<   2014年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
チョッといい話♥ピンクのチュチュを着た裸のおじさんの、心温まるお話と美しい写真に感動。
e0120614_184415100.jpg

e0120614_13591522.jpg


その人の名は、ボブカーリー。偶然に観たTV番組で紹介をしていました。職業はカメラマン。ちょっと、いや大分太めの体系はいかにもアメリカの中年男性と言ったところ。ただ顔はどことなく愛らしく、体系も均整がとれそれほど見苦しくない。こんなことを書くと誤解されるので一応、わたしはそっちに興味はありません。
さて、そのピンクのチュチュを着た裸のおじさんが自らをモデルに撮った写真の数々。世界中の風景の中にとけ込み、ユーモアと哀愁に富んだ写真にわたしは素直に感動しました。
もともとアリゾナで写真家として働いていた彼だが、友人の紹介でリンダさんと出会い結婚。とはいってもプロの世界は厳しく、なかなか思うような仕事には恵まれず苦しい生活が続いたようである。そんなある日、舞い込んだ仕事が“アートとしてバレエを表現して欲しい”という依頼・・・。引き受けるには引き受けたが、まったくバレエを見たこともなく途方にくれる。そんな時、奥さんのリンダに相談をすると、「あなたのようにバレエに興味のない人でも楽しめる写真を撮れば良いのよ』とアドバイス。その言葉にアイデアが思い浮かび、一枚の写真が出来上がった。それを奥さんに観せるとお腹を抱え大笑いした。期せずしてその写真が話題に・・・。
仕事はそれから順調に進んだが、ボブさんはニューヨークで勝負したいと一念発起。リンダさんも賛成し、二人はあこがれの地へと・・・。
拠点を移したものの、そうは簡単に仕事が舞い込む程ニューヨークは甘くなかった。そんな苦しい状況の中、さらに試練が襲う。リンダさんに乳がんが見つかり、緊急手術。手術は上手く言ったのだが、ある日がんが肝臓に転移しているのが見つかった。それもすでに末期の状態。苦しい生活と治療が続く中、気丈に振る舞っていたリンダさんから、日に日に笑顔が消えていった。何か出来ることはないのかと、悩みもがき苦しんでいると、あることがフッと思い浮かんだ。そうあのチュチュを着て撮った写真を、はじめて見たときのリンダさんの大笑いした瞬間を・・・。これがこの写真集のはじまり。
e0120614_1482697.jpg

こんな愛にとんだ写真の数々は、どれをとっても本当に美しい傑作ばかり。まさに愛は強し。だがどの写真も、そんなストーリーがなくても充分すぎるクォリティの高い写真ではないでしょうか?
笑うことは、何よりの薬。「苦しむ奥さんに、笑ってほしい」、そんなシンプルな思いからはじまったことが、今日もだれかを幸せにしています。みなさんどうぞ鑑賞を・・・。
P.S. リンダさんは今も病気と戦いながら、元気に暮らしているそうです。そして、二人は乳がん患者を支援する「The Tutu Project」を設立。いまも病と闘う多くの人に笑顔を取り戻してもらうため、世界を周り写真を撮り続けている。
「The Tutu Project」

[PR]
by eddy-web | 2014-01-31 00:00 | チョッといい話?(沁みる話) | Comments(0)
よもやまシネマ-133 エンダーのゲーム
e0120614_1643181.jpg

e0120614_13402868.jpg

2014. Jan. 21

鑑賞に選んだ作品は、SFの話題作「エンダーのゲーム」。予備知識全くなしでの映画鑑賞で、タイトルのネーミングにも?印の自分。もともと無作為に映画は鑑賞するひと。しいて言うなら、ハリソン・フォードが出ているのが気になったのが選んだ理由。いざ見てみると、かなり深い内容でラストには涙さえ誘われてしまいました。近未来の話で、地球侵略を目論む異星人との戦いに何とか勝ったが、また再びくるであろう戦いの時のために、命運の鍵をにぎるひとりの少年が選ばれるというのがはじまり・・・。原作は1977年にSFノベルズ界の最高アワード“ヒューゴー賞”と“ネピュラ賞”をWで受賞した傑作らしい。不勉強でそのような賞すらしらないわたし。SFファンなら誰しも知る名作の金字塔と聞く。それほど高い評価を得ている作品なのだから、悪い訳がない。だが良くある話で、映画になるとその原作を超えることが難しいという事実がある。もともと比べてみてはいけないと、解っていても比べるのが心理。わたしのようにむしろ原作を知らないで観る方が、いいときもあると思うのはわたしだけでしょうか?あるネットのコラム記事に、原作を知るファンの声が載っていました。原作者“オースン・スコット・カード”大フアンらしく、早くから作品の映画化を楽しみにしていたことが書かれていました。実際はもっと不雑なストーリーらしく、どのように省略してまとめるのかを心配していたようである。だが、それは見事打ち消され期待以上の作品と感想が述べられていました。
技術的には文句のつけようがないハリウッドの作品表現が、SF原作のもつ深い意味をどう見せてくれるのかがポイントとなるであろう。ここでキャスティングの話をしましょう。エンダーを演じた“エイサ・バターフィールド”はすでに「ヒューゴの不思議な発明」という作品で主演し、他にも多数出演作品がある結構なベテラン。わたしは残念ながら一度も見ていませんが、今回の作品で彼が演じたエンダーの、繊細な性格と大胆な行動力の難しい役づくりに拍手です。顔の印象もどことなく近未来的で、線が細く色白、そして冷たい感じすらする眼光と表情。まさにピッタリのイメージである。ベテランの名優“ベン・キングズレーが物語の重要な英雄として脇を固めているのも、ちょっと嬉しいキャスティング。内容は話せませんが、地球の命運を託された少年の葛藤と成長のストーリーはきっと満足のいくものと思います。
毎度ですがちょっと余談を・・・この少年像はどことなくアムロ(1979年作品・機動戦士ガンダム)に共通するものがある。もしかしたらアムロのキャラクターイメージは、エンダーの影響があるかも・・・。

最後に“大人はズルイ!!”とだけ言っておきましょう。そしてENDERという言葉の重さを知ることになる結末と、終わらせない少年の優しさに救われることだけお伝えしておきましょう。鑑賞のあと、本屋を覗き原作者の作品を作品を探していたわたし。残念ながら「エンダーのゲーム」以外は見つけられませんでしたが、探して読みたいと思います。
[PR]
by eddy-web | 2014-01-27 16:42 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-132 かぐや姫の物語
e0120614_12481897.jpg

e0120614_13402868.jpg

2014. Jan. 07

2014年初に選んだ作品。その映画は・・・“かぐや姫の物語”。高畑監督の感性と意欲に脱帽です。宮崎監督ばかりがジブリのイメージですが、高畑勲監督は徒者ではないことが、いまさらながら実感させられた一本です。
感想に入る前に少しだけお話を・・・。昨年、引退を表明した宮崎監督が引退会見に臨むにあたり、高畑監督に“一緒にどう?”と誘って断られた話はご存知の方も多い筈。2人の巨匠は、似て非違なりの変わり者と聞く。作品に対する拘りは言うまでもない。今回の“かぐや姫の物語”も予定をはるかに過ぎて完成したもの。当初は“風立ちぬ”と同時公開の予定だったのは周知の事実。プロデューサーやスタッフはみな、この結果をあらかた予測していたようである。とにかくマイペースの人物らしい。高畑監督は作品づくりにおいて、時代背景や歴史、そして状況や人物の性格に至までとことん情報を集めリアルに表現する拘りの人。こんな話がある。“火垂るの墓”でB29が焼夷弾を落し町を焼き尽くしている間に、清太が着物や食べ物を盗むシーンがある。少年の必死に生きようとする、無茶な行動の場面である。このシーンの大空に編隊を組んで飛ぶB29のところだが、監督はスタッフに当時の歴史文献集めさせ、B29の編隊はどの方角から飛来し去っていったのかとを調べさせたと言う。エッ!て思いませんか?作品を見てそれを理解出来る人はまずいないと・・・。この話を聞いたとき、なんだかとてつもなく大きな力(ものづくりへの拘り)を感じました。“火垂るの墓”は何度もTVで放映していますが、何度観ても泣くことを押さえることができません。原作者である野坂昭如氏が、この作品を観て“二度と観たくない作品”と語っている。それくらい優しさと苦しさが満ちあふれているのだろう。野坂氏の実体験をもとに書かれた小説だが氏は、のちに自分は清太ほど優しくなかったと苦しかった当時を語っている。高畑監督は宮崎監督のように、コンスタントに作品を発表しない。それは真実を追いかけて行くことが、きっととめられない性格なのだろう?信じられない話だが“火垂るの墓”公開時も、納得しないまま(?)の状態で公開に踏み切ったことに自分を責め辞めようとしたそうだ。むかしの人はみな熱いですね・・・。
すみません話が長くなり、またひとりで熱くなってしまいました。わたしの悪い癖ですゴメンナサイ。でも、話せば一晩かけても終わらないほどすごい人なので、今度あらためて機会を・・・。
さて、“かぐや姫の物語”ですが、宮崎監督の“風立ちぬ”が覚悟とするなら、この作品は挑戦かも知れません。CG駆使してのアニメ製作は、いまでは当たり前。もちろんこの作品にも使われているのは事実。だがいま何故この表現なのか?と思わせるアナログ的な懐かしい表現手法で、この作品はまとめられている。だがなんて言うのか、実に良いのである。ほのぼのとあったかいのである。原作の竹取物語を丹念にそして緻密に紡いでみせてくれる。この作品はかぐや姫の真実を、本当の意味を教えてくれる。何となくしか知らなかったこの話、あらためてその深さに感動です。考えるに、ひこ星と織り姫星の七夕の話などなど・・・。昔話の内容を本当に説明できるほどしっかり読んでいないことを気づかされるきっかけになってしまいました。えんぴつの柔らかい線と水彩画風に塗られた色づけが実に美しく、物語のイメージを引き立てている。音楽もいつもと変わらず、和ませる旋律を奏で絵の美しさを引き立てている。時間もお金もきっとかかったことでしょう。でも、おつりがくるほど大切なことを思い出させてくれる作品になっていること間違いありません。また2012年に亡くなられた地井武男さんの翁の声は、見事でなんだか亡くなった気がしませんでした。遺作となってしまったこの作品、きっと完成を見たかったことだと思います。あらためてご冥福をお祈りいたします。
最後に映画館の中で聞いた、親子の会話を・・・。エンドロールが流れ場内の明かりがついたそのとき。後ろで観ていた親子のお父さんが、こどもに「“だれがいったい悪いと思う”と聞き、答えられずいると自分から“神様かなァ〜”。だっておじいさんは悪くないよ。こどものためを思い一生懸命、幸せを願ったんだから・・・。神様がお金なんか渡すからダメなんだよ。だれだってあんなにお金が手に入れば、良い生活を望み幸せを願うのは親の努め。ごく当たり前だよ。」と真剣に言っていました。感動で瞼を赤くしているであろう自分は、きっといいお父さんなのだろうと、ちょっぴり嬉しくなり幸せな気持ちになりました。
[PR]
by eddy-web | 2014-01-14 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
“人間万事塞翁が馬”の2014年に・・・。
e0120614_15353299.jpg

明けましておめでとうございます。
無事新年を迎えることが出来ました。
さて、世の中は景気が戻ってきていると
言われていますがみなさんはどうでしょうか?
現実にそれを感じているひとは、
まだまだ少ないようです・・・。
今年は午年。
年男のわたしは午のように、
突っ走りたいところなのですが・・・。
歳を考えゆっくりじっくり。
そして、腐らず、焦らず、惑わず。
しっかりと自分と向き合い、
日々のできごとに一喜一憂せず、
“人間万事塞翁が馬”のことばを噛み締め、
時間を大切に使おうと思います。
本年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by eddy-web | 2014-01-06 00:00 | ごあいさつ | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif