カテゴリ:風来紀行(散歩と旅)( 5 )
時を越え、ブルームボールの仲間たちが・・・。
e0120614_17495121.jpg

e0120614_1803296.jpg2014.Apr.12

みなさんごきげんよう。みなさんはブルームボールなる、スポーツをご存知でしょうか?“ア〜ァ知ってる!”なんて人がいたら、きっとかなりオタッキーなスポーツファンです。それこそ表彰もんです。カナダで100年以上歴史のある、氷上競技のひとつ。カナダではカーリングと人気を2分するほど、人気の高いスポーツ。競技説明すると長くなるので、簡単に言いいますがスケートが出来なくてもできるホッケーとでも言いましょう。興味のある方はインターネットで検索してください。今年の11月はじめて苫小牧(北海道)にて「世界大会」が開かれるそうです。
さて、話を戻します。実はそもそもブルームボールは、東京が日本ではじめた先駆者。それはそれは楽しくそして激しいスポーツで、冬の期間限定で毎年リーグ戦が行われておりました。今は無くなってしまった、後楽園や日比谷の屋外リンクなどで夜9時くらいから東京リーグを開催。約20年近く続き、その頃はオリンピックも夢じゃない!と選手一同頑張っておりました。バブル以降リンクが無くなり、残念ながら今はリーグ休止状態。1980年代に2チーム(東京とカナダ大使館)からスタート。全盛期は6チームで総当たりの12回ゲームで優勝を争い、TVや新聞などメディアにも多くとりあげられました。そして世界大会へも・・・。今回その創世記の仲間が集まり、昔話を肴に楽しい時間を過ごしました。それぞれに年を重ね、見た目は変わりましたが、内なる熱き思いはむかしのまま。ひとつの目標に向かい、共に走ったあの頃が昨日のように甦ります。タイムスリップしたあっという間の時間。ブルームは永遠です。もう一度氷りの上を、思いっきり走ってみたいとマジで思う自分。まあ、無理だとは思いますが・・・。みんな楽しかったね!また、会いましょう!!元日本代表キャプテン(PENGUINS#11)UeG
e0120614_17373685.jpg

第1回ブルームボール世界大会(対オーストラリア戦)in Canada
[PR]
by eddy-web | 2014-04-22 00:00 | 風来紀行(散歩と旅) | Comments(0)
ワインとグルジア料理を堪能し、「むかしお兄さん&おねえさんの宴」は絶好調!!
e0120614_17285637.jpg
2014.Feb.06

むかしある季刊誌を一緒に作った仲間たちが、吉祥寺に集結。会う機会減ってしまった仲間たちが、年に一度集う日。こころ優しいMをさんが一声かければ、なんだかんだ言っても集まるのが本当の友。季刊誌を作っている時はそれはそれは大変で、よくも悪くも熱い戦いの毎日でした。もう15年も前のことが、昨日のように思い出されます。そのときの同じ釜の飯を食べた仲間は、言うならば戦友(戦争には行ってませんが)。時がたって少々白いものが頭にちらほらして来た今でも、会えば少年や少女のように無邪気に笑いツッコミを入れる。こんな仲間がいることは、まさに財産。もやもやしたことや面倒くさいことなど、一瞬にして吹き飛んでしまう。会話には脈絡もなく、あちこちにちらばる話の数珠つなぎ。思いついたことを何気に話せば、だれかが食いつき、またそれにだれかが・・・。
e0120614_17293118.jpg

そんな居心地のいい仲間とはじめて食したグルジア料理なるもの。いままでに味わったことのない味や食感が口の中で大騒ぎ。なかなかの美味でワインとの相性も抜群。笑って、飲んで、食べてお腹もこころも満腹の一夜となりました。Mくろさんが大のお酒好きな上、かなり強いことが今回解りました。はじめは40〜50度くらいのズブロッカを頼み、みなで一口づつ回し飲み。ロシアのお酒とばかり思っていたら、ポーランドのお酒だと後で知りました。飲んだ口当たりは桜餅のような優しく柔らかな飲み口。それを期に片っ端から頼みまくり、ちょこちょこ試飲させてもらうと、もう身体はポカポカ。〆に頼んだサソリ入りウオッカはなんと90度を超えるスゴもの。飲んだ瞬間に口の周りがビリビリ。ほとんどお酒というより、消毒アルコール。さすがのMくろさんもグラスを明けるのに一苦労。味も香りもまさに精力がつきそうなお酒で、いい経験と相成りました。夜も10時をまわり、いよいよ会もお開きに・・・。楽しい時はあっという間に過ぎましたが、最高の時間を頂き感謝感謝で大満足。再会を約束しそれぞれの帰路についたオジさん&オネエさんたちは、無事に帰れたのでしょうか?電車の中で、みなさんにもらった元気力と、飲んだサソリ精力を反芻し、“明日からまた頑張ろう!”とこころに誓った一夜でした。K木さん、N川さん、N井さん、M黒さん、そしてMつをさん、元気をありがとさん。
e0120614_17295964.jpg

[PR]
by eddy-web | 2014-02-07 17:29 | 風来紀行(散歩と旅) | Comments(0)
街角で出会った、徐倫。
e0120614_2233488.jpg

e0120614_22323387.jpg
2013.Feb.某日

友人と昼食の約束し、新宿で待ち合わせた。相変わらずのひとひとひと・・・。足早に人波をくぐりぬけお店へ。ここはとあるビルの最上階にあるタイ料理店。1時をまわった頃を見計らい来たのは正解○。ほどよく人が減りイイ感じ。この店、昼はバイキングで値段も手頃、エスニック料理好きにはたまらない。食べ放題デザートもあるので、女性客でいつも賑わっている。
久しぶりに互いの近況を話ながらの昼食。たまにはゆっくりとこんな時間が必要である。話はたわいもないものでも、おいしい食事がつけば不思議と時間を忘れつい長居をしてしまう。気がつけば3時。店を出てお茶でもと歩きはじめると、ウィンドー越しに視線を感じたわたし。振り向くとそこに“徐倫”。そうJOJOの空条徐倫がガラス越しにこっちを見ているのである。荒木飛呂彦氏(JOJOの原作者)とコラボしたウインドディスプレイの中は春満開、ここはGUCCIのお店。知ってはいたのだが観るのははじめて。徐倫の着ている服が、比べるようにさりげなく飾られている。彼女よりこの服の似合う女性は、そんなにはいないだろう・・・。としばし見とれその場にたたずみ、まるでお上りさん状態。スタイリッシュな演出にさすがGUCCIを感じ、偶然の出会いに一瞬時が止まった。それはまさに、ザ・ワールド。
[PR]
by eddy-web | 2013-03-18 00:00 | 風来紀行(散歩と旅) | Comments(0)
戦友たちの、すこし遅い「2013年新年会」。
e0120614_1803296.jpg
2013.Feb.15

寒さが身にしむ、新宿某所。何やら怪しい年寄りの集いが・・・。
15年前ある季刊誌をいっしょに作った仲間が、久しぶりに集まった。
お店は、美味しいひつじの肉とワインでわたしたちを迎えてくれました。
今日のメンバーは平均年齢60歳(最高年齢70歳)。
男5(Nさん、Kさん、Mをさん、Wさん、そしてわたし)
+女1(Mさん)の何処から見ても怪しい集団。
何やら新興の教団か???あちこちガタは来ているが、異常に元気。
酸いも甘い知り尽くした面々は元気いっぱい。
厳しい時代の真っただ中で、”まだまだこれから“と雄叫びをあげる。
元気印の仲間と、至福の一夜にもう一度乾杯!!
そして明日も頑張ろう〜!!!
e0120614_17515214.jpg

e0120614_17522912.jpg

エッ!外はクリスマス???いえいえ1年中クルシミマス。(すいません親父ギャグです。)
e0120614_17524968.jpg

[PR]
by eddy-web | 2013-02-19 00:00 | 風来紀行(散歩と旅) | Comments(0)
夏の思い出。「富士山」は、やっぱり日本一の山でした。
e0120614_16281321.jpg

e0120614_16271458.jpg
2010.Aug.30-31

兄が亡くなり、あっという間に四十九日。残暑厳しい東京、法要を兼ねての納骨が行われた。やっとひとくぎり・・・。ある日、門下生のキヌこと絹山から富士登山の誘いをうける。8月のはじめに話があり、ふたつ返事で行く事を約束していたのだが兄の事もあり、結局富士登山は月末になってしまった。一度は登ってみたかった「富士山」。いろいろな想いを胸にひめ、いざ頂きへ。それにしても登山者の多い事に、まず驚かされた。頂きをめざす登山道は、数珠つなぎである。老若男女はもとより、外国のひとが多いのにもビックリである。ひとはみな何を求め、この山に登るのだろう。
以前仕事で「岳人」の編集デザインをやっていた。その当時揃えた靴などを久しぶりに引っ張り出し、足りないものは山好きの門下生から借りた。実はこの靴が失敗で、行きはよいよいだったが、返りの下山では両足に大きなマメを作ってしまった。これはまさに苦行。
さて、富士登頂だが一般的には五合目まではバスで登り、そこから頂上をめざすのが普通らしい。わたしはそんなことも知らず、キヌに「一番下から登るんじゃないんだ!!」とひとこと。すると「エッ!どうぞ、先生おひとりで?!」と返された。だって修行をかねての登山じゃないの・・・。
後で思ったことだが、確かに下からは厳しすぎるかも・・・。なれた登山者でもそんなに甘くはないと、あとで知人に言われた。思っていた以上に、厳しい行程だったのは言うまでもない。さすが日本一の山である。美しさの裏に、きっちりと厳しさを教えてくれる。だからこそ、登頂した時の感動は言葉にならないのだろう。事実、山頂から眺めた「影富士」や「ご来光」どれもまさに絶景。むかし兄も登ったと聞いている。いま、同じ頂きに立つ自分。さあ、明日からまた一歩一歩頑張ってみようと思う。
P.S. 「富士山」。いままでにない色々なものを感じ、そしてもらった。ただこんどまた、と言われればすぐには正直返事を返せない。山頂付近は荒涼とし、火山岩や火山灰に覆われ決して美しいとは言えない。やはり遠くから眺めているのが、富士山はいいのかも・・・。いや、それを知ったからこそ“本当の美しさ”を学んだにちがいない。富士山に合掌。
e0120614_16421066.jpg

[PR]
by eddy-web | 2010-09-29 00:00 | 風来紀行(散歩と旅) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif