と涙が溢れてきます。他にもこころに沁みるセリフが沢山あり、とても考えさせられること間違いなし。ちょっと怖いかも知れませんが、観てはいかがでしょうか?キャストもかなり厚みのある布陣で臨んでいて、見応えがあります。出演者のみなさんは、この原作に惚れているのだと思います。原作にほぼ忠実に描いているので、漫画のもつコンセプトは丁寧に表現されていると思います。これなら比べても納得の出来ではないでしょうか。
P.S. 深津さんが田宮良子役をやると知ったとき、正直すこしこころが引きました。でも見終わったあと、今まで以上に彼女が好きになりました。JR東海のCM、“シンデレラ・エキスプレス”のヒロインからズ〜ッとファンです。これからも頑張ってください。ということで今回のパンフ画像は裏面もお付けしました。深津さん奇麗ですね。
[PR]
by eddy-web | 2015-05-05 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif