<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
よもやまシネマ81 ハリーポッターと死の秘宝ーPART2
e0120614_10204611.jpg
e0120614_13402868.jpg




2011.Jul.21
ハリーの最新作が公開になった。10年という永い歳月を経て、今回の作品で終わりを告げる「ハリーポッター」。少年・少女はもとより、大人のこころも掴んで離さなかったこの作品。はじめの作品ではあどけない子どもだった主演の3人も、10年で驚くほど逞しく、そして大人になっている。作品とともに彼らも間違いなく成長したのだろう。今回の作品は、スタート時のメルヘンチックな展開とは違い、魔法使いたちの壮絶な戦いはまさに戦争そのもの。楽しい楽しいばかりのメルヘン物語ではなく、“何のために生き、そして戦うのか?”の意味を私たちに教えているようだ。それにしても、時間と制作費をかけているだけあって映像表現は凄いのひとことにつきる。また、3Dでの上映になっていっそう臨場感が伝わり、アクションをからめ見る側を圧倒する。生きもつかせぬ展開に、あっという間にラストまで走り抜け、シリーズを見ていない人でも充分楽しむことが出来る。宿敵ヴォルデモートととのバトルは最後まで息をつかせない。もはやファンタジーなどと言えない大人向け映画となっているので、こどもたちの反応がちょっと気にかかる。はじめから登場している、謎の多いスネイプの過去が解き明かされ、すこし見方が変わる。TVでプレミアム試写の会場が放送されていて、スネイプ役のアラン・リッチマンがでていたのだが、あまりに別人だったので驚いた。ヴォルデモートは解るが、スネイプがここまで創り上げたキャラだとは思いもしなかった。この人、舞台ではかなり有名な役者さんらしい。ラスト近くのロンとハーマイオニーのキスシーンは、なんだか時の流れを感じる。みんな大人になったんだ〜って・・・そんな感じ。この先の3人(ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント)がどんな映画に出て、どんな演技を見せてくれるのか、それも今後の楽しみになりそうだ。その日が少しでも早くくることを願い「長い間、おつかれさま」とひとことを贈りましょう。
[PR]
by eddy-web | 2011-07-25 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
チョッといい話♥ありがとう「魁皇」と「なでしこ」。
e0120614_146365.jpg
2011.July.20

2つの号外が、街を呑み込んだ。ひとつは大相撲の大関・魁皇関が、元横綱「千代の富士」が持つ、通算成績1045勝に並んだ日。前人未到の記録は、塗り替えられないだろうとだれもが思っていた。38歳の大関が初土俵からこつこつと積み上げた、重い重い大記録。千代の富士の記録とは、比較しようがない重みがそこにある。
上手をとらせたら角界随一の怪力で「伝家の宝刀・上手投げ」をくりだし相手を土俵にはわす。まさに「気は優しくて、力持ち」お相撲さんの代名詞がピッタリの魁皇。早くから横綱候補として期待された関取だが、度重なる怪我には勝てず、結局横綱にはなれなかった。それでも、相撲道を突き進み、多くの感動を私たちに残してくれました。“耐える強さ”とともに、魁皇の名は永遠の残ることでしょう。相撲界を取り巻く暗い話題を、ひとり打ち消した偉大な記録に心から拍手を贈りたい。昨日引退が報道され、そして1047勝で記録が止まった。いつかまた、記録が書き換えられる日が来るなら、きっと未来は明るいと信じます。“継続の大切さ”を改めて確信でき、いっぱい勇気をもらいました。「大関、ほんとうにおつかれさま。」
号外のもうひとつ。なでしこJAPANのワールドカップ優勝!!下馬評では優勝はないとされていた、日本女子サッカー「なでしこJAPAN」。やってくれました。決勝はもちろん、予選の試合もすべて観るものに感動を与えた試合ばかり。キャプテン・澤選手の決勝での同点ゴールは、何度観ても感動もの。日本の底力を絵に描いた、チームワークの勝利で日本中いや、世界中にその名を刻みました。また、男子にはない不思議な明るさが、チーム全体を包んでいるのが清々しく気持ちいい。マイナースポーツから積み上げて来た、ひとつひとつの努力と自信が、きっとあの明るさをつくっているにちがいありません。優勝のかかるPK戦のあの場面で、選手たちからこぼれる笑顔が何とも言えず印象的でした。なでしこたちの優勝も魁皇関の記録と同じように、簡単につかめるものではないことをだれもが解っている・・・。だからこそ、この優勝もまた重く価値がある。いま日本にいちばん必要なものはこの力、と誰もが思ったにちがいない。あらためて「おめでとう。そしてありがとう。」の言葉を贈ろう。
[PR]
by eddy-web | 2011-07-20 00:00 | チョッといい話?(沁みる話) | Comments(0)
よもやまシネマ80ー小川の辺
e0120614_11203927.gif
e0120614_13402868.jpg

2011.Jul.05

日本をもう一度好きになる映画に出会った。山形の美しい風景が優しく物語りを包み込む。監督は藤沢作品「山桜」につづき二作品めの篠原哲雄。主演も同じく東山紀之(少年隊)。藤沢周平原作のこの映画、ここ最近見たアメリカ映画の正反対の表現(アナログ)をとても大切にしている。それもしっかりと地に足がつき心に響く。まさに“これぞ日本映画”。藤沢作品はこれまでも多く映画化され、どれもこころに残る素晴らしい作品として記憶に新しい。今回も見事に映像化し、満足させてくれる。日本人の耐え忍ぶ心の強さ、そして美しさ、時は違えど“東日本大震災”の被災地の方たちの強さを思わせる。日本の歴史や文化が時代を超え、薄くはなったが脈々と引き継がれていることを実感する。今回の作品には、今までと違い本当の“悪”が出てこない。現代に通ずる社会の仕組みが、さりげなくもまた皮肉をこめ描かれ、観るものに正義とはを問いかける。それにしても背景の自然が奇麗だ。緑のひとつひとつが眩しく、主人公たちのこころの葛藤を包み込んでくれる。音響も時代をよく表現し、静かだが胸にしみこむ。草を揺らす風音、軒先の雨だれ音、小川のせせらぎ音、襖の開閉音。いま(現代)、こんなにも音を感じる時がどれほどあるのだろう。それらを知っただけでも満足である。登場人物(俳優さんたち)も慎ましくも誇りと優しさを持ち、みなそれぞれに魅力的である。数日間の話だが、こんなにゆっくりとそして永く時間は動いているのだと改めて思った。忙しことを言い訳にして、見失っているものがいっぱいあることを、この映画は教えてくれる。音楽も風景と重なり素晴らしい効果で耳に残る。
取り立てて泣かせる演出はなくたんたんと進む物語。だが、クライマックスの決闘シーン後の別れは、言葉はなくとも胸がつまり涙がこぼれてしまう。みなさん、静かな優しさに触れたくなったらぜひ劇場へ・・・。
[PR]
by eddy-web | 2011-07-08 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
撮影協力をした護心館田淵道場のイメージ映像の紹介。


e0120614_11192968.jpg

震災から間もなく4か月。まだまだ復興にはほど遠いが、少しづつ前に歩き始めた日本。当たり前のように思っていた生活が、そうではないことに気づかされた東日本大震災。一日一日を大切に生きなければと、あらためて感じています。
さて、今日はわたくしが長年やっている武道(道場)の紹介です。師匠の開く、護心館田淵道場はスポチャン(小太刀護身道)のほか、居合い、様切りと真剣を使った講習なども行っています。それらをひとつにまとめたイメージ映像が完成し、You Tube上で公開されていますので紹介致します。撮影は昨年、神奈川にある「黒沢明スタジオにて行われました。デザインとはまたひと味違う世界がそこには、描かれていますので、ぜひ一度ご覧ください。ちなみにわたしは、冒頭のチャンバラでヤラレ役をやっています。57歳の自分にコンクリート上での受け身はかなり大変でしたが、少しはお役に立てたかと思います。この映像を見て、居合い、様切りに興味を持たれましたら、渋谷の田淵道場本部にどうぞ足を運んでください。また、少しでも関心がありましたら、わたくしがやっている道場のHPも一度ご覧ください。
植草

◆スポーツチャンバラ道場・護心館不動塾
URL/http://www.eddy-web.jp/fudo/

◆総合武道・拳正道東陽・足立支部道場
URL/http://www.eddy-web.jp/kenseido/
[PR]
by eddy-web | 2011-07-04 00:00 | ひとこと・ひとごと・ひとりごと | Comments(0)
よもやまシネマ79ーSUPER8
e0120614_12314591.jpg
e0120614_13402868.jpg

2011.Jul.1

近隣の映画館は1日がファン感謝デー。1000円で映画を観ることが出来る。知ってはいたが、いつも窓口で言われる。ラッキーと思うが、なかなか上手に使えない。ま、いつも自由に気ままに空いた時間を埋めるのが一番。
今日はスピルバーグ製作の「SUPER8」。監督はTV「LOST」のJJ.エイブラムス。ハリウッドを代表する2人が初のコラボ。TVドラマ「LOST」のシリーズはかなり長い展開だったが、最後まで飽きさせない物語だった。いま、TVと映画の枠が近づいてきている、そんな気がする。製作に時間と予算を多くつかい、映画と変わらないスケールの作品が増えボーダーラインがなくなっている。正直複雑な心境なわたし。映画はできれば一話完結のもので、表現してほしい。続きものは、なにかドラマの延長のようで印象が薄れてしまう。
さて、「SUPER8」。さすがスピルバーグと関心する小気味よい展開である。だが、ひねた見方をすれば、予想通りのツボをつかんだ優等生の映画にまとまっている。充分楽しめるが、もっと期待をしているファンには物足りない。いままでのスピルバーグ作品の良いとこどりって感じで、パッチワークになっている。
この映画、1947年にニューメキシコ州ロズウェル近郊に墜落したUFOの事件をベースにしているようだ。マニアは皆知っている有名な事件で、アメリカ国防省が秘密裏に宇宙人を確保し、後に解剖シーンなどが流れ賛否が分かれた。今回の宇宙人(エイリアン)は人には遠くかなり異系。それでも心は通じる地球外生物とし描かれているのは、やはりスピルバーグ。
「SUPER8」は60年代にコダック社が発売した、8ミリカメラ。古き良き時代のある意味象徴の機械で、そこにはスピルバーグの映画に対する思い入れが詰まっているのだろう。劇中「SUPER8」を使いゾンビ映画を夢中で撮る子どもたちは、まさにこどもの頃のスピルバーグに違いない。この映画は、“きっと映画とは”を知ってほしいと思うスピルバーグの願いかも・・・。ヒロインを演じたエル・ファニング。末恐ろしい逸材かも・・・。お姉さんはかのダコタ。姉妹揃って凄いですね。個人的にですが、妹のほうが演技派になって行く気がします。近々コッポラ監督の作品が公開されるらしいが、多いに楽しみ。スピルバーグのファンなら絶対観ましょう、この映画!!
[PR]
by eddy-web | 2011-07-03 12:31 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif