<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
「迷子」を探しに外苑前に・・・。
e0120614_1424107.jpg

2010.Jun.18

梅雨のあやしい雲行きの中、仕事の合間をぬい外苑前へ。少々昔、7年ほどやっていたV専門学校の講師。当時の教え子から展覧会(いつも、迷子)の案内が届いた。その葉書を片手に、今にも泣き出しそうな空を見上げながら会場(TAMBOURIN GALLERY)に・・・。扉を開けると居心地の良さそうなスペースの中、彼女らの作品たちがわたしを迎えてくれた。卒業以来、会ってない二人(Nさん&Tさん)。ふたりは学生時代から大の仲良し。卒業と同時にユニットを組み、頑張っているようだ。ユニット名は「Tokyo Playgirls」。
運悪く、お二人は不在。神様のいたずらか?!しばらくお邪魔し、作品を見させてもらった。Nさんの絵、Tさんの詩。どちらも今(自分)を表わしているのだろう。清々しい若いエネルギーが印象に残りました。彼女たちにはかなり変わった先生だったに違いない自分。それでもこうして便りをくれるのは、本当に嬉しいかぎり。元気でやっていることは、わたしにとって何より嬉しいこと。気さくなオーナーから二人の元気な様子を聞き、それをお土産にギャラリーを後にした。成長した二人には残念ながら会えなかったが、それは今度の楽しみに取っておこう。

◆TAMBOURIN GALLERY(タンバリンギャラリー)
 東京都渋谷区神宮前2-3-24
 TEL/03-5770-2331 FAX/03-5770-2332 
URL/http://www.tambourin-gallery.com/
◆Tokyo Playgirls ホームページ
URL/http://tokyoplaygirls.mania.cx/
[PR]
by eddy-web | 2010-06-19 00:00 | 展・覧・会 | Comments(0)
よもやまシネマ-51・52 「Wolfman」「シャッターアイランド」
e0120614_187892.jpg

e0120614_13402868.jpg
2010.Apr.23

4月に観た映画だが、いままで感想を上げられませんでした。2本とも、決しておもしろくなかった訳ではありません。単にわたしの無精です。
まず、「Wolfman」。こちらは懐かしい恐怖映画「狼男」の最新版。出ている役者に引かれ見にいきました。ひとりはベニチオ・デル・トロ、そしてもうひとりはアンソニー・ホプキンス。この二人が出るとなれば、見ない訳にはいきません。さて、感想はと言うと、英国の伝統的雰囲気の中特殊効果とメイクでドキドキはさせてくれるのだが、80年代に公開された「ハウリング」や「狼男アメリカン」とさほど変わった印象は受けなかった。変身シーンはそれなりに見応えはありましたが、そう特にインパクトは・・・。主演の二人は当然の怪演だが、いいのかな?この映画で・・・。ホプキンスの首が飛んで、ニィッと笑う顔はちょっとおちゃめです。
ヒロインのエミリー・ブラントは上品な美しさで、どろどろの中のオアシス。マトリックスのエージェント・スミス役、ヒューゴ・ウィーヴィングやチャップリンの娘、ジェラルディンも脇をかため、かなり豪華な出演者である。彼女とは決して行かないことを薦めます。ドキッとする効果音の連続なので、気の弱い人も止めましょう。

2010.Apr.30
もう1本は、監督スコセッシ×主演デカプリオのアカデミー賞コンビが「ディパーテッド」以来の復活で挑むミステリー映画「シャッターアイランド」。鉛色の空と荒れた海原に揺れる船。向う先は精神を患った犯罪者だけを収容するという絶海の孤島。その名も「シャッターアイランド」。なにか聞いただけでそそられ、映画館に足を運んでいた。冒頭、島へ上陸してから収容所に着くまでの間、耳障りな効果音が続き、個人的にはうるさくちょっと気持ちをそがれてしまった。わたしは逆に、音など入れず無音の方が後の展開を強調させたように思うのだが・・・。宣伝文句は“この島は何かがおかしい。”である。観客の謎解きをせまる演出だが、結構最後の落ちは途中で気づく人が多いのでは・・・。島でおきた失踪事件解明に来た刑事テディ役のデカプリオはすっかり男臭くなり、渋みさえかもし出し始めた。はじめて収容所に入った日、中の老婦人患者が刑事に微笑みかける。不思議な感覚を覚える刑事。このあたりからすでに物語のラストは、見え隠れしはじめているのだが・・・。「ガンジー」でアカデミー賞を取ったベン・キングズレーの存在感は凄い。また、脇を往年の名優マックス・フォン・シドーらが固めて深みを増している。観て損はない気はいたします。ラストでテディの選択した、こころの結末が悲しい。
[PR]
by eddy-web | 2010-06-08 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
よもやまシネマー53 告白
e0120614_18521454.jpg

e0120614_13402868.jpg
2010.Jun.8

重たい。帰り道はただただ、溜め息の連続。この映画、多くの問題を見る側に問いかけるが何故か空しさが残る。きっとその空虚感が劇中のセリフ「なんちゃって・・・。」に表れているのだろう。作品は「嫌われ松子の一生」でその年、賞を総なめにした中島哲也監督。原作は’08に「告白」でデビューした湊かなえ氏。こちらもその年に、おおくの賞に輝いている。湊さんは映画が、自分の描いたさらに“向こう側を”見せてもらったと後に語っている。“嫌われ松子やパコと魔法の絵本”のような派手な視覚効果は影を潜め、主演の松たかこによるたんたんとした静かな語りで進む物語。中島監督のさらなる奥深さが出ているそんな作品だ。また、さすがと思わせる映像の美しさは随所にでていて、物語に深みを増す映像効果は、中島監督の正統派美意識を感じさせる。松さんの押さえた無表情の演技も、悲しみの深さが怖いくらい伝わってくる。それにしても、出演しているB組の生徒たちには驚かされる。今のこどもたちの表情、感情を生き生きと表現している。もちろんこんな子たちばかりではないことは承知しているが・・・。何を考えているかぜんぜん解らない今の子どもたち怖さを、ほんとうに上手に表現していた。
これは現実ではあり得ない話と思いつつ、いや?そんな訳ない。でも?いがいとありかも・・・。みたいに頭の中がグチャグチャになってしまった。世の中で起きた少年犯罪や猟奇犯罪などを題材に作り上げたであろう作品だが、妙に現実味を帯び、後から後から溜め息がこぼれる私。エンドロールの雨雲からこぼれる日のひかりの映像は、何を意味しているのだろう・・・。希望?それとも??
最愛の者を失った時、ひとは何を考えどんな行動にでるのだろう。わたしは怖くていえませんが、あなたはどうですか?
最後に劇中、松演じる教師が黒板に書いた「命」という文字。その意味を、もう一度考えてみようと思う。
[PR]
by eddy-web | 2010-06-08 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif