<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
偶然知った、ジャッキーのいま。
e0120614_1455481.jpg
e0120614_14561598.jpg

2014.Feb.14

ジャッキーと言えば、まず連想する名はケネディ大統領夫人。でもわたしにとってジャッキーといえば“女優ジャクリーン・ビセット。高校生の頃映画にはまり、彼女を知った。当時の自分には年上の彼女が眩しく、憂いのある瞳にもうメロメロでした。つたない英語を辞書でひきひき書いたファンレター。返事は来なかったが、ドキドキしながら待ったことが今も思い出される。そんな彼女のニュースが偶然飛び込んだ。なんと2013年度ゴールデン・グローブ賞助演女優賞(テレビ部門)を受賞したという。スクリーンで見かけることがなく、もう引退してしまったかと思っていた自分。本当に嬉しい知らせ。いまでも彼女のポートレイトファイル(映画雑誌スクリーンの切り抜き)は、わたしの宝もの。他にも映画のスティールやブロマイドなどなど・・・。とにかく元気で活躍していることを知り、ぜひそのTV(Dancing on the Edge)を見たいと願うわたし。
ジャッキーは、1965年「ナック」でエキストラデビュー。同じエキストラに無名時代のジェーン・バーキンやシャーロット・ランプリングなどが出演。それから少しずつ注目され、オードリー・ヘップバーンやフランク・シナトラ、スティーブ・マックイーンなど沢山の名優たちと共演した。ただ彼女の代表作と呼べるものには恵まれず、唯一注目を浴びたのがフランス映画「アメリカの夜」。名匠フランソワ・トリフォー監督の作品でようやく花を咲かせ注目をあびた。その年(1973年)、その作品はアカデミー外国映画賞を受賞。その後は話題作には出るものの、賞には無縁で作品にはあまり恵まれてはいない。フランス系イギリス人の美しい顔は時に無邪気な少女、ときに憂いを秘めた大人の女性になり、ファンのこころを虜にした。吸込まれるようなブルーの瞳が印象的である。どんな年の重ね方をしたのか、知りたいのはわたしだけでしょうか?
植草庄治
[PR]
by eddy-web | 2014-02-28 00:00 | ひとこと・ひとごと・ひとりごと | Comments(0)
よもやまシネマ-135 小さいおうち
e0120614_13501472.jpg

e0120614_13402868.jpg




2014. Feb. 17


久しぶりの日本映画。大好きな山田洋次監督作品、最新作「小さいお家」を鑑賞。この作品は前評判で、山田監督“新しい世界に挑む”と評されたもの。そして監督82歳にして創作する、記念すべき82作品目と聞けば期待は高まる。俳優さんたちは倍賞千恵子さんや吉岡秀隆、お馴染みの山田組のひとたちと、新人・黒木華(はる)さん。まずは黒木華さんの素晴らしい演技に拍手をおくります。ベテラン俳優が多く出演する中、主人公の布宮タキをけなげに、そして慎ましやかに演じ、いっぺんにファンになりました。昭和の女性の姿がそこにあり、懐かしさと静かな強さを思い出させてくれました。
さて作品ですが、山田監督がいままでテーマにして来た“家族愛”を思えば、確かに新しいジャンルへの挑戦。テーマは不倫だし、ちょっと驚きではある。しかし見終われば、やはりそこには確かな愛がちりばめられ、やはり山田作品だと印象ずけられる。昭和の時代を生きて来たわたしたちは、どこか懐かしさを覚え当時のことを思い出す。そう言えばわたしの住んでいた町(江戸川区)にも、西洋風の家が一軒あり下町には不釣合いな雰囲気だったことが思い出される。玄関脇にヤシの木みたいな(シュロ)大きな樹が立ち、窓にはステンドグラスがはまっていて5〜6歳のとき探検に忍び込んだことがある。途中怖くなりすぐに飛び出て来たことがいまも記憶に残っています。
映画は昭和の初期から今の時代までを、回想しながら進みますが、むかしでも“不倫”ってあったんだ!なんて子どもみたいに感じてしまう自分がいるのに驚いています。“不倫”って言葉だけ拾うとなんかドロドロしたイメージですが、この話はそんなこといっさい感じさせません。許されることではないのだけれど、何と言うか“人間だからしかたないよなァ〜”なんて思っちゃいます。それにしても主人公がそんな事件を、ず〜っとこころの隅に抱え、苦しみ生きた長い人生がとても悲しかったです。だれも悪くなく、だれのせいでもない、ただその時にまぎれもなく生きていたという事実が・・・。印象深い1シーンは、板倉が出征前にタキをそっと抱き“一生忘れないよ”とつぶやくところ。この言葉は罪深いデス!平成生まれのひとには?でも、とてもいい映画です。是非、見てください。この時代を生きたわたしには、映画の中身はもちろん、白い割烹着も、セルロイドのキューピー人形も、そしてエンピツを舐める仕草もぜ〜んぶ大好きな昭和です。懐古趣味だろうが好きなものは好き、それでいいのだ!!でも、この映画日本人以外、解るかなァ〜???

P.S. 昨日TVのニュースで第64回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞(銀熊賞)獲得が報じられました。彼女のもつ
雰囲気は独特なものがあり、これからが多いに楽しみな女優である。まずはこころから“おめでとう”の言葉を贈ります。
[PR]
by eddy-web | 2014-02-18 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
NANJYa?COLLe/7  涙した、心に残る思い出の漫画。
e0120614_16551249.jpg
2014.Feb.12.

みなさんには子どもの頃に読んだマンガで、今も忘れることの出来ない作品はありますか?今日は身勝手ですがわたしの選ぶ、そんな作品の紹介です。沢山あるなかで特に、心を揺さぶられた作品を2点ご紹介します。わたしたちの小さい頃は、マンガを読むと馬鹿になると言われ、なかなか自由に読むことが出来ませんでした。今思うと、マンガのせいで馬鹿になる訳ではなく、マンガばかり読んでいて勉強しないので、親が意味もなく子どもを叱る言葉だったに違いありません。考えるにマンガには失礼なことをしました。取りあえずお詫びし、さて本題です。
e0120614_19321182.jpg
一冊目は、小学校5年生の時、クラスの女の子に借りて読んだ感動の物語。松本零士作品“エスの太陽”。デビュー当時の松本作品で、子犬が主人公の話。簡単に説明すると、動物版の“母を訪ねて三千里”です。どのシーンで泣いたのかは覚えておらず、記憶にあるのはただ堪えきれずに泣いたこと・・・。最近ネットでその作品を見つけ購入。読み返してみると、当時の気持ちが甦ると同時に忘れ物を見つけた喜びみたいな感動を再び手に入れることが出来ました。当時生意気盛りの頃でしたので、女の子の読むマンガを馬鹿にしていて、そんな中で泣かされた思いで深い作品です。
e0120614_16592536.jpg
そしてもう一冊は石川球太作品“牙王”。こちらは男の子のマンガでやはり動物が主人公の物語。こちらはサーカスから逃げた狼と犬の混血種の、壮大な北海道を舞台にした主人の敵討ち物語。数奇な運命に翻弄されながらも逞しく生き、自分をこころから愛してくれた少女の命を奪った凶暴な熊との壮絶な戦いを描き、少年のこころをわしづかみした作品。これは簡単にいうと動物版“赤穂浪士”。今呼んでも感動です。近年の作品で高橋よしひろの描いている“銀牙伝説シリーズ”は、きっとこの作品の影響が大だと思われます。紹介した2編、今はなかなか手に入りませんが、もし手にすることがあったら是非ご一読を・・・。
e0120614_19271471.jpg
わたしが小5のときに描いた「エス」
[PR]
by eddy-web | 2014-02-12 00:00 | NANJYa?COLLe(コレクション) | Comments(0)
ワインとグルジア料理を堪能し、「むかしお兄さん&おねえさんの宴」は絶好調!!
e0120614_17285637.jpg
2014.Feb.06

むかしある季刊誌を一緒に作った仲間たちが、吉祥寺に集結。会う機会減ってしまった仲間たちが、年に一度集う日。こころ優しいMをさんが一声かければ、なんだかんだ言っても集まるのが本当の友。季刊誌を作っている時はそれはそれは大変で、よくも悪くも熱い戦いの毎日でした。もう15年も前のことが、昨日のように思い出されます。そのときの同じ釜の飯を食べた仲間は、言うならば戦友(戦争には行ってませんが)。時がたって少々白いものが頭にちらほらして来た今でも、会えば少年や少女のように無邪気に笑いツッコミを入れる。こんな仲間がいることは、まさに財産。もやもやしたことや面倒くさいことなど、一瞬にして吹き飛んでしまう。会話には脈絡もなく、あちこちにちらばる話の数珠つなぎ。思いついたことを何気に話せば、だれかが食いつき、またそれにだれかが・・・。
e0120614_17293118.jpg

そんな居心地のいい仲間とはじめて食したグルジア料理なるもの。いままでに味わったことのない味や食感が口の中で大騒ぎ。なかなかの美味でワインとの相性も抜群。笑って、飲んで、食べてお腹もこころも満腹の一夜となりました。Mくろさんが大のお酒好きな上、かなり強いことが今回解りました。はじめは40〜50度くらいのズブロッカを頼み、みなで一口づつ回し飲み。ロシアのお酒とばかり思っていたら、ポーランドのお酒だと後で知りました。飲んだ口当たりは桜餅のような優しく柔らかな飲み口。それを期に片っ端から頼みまくり、ちょこちょこ試飲させてもらうと、もう身体はポカポカ。〆に頼んだサソリ入りウオッカはなんと90度を超えるスゴもの。飲んだ瞬間に口の周りがビリビリ。ほとんどお酒というより、消毒アルコール。さすがのMくろさんもグラスを明けるのに一苦労。味も香りもまさに精力がつきそうなお酒で、いい経験と相成りました。夜も10時をまわり、いよいよ会もお開きに・・・。楽しい時はあっという間に過ぎましたが、最高の時間を頂き感謝感謝で大満足。再会を約束しそれぞれの帰路についたオジさん&オネエさんたちは、無事に帰れたのでしょうか?電車の中で、みなさんにもらった元気力と、飲んだサソリ精力を反芻し、“明日からまた頑張ろう!”とこころに誓った一夜でした。K木さん、N川さん、N井さん、M黒さん、そしてMつをさん、元気をありがとさん。
e0120614_17295964.jpg

[PR]
by eddy-web | 2014-02-07 17:29 | 風来紀行(散歩と旅) | Comments(0)
よもやまシネマ-134 マイティ・ソー(ダーク・ワールド)
e0120614_1394775.jpg

e0120614_13402868.jpg




2014. Feb. 03

今回の映画は、このところ立て続けに作品を発表しているマーヴェル発の「マイティ・ソー」。マーベルは映画部門を立ち上げ、所有するアメコミヒーローを次々に実写化。映画ファンの度肝をぬく超娯楽大作を、次々製作し楽しませてくれています。わたしの好きな「バットマン」や「スパイダーマン」をはじめ、多くのヒーローを配出しているマーヴェル。しばらくこの会社の勢いは止まりそうもありません。
今回の「マイティ・ソー」は、昨年観た「アベンジャーズ」ではじめて知ったわたし。恥ずかしいことですが、キャラクターの存在自体知らなかった有様・・・。他のキャラに比べ、どことなく違和感すら覚え、その出で立ちもちょっと古い感じがしたのが第一印象。武器は手に持つハンマー“ムジョルニア”。ハンマーを振るい敵を倒すってところが、古典的というか???ということで第一作目を観ておりません。その後キャラを知った“アベンジャーズ”で少し知識を得て、今回の作品に望みました。映像美のクォリティの高さには言うまでもなく驚き、さらに舞台美術や衣装・メイクに至るキャラ表現への愛着と拘りが見事に凝縮されていました。ストーリー自体も深く、神話の世界観をSFに絡めた展開は、他のヒーローものとはひと味違う面白さ。ソー(クリス・ヘムズワース)は神々の国のプリンス(雷神)ということがあらためて解り、なるほどとその出で立ちにやっと納得。食べず嫌いはやはり、よくありませんね。話の軸になる世界樹で繋がる9つの世界。そんな切り口も何か創造力をそそり、期待で胸が膨らむ。地球はそのひとつにあたり、名はミッドガルトと呼ばれている。ソーの住む星は、神の世界“アスガルドという惑星で9つの世界のバランスをまとめている中心的存在。相関図を見て他の星のことを知れば知るほど、まだまだこれから色々な話が続きそうでワクワクする。もしかするとアメコミヒーローの中では、かなり濃いオタク的な主人公かも知れない。出で立ちは中世の騎士みたいなのが、現代の地球に表れるので物語の中で度々“なにこの人”と思われるシーンが多い。コスプレ感が結構笑いのツボに入り、緊張した場面が一瞬で和らぐ。アメコミならではの笑いのセンスがちりばめられ、はまってしまう人も多いことだろう。日本にはない感性がやはりここにある。宇宙船などの形状も神秘性が上手に表現され、地球の建物とのアンバランスさが不思議な世界感を創ってくれる。特に印象に残ったシーンは、アスガルドでの王妃埋葬シーン。実に美しく、こころに残る演出になっていました。最後に、ソーの宿敵ロキ(トム・ヒドルストン)のことをひとこと。今回の物語は彼の存在感が秀でていて、悪のキャラでは「バットマン・ダークナイト」のジョーカーに匹敵するほどである。こうして見るとヒーローを語るには、悪役なくして存在しえないことが身にしみて解りました。“次回も期待していますよ!ロキさま!”。その前に、第一作も見よ〜ッと。
[PR]
by eddy-web | 2014-02-04 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif