カテゴリ:NANJYa?COLLe(コレクション)( 32 )
NANJYa?COLe/31  少し大人への扉を明け始めた頃の、大切なコミック全集。
e0120614_18515603.jpg2017.Nov.27

映画鑑賞と同じくらい好きなものが、漫画購読。キャリアはこちらの方が遥かに古い趣味。小学生の頃にはじまり、時代を超え現在にいたる。小学生の頃は、手塚治虫を筆頭に横山光輝、石森章太郎、赤塚不二夫、藤子不二雄、桑田次郎など上げれば切りがないほどファンの作者がいっぱい。いまでも好きなのは変わらない。いまほど少年雑誌の数もなく、サンデー、マガジン、キング(後に廃刊)そして後発でジャンプとこれくらいでした。小学生の頃は忍者ものが好きで「伊賀の影丸」にはまっていました。手作りで手裏剣などをつくり、遊んでいたことが思い出されます。
今日のお宝は、少しそれより歳を重ねちょっと色気付きはじめたころのもの。大人の世界に憧れ始めた、まだ青臭い年頃に買ったコミックの全集。双葉社が1969年に発行した、全12巻の「現代コミック全集」です。青年向けの漫画を集めたもので、当時15歳の私にとって買うにはちょっと勇気がいりました。例えば石森章太郎の作品にまとめられていた作品“009ノ1”はサイボーグの女スパイが活躍する話で、セクシーなハダカがいっぱい出て来ます。当時どきどきしながら観たことが思い出されます。あの頃はまだ汚れていなかったようです。
※作家はつぎの通り。1.石森章太郎 2.梅図かずお 3.小島剛夕 4.さいとう・たかお 5.佐藤まさあき/南波健二 6.白土三平 7.棚下照生/モンキー・パンチ 8.つげ義春 9.手塚治虫 10.永島慎二 11.平田弘史 12.水木しげる
P.S. 痴話話ですが、友人にこの中の「永島慎二」を貸したら戻ってこなくなり、そのうちだれに貸したのかも忘れて行方不明になりました。結局どうしても解らずネットでこの一冊をやっと手に入れました。やっぱり全巻揃ってのお宝。必死に探した一冊は、他の作品といっしょに現在は本棚に整列しております。青春の紛れもない思い出の一品です。
e0120614_18522973.jpg

[PR]
by eddy-web | 2017-11-27 00:00 | NANJYa?COLLe(コレクション) | Comments(0)
NANJYa?COLe/30 プロレス大好きな小生が手に入れたお宝。
e0120614_15191982.jpg

e0120614_1518995.jpg
2016.Nov.11

若かりし前田日明を使った、古き良き時代のポスター。今、眺めてみるとそこに込められたおもいは???仕事の関係者(お友だち)に無理をお願いし手に入れたポスターです。前田日明選手も好きだったのと、この広告のインパクトに魅せられた当時。優しい表情の前田と一点を見つめる赤ちゃんの目が印象的です。いま、改めてみても深い作品だと思います。世の中が浮かれていた当時より、今の方がタイムリーかも知れません。みなさんはどう思いますか?

※広告のコピー
うそみたいな、ほんとが、ほしい。
ほんとみたいなウソは、ほんとにみんな上手になって、
色々楽しくなったけど、たまには、リアルがほしい。
スロービデオでじっくり見るホームランより、
球場で見のがしちゃったホームランのほうがリアル。
本気でくれた花束って、かかえてみたい。ハデとかジミとか、どっちでもいい。
ほんとがほしい。ほんとって、こわくて、おもたくて、よさそう。
[PR]
by eddy-web | 2016-11-11 00:00 | NANJYa?COLLe(コレクション) | Comments(0)
NANJYa?COLe/29  イタリアの名車“Ferrari”の1/72スケールモデルコレクションの数々。
e0120614_11505210.jpg2016.Sep.29

今日ご紹介するのは、名車フィギュア“Ferrari"の数々。わたしは正直、車にはそれほど興味がない。むしろバイク派。だがフェラーリだけは別物。フォルムの美しさ、完成度のたかいスキルはもちろん、そんなものを超えたもはや芸術品と言っても過言でない造形美がそこには存在する。機能美を追求するとこんな形が生まれて来るのだという、見本のようなイタリアの名車はいまもファンを唸らせている。今回紹介するのはそんな名車を、LAWSONが缶コーヒーにつけたシリーズキャンペーンのフィギュア第2・第3弾です。残念ですが第1弾は、情報を知らず逃してしまいました。今回のコレクションは初期のモデルが並ぶ(右側)レーシング使用のものがお気に入りです。イタリアンレッドの真っ赤のボディがたまりません。オマケとは思えないくらいのよくできたフィギュア(ダイキャスト製)です。
e0120614_11511615.jpg

[PR]
by eddy-web | 2016-09-29 00:00 | NANJYa?COLLe(コレクション) | Comments(0)
NANJYa?COLe/28  海洋堂が制作した、BIRD TALESシリーズの見事な造形美。
e0120614_1814444.jpg
2016.Aug.31

今日は数あるボトルキャップコレクションから、サントリー「天然水」についていたおまけの紹介。山の恵み“天然水”育む大自然の森。そこに暮らす鳥や花、そして魚をモチーフに創られたフィギュア。企画制作はだれもが知っている海洋堂。フィギュアの世界では有名な会社ですが、その緻密かつ造形センスは世界水準を誇る。その海洋堂が創ったボトルキャップは、小さくても納得のレベル。集めだしたらもう止まらない。アクリルのケースに入れれば、ちょっとした標本箱。大人でも充分楽しめる、鑑賞用の自然博物館でございます。
e0120614_18143090.jpg

[PR]
by eddy-web | 2016-08-31 00:00 | NANJYa?COLLe(コレクション) | Comments(0)
NANJYa?COLe/27  偶然知ったジャッキーの現在とともに甦る、思い出のコレクション。
e0120614_18292439.jpg

e0120614_18295322.jpg2016.Aug.04

ジャッキーと言えば、まず連想する名はケネディ大統領夫人。でもわたしにとってジャッキーといえば“女優ジャクリーン・ビセット。高校生の頃洋画にはまり、彼女を知りました。当時の自分には年上の彼女が眩しく、憂いある瞳に胸がキュンとしました。つたない英語を辞書でひきひき書いたファンレター。もちろん返事など来なかったが、ドキドキしながら待ったことが昨日のように思い出される。そんな彼女のニュースが偶然飛び込んで来ました。なんと2013年度ゴールデン・グローブ賞助演女優賞(テレビ部門)を受賞したという。近年スクリーンで見かけることがなく、もう引退してしまったと思っていた自分。本当に嬉しい知らせ。いまでも彼女のポートレートファイル(映画雑誌スクリーンの切り抜き)は、わたしの宝もの。他にも映画のスティールやブロマイドなどなど・・・。元気で活躍していることを知り、ぜひそのTV(Dancing on the Edge)を見たいと思うわたし。
フランス系イギリス人の美しいブルー瞳は時に無邪気な少女、ときに憂いを秘めた大人の女性になり、わたしのこころを虜にしました。どんな年の重ね方をしたのでしょうか?71歳のいまも、独身を貫いているそうです。わたしにとって彼女は、いまでもそしてこれからも「永遠の女神」です。
e0120614_18372826.jpg

◆You Tubeで見つけたジャッキーの画像
[PR]
by eddy-web | 2016-08-04 00:00 | NANJYa?COLLe(コレクション) | Comments(0)
NANJYa?COLe/26 2大アイドル“りえ”と“ナンノ”のお宝カレンダー。
e0120614_17312315.jpg2016.July.26

1991年に手に入れたカレンダーは、アイドルから大人の女に変身したふたりの女優。昭和が終わりを告げ平成と名を改めて2年、大きな転換期を迎えたふたりの決意さえ感じられるアイテムである。
ひとつめの宮沢りえさんはこの年、超売れっ子にも関わらずヘアーヌード写真集を発表し、世間をあっと驚かせました。累計150万部を売った写真集は記録となり、この先この記録は破られることはきっとないでしょう。彼女が当時18歳のときである。この年に集英社からだされたのがこのカレンダーで、タトーに入ったカード形式がお洒落でデザインも秀逸でした。中の写真はスタイリッシュで、ドキッとさせるポーズで構成されているのだが、いやらしさが全くない美しい作品となっています。
もうひとつは、南野陽子さんのカレンダーだが、こちらは洋酒のバレンタインがプレミアでつけたカレンダーである。前にも樋口可南子さんを使ったHAIGのカレンダーがあり話題になりましたが、どれもみな篠山紀信の作品と記憶しています。1984年デビューの南野陽子は「2代目スケバン刑事」でアイドルのトップに上り詰め、当時絶大な人気を誇っていました。アンニュイな表情が、一皮むけた彼女の姿をより美しく見せています。どうですかみなさん、ふたりのフェロモン満載のカレンダー2作品は・・・。
e0120614_1730469.jpg

[PR]
by eddy-web | 2016-07-26 00:00 | NANJYa?COLLe(コレクション) | Comments(0)
NANJYa?COLe/25 “スヌーピィ”ベルコレクション
e0120614_1516434.jpg

e0120614_1515331.jpg

2016.July.25

ペプシのおまけについていた、スヌーピィキャラのベル。前8種の2シリーズ。ベルの上に乗った、スヌーピィやその仲間たちがそれぞれに楽器を手にかわいい表情を見せています。ベルもしっかりドレミの音を奏で、なかなかアイデアものです。スヌーピィに特に思い入れはないのですが、つい買ってしまったおまけグッズです。
[PR]
by eddy-web | 2016-07-25 15:16 | NANJYa?COLLe(コレクション) | Comments(0)
NANJYa?COLe/24Part2 “ファーストガンダム”ボトルキャップコレクション
e0120614_19594742.jpg

e0120614_2011092.jpg


e0120614_2001962.jpg
2016.July.19

昨日残りのペットボトルコレクション。ケースは同じもので昨日のコレクション用に作られたスペースコロニーをかたどったケースです。今回はボトルキャップが入っていたフクロもお見せいたします。カッコいいですね!やっぱり!!
[PR]
by eddy-web | 2016-07-19 00:00 | NANJYa?COLLe(コレクション) | Comments(0)
NANJYa?COLe/24  いまも根強い、“ガンダム”の人気は永遠に不滅です!!
e0120614_17435278.jpg


e0120614_17431255.jpg2016.July.18

今日は“ガンダム”です。第一作“機動戦士ガンダム”が放映されたのが1979年。かれこれ37年の時を経、いまだにその人気は衰えないガンダムのシリーズ。最新のものは全然わかりませんが、わたしにはやはりファーストガンダム。内容も素晴らしいのですが、何と言ってもモビルスーツと呼ばれる白兵戦用のロボットが少年たちの心をつかんだのは間違いありません。敵味方とも個性溢れるその形状に、多くの子どもたちが魅了されプラモデルが出る度お店に通ったひとも多いはず・・・。社会現象とまで言われたガンダム人気が残した経済効果は、もしかしたらどんな政治効果より凄いかも知れません。オタクが文化ともてはやされるようになった、先駆け的なもののひとつではないでしょうか?
今回はまたまたボトルキャップですが、某コーラとのコラボでついていたおまけ。これもシリーズでだされ、その人気ぶりが伺えます。今回はシリーズの第2弾のセット。ちいっさいのによく出来ています。あとはまた別のシリーズで出されたアルミ缶のボトル。アニメのキャラを施したデザイン缶は、捨てられません。みなさんは全部集めること出来ましたか?
e0120614_17441118.jpg

[PR]
by eddy-web | 2016-07-18 00:00 | NANJYa?COLLe(コレクション) | Comments(0)
NANJYa?COLe23/集めたピンバッジと“世界大会”の思い出。
e0120614_12273140.jpg

e0120614_12262573.jpg2016.July.13

みなさん、ブルームボールという競技をご存知でしょうか?もし知っていたら、完璧なスポーツオタクもしくは、きっと経験者の方。手短かにまとめると、アイスホッケーの普及形スポーツ。スケート靴をはかず専用シューズで氷の上を走って、ボールをゴールに入れるというもの。説明すると長くなるので、興味のある方は、日本ブルームボール協会で検索してみてください。私は昔その競技の日本代表として、カナダで開催された世界大会に出場したことがあります。当時世界の壁は想像以上に高く、コテンパンにやられたことを思い出します。あの時の悔しさは、いまの自分を創り上げた大切な瞬間だったようです。
さて、今日はその時もらったピンバッジのコレクションです。オリンピックなどもそうですが、大きな大会にはつきもののアイテム。思い出と共に大切に保管してあります。

e0120614_1627124.jpg

[PR]
by eddy-web | 2016-07-13 00:00 | NANJYa?COLLe(コレクション) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif