<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
悩みおおきヒ−ロ−
'08.Aug.25
 アメコミを映画にしたシリ−ズは数多くあるが、個人的にはバットマンが一番好きな私。強さの裏側に合わせもつ弱さに、とても引かれる。どこが好きかと言えば、およそヒ−ロ−とは言いがたいその出で立ち。全身を黒はどうみても悪のイメ−ジ。そこには“心の闇”をかくし戦う、今までにないヒ−ロ−像が存在する。ま、悪のイメ−ジと言えば、スパイダ−マンもその部類なのだが、ディ−プな美しさは問題にならない。スパイダ−マンも好きな映画ですが・・・。現シリ−ズも前シリ−ズも、テ−マや表現の違いはあれど、本当に好みの世界観がある。全身黒のラバ−で身を包む姿はカッコイイの一言。これは男の子にしか解らない感情かも知れない。もちろん女性を差別する気は毛頭ありませんが・・・。好きな女性のみなさんゴメンナサイ。
 まず前シリ−ズで一番好きなのは、ティム・バ−トン監督作品の「リタ−ンズ」。これはティムだからこそ、描けた作品だろう。監督のファンタジ−な表現はもちろん、キャット・ウ−マンやペンギンのキャラも哀愁があり、とても魅力的だった。悪役にもかかわらず、愛すべき存在感を出していた。シザ−・ハンズ同様、これがティムの世界。暗の中に小さな光を見つけるような、不思議な世界がそこにある。彼の作品は大人のおとぎ話、わたしを決して裏切らない。話しがそれてしまい申し訳ない。ティムの話はまたの機会にして・・・。前シリ−ズはロビンが登場してから、やや軽くなってしまった。もちろんそれは彼のせいではなく、やはり監督の力にほか成らない。前シリ−ズのレベル差はかなりあるのだが、「バットマンが好き」で許しましょう。偉そうですが・・・。
 話しをはじめると終わらないくらい好きなわたしは、やっぱりOTAKU?! だれか教えてくれますか!次回は最新作「ダークナイト」の話しを・・・。

e0120614_1147428.jpg
[PR]
by EDDY-Web | 2008-08-29 00:00 | ひとこと・ひとごと・ひとりごと | Comments(0)
よもやまシネマ-14 ダ−クナイト
e0120614_13402868.jpg
'08.Aug.29
e0120614_120845.jpg
 バットマンの最新作「ダ−クナイト」を鑑賞した。とても重い映画になった。前シリ−ズを完全に消去した、別の映画になっている。バットマンは道先案内人になり、ジョ−カ−が今回の主役である。究極の悪、これが今回のテ−マになっていて、こんなにも人は悪になれるものなのかと思い知らされる。きっと現代社会に潜む理不尽さを見つめて、辿り着いた作品なのだろうと思える。勧善懲悪のヒ−ロ−映画はここには存在しない。まさにバットマンからダ−クナイト(闇の騎士)と生まれ変わった。ジョ−カ−を演じたヒ−ス・レジャ−は鬼気せまる怪演である。前シリ−ズのジャック・ニコルソンはいるだけでジョ−カ−だったが、彼はいたら恐いジョ−カ−を演じきっている。この作品は、完全に彼のワンマンショ−。クチャクチャとしゃべる話し方が、耳について離れない。
 バットマンはこころの片隅に闇(病み)を抱え、悪を超える悪を目指す。だが成りきれない弱さが時として、自分を追い込み悲劇を生む。それをあざ笑うかのようにもてあそぶジョ−カ−は、殺人や破壊を楽しむ史上最凶のジョ−カ−そのもの。題名のダ−クナイト(闇の騎士)はもうひとつジョ−カ−のダ−クナイト(暗闇)を表しているのかも知れない。存在してはいけない人なのか・・・?こんな人物が現れないことを祈るばかりだ。
 ジョ−カ−を演じたヒ−ス・レジャ−は、08年1月若くしてこの世を逝った。「ブロ−クバック・マウンテン」などに出演し、高い評価を受けていた人物。とても残念な、そして大きな損失である。合掌。
[PR]
by EDDY-Web | 2008-08-29 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
2008年夏。残暑お見舞い申し上げます。
ひとくち、いかが・・・・。
EDDYがスタッフを揃え、新部門のWebデザインをはじめました。
どうぞ、お気軽に声をかけてください。
また創作Shop「UZUMAKI工房」にも、乞うご期待。
さらにパワ−アップのEDDYをよろしくお願い致します。
e0120614_2041616.jpg

詳しくは、下記HPをご覧ください。
http://www.eddy-web.jp/m_n_iweb/
[PR]
by EDDY-Web | 2008-08-13 00:00 | ごあいさつ | Comments(0)
よもやまシネマ-13 ヒロシマナガサキ
e0120614_20124348.jpg
e0120614_13402868.jpg
'08.Aug.5

 深夜、偶然つけたTVでドキュメンタリ−映画「ヒロシマナガサキ」をやっていた。昨年、岩波ホ−ルなどで公開された作品である。25年の歳月をかけ作られ、アカデミ−賞など数々の賞に輝いている。いつもは仕事をしている時間だが、スイッチONの瞬間から引き込まれ、いつしか正座をし見入っていた。終戦記念日が近づく度、あちこちで流れる戦争をテ−マにした番組の数々。もちろん忘れてはいけない大切な事実であり、知らなければいけない歴史である。だがどうして、その時だけ思い出したようにやるのだろうそして見るのだろう。そう思うと、今の時代や自分自身が嫌になる。
 話を映画に戻そう。自分をふくめ戦争を知らない人の数の方が多い現代社会に、どうしても残さなければいけないことがあるならば、まさにこの映画に描かれた真実だろうと思う。見ていて痛かった、辛かった、苦しかった。でもそんな言葉では言い表せないほど重たい事実がそこにある。人間がおかした大罪がまぎれもなくここに描かれている。この映画は、毎日平和にあぐらをかき、それすら気づいていない自分たちに「戦争はまだ終わってないぞ!!」と胸ぐらを掴まれた気がする映画である。映画の冒頭と最後にそんな皮肉をこめた、渋谷の町や若者たちの姿が写しだされている。沢山の映像資料や写真を見せナレーションで話は進んで行く。そして広島、長崎で被爆し現在を生きる人たちが語る。言葉のひとこと、ひとことが切なく重くのしかかる。真実のもつ重さがそこには確実にある。どう頑張っても近付けないそして越えられない。「戦争や核問題」はいままで自分なりに勉強し、創作活動にも繋げてきた。また表現にも真剣に取り組んできたと思う。だが事実には叶わないことを、本当に思い知らされた。
 被爆者のひとりの女性が語る「人はぎりぎりのところで、死ぬ勇気と生きる勇気を選ぶ」「妹は死を選び、わたしは生を選んだ」と噛み締めるように言った言葉が耳から離れない。またある別の男性はせっかく生き残ったのに、「人間らしく生きることも、死ぬことも出来ませんでした」とのちの後遺症(原爆症)に苦しみ、「あの日死んでいたほうが良かったかも・・・。」と訴えている。身体のこともそうだが、「なぜ、自分は生き残ったのか・・・」と亡くなった人を憶い、今なお苦しんでいる姿がとても辛く胸を締めつけた。そして体験話しの中、はぐれた母親を探し求め、ある場所でそれらしき人の焼けた姿を見つけ、触った瞬間に灰になり崩れ落ちた話の時は、涙が止めどなく流れてしまった。リアルな体験と印象がいまも、この人たちを苦しめている。その事実をわたしたちはしっかりと受け止めなければいけない。
 見終わって思った、もっと平和な世の中に心から感謝をし、一生懸命に生きなければ・・・と。ぜひ、ひとりでも多くのひとに見て欲しい作品である。生意気だが見なくてはいけないと思う。人が人を思いやることを思い出すためにも・・・。
●ドキュメンタリ−映画「ヒロシマナガサキ」白い光、黒い雨、あの夏の記憶
監督:スティ−ブン・オカザキ/2007年/アメリカ/86分/カラ−
http://www.zaziefilms.com/hiroshimanagasaki/

 
P.,S. もうひとつ思ったことがある。6年前、社会問題をテ−マに行ったポスタ−展、答え探しの展覧会「5W1H展」をもう一度やって見ようと・・・。どれだけ参加してくれる人がいるか不安だが、何かしなくてはという気持ちが強くこころを揺さぶり、じっとしていられない。
●答え探しの展覧会「5W1H展」
http://www.geocities.jp/m_n_iweb/5w1h
[PR]
by EDDY-Web | 2008-08-05 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif