<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
よもやまシネマ-139 アナと雪の女王
e0120614_14534091.jpg


e0120614_13402868.jpg




2014. Mar. 20


本年度カデミー賞の長編アニメ映画賞と歌曲賞の2部門を受賞したディズニーの話題作「アナと雪の女王」を鑑賞。小学生だった頃、はじめてディズニーの映画「101匹ワンちゃん大行進」を見て大興奮。それ以来、「シンデレラ」「ダンボ」「眠れる森の美女」などなどディズニーの虜に・・・。
近年アニメの表現はCG技術を駆使したものが多い。その技術の進歩には目をみはるものがある。だが、少年時代に出会ったディズニーとは明らかに違う。わたしは昔の作品がいまも大好きなので、CGばかりの現在の手法に正直抵抗がある。単なる個人的好みなのですが・・・。そんな思いを抱え観た「アナと雪の女王」。アニメとミュージカルを合体させたような作品だが、何と言っても映像の美しさに悔しいがこころを奪われます。内容は特に新鮮な所もなく普通ですが・・・。CG技術もここまできたかと、製作陣の力に拍手。特に主人公のエルサが山に逃げ、そこで氷の城を創るシーンは圧巻。歌(音楽)との連動した演出は見事で、印象に残る名シーンと言えるでしょう。きっと女性たちはこういう作品が大好きに違いありません。ディズニーは視覚効果と音楽を見事に操り、アニメ版ミュージカルというジャンルを創り上げました。今年アカデミー賞に選ばれたのは、表現技術の勝利と言っても過言ではありません。エルサが唱っている歌(Let It Co)は、トニー賞などに輝く実力派女優イディナ・メンゼルという人。その歌唱力をぜひ劇場で確かめていただきたい。そしてわたし個人は、本人が出演した生作品をぜひ観てみたいと強く思います。
今年度のアカデミー賞には「風立ちぬ」もノミネートされ、ジブリファンはみな期待し結果を待ちました。結果ディズニーに軍配が上がった訳ですが、この映画を観て色んな意味で納得の気持ちになりました。個人的な意見ですが、ディズニーはアニメの原点(大衆向け)を忘れず追いかけ、宮崎監督はアニメでロマンを追いかけ、その違いが今度の結果につながったのではないでしょうか?どちらも夢を描いてはいるのですが・・・。内容は断然宮崎監督が勝っていると思います。余談ですが高畑監督の「かぐや姫」の方が、きっといい勝負になったかも知れませんね。いずれにしても、ディズニー、そしてジブリの大ファンのわたしは、これからも作品を見続けます。どうかよろしくお願いします。Uekusa Shoji
[PR]
by eddy-web | 2014-03-26 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-138 ROBOCOP
e0120614_13391420.jpg

e0120614_13402868.jpg





2014. Mar. 17


27年ぶりにリニューアルし登場した「ロボ・コップ」を鑑賞。当時その暴力的描写が話題になり、映画ファンの度肝を抜いたSFバイオレンス映画が再び甦った。人間とマシン(ロボット)の合体した警官の活躍が描かれた映画は、主役マーフィー(ピーター・ウェラー)の殉職シーンで腕が吹き飛び血が飛び散るなど、過激なシーンにR指定が入ったり、カットされ劇場公開されたりと話題の多い作品である。低予算で創られたにも関わらず大ヒット!シリーズ化され3部まで公開された。相棒役の婦警をナンシー・アレン(殺しのドレス)が演じていたのが、特に印象に残っている。役名がアン・ルイス???この名も忘れられない・・・。3部ではとうとう彼女までロボ・コップになってしまったのには驚かされたものだ。
さて、今回甦ったロボ・コップ。27年という歳月を経て、どのように復活するかが大きな見所。コアなファンが多い作品なだけに、見る目の厳しい状況は仕方あるまい。CGや特撮技術など当時とは、比較にならないほど発展している映画業界。当然期待は膨らむばかり・・・。内容は昔の作品とそう変化しておらず、むしろ大切に演出しているような印象である。先ほどお話した暴力的描写もあるにはあるが、割とソフト。前作に比べると物足りないファンもいるかも知れない。人間の生き残った部分と、マシンを合体させた研究室のシーンがかなりリアルで現実味をおびている。近い将来こんなことが実現するのでは・・・と思う。この映画は他のヒーローものと、一線をひいているのは命の尊厳をテーマに描いていることのほかならない。バッタバッタと敵を倒していくヒーローではなく、生まれ変わった自分との葛藤を軸に於いた人間ドラマ。人間なのかマシンなのかと苦しみもがく主人公の姿に、他にはないヒーロー像が浮かび上がる。身体は強くともこころは繊細。それはまぎれもなく人間だという証。物語の後半ではコントロールパネルを操られ、人の感情を消去されるところがある。これは人類への警鐘に他ならない。まだシリーズは続くようだが、きっと腹黒い輩が群がり彼を苦しめるに違いない。そんなストーリーが続くのかと思うと、なんか不安な気持ちになりました。shoji植草
P.S. 27年前映画が公開される前、ロボコップのキャラクターデザインが「宇宙刑事ギャバン」に酷似していたため、当時の監督から日本のメーカーに許諾の手紙が送られたのは有名な話である。また、桑田二郎作の「8マン」に設定がにているという話も・・・。いづれにしても日本のキャラは、昔から一目置かれていたということです。
[PR]
by eddy-web | 2014-03-18 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-137 それでも夜は明ける
e0120614_1341254.jpg

e0120614_13402868.jpg




2014. Mar. 10

本年度のオスカーを手にした、話題の作品“それでも夜は明ける”を鑑賞。この映画は第86回アカデミー賞作品賞を含む、3部門を受賞したいま一番観たかった映画。前にいちど言ったことがある映画の役割。娯楽にとんだ楽しいものや、夢のような空想を描いたものや、今回のような実話に基づいたこころに訴えてくるシリアスな作品など・・・。それらすべてが、わたしたちの感性を刺激しこころを豊かにしてくれる。どのような作品も多くの人の手をかり、そして時間をかけ創りあげたもの。だからわたしは、けっしていい加減な気持ちで鑑賞せず、出来の善し悪しはあれど必ず良い部分を見つけ持ち帰る。好きなものを純粋に楽しむのである。映画は宝箱のような総合芸術。
今回の映画が実話をもとに作られたものと聞くと、その重いテーマに託された「人間の尊厳」をあらためて考えさせられる。監督は“恐れ知らずの映画監督”と称せられるスティーブ・マックィーン。かの名優と同姓同名の監督は、作品を発表する度世界を挑発し続けていると聞く・・・。そんな監督が驚愕のタブーに挑んだ、胸をえぐる作品に圧倒されことばを失う。人間はどこまで残酷になれるのか、ほんとうにどこまで残酷なのいかと考えさせられる。昔の話とはいえ、今も残る人種差別の問題。人がものとして扱われ、当たり前のように受け入れざるを得なかった時代。悲しい場面や悔しい場面がたくさんあるが、何故か涙がでてこない。それより悔しさがまさり、憤りが胸の奥にふつふつを沸き上がり苦しさにいら立つ有様。こんなことがあっていいのか?打ちのめされ、自分の生活の緩さを思い知らされる。監督の作品は、はじめてだが他の作品も是非観てみたい。それにしても俳優たちの演技力には驚かされる。主役(ソロモン&プラット)のキウェテル・イジョフォーは、“キンキーブーツ”で演じたゲイ役以来の大ファン。そう言えばあの映画も実話でした。あの役のインパクトが強く、180度違う今回の演技に底知れぬ凄さを感じました。個人的にはキンキの役が好きです。敵役を演じたマイケル・ファスベンダーの病的エゴイストの凄さも圧巻です。カンパーバッチやブラピなど、みな重みのある素晴らしい演技に拍手である。ブラピは今回製作にも関わっている。あと何といっても、今回新人とは思えぬ存在感でベテランたちを唸らせた、パッツィー役のルピタ・ニョンゴ。アカデミー助演女優賞の名にふさわしい名演技でした。アカデミー賞作品だから観るのではなく、この作品は観なくてはいけない作品のひとつに違いありません。ただちょっと救われない気持ちが残るのは事実なので、ご承知の上でご鑑賞を・・・。shoji植草
[PR]
by eddy-web | 2014-03-11 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-136 エージェント・ライアン
e0120614_18333387.jpg

e0120614_13402868.jpg




2014. Mar. 06

トム・クランシーの世界的ベストセラー作品“ジャック・ライアン”の新シリーズがはじまった。今回はそれを鑑賞。わたしごとですが、3/5に還暦を迎えこれから堂々と映画を半額で鑑賞できることに・・・。思わずウッフッフ。記念すべき第1作は“エージェント・ライアン”。主人公のジャック・ライアンを演じるのは、いまハリウッドで最も注目されている若手俳優のクリス・パイン。スター・トレックのカーク船長に続いてのシリーズもの主演である。彼はジャック・ライアン役に於いては4代目。アレックス・ボールドウィン、ハリソン・フォード、ベン・アフレックに続いての抜擢。甘いマスクで人気がでそうだが、個人的には少しイメージが違うような気がする。さて、この主人公小説の中で最終的にはアメリカ大統領にまで上り詰めるひと。この映画は若きジャック・ライアンのいわばプロローグ。監督ケネス・プラマーは、自ら今回の適役で世界恐慌を企てるロシアの大富豪を演じている。これを考えても気の入れようが伝わってくる。またCIAの上官役にケビン・コスナー、妻になるキャシー役にキーラ・ナイトレイなど脇もがっちりと押さえられている。どの俳優さんもアカデミー賞やゴールデン・グローブ賞などの常連さん。さて、本題の映画だが原作を読んだことがないので解らない部分も多々あるが、疑問がまずひとつ。007でも表現される秘密工作員(情報員)は頭脳明晰でかつ行動力・判断力にたけ、身体能力も抜群の超エリート。それがわたしのイメージだが、そんな簡単になれるとは思えない現代のスーパ−マン。映画は割とたんたんと話が進み、気がつくとその立場になってしまってちょっとビックリ。CIAやKGBなど国の最高秘密情報機関にあたる部署な訳で、命の危険は当たり前の職業にしては、なるまでの流れがちょっと淡白な感じが・・・。もちろん表現的にはアクションなども随所にあり、スパイ映画としてはまずまずの演出。ただ、個人的にはもっと息の詰まるような、何かドキドキする緊張感が欲しかったですね。奥さんに浮気を疑われ、あっさり自分の仕事(CIA)のことを教えてしまうあたりは“それはないだろう!”と思わずツッコミを入れたくなる。この映画、これからどういう展開でシリーズ化されるのかは興味津々だが、すこし捻りやエッと思わせるそんな展開を期待するわたしは贅沢かな・・・。すみません要望が多くて・・・。shoji植草
[PR]
by eddy-web | 2014-03-07 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif