<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
夏の思い出。「富士山」は、やっぱり日本一の山でした。
e0120614_16281321.jpg

e0120614_16271458.jpg
2010.Aug.30-31

兄が亡くなり、あっという間に四十九日。残暑厳しい東京、法要を兼ねての納骨が行われた。やっとひとくぎり・・・。ある日、門下生のキヌこと絹山から富士登山の誘いをうける。8月のはじめに話があり、ふたつ返事で行く事を約束していたのだが兄の事もあり、結局富士登山は月末になってしまった。一度は登ってみたかった「富士山」。いろいろな想いを胸にひめ、いざ頂きへ。それにしても登山者の多い事に、まず驚かされた。頂きをめざす登山道は、数珠つなぎである。老若男女はもとより、外国のひとが多いのにもビックリである。ひとはみな何を求め、この山に登るのだろう。
以前仕事で「岳人」の編集デザインをやっていた。その当時揃えた靴などを久しぶりに引っ張り出し、足りないものは山好きの門下生から借りた。実はこの靴が失敗で、行きはよいよいだったが、返りの下山では両足に大きなマメを作ってしまった。これはまさに苦行。
さて、富士登頂だが一般的には五合目まではバスで登り、そこから頂上をめざすのが普通らしい。わたしはそんなことも知らず、キヌに「一番下から登るんじゃないんだ!!」とひとこと。すると「エッ!どうぞ、先生おひとりで?!」と返された。だって修行をかねての登山じゃないの・・・。
後で思ったことだが、確かに下からは厳しすぎるかも・・・。なれた登山者でもそんなに甘くはないと、あとで知人に言われた。思っていた以上に、厳しい行程だったのは言うまでもない。さすが日本一の山である。美しさの裏に、きっちりと厳しさを教えてくれる。だからこそ、登頂した時の感動は言葉にならないのだろう。事実、山頂から眺めた「影富士」や「ご来光」どれもまさに絶景。むかし兄も登ったと聞いている。いま、同じ頂きに立つ自分。さあ、明日からまた一歩一歩頑張ってみようと思う。
P.S. 「富士山」。いままでにない色々なものを感じ、そしてもらった。ただこんどまた、と言われればすぐには正直返事を返せない。山頂付近は荒涼とし、火山岩や火山灰に覆われ決して美しいとは言えない。やはり遠くから眺めているのが、富士山はいいのかも・・・。いや、それを知ったからこそ“本当の美しさ”を学んだにちがいない。富士山に合掌。
e0120614_16421066.jpg

[PR]
by eddy-web | 2010-09-29 00:00 | 風来紀行(散歩と旅) | Comments(0)
よもやまシネマ62ー悪人
e0120614_1773444.jpg
e0120614_13402868.jpg
2010.Sep.20

モントリオール世界映画祭で、最優秀女優賞を受賞した「悪人」を鑑賞。受賞したのは深津絵里さん。その昔、JR東海「クリスマス・エクスプレス」のCMで見て以来のファンである。当時17~8歳くらいだったように思う。色白で儚げな容姿が印象的で、真っ赤なルージュをひいた唇がいまも鮮明に浮かび上がります。寂しそうにホームにたたずむ姿(BGMは山下達郎)、そんな光景に世の若者はみな虜になった気がします。
さて本題の映画ですが、とある週刊誌Gに、井筒監督がいつもの辛口コメントを載せていて、それを読んでの鑑賞になりました。監督曰く、「どこが悪人じゃ!!」。確かに言われてみればそうですが・・・。井筒監督は直球勝負のひと。「復習するは我にあり」みたいなほんものの悪を見たかったようです。わたしは深津絵里さんはもちろん、妻夫木くんも頑張っていたと思います。聞けば妻夫木くんはこの役を自分から要望したとのこと。ちゃんとそれは形になっていたと思います。悲しいかな井筒監督も言っていましたが、二人ともどっから見ても良い人。髪を茶髪にして、シャコタンの車をブイブイいわせても、どこかやさしさがにじみ出てしまう。でも、この映画は本当の悪を描きたかった訳ではなく、人の内に潜む誰もが持っている悪を描いたもので、わたしは満足しました。脇を固めた俳優さんたちが、また良かったです。特に柄本明さん、樹木希林さんは胸に迫る演技。また、岡田将生、満島ひかりの二人もすごく良かったです。子憎たらしい現代の若者をしっかりと演じていて、観る側にきっと“お前たちの方が悪人じゃ!”と思わせたに違いありません。この二人も今後が楽しみです。
たかが映画と思って聞かないで欲しいのですが、最近簡単に人を殺すという事件がやたらと多いのですが、いつから人間はそんなに命の重さを軽んじはじめたのでしょうか?辛抱とか我慢とかいうのは、もう無くなってしまったのでしょうか?そんなことを見終わってから考えてしまいまいた。劇中で柄本明演ずる被害者の父が言った「あなた。大切なひとはおらんけ?」の言葉が忘れられません。
[PR]
by eddy-web | 2010-09-21 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ-61 借りぐらしのアリエッティ
e0120614_13402868.jpg
e0120614_14552666.jpg
2010.Sep.13

高1の娘が文化祭の代休ということで、下の息子をともない前から約束していた「借りぐらしのアリエッティ」を観にでかけた。私はもちろん子どもたちもジブリの大ファン。やっと観にきたが、公開されてから時間が大分経っていて観客は私たちのみの貸し切り。すごく贅沢だ。
今回の作品は、世代交代の願いをこめ宮崎監督が弟子の「まろ」こと米林宏昌監督を抜擢したもの。公開前に某TVでドキュメンタリーを放映していた。これを見たわたしはますますこの映画に強くひかれた。宮崎監督と米林監督の絆や、もの作りへのこだわりや苦悩にとても感動。やっと鑑賞する機会にワクワクし、こどもたちのことなど忘れ映画に浸ってしまいました。
ジブリの作品はどれも素晴しいが、「借りぐらしのアリエッティ」はいままでにない静かな感動を覚えた。何か置き忘れてきたもの、なくしてしまったものが見つかったような感覚を覚えました。ラストも今までと違い、けっしてハッピーエンドではなく何か考えさせる。甘酸っぱい切なさが、ジワジワと心の中から沸き上がってきました。きっと中・高生にはとても印象にのこる作品になることでしょう。米林監督に拍手を贈ります。これからもどんどん良い作品をみせてください。応援しています。それにしてもいつも思うが、風景の描写がCG時代に逆行したアナログ表現だが本当に美しい。奇麗で妙に懐かしいのは何故だろう?きっと作り手の熱い想いがいっぱい詰まっているからなのだろう。
みなさん、最後にひとつお願いです。もし、あなたが庭や森で小人や妖精を見ても、決して他人には言わないで・・・。あなたの胸の中、大切にそっとしまっておいてください。
[PR]
by eddy-web | 2010-09-15 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマ60ーバイオハザードⅣ
e0120614_13402868.jpg
e0120614_1445518.jpg
2010.Sep.10

先週富士登山から無事帰還。今日も夏日。それにしてもこの暑さはこたえます。気分を帰るため映画館へ。今日の作品は「バイオハザードⅣ」。今作品で4作目になるが、今回もCGとギャワイヤーを使った娯楽に徹した仕上がりになっています。もとはゲームのひとつな訳だが、ゲームにまったく興味がないので映画として楽しんでいる。主演のミラ・ジョヴォヴィッチが、1作目から今回の作品にいたる顔つきの変化が印象的だ。いま、映画公開に合わせ、TVで1~3を放映しているので比べるとまた、別の意味で楽しめるかも・・・。単に年を重ねていると言うより、経験が顔を変え芯の強さを造っているように思える。はじめの作品はまだ、女性の部分を残しドキドキさせるものがあったが、今回はまったく女を感じさせない。ちょっと残念な気もするが私だけでしょうか?それにしてもこの映画、終わりがくるのだろうか?今回からTVドラマ「プリズン・ブレイク」のウェントワース・ミラーが加わり、すこし華やかになりました。ミラは、この映画出演をインタビューでほんとうに楽しんでいると言っています。さもありなん。こんなに強いスーパーヒーローを演じれるのだから、気持ちいいに決まっていますよね。そうか、この感覚がゲーム愛好者の気持ちということですねきっと。ウ~ン???この手のシリーズものの宿命か、第1作を越えて良くなるのはどうしても少ない。観る側のなれもあるのでしょうが、緊張感がだんだん薄くなっていく事実。常に新鮮な感覚など無理を承知でお願いします。カッコイイだけでは、少しものたりません。
[PR]
by eddy-web | 2010-09-10 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif