人気ブログランキング |
カテゴリ:展・覧・会( 41 )
特別展「鳥獣戯画・京都高山寺の至宝」を観に上野の山へ。
特別展「鳥獣戯画・京都高山寺の至宝」を観に上野の山へ。_e0120614_1335972.jpg


特別展「鳥獣戯画・京都高山寺の至宝」を観に上野の山へ。_e0120614_11432231.jpg


2015.May.28
本当に久しぶりの展覧会である。学生の頃は、足しげく通った上野の森。思えばはじめて行った展覧会が上野で開催された「ロダン展」である。6歳年上の姉につれられ、はじめて美術展を観たのが上野の森美術館。あれから50年以上もたってしまいました。今回はもう死ぬまで観ることの出来ないであろう、「鳥獣戯画」をこの目に焼き付けるべくやって来ました。木曜日だというのに、相変わらず上野は賑やかだ。駅から匂い立つ新緑の森を抜け、会場となる東京国立博物館に・・・。入場券を購入する際、窓口で“ただいま大変混雑していて160分待ちの状態ですがいかがなさいますか?”と聞かれた。当然ここまで来て帰るはずもなく、いざ会場へ。ついてビックリ!いきなり玄関前は長〜〜〜〜い列。流石の人気というか、私同様死ぬまでに一度拝んでおきたいと思うひとたちなのだろう。何かを獲るには、それなりに時間を使わなければいけないんだということをしみじみ感じました。作品はそれは素晴らしく、平安〜鎌倉時代と受け継がれた墨画の絵巻物。教科書で一度は目にしたことのある有名な画。その筆捌きの見事さに思わずため息。何百年もむかしに描かれたものが、いま目の前で踊っているのです。ただただ凄いのひとこと。ウサギ、カエル、サルなどが擬人化されユーモラスに躍動する姿は、「日本最古の漫画」とも称されている傑作である。作者はいまだ謎のこの巻物で、甲・乙・丙・丁と呼ばれる全四巻からなる国宝。各巻は時代も違い、甲の巻が最も有名だがそれを継承し時代を写し取っている大作絵巻。高山寺に伝来したのでさえ、いまだ解明されてないとのこと。画を観ながらいつ、どこで、だれがなんて思いをはせるのも、古いものでしか味わうことの出来ないロマンかもしれません。ミステリーの要素もふくまれ、実に興味深く観ることが出来ました。冥土の土産にいかがでしょうか?
特別展「鳥獣戯画・京都高山寺の至宝」を観に上野の山へ。_e0120614_135099.jpg

P.S. それにしても待ち時間の長いのには参りました。実質見学した時間は多分1時間。11時に会場に着き、出たのが4時半。もうお解りかとおもいますが、ある意味苦行だと思いお出かけ下さい。会場ではそちこちで倒れたひとがいました。ご年配の方は特に注意が必要かと思われます。みなさんお気をつけて・・・。
by eddy-web | 2015-05-29 13:05 | 展・覧・会 | Comments(0)
娘の卒業制作「製菓製パン作品展」に出かける。
娘の卒業制作「製菓製パン作品展」に出かける。_e0120614_16374591.jpg
娘の卒業制作「製菓製パン作品展」に出かける。_e0120614_17374725.jpg

娘がこの春、2年間通った専門学校Hを卒業する。4月から就職も決まり、社会人としていよいよ一歩を踏み出す。ついこないだ小学校に上がったばかりだったのにと・・・思い出が駆け抜ける。20年はあっという間の出来事でした。
本人はいま、どんな気持で明日を見つめているのだろうか?振り返るとわたしが20歳の頃は、夢と背中合わせに不安を抱え、ただただ前だけを見てがむしゃらに走り出していた気がします。
娘の卒業制作「製菓製パン作品展」に出かける。_e0120614_16335165.jpg
テーマ「白無垢」

さて、会場に一歩足を踏み入れると人人人で大混雑。日曜ということもあり、目的地に辿り着くのも大変。飲食コーナーでは学生たちが黄色い声を振り絞り、「いらっしゃいませ!ケーキはいかがですか〜」と。初々しくてとても新鮮。足早に娘たちがグループで制作した、“ウェディング・ケーキ”や“パン”そしてディスプレイの数々を見に会場をまわった。2年間の集大成は、学生たちの情熱で光り輝きまるで生きもののよう・・・。完成にはまだほど遠いもののようにも見えるが、未来に可能性を感じる作品ばかり。伸びしろがギュッと詰まった発想の、パンやケーキたちにお腹も胸もいっぱいになりました。彼女が自らアルバイトで学費をまかなったこと、これからの人生できっと大きな自信に繋がると思います。わたしの自慢の娘にこころから“2年間お疲れさまでした、そしておめでとう。”を贈ります。これからが本当の勝負です。ファイト!!好きな仕事が出来る幸せを、常に忘れず真っすぐ頑張ってください。
飲食コーナーのカフェで食べた抹茶ケーキ、美味しかったですね。
娘の卒業制作「製菓製パン作品展」に出かける。_e0120614_17384939.jpg

by eddy-web | 2015-02-20 00:00 | 展・覧・会 | Comments(0)
GW期間中に開かれる、「東日本大震災被災地支援チャリティー展覧会」のお知らせ。
GW期間中に開かれる、「東日本大震災被災地支援チャリティー展覧会」のお知らせ。_e0120614_16392828.jpg
2014.Apr.24
日に日に温かさが増し、樹々の緑が眩しい季節になりました。4月も後半を迎え、いよいよGW。いろいろと計画している人も多いことでしょう。そんな中お知らせです。東日本大震からはや3年。いまだ復興とはほど遠い状態が続く現地。ニュースでは時折思い出したかのように頑張っている人たちを取り上げ、“こんなに日本は元気です”と連呼。緩い情報を流し、国民を欺いているかのように思えてなりません。ただしわたしたち自身も文句を言うだけで、結局は何もしていない。そして記憶の何処かへ震災のことが離れて行ってる始末。こんな時、友人の中村みつをさんからお便り。「東日本大震災被災地支援チャリティー展覧会」が恵比寿のギャラリーで行われるとのこと。地道な支援活動にこころがあらわれます。海外旅行がどうだの、大型連休は何をしようかだのと、浮かれてる暇とお金があったら・・・。あっ!!ちょっと熱くなってしまいました。すみません、年寄りのヤッカミです。日々の幸せに感謝し、終わっていない震災を感じるのは大切なことではないでしょうか?優しい絵に出会い、何か出来ることを探してみるのはどうでしょう。きっと明日はいい日に・・・。植草
GW期間中に開かれる、「東日本大震災被災地支援チャリティー展覧会」のお知らせ。_e0120614_18482874.jpg

GW期間中に開かれる、「東日本大震災被災地支援チャリティー展覧会」のお知らせ。_e0120614_1852627.jpg


●GALERIE Malle
 東京都渋谷区恵比寿4-8-3
 Tel:03-5475-5054
●ホームページ/galeriemalle.jp/
by eddy-web | 2014-04-24 00:00 | 展・覧・会 | Comments(0)
2013年秋。中村みつを個展「やさしい山」開催近づく・・・
2013年秋。中村みつを個展「やさしい山」開催近づく・・・_e0120614_16402495.jpg

みつをさんが久しぶりの個展を開きます。しばらくの間、充電期間をあけ満を持しての開催。みつをファンには待ちに待った展覧会。今年の夏は近年にない猛暑が続き、10月に入ってからも夏日が・・・。そんな夏も去り、ようやく静かな時が訪れ、合わせるかのような“みつをワールド”の開店です。みなさん、この機会をお見逃しなく。
※11月10日(日)午後2時から、歌手の多田周子さんとみつをさんとの「歌とトーク」のミニライブが開かれます。
2013年秋。中村みつを個展「やさしい山」開催近づく・・・_e0120614_1414979.jpg


中村みつを個展「やさしい山」
2013.11/5日(火)〜17日(日)
12:00〜19:00(最終日17:00まで)
●GALERIE Malle
 東京都渋谷区恵比寿4-8-3
 Tel:03-5475-5054
●ホームページ/galeriemalle.jp/
by eddy-web | 2013-10-24 00:00 | 展・覧・会 | Comments(0)
そらからの便り-木部一樹作品展
そらからの便り-木部一樹作品展_e0120614_1642354.jpg
春になると、毎年届く一枚の葉書。ともだちと言っては失礼かも知れないが、長ぁぁ〜い付き合いになる木部さん。某山雑誌の仕事を一緒にさせて頂いたのがはじまりだが、それ以来の大ファン。その画力はもちろんだが、なんといっても絵に染み渡る癒しのエナジーがそっと心を温めてくれる。国立駅にほど近い“Gallery街角”に、ことしも爽やかな春風を届けてくれます。便りの文面に「相変わらず遠いですが、ハイキング?がてらいかがでしょうか?」と・・・。もちろん春を迎えに行きたいと思います。みなさんも是非、足を運んでください。損はさせません。
そらからの便り-木部一樹作品展_e0120614_2101146.jpg
■そらからの便りー木部一樹作品展
    会期 2013・4/24(水)〜5/6(月)
    11:00〜19:00 30日(火)休廊、 最終日17:00まで
    場所 Gallery街角(国立駅北口より徒歩3分)
    国立市北1-2-40 Tel&Fax 042-577-0370
by eddy-web | 2013-04-10 00:00 | 展・覧・会 | Comments(0)
教え子の嬉しい初個展。
教え子の嬉しい初個展。_e0120614_1432555.jpg
■NAKAO MICHIO 1st XHIBITION
某専門学校Vの講師を辞め何年だろう・・・。つい最近のような、ず〜っと昔のような。7年間という短い期間だったが、いろんな意味で充実した時間を味わった。その頃に教えていた生徒のひとり中尾が、初の個展を開くことに。今だから言うが、学生当時はそれほど目立つ存在の子ではなく、どちらかと言うとサブキャラ。それでも内にひめた志しはあったのだろう、いまは立派にイラストの世界で独り立ちしている。実は仕事(競馬王)でも10年、安い料金でイラストを描いてもらっていて、いまも継続中である。彼も歳を重ね充分大人になっているのだが、いまだに講師と教え子の関係のようについ話をしてしまう。彼のいた頃は、クラスもとても明るい雰囲気でみな仲が良く楽しい授業をさせてもらった。今も数名の生徒と連絡を取り合い、当時をよく思い出す。女子生徒はほとんど結婚し、子どもが生まれ温かい家庭を築いている様子。便りが来る度、懐かしさに当時が甦る。そういえば桜咲く今頃、入学式で緊張したみんなに出会ったのである。みんなの成長は神様からのご褒美。本当に嬉しく思うわたし。中尾「おめでとう!」これからも精進を重ねてください。
●競馬王掲載原稿(イラスト・中尾廸夫)
URL/http://www.eddy-web.jp/main.php?db=21&nowID=42"

■中尾廸夫個展
日時/3.29(金)〜4.3(水)14;00〜21:00 日曜は12:00から 木曜休館
場所/commune (Gallery/cafe/shopcommune)
最寄り駅・新代田駅(井の頭線)
〒55-0033 東京都世田谷区代田5-28-3-1F
☎03-3412-2533
by eddy-web | 2013-03-21 00:00 | 展・覧・会 | Comments(0)
ジョジョ展を見に六本木へ・・・。
ジョジョ展を見に六本木へ・・・。_e0120614_16433976.jpg
ジョジョ展を見に六本木へ・・・。_e0120614_187282.jpg





2012.Oct.26

久々の展覧会見学。まんが大好きの小生が、現代の作家で1・2番に好きな荒木飛呂彦氏の原画展である。この展覧会開催前から大変な話題で、チケット販売と同時にほぼ土日は完売。そんな中なんとか予約を取り付け、ウィークデーの水曜に足を運んだ。なんで!と思うくらい会場前はヒト、ヒト、ヒト。ジョジョ人気が凄いと言うことを再認識。かなりオタクの集まりと感じたが、そういう自分もそのひとりなのか???展覧会は作者の故郷仙台を終え、東京へとやって来た。ジョジョのファンのみならず、まんが好きのひとたちにはたまらない企画展。作者の画力を目の当たりにすると、思わず言葉を失って見入ってしまう。構成力、色彩感覚、ファッション感覚などどれをとっても超一流。原画はすべて直筆のアナログ。素晴らしいの一語につきる。それにしても何と言うパワーだろう。オタクの間では当たり前のジョジョ立ちポーズも、再確認のカッコ良さ。多少のデッサンのくるいなど、全く気にならない飛呂彦ワールド全快の世界。50歳を過ぎなお変化している感じが見て取れる。ここまでくるとマンガという枠では捉えることすら難しい。いろいろな飛呂彦特集の本がいま多く出版されているが、読めば氏の拘りや探究心の深さ知ることができますます好きになる。才能はもちろん努力を惜しまぬ姿勢、それと何より描くことが大好きだと言うことが良〜く解る企画展でした。羨ましい限りである。これからもわたしたちを多いに楽しませてほしいと、こころから願う自分である。
by eddy-web | 2012-11-05 18:07 | 展・覧・会 | Comments(1)
“木部一樹作品展・鳥よ花よ・・・”
“木部一樹作品展・鳥よ花よ・・・”_e0120614_18324722.jpg
“木部一樹作品展・鳥よ花よ・・・”_e0120614_11192968.jpg
2012.Feb.21
“木部さんとの春一献。”
4月16日(月)。届いていた便りをふと眺め、慌てて国立に・・・。今日は“木部一樹作品展”の最終日。前回の個展も勘違いをし、見逃してしまったわたしはあたふた。なんとか滑り込みセーフ。会場に近づくと入り口に人影、木部さんだ。こちらを見ていつものように手を合わせ“拝む仕草”。恐縮である。相変わらずの筆捌きに心を癒される。“桜の花びらが水面に散り水鳥が浮かぶ”作品は秀逸で、春風を運んでくれる。木部さんとお会いするのはしばらくぶり。銀座で個展をやった時は、すこぶる顔色が優れず気になっていた。この日の木部さんは顔色もよく、話をすると好きなお酒の方もかなりピッチが戻ってきてるとのこと。だが調整はしているようで、ちょっと安心した。久しぶりの再会で結局、最後まで・・・。ギャラリーを出てすぐ、“そこにおいしい店があるから、一杯いきませんか?”と。居心地のいい時間はそのまま、延長戦ヘ。いろんな話が乱舞したが、「男は夢ばかり追っかけ、バカだね!」と言うことで話は落ちついた。本当に楽しい時間でした。
来月、銀座煉瓦画廊で続けて個展を開くとのこと。すべて書き下ろしで、扁形の構図に挑戦し新しい世界を表現できればとおっしゃっていた。こちらも楽しみである。今回見逃した方はぜひ、この機会に木部ワールドに触れてみてください。
“木部一樹作品展・鳥よ花よ・・・”_e0120614_16204929.jpg
※お知らせ
■木部一樹・花鳥画展
(扁額のこころみ)

2012年5月14日(月)〜(日)
11:00〜19:00 
最終日17:00まで
銀座煉瓦画廊
TEL・FAX/03-3542-8626

by eddy-web | 2012-04-17 16:20 | 展・覧・会 | Comments(0)
伊豆の国の招待状。
2010.Jul.2
伊豆の国の招待状。_e0120614_12382817.jpg
今日、伊豆の国から招待状が舞い込んだ。UZUMAKI工房の木馬作家・太田宏明氏からの葉書。久しぶりの個展開催、お知らせの便り。そして突然の訪問。彼はいつも前触れなくやってくる、まるでつむじ風のようだ!7月8日(木)から始まる個展の案内を携え、以前に預かっていた作品の木馬を引き取りに東京へ・・・。ひさしぶりの再開で話は尽きない。あい変わらずのテンションである。いつまでも少年のように無邪気だ。よくも悪くも太田君。静岡で、個展を開くと言う。新作はないが、創りためた作品から選び抜いたものを、数十点展示するとのこと。今回はちょっと時間がとれそうもなく行けないが、こころから成功をお祈りします。次回はぜひ新作を・・・。お近くにお住まいの方、もしくは木馬が好きな人は是非観に行ってください。きっとその卓越した技術と、夢馬の世界がこころに染みるはずです。

木馬作家・太田宏明の世界展
伊豆の国の招待状。_e0120614_12353897.jpg

◆会期/2010年7月8日(木)~27日(火)
    AM11:00~PM5:00(期間内無休)
◆会場/ギャラリー タイム・キル
    TEL:0550-87-0484
    御殿場市中山645(旧246沿コインランドリーしゃぼん向い)
by eddy-web | 2010-07-06 00:00 | 展・覧・会 | Comments(0)
「迷子」を探しに外苑前に・・・。
「迷子」を探しに外苑前に・・・。_e0120614_1424107.jpg

2010.Jun.18

梅雨のあやしい雲行きの中、仕事の合間をぬい外苑前へ。少々昔、7年ほどやっていたV専門学校の講師。当時の教え子から展覧会(いつも、迷子)の案内が届いた。その葉書を片手に、今にも泣き出しそうな空を見上げながら会場(TAMBOURIN GALLERY)に・・・。扉を開けると居心地の良さそうなスペースの中、彼女らの作品たちがわたしを迎えてくれた。卒業以来、会ってない二人(Nさん&Tさん)。ふたりは学生時代から大の仲良し。卒業と同時にユニットを組み、頑張っているようだ。ユニット名は「Tokyo Playgirls」。
運悪く、お二人は不在。神様のいたずらか?!しばらくお邪魔し、作品を見させてもらった。Nさんの絵、Tさんの詩。どちらも今(自分)を表わしているのだろう。清々しい若いエネルギーが印象に残りました。彼女たちにはかなり変わった先生だったに違いない自分。それでもこうして便りをくれるのは、本当に嬉しいかぎり。元気でやっていることは、わたしにとって何より嬉しいこと。気さくなオーナーから二人の元気な様子を聞き、それをお土産にギャラリーを後にした。成長した二人には残念ながら会えなかったが、それは今度の楽しみに取っておこう。

◆TAMBOURIN GALLERY(タンバリンギャラリー)
 東京都渋谷区神宮前2-3-24
 TEL/03-5770-2331 FAX/03-5770-2332 
URL/http://www.tambourin-gallery.com/
◆Tokyo Playgirls ホームページ
URL/http://tokyoplaygirls.mania.cx/
by eddy-web | 2010-06-19 00:00 | 展・覧・会 | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif