<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
よもやまシネマ-120 AFTER EARTH
e0120614_1412997.jpg

e0120614_13402868.jpg



2013.Jun.24

西暦3071年。とてつもなく先の地球が、この映画の舞台になる。未来の地球に挑むのは、ハリウッドでいま、最も売れっ子と言っても過言でないウィル・スミス、そして息子のジェイデン。「幸せのちから」で共演した2人は、7年の歳月を経て再びこの作品で相対する。
物語は親子の“絆”の再生と息子の“成長”が柱になっている。テーマ“絆”はよくある話だが、舞台がはるか未来、人類が捨てた地球”という設定はそそられる。ウィル・スミス自身が原案を作りプロデュースしたこの作品は、見終わると実生活の親子の関係が浮かび上がり、父からのメッセージが強く感じとれる。息子を男(人間)として、独り立ちさせるための試練がこの作品である。作品内容もそうだが、きっと実生活の部分も重なっているに違いない。その課題に見事応えたジェイデン。映画「ベスト・キッド」で魅せた身体能力の高さ、プラス繊細な演技をしっかり見せてくれる。じっと見守るウィルの、ひたすら静に徹し押さえた役づくりもまた印象的である。時にぶつかりあう二人。感情をあらわにする様はリアルで、演じているだけではない真実の葛藤がそこにはあるようだ。創造を超えた未来の地球に2人だけ生き残り、生存のために使命を託された息子の戦いがはじまる。それは物語の中でも言っているが、自身(恐怖)との戦い。この作品、スミス親子だから出来た演出のSF映画かも・・・。
P.S. ジェイデン演じるキタイという名は“期待”からきているそうです。お姉さんのセンシは“戦士”???解りません○▲□。
ここのところSF映画が立て続けに公開され、ついつい足を運んでしまう。未来がどんなに変わるのかって話は、やっぱり引かれますね。近々にもスーパーマン、ウルヴァリン、スタートレックなど観たい映画が続き、しばらく劇場通いが・・・。
最近、はやく60歳になりたいと思うようになった自分。何故かって、それはシニア(半額)で映画が見れるようになるからです。♡♥♡
[PR]
by eddy-web | 2013-06-25 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-119 THE GRANDMASTER
e0120614_1124163.jpg

e0120614_13402868.jpg




2013.Jun.14


今週は続けての映画鑑賞。選んだ作品は、グランドマスター。好きな映画と好きな武道とくれば観ずにはいられない。もうひとつミーハー的だが、チャン・ツィイーの大ファン。3つ揃えばもう即行動。と言う訳でグランド・マスターだが、映画と言うよりは武道の一代叙情詩を見せられた感じ。実在した達人たちにスポットをあて、いままで語られてこなかったその生涯がテーマ。武道発祥の地中国で、数ある流派の頂点に立ったであろう人物の話が軸になっている。実際には成し遂げられたとは言えないが、その名は後世に語り継がれている。主人公の葉問(イップ・マン)は詠春拳の宗師。かのブルース・リーの師匠であり、リーは継承最後の弟子とも言える。
映画は武道の神秘性を重厚感ある演出でまとめ、拳法の技や動きをハイスピードカメラで追い見事に映像化している。格闘技好きにはたまらない。音楽や衣装、美術そしてライティングやカメラワークと拘りは徹底し武道の奥深さを表現している。光と陰、水、雪、闇などを背景にしたアクションシーンは、強さや技の巧みさを超え、究極の美しさとも言える。躍動感は見るものを陶酔させ、眼を釘付けに・・・。
俳優さんたちはかなり武道指導を受け、撮影に臨んだと聞く。近年、アクション映画につきもののワイヤーアクションの嘘くささもさほどなく、スピード感あふれる殺陣を見せてくれ大満足。ブルー・スリーから始まったカンフー(武道)ブーム。ジャッキー・チェンやジェット・リーなど、みなハリウッドに進出し成功している。それは本物の武術を習得した裏付けがあればこそ。どんなに素晴らしい技術があっても、その見せ方(演出)が本物でなければ素晴らしい作品は生まれない。本物同士が融合し、本物の作品が出来上がるのである。

P.S.
チャン・ツィイーはやはり美しいと再認識。「初恋のきた道」で虜になり、沢山の作品を見てきました。大女優の風格が漂い女の強さ、儚さ、憂いなど様々な表情を見せてくれ、その魅力を存分に伝えてくれました。間違いなくアジアを代表する女優さんです。
[PR]
by eddy-web | 2013-06-15 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-118 OBLIVION
e0120614_16394321.jpg

e0120614_13402868.jpg




2013.Jun.10

久々に洗練された映画に出会った。トム・クルーズ主演の“オブリビオン”がそれ。監督は前作“トロン:レガシーで”驚愕の映像美を作り出したジョセフ・コシンスキー。
正直トロンの時は、映像美ばかりが先行しすこし中身が薄かったように感じる。がしかし、今回は納得の内容で満足度100%。物語のオリジナリティ性、映像美、衣装、プロダクトデザインなどなど全てがスタイリシッシュ。とにかく無駄のない洗練された作品になっている。シンプル・イズ・ベスト、ただただカッコ良くて美しい。最近SF映画(CG映像)がやたら創られているが、本当に際立つ作品だと感じる。監督のセンスの良さが観るものを圧倒する。主人公の住むスカイタワーのシンプルかつシャープな居住空間に、まず度肝を抜かれ、乗り物のバブルシップのプロダクトデザインの美しさにため息をつく。その乗り物の動きはまさに未来そのもの。創造を遥かに超えたマシンである。
物語の舞台は2077年の地球。もはや人類はそこになく、残骸と化した人間の残した創造(建築物)が自然の中に横たわる。場面場面が一枚の絵画のように美しい。破壊された地球なのに・・・。これはあまり話を進めない方がいいと思うので、ぜひ自分の眼で確かめてください。中身のあるアクションがらみのSF映画とであったのは、大好きな「ブレード・ランナー”以来です。最後にとにかくスタイリッシュ。あっ、また言っちゃいました。これしか形容の言葉が見つかりません。有名な絵画が途中出て来ますが、そんな拘りの細かい演出にも監督の力を感じました。もちろんトム・クルーズも周りの出演者も監督とひとつになっていました。もう一回観たいと思わせてくれる一本です。
[PR]
by eddy-web | 2013-06-12 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-117 後宮の秘密
e0120614_953099.jpg

e0120614_13402868.jpg




2013.Jun.4

買い物に出たついでに、新宿で観たかった映画を・・・。韓国映画を観るのは久しぶり。韓国では公開と同時に、かなり話題となった時代映画と聞き鑑賞に。理由はその昔、“西太后”というこわ〜い映画を観たのですが、ちょっとダブるイメージがあり、恐いもの見たさと主演女優のチョ・ヨジョンの美しさにちょっと引かれたのが事実。宮廷の時代劇に女性が絡むとなれば、さぞやおドロおドロした話と一応覚悟をし観ました。期待どおり、いや予想どおりちょっと怖い映画。それにしてもどんな時代も女の強さには、どう転んでも太刀打ち出来ないことがはっきり思い知らされます。
物語は時の権力争いに翻弄される、美しき後宮の運命をドラマチックに描いています。敵役の大妃はまさに“西太后”そのもので、権力を手に入れるためなら何でもする。そんな母をパク・チョンという女優さんが熱演。宮廷内の舞台美術や衣装などは、きらびやかで一見の価値有り。見終わった印象はと言えば、美しくか弱い女も、子を持ち試練を積み重ねると怖い女に脱皮するという映画。最後のシーンを観れば納得すると思います。クワバラ!クワバラ!!
音楽もメチャ重たい感じでしたが、そこまでしなくても良いのでは・・・。個人的意見です。
そう言えば“西太后”ももたれているイメージとはかなり違い、極悪非道ではなかったようです。興味のある人は調べてみては・・・?
俳優さんたちが、日本の俳優にどことなく似ていたのが、ちょっと面白かったです。古手川祐子(昔の)?、吹越満?、松田龍平?などなど。大妃を演じた女優さんも、ドラマなどに良く出ている人に似ているのですが、名前がでてきません。観れば“ア〜アいるいるこういう人”ってみんな言うと思います。なんか今日は映画の話じゃなくなりました。失礼しました。
[PR]
by eddy-web | 2013-06-06 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif