<   2010年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
よもやまシネマ67ーノルウェイの森
e0120614_23121731.jpg
e0120614_13402868.jpg




2010.Dec.20
村上春樹氏が1987年に発表した、同名小説を映画化した作品である。上下430万部を売り上げたベストセラーの「ノルウェイの森」。その著者村上氏と言えば、いま世界中で読まれている日本人作家の代表。ノーベル・文学賞にも名が上がるほど人気、実力を持ち合わせた人気作家のひとり。今年出した「1Q84」もあっという間にベストセラーになり勢いは衰えを知らない。
そんな作品に挑んだのは、1993年「青いパパイヤの香り」で鮮烈なデビューをし数々の映画賞に輝いたヴェトナム生まれの“トラン・アン・ユン”監督。日本人の監督でなく、この映画が撮られたのも大変興味が沸く。映画化の経緯で、著者との間でいろいろな意見が交わされ、原作にはないセリフなどが村上氏から加えられたと聞く。
映画と原作を比較するのは、わたしはナンセンスと思っているので映画「ノルウェイの森」に浸って鑑賞をした。ユン監督の美しい映像描写には定評がある。自然の音や色、光、そして時間の流れが巧みに物語と絡み、静かに染みて来る作品だ。時代描写も丁寧で懐かしい。重たいテーマだが、美しい映像がそれを優しく包み込む。青い時の言葉では表現できない、繊細な感情がとても良く描かれていた。ビートルズの曲がまた、何とも言えぬ雰囲気を創り上げ哀しい。
ワタナベを演じた松山ケンイチ、直子を演じた菊地凛子ともに難しい役を好演している。正直“直子”のキャスティングははじめ違和感を感じたが、進むにつれそれは自然と消えていた。ふたりに拍手!また、脇を固めた女優人の3人も、それぞれの人物像にしっかり色を添え魅力的である。三者三様のナイーブなこころの動きをとても上手く表現している。
映画にはサプライズで、物語と同じ青春時代を生きた著名な人たちがちょこっと顔をだしているが、これはご愛嬌。見終わったあと、こんなにも人を愛執することができるのかと考えさせられる。良くも悪くも昔が、懐かしく愛しい。
※ジャケット風のプログラムが懐かしさを演出しカット良い。映画同様、こだわりを感じます。
[PR]
by eddy-web | 2010-12-23 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ66ートロン:レガシー
e0120614_1410855.jpg
e0120614_13402868.jpg
2010.Dec.17

ひさしぶりの公開日鑑賞。それほど見たいと思わせた「トロン:レガシー」。アメリカ映画が創る、無限の映像表現に驚嘆させられた一本となった。前作から27年の時を経ての続編公開。前作は当時アニメのディズニーが、新しい映像表現に挑んだ当時の最先端技術を駆使して撮られたSF映画。しかし結果は惨敗。話題とはうらはらに、興行は不振を極めたと記憶している。わたしの記憶でも、印象にあまり残っていない作品である。興行成績がいいものイコール、良い映画とはいえないのですが・・・?!時代はまだコンピュータという存在自体が遠い世界で、正直観る側の知識が追いついていなかったことも影響したようです。
さて、今回の「トロン:レガシー」。ひとことで言うなら、洗練されたスタイリッシュで格好良い映画である。3Dの映像効果も必要性がしっかり感じられ、新しい創造の世界が観る者に伝わる。映像だけでなく、衣装、美術、音楽、すべてのクオリティが高い。ストーリーも面白く、シンプルである。27年の歳月を無駄にしない、ディズニーに拍手です。無機質でバーチャルな世界感が逆に、不思議と人肌を感じさせてくれる。ラストでオリヴィア・ワイルドが演じた“クオラ”の表情は、とても印象的で美しい。“クオラ”のキャラは、マトリックスの“トリニティ”に共通する。トリニティ大ファンの自分は、クールでスマートなニューヒロインの登場に、これまた虜になってしまった。このSF分野は、日本がどんなに逆立ちしても追いつかないような気がする。制作費や時間のかけ方だけが原因ではないとわたしは思える。
旧作「トロン」の続編として本編が創られていることには、ディズニーの並々ならない作品へのこだわりを感じる。それは今年「クレージー・ハート」でアカデミー主演男優賞を獲得した、ジェフ・ブリッジス演じるケヴィン・フリンの存在にも表れている。彼を前作の役のままつかい、27年の歳月を超え主人公の父親、そしてキーマンとし見事に演出している。また、それに応えるジェフもさすがの存在感で、作品に厚みをましてくれている。
余談だが、実のお父さんのロイド・ブリッジスは、TVドラマ「潜水王マイク・ネルソン」で、しっかり私の記憶に残る、海が似合う俳優さんでした。「トロン:レガシー」はわたしの中では、好きなSF映画のひとつに確実に加わった作品となりました。男の子はこういう映画が基本的に大好きです。
P.S.旧作「トロン」。もう一度見てみようと思います。
[PR]
by eddy-web | 2010-12-21 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ65ーSPACE BATTLESHIP ヤマト
e0120614_1343832.jpg
e0120614_13402868.jpg
2010.Dec.03

公開前から話題の「ヤマト」を鑑賞。多方面から話題になっていたこの映画、1974年にアニメとして登場し、子どもたち(大人も)の心をつかんだ「宇宙戦艦ヤマト」。あれから36年の時を経て、いよいよ実写版の登場である。主演もキムタク(木村拓哉)をはじめ、黒木メイサの森雪、山崎努の沖田十三艦長とそうそうたるメンバーで挑んでいる。監督も「ALWAYS三丁目の夕日」で日本アカデミー賞を総なめにした、山崎貴とくれば話題も当然。
原作のない「宇宙戦艦ヤマト」は企画書をもとに、松本零士氏がキャラやメカのデザインを担当し、アニメ化され大人気になったSFものの先駆者的作品。その後ガンダムやエヴァンゲリヨンといった、アニメオタクをつくるきっかけになった作品である。
小学校の頃に松本零士氏が描いていた「エスの太陽」という少女漫画にはまった自分。当時“少女フレンド”という雑誌に載っていて、クラスメイトの女子から借り授業中机の下で読み涙した。子犬が主人公の動物漫画で奥さまの牧美也子さんとの共作だったことを覚えている。そう言えば昔見ていたTVドラマ「高速エスパー」。三ツ木清隆主演のSFもの、たしかあれも漫画版は松本氏の作品だったと記憶している。主人公は東ひかるといい、スポンサー東芝の「光る東芝」のイメージでネーミングが決まったという逸話がある。「ナショナル・キッド」も同じかな???みなボクらのヒーローだった。
話が横にそれてしまった。映画の話に戻しましょう。この映画、漫画やアニメとは違うわたし的期待が大きかった分落第ギリギリ30点。CG技術はここまで日本も来たかという映像でした。内容を原作に忠実に再現しようとするあまりに中途半端な物足りなさが残る・・・。多少設定を変えてあるガミラスとイスカンダルの関係や、デスラー総統の表現など工夫は感じるのだがやや不可解である。アニメ「宇宙戦艦ヤマト」が金字塔と呼ばれたのは、内容のシンプルさではなかっただろうか?CGと役者にたより過ぎて、軸がぶれてしまった感がいなめない。わたしの主観ですが・・・。逆に思い切って原作を壊すくらい、新しいヤマトを創っても良かったのではないだろうか。舞台美術や衣装デザインにも不満がのこる。例えばユニフォーム、舞台設定は2199年であのデザインはない気がする。素材などにも気を使ってほしかった。また、船内の美術がすこし単純すぎてリアリティが感じられない。まだあります、乗組員の数がいくらテクノロジーが最先端であれ少なくありませんか?それこそCGの出番という気がします。ガミラス星での陸上戦などいくらなんでも無茶過ぎます。兵器だって今の時代と何ら変わらないのは???大和魂だけでは勝てません。第二次世界大戦時の戦艦大和の乗組員は約3000人と聞いています。地球を背負っての戦いにしては、無茶ぶり過ぎです。ちょっと爆発してしまいました。それだけヤマトのファンということで許してください。
最後に、地球に帰還したヤマトで最後を迎える沖田艦長のひとこと「なにもかも、みな懐かしい・・・。」はやっぱり感動するセリフですね。さて、みなさんの感想は・・・。
[PR]
by eddy-web | 2010-12-06 18:21 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif