<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
よもやまシネマ−46 Dr.パルナサスの鏡
e0120614_2354394.jpg


e0120614_13402868.jpg
2010.Feb.1

銀座に出たついでに、観たかった映画「Dr.パルナサスの鏡」を鑑賞。昨年、急逝したヒース・レジャーの遺作である。「12モンキーズ」の奇才テリー・ギリアム監督が手がけた作品としても注目されていたが、撮影半ばで逝ったヒースの役を3人の親友が引き継いで完成した事で別の意味話題作となった。頓挫しかけた作品が監督をはじめ、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルラ3人の俳優が代役をし完成させた作品は、ある意味ロマンと絆を感じさせる。それにしても、ヒース・レジャーの可能性には観るからに残念でならない。バットマン「ダークナイト」の演技でアカデミー賞助演男優賞を取ったのは、記憶に新しいところだが、あの映画はジョーカーが主役の映画と言っても過言ではない。そんな彼が挑んでいた作品は、少々難解である。ただギリアム監督の映像の魔術と、ヒースの渾身の演技には本当に魅了される。友情で参加した、3人もヒースのイメージを大切にし演じていたように思う。人間の愚かさや悲哀を、おとなのおとぎ話(夢・悪夢)にして、独特の感性と映像美で表現している。ギリアム監督が溢れる想像力ぶつけ、子どものように無邪気に創った作品と言えるだろう。パンフの表紙を観て察することが出来るように、幻想的でとても美しい映画である。理詰めで観るとツマラナイ気がするので、感性を解放して観る事をお薦めしたい。あとパルナサス博士の娘ヴァレンティナを演じていた、リリー・コール。彼女の持つ不思議な雰囲気が、とても印象に残ったことをひとつ言っておこう。
[PR]
by eddy-web | 2010-02-09 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
雨に濡れる月初めの銀座。北風吹きすさぶ立春の四谷三丁目。
e0120614_15115575.jpg

2010.Feb.5
 
友人2人が個展を開いた。友人と呼んでいいものか解らないが、わたしが勝手に思っている二人。ひとりは木部一樹さん。もうひとりは綾幸子さん。お二人の描く世界はまったく違う。ただ見る人のこころを癒すという所は、間違いなくいっしょ。
 木部さんを訪ねたのは、2月1日。銀座煉瓦画廊に足を運んだのは、冷たい雨が降りはじめた午後。画廊は歌舞伎座の裏にある。歌舞伎座はまもなく取り壊され、改築工事がはじまる。伝統ある建物が街からなくなるのは、ちょっと寂しい。この周辺も昔とは随分変わってしまった。時代のせいにはしたくないが・・・。画廊に着くと、木部さんが日本酒を片手に迎えてくれた。いつもの木部さんだ。ひととおり作品を拝見し、センターのテーブル前に腰を掛けた。変わらない絵筆の巧みさに触れた。今回はほとんどが、新聞、雑誌に掲載されている挿絵。木部さんは野鳥の画のイメージが強いが、作品を見るとその多才な画力に驚かされる。個展案内ハガキに、絵師とうたってあるのを納得。近況や友人の話やら、知らぬ間に2時間くらい話し込んでしまった。おっとりとした話ぶりはとても心地よく、まるで揺りかごに抱かれているようだ。楽しい時間を過ごさせてもらった。
 綾さんを訪ねたのは4日の3時頃。立春と言うには、かなり寒い日。四谷三丁目にほど近い、「えいじう」というギャラリーを訪ねた。1階が喫茶店の洒落たギャラリー。2階の上がると、淡い黄緑色の着物を纏った綾さんが迎えてくれた。着物姿ははじめてで、ちょっと驚いたが年を重ねて大人の女性になっていた。お会いするのは本当に久しぶり。昔から変わらぬ笑顔は、そのまま。ほわ~んとした語り口も健在。作品は昨年出版された、絵本「しましまさん」(フレーベル館刊)の原画が中心。綾さんの性格がそのまま現れている、ほのぼのしたやさしい画が所狭しと並んでいた。お互いに年を重ねてきているが、綾さんは全然変わってなくて、やっぱり綾さんでした。こころの豊かなひとは、顔に現れる。1時間ほどお邪魔をし、ギャラリーを後にした。玄関を出てしばらく歩き、ふと振り返ると、わざわざ玄関前で綾さんが「ありがとうございました」とこちらに声を掛けてくれていた。外は寒いのだが、なんだかとてもこころが暖かくなり、とてもいい時間をいただいた。
 お二人にわたしからのお願い。これからもこころを癒す画を書き続けてください。
[PR]
by eddy-web | 2010-02-05 00:00 | 展・覧・会 | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif