<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
よもやまシネマ-21 地球が静止する日
e0120614_13402868.jpg
'08.Dic.26

 久しぶりに劇場に足を運んだ。今回鑑賞した「地球が静止する日」は、1951年にあの名匠ロバ−ト・ワイズ監督が世に送りだした、SF映画の金字塔「地球の静止する日」のリメイクである。いろいろな意味で興味深く、心して鑑賞に臨んだわたし。ワイズ監督と言えば「サウンド・オブ・ミュ−ジック」。作品はほかにも「ウエスト・サイド物語」「砲艦サンパブロ」など映画史に残る作品が多い。その監督が50年以上前に発表した作品のリメイクとなれば、見ない訳にはいかない。主演にキアヌ・リ−ブスを選んだり、CGを駆使しどう生まれ変わるのか・・・。内容の余計な情報をあまり入れずに、鑑賞したが「2001年宇宙の旅」ほど崇高な感じはなく、「ブレ−ド・ランナ−」ほど心を打つ心理描写は描かれず、「未知との遭遇」ほどインパクトもなかったのは否めない。あとで解説を読むと、あくまでもオリジナルに忠実に制作されたとのことだが・・・。どうだろう折角のテ−マに挑んだわりには、CGばかりが目立つ映画になってしまっているのはすごく残念である。それに冒頭の雪山のシ−ンは、かなり安易に作られている気がする。いづれにしろ名作に挑む難しさがよく解った。
 映画を見て感じたのは、その内容に出てくる、「人間がいなくなると地球は再生するということ。」これのほうがよっぽど現実味をおびていて、考えさせられた。ただその辺が曖昧な表現になりやや物足りない気はする。でもある意味、そこを本気で考えろと言うのであればでは、テ−マ「地球が静止する日」は成功かも・・・?。自分のことばかりの人間は、すこし考え改めるべきなのか?でもやっぱり無理かも・・・。それが人間って気がする自分である。
 くだらないことだが、ひとつ。出てくる巨大ロボットの目の動き、ガンダムのザクなどと同じで親近感を感じた。少なくとも影響を受けている(ガンダムが)と確信したのはわたしだけ?!
 ジェニファ−・コネリ−の瞳が相変わらず美しいのに、とても感激したことをお伝えします。もうひとつ余計ですが・・・。

e0120614_14214070.jpg
[PR]
by eddy-web | 2008-12-27 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
ノクタ−ン。
e0120614_17332259.jpg
'08.Dec.2

 いま、ある曲にとても引かれている。静かな旋律にこころが癒され、目頭が熱くなることしばし・・・。平原綾香が出した最新作「ノクタ−ン」がそれである。「ジュピタ−」と言うクラシックの楽曲をモチ−フに鮮烈デビュ−を飾った彼女。今回は再びショパンの名曲を、彼女の世界観で実に見事に甦らせている。はじめて聞いた時の感覚はなんだろう?言葉ではうまく言えないが「夜の湖面に浮かぶ月、寄り添うように写るもうひとつの月。」そんな風景が頭に浮んだ。静寂に満ち、こころを穏やかにしてくれる。
 これと似た感覚を随分とむかし、一度だけ味わったことがある。それは遠いむかし、わたしが二十歳の頃のこと。友人から聴かされたマル・ウォルドロンの「オ−ル・アロ−ン」というジャズピアノの曲。彼の名曲「レフト・アロ−ン」は有名だが、はじめて「オ−ル・アロ−ン」を聞いたときのことは今だに忘れられない。ジャズなど聴いたこともないわたしが、静かで孤独観に満ちたその旋律に、不覚にも涙腺をきられてしまったのだ。そして再び、あの時の感覚が甦った曲が「ノクタ−ン」。同じにおい、同じ色、同じ感覚がわたしのこころにせまってくる。理窟なくこころにしみてくる。じわじわと静かに・・・。
 この曲、現在放映中のTVドラマ「風のガ−デン」のエンディンングテ−マに使われている。タイトルロ−ルの背景画像になっている、庭に咲く美しく鮮やかな花々。そこにおよそ不似合いと思われる儚い旋律。それがすごくいいのだ、なんとも言えずいいのだ。短い命を憂れうようで・・・。わたしはこの最後のエンドロ−ルだけでも、恥ずかしながら、うるうるしてしまう。とにかくぜひ、一度聴いてみてください。ドラマの話しもしたいが、今度にしょう。

※ということで、今回は20才の頃に旅した、北海道の花たちの写真を添えて見ました。ラベンダ−以外は解りません、ゴメンナサイ。
e0120614_16582295.jpg
e0120614_16584868.jpg

e0120614_1659898.jpg
e0120614_171264.jpg
e0120614_1711422.jpg

[PR]
by eddy-web | 2008-12-02 00:00 | ひとこと・ひとごと・ひとりごと | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif