<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
よもやまシネマ75ーBLACK SWAN
e0120614_06917.jpg
e0120614_13402868.jpg

2011.May.20

ナタリー・ポートマンが今年度主演女優のオスカーを手にした作品である。彼女ももう30歳。11歳で鮮烈なデビューを果たした「レオン」は、いまだ記憶に新しい。あれから19年が過ぎ、しっかり大女優への道を歩んで来たそんな結果のこの作品。子役でスタートした俳優たちは、いろんな意味でスキャンダラスな人生をおくることが多い。だが彼女はしっかりと地に足をつけ自身を貫き、仕事さえセーブし名門ハーバード大学で心理学を学んだという。自分のビジョンをしっかり持っていることは、やはり大女優の証だろう。先輩のジュディ・フォスターにどこか共通するものを感じてしまう。
さて映画だが、ややホラー仕立ての色が濃く、きっと好き嫌いがはっきりと分かれてしまうに違いない。映画公開時にクラシックバレー界から、ひどい悪評で叩かれたらしい。ストイックな世界を表現しているので、かなりの誇張やスキャンダラスな演出もある。そこいらが芸術の世界の方たちのお気に召さなかったのかも・・・?!
この作品で見事オスカーを手にしたポートマンだが、やはり評価に値する見事な演技は間違いない。彼女のために生まれた作品と言っても過言ではないだろう。主人公の内面にある焦り、拘りや葛藤など、複雑かつ繊細に表現し、その変貌が美しい分なお怖い。堕ちて行く先輩ダンサー役のウィノナ・ライダーや母を演じた懐かしいバーバラ・ハーシーなど、脇を固めた俳優さんたちもしっかりとリアルな存在感を出している。監督は昨年見た「レスラー」で、あのミッキー・ロークを復活させたダーレン・アロノフスキー。「レスラー」は大好きな映画の一本。クラシックバレー、イコール芸術。かたやプロレス、イコールエンタテイメント。両極のような2つだが、今回の映画を観ると、そこで生きる人たちのいちずなまでの拘りはいっしょである。ポートマンの肉体改造に相当な時間を裂いたことは、無駄のないその体の線を観れば息を呑む。やはりそんな所も「レスラー」と共通している。変形した足の指先の関節、新品のトゥーシューズの底に傷を入れるといった細かな描写は、その世界の厳しさが素人にも伝わるシーンのひとつだ。はじめに好き嫌いははっきり分かれると言ったが、ストイックなその世界感はわたしを十分堪能させてくれました。完璧を求めるあまり大切なものを引き換えに失う。主人公が踊る黒鳥のシーンは、背中が寒くなるほど官能的で美しくそして痛々しい。白と黒は、表裏一体。ラストシーンの“パーフェクト”の言葉がこころに刻まれ映画館を後にした。
[PR]
by eddy-web | 2011-05-21 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
心なき同意書。
e0120614_11192968.jpg
2011.May.12
12日の朝刊で悲しい現実を知った。それはそれは本当に小さな記事。震災後やっと前に歩き出した被災者の方たち。原発事故で計画区域に入り、避難を余儀なくされている福島県川内村の人々。震災から2か月が立ち、ようやくおりた2時間の一時帰宅。そこで求められた国からの同意書。そこには「自己の責任において立ち入ります。」の文字が・・・。
なんという冷たいことばだろう。こんなことを平気で言える日本が悲しい。世界中の人が、日本人の逞しさを賞賛している。援助のこころが広がる中、冷水を浴びせる出来事にただただ呆然とし将来への不安がよぎった。
[PR]
by eddy-web | 2011-05-13 00:00 | ひとこと・ひとごと・ひとりごと | Comments(0)
よもやまシネマ73ーエンジェルウォーズ
e0120614_14283948.jpg
e0120614_13402868.jpg






2011.Apr.21
300(スリーハンドレッド)の監督ザック・スナイダー監督が原案から作り上げた、本当のオリジナル作品ということでやりたい放題の空想世界を描いている。映像へのこだわりは言うまでもなく凄い。テーマは「逃避」と監督は言っているのだが、最後の最後でそれは伝わる。ただすこし短絡的締めくくりな感じはいなめない。導入部のプロセスが本編にはいると消え、アクション、アクションの連続。主人公(ベイビードール)のもっと細かな心理を追うことも出来た気がする。ビジュアルの表現技術の凄さは圧巻だが、CG技術ばかりが全編を覆い、中身が薄くなってしまったのは残念でならない。5人の女優さんたちはバリバリのメークと衣装で頑張っているが、リアリティはなく、まさにゲーム感覚の演出である。男の子たちには楽しい映画?!かも・・・。わたし個人は、映画より使われていた音楽が懐かしくこころ引かれた。ユーリズミックスの名曲「スイート・ドリームス」官能的で映像にピタッとはまっていた。あらためて名曲と納得。エンディングの字幕スーパーでは映画「キャバレー」を彷彿させる演出で面白かった。いっそ、全部舞台ショービジネス風にやってしまっても良かったかも・・・。あとひとつ、なんで字幕スーパーがなく、吹き替えだけなのだろう。俳優さんたちが可哀想。
[PR]
by eddy-web | 2011-05-02 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ74ーGANTZ/PERFECT ANSWER
e0120614_14335086.jpg
e0120614_13402868.jpg
2011.Apr.25

待ってましたで、映画館に足を運んだ。原作とは違った映画の終りを見たくて公開をズ〜っと楽しみにしていた。前作は思いのほか楽しく見させてもらい、戦う星人たちのウィットにとんだネーミングとは裏腹な迫力に身をのりだし画面を見入ってしまった。主人公の二宮・松山の2人以外のキャラも存在感があり、それぞれの戦う意味がさりげなく表現されていた。ひと言で言えば「愛」。死という一線を越えGANTZに入ってしまった登場人物たちが、戦いの中でそれを知りそのためだけに命をかける。シンプルなテーマをエンタテーメントに描いた娯楽作品となっている。娯楽作品というとなんか聞こえは悪いが、発想は面白い上、映像や衣装、美術などクォリティの高いとても良い作品に仕上がっている。公開前日、前作では描かれなかった主人公以外のキャラに焦点を当てた、裏エピソードを特番でやっていた。これがなかなか面白く、前作を見ていない人も見たくなるような作り込みをしていた。なかなかの戦略である。結末は言えないが、わたしがきっとこうなるのではと予想したものになっていた。裏切られるようなバージョンも観てみたいが、これはこれでひとまずまとめたという感じかも・・・。ただいくらでも、シリーズ化の可能性を残しての終わり方なので、ぜひ次回作をと個人的には願うばかりである。西丈一郎を演じた本郷奏多が前作同様、どこまでも冷たいイヤな役をやっていたが存在感はピカ一。二宮君も松ケンも、ひたむきに生きようとする姿がかっこ良かったです。お疲れさま・・・。
[PR]
by eddy-web | 2011-05-02 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif