カテゴリ:銭湯探訪(Love ゆ Tokyo)( 14 )
下町の細い路地を抜けると、そこには新しい形のお風呂屋さんが・・・。
e0120614_16361310.jpg銭湯巡礼の旅⑮大和湯
(足立区柳原)


2018.9.22
稽古の帰りに、道場近くの「大和湯」を訪れた。足立区へは週一で通うわたし。いまはまっている銭湯めぐりだが、今はまだフットワーク重視で時間をとりやすい場所(江東区・足立区)を巡っている。まずは基準の26カ所を目指し、思いついたら足を運ぶ日々。始めてからあらためて感じるのは、銭湯の魅力の深さ。訪れる場所場所に個性があり、そしてその魅力に癒やされる。今回訪れた「大和湯」さんは、道場(千寿常東小学校)から歩いて7~8分にある。下町ならではの入り組んだ細い路地を歩きつくまでに何度も足を止めたわたし。昭和の臭いがプンプンするその景観は、幼い頃を思い出す風情でワクワクさせてくれました。迷うことなくすんなり目的地に着いた時、闇夜に浮かび上がるお風呂屋さんの看板がライトアップされ出迎えてくれました。のれんをくぐりフロントへ・・・。
e0120614_16384280.jpg
ここは数年前に建て替えとても近代的の様相。つくまでの街の雰囲気とは打って変わり、綺麗でまるで温泉地の旅館風。脱衣所や浴場内は全体が木造を生かした内装で、めちゃくちゃシンプル。下町のお風呂屋さんのどこを見回しても見つからない。これは時代を生き延びる新しい提案と捉え、いままで通った銭湯とはまた違ったお風呂屋さんの姿をそこに観ました。無駄な演出は極力さけ、本当に旅館やホテルのような近代的で清潔感溢れる銭湯。そこは静かにお客のこころを癒やしてくれる憩いの場所としてこれからも生きて行くのだろう。湯船も大きく広々としていて、ノンビリゆったりできる。設備も充実していてジェット、バイブラ、薬湯とと大満足の造り。一番の売りは露天風呂で浴槽内の小さなドアを開けると、まわりを木の壁で囲まれた落ち着いた湯船が迎えてくれる。外の景色こそ見えないが、まさに露天風呂。薬湯になっていて温度も少しぬるめの、粋な演出は贅沢な時間をもらった気になる。何時間でも過ごせる、風呂好きにはたまらない造り。外に繋がっているようで、時折窓から入る冷たい風がこれまたたまらない・・・。たっぷりとお湯を楽しみ、大満足で銭湯を後にし駅へ続く商店街の道をぶらぶらと、時間は9時をまわりふと見上げた空にはお月様がぽつり。明日はきっと、良い天気。
e0120614_16385803.jpg


[PR]
by eddy-web | 2018-09-24 00:00 | 銭湯探訪(Love ゆ Tokyo) | Comments(0)
下町情緒が溢れる町、砂町銀座近くにある「竹の湯」さんへ。
e0120614_16361310.jpg銭湯巡礼の旅⑭竹の湯
(江東区西大島)


2018.9.08.
以前「竹の湯」さんが江東区には三軒あると紹介しました。今日は先月行った森下についでの二軒目、西大島にある「竹の湯」さんを訪ねた。ここは有名な砂町銀座近くにあり、下町風情が残る庶民の憩いの場。余計な話だが娘が最近独立し、この近くに住んでいる。銭湯通いは娘には内緒である。言えばきっと「また、新しい道楽をはじめたの・・・。」なんて言われるに違いない。住むには最高の条件だと、個人的には感じる。物価も安いし食べ物には不自由しないし、何よりひとのこころが温かい・・・。銭湯まで付いて、何が不満でしょうか?
e0120614_20020409.jpg
さて、「竹の湯」さん。入り口の暖簾をくぐる前にいつも確かめる、煙突の姿。煙突の空に向って伸びる姿が大好きである。その昔、中学一年時校内写生大会で1等になった事がある。中学の屋上から見下ろした住む町を目一杯細かく描いたもの。町の中心にドンと建っていたお風呂屋さんの煙突は、わたしの大好きな風景。思い出すと、あの頃が甦ります。また、思い出に酔っちゃいました。もとの戻して「竹の湯」さん。一本横の路地から覗くと、立派な煙突が・・・。形がまるで鉛筆みたいで、つい写生大会のことを思い出してしまいました。ゴメンナサイm(_ _)m
建物を囲むように描かれた動物の絵がモダンでとても素敵でした。ワクワクしながら中へ・・・。脱衣所を抜け浴室に入ると、まず受ける印象は「モダン」そのもの。高い天井と壁に塗られたペンキが三色のトリコロール。ブルー、グリーン、そして淡い朱色。外壁の動物画も驚いたが、このセンス徒者ではない。かと思えば湯舟の背景は竹林が広がる写真の演出。結構回った銭湯巡りだが初めての経験である。浴槽の横の壁や、洗い場の壁にもタイルを上手に組み合わせ文様が描かれている。何だか美術館の中にいるようである。湯舟が大きいのも気に入りました、L字型をしたそれはまるでてを拡げたようになっていて「どうぞ!」と言わんばかり。バブル、ジェットマッサージ(座風呂)、そして低周波の電気風呂の三種類を楽しませてくれる。前に電気風呂は経験しているが、やっぱちょっと苦手かも???(年寄りなので)シャワールームが2つありで入り口が少し内側に折れた作りになっている、きっとこれは、他のお客さんにしぶきが当たらない気遣い。イヤァ~~っこの心遣いは、まさしくプロ(江戸っ子)。すっかり身も心も癒され、その上今昔の交差するモダン空間でとてもまったりとした時間をいただきました。「ア・リ・ガ・ト・ウ」の言葉しかみつかりません。どうか長く続けてください。
e0120614_20024616.jpg



[PR]
by eddy-web | 2018-09-09 00:00 | 銭湯探訪(Love ゆ Tokyo) | Comments(0)
門前仲町の富岡八幡宮にほど近い、お風呂屋さん「第二和泉湯」。
e0120614_16361310.jpg銭湯巡礼の旅⑬第二和泉湯
(江東区牡丹)


2018.9.03.
江戸三大祭りに数えられるお祭り「深川八幡祭り」。毎年8月15日を中心に行われる伝統的な祭りは別名「水かけ祭り」と呼ばれ沿道の観衆から担ぎ手に清めの水が浴びせられる。“わっしょい!わっしょい!!”と昔ながらの掛け声が町中に響き渡り江東区最大のイベントは最高潮を迎える。三年に一度八幡宮の御鳳輦が渡御を行う年は本祭りと呼ばれ、各町から50数基の大人神輿が街を練り歩く。観て損はない、日本の伝統が繰り広げられる祭だ。そんな町にあるお風呂屋さん「第二和泉湯」を訪ねてみた。門仲エリアではたった一軒しかない貴重な下町銭湯は、12時から21時とわずか6時間の営業。のんびりしていると、入りそびれてしまうのでご注意。いつもより早めに出て夕方5時前には着き、こんな時間から風呂に来ていることに申し訳なさを感じつつのれんをくぐった。ご夫婦でやられていることは事前に知っていましたが、この日はご主人。かなりご高齢のようだが、お元気そう。いつものようにスタンプをしていただき、浴場に・・・。脱衣所に入りまず目に入ってきたのが、時代を感じさせるマッサージ機。かなりの時代物のようで、壊れて使えないよう。きっと何十年もの間頑張ってはたらき、いまは老後を迎えシンボルとなっているようである。
e0120614_16380301.jpg
浴室入ると目に飛び込んで来るのが、湯船の後に大きく描かれた大きなヨットが帆を拡げ海を行く姿。モザイク画で描かれたそれは、色鮮やかで眩しい。(女湯はディズニーのバンビらしい)浴場はこじんまりとしているが、清潔感に溢れている。お湯はバイブラと座風呂と予定通りの造りだったが、ひとつ低周波電気風呂というのがありこれははじめての経験。おっかなびっくり入ると、思っていた以上に強烈な刺激で正直なれるのにちょっと時間が・・・。注意書きがあり、ご老人はご遠慮くださいと書かれていた。(ご老人って、いくつから???)とおもわずフレーズが頭に浮かんだ。慣れてくると結構くせになりそうな、しびれ感で額からジワジワと汗が噴き出す。馴染みのお客さんどおしが湯船の縁に腰掛け、世間話に花を咲かせていました。こんな風景に出会えるのも、銭湯ならでは。しっかり暖まっての帰り道、まだ明るかったので遠回りしながらブラブラと帰りました。
e0120614_16384474.jpg



[PR]
by eddy-web | 2018-09-04 00:00 | 銭湯探訪(Love ゆ Tokyo) | Comments(0)
近くて遠い存在だった、お風呂屋さん。
e0120614_15561866.jpg銭湯巡礼の旅⑫喜楽湯
(江東区南砂)


2018.8.27.
家からほど近い銭湯「喜楽湯」(昭和28年創業)さんに、はじめて訪れた。自転車で10分くらいの場所にあり、近くには馴染みの古本屋さんがある。関係のない話しだがこの古本屋さんは、結構お宝が見つかるところ。わたしはおもに漫画や映画関連のものを物色するのだが・・・。
毎週通っていた銭湯「松島湯」が、廃業して1年以上が立つ。いまは更地とかし、駐車場と変わってしまったがたまにそばを通ると銭湯で知り合ったひとたちの顔を思い出す。みなさん元気でいるだろうか?と・・・。「喜楽湯」さんは、その「松島湯」さんからちょっと行ったところにある。不思議なもので近いわりに、一度も訪れたことがない。あるのは知っていたが、通い慣れた銭湯にどうしても足が向いてしまうのは仕方ない。それに長く通っていると、親しくなるひとも増え一週間に1度でも会わないと気になってしまう。そんな場所が銭湯なのである。
さて、「喜楽湯」さん。門構えはやはりマンションで、壁に「きらく湯」の電飾看板が・・・。建物横から覗いてみると、裏側に立派な煙突が聳え立つ。やはり煙突が見えると「お風呂屋さんだぁ~~!」という安心感を感じます。下駄箱を経由すると受付に優しそうなおばさん(女将さん)が・・・。おばさんと言ったら失礼かも知れません。きっとわたしとあまり変わらないかも???(わたしも充分オジサンです!!!)中はすこし狭い感じだが、ごくオーソドックスな銭湯。洗い場もこじんまりしていて、20名分(数えてみた)の洗い場とシャワー専門の場所があった。湯船は3層に分かれ、薬湯(日替)、座風呂(ジェット)、バイブラがあり湯温はやや温め。長湯なわたしは、この温度ならいくらでも入っていられる。壁に描かれていた画はモザイク画で色鮮やかなヨットが水をかき分け気持ちよさそうに・・・。ここだけ見るとまるで湘南にでも来た感じ。目を閉じて海の香りを想像するのも乙な楽しみ方かもしれない。
e0120614_16044211.jpg
ちょっと嬉しいことがあった。「松島湯」でよく見かけたおじいちゃんがそこに来ていて、何かとても嬉しくなりました。そこ(松島湯)では顔見知りになり話した常連さんが多かったが、そのおじいさんとは言葉を交したことがない。実はちょっと気むずかしそうな雰囲気な方で、声をかけずらかっただけのこと。でも、元気そうで何よりでした。こんど会ったら声をかけてみようと思います。


[PR]
by eddy-web | 2018-08-28 00:00 | 銭湯探訪(Love ゆ Tokyo) | Comments(0)
はじめて降りた街の、はじめての銭湯。
e0120614_11262346.jpg
e0120614_18001743.jpg
銭湯巡礼の旅⑪若松湯
(足立区・五反野)


2018.8.18
6月18日(土)、足立区の五反野に降りた。ここは一度も来たことのない街。西新井でボランティアがあり、終えたその足で寄り道の銭湯巡礼。ここ最近時間を見計らっては、足繁く通う銭湯巡り。知らない街はあらかじめ調べて準備をする。そして後はその日の気分と気力次第。流石に身体が疲れていると、銭湯モードにするには覚悟もいる。ただ好みのお風呂屋さんに巡り会うとテンションが上がり、次が楽しみになる。先週もちょっと良い気分を味わったわたしは、この日もふらっと知らない街へと湯煙を辿り・・・。
「若松湯」さんは、歴史ある銭湯らしく(創業1955年)地元では美肌の湯として女性たちに人気の銭湯。建物は建て替えられたらしく、マンションの1階に入り口が狭い通路場になっていた。夕暮れだったため外観はちょっと見えませんでしたが、ネットで調べるとサンタクロースでも入りそうな四角い立派な煙突が・・・。ちょっと日本とは思えない形状は、明るい時間にあらためて観に来たい。
さて、浴場へと興味津々高ぶるこころを押さえていざ入浴。幾つにも分かれた湯船たちが、いらっしゃいと手を広げています。なかでも別室状態の岩風呂の漢方薬湯がまず目に飛び込む。幸い入浴中のひともひとりだったので、すぐさま扉を開け中に・・・。天然石で囲まれた岩風呂は、庭でも見えればまさに露天風呂。手足を伸ばし、しばしの間温泉気分に浸ったわたし。お湯が柔らかい。なるほど、「これが美肌の湯か?」ヌルッとした感じのお湯が肌に纏わり付く。調べると井戸水をくみ上げカルシウムやマグネシウムなどを水から除去する装置を使い、水の粒子が細かくなって(摩擦が少なくなって)、ヌルヌルしていると感じるのだそうである。
好き嫌いはあると思うが、これは本当に温泉気分を味わえる。他にもジャグジーあり、寝風呂あり、ミストが降り注ぐ森林浴ありと贅沢なお風呂三昧。別料金だが、サウナもあり、そして冷たい水がじゃんじゃん溢れる水風呂まで・・・。熱い湯に浸かり一汗かいた後の、水風呂はたまりません。TVで身体にはあまり良くない入浴方法だと言ってましたが、冷たい水に肌がキュッと締まる感じは好きな人には止められません。壁に施された画は意外にも西洋のお城とそれを取り囲む美しい花たち。モザイクで創られた壁画と、アンバランスな温泉風の湯船たちが不思議なアンサンブルを醸し出すお風呂屋さんでした。見知らぬ街の見知らぬ銭湯で愉しい時間を過ごし、帰りの電車に飛び乗りました。明日はきっと良い天気・・・。
e0120614_11295138.jpg



[PR]
by eddy-web | 2018-08-25 00:00 | 銭湯探訪(Love ゆ Tokyo) | Comments(0)
休館中の現代美術館を通り過ぎ、はじめての銭湯「竹の湯」へ・・・。
e0120614_18001743.jpg銭湯巡礼の旅⑩竹の湯
(江東区・森下)


2018.8.17

東京都現代美術館にほど近い、「竹の湯」を訪ねてみた。江東区には「竹の湯」が3軒あり東西南北にほぼ分かれて点在。きょうは一つめとなる森下の「竹の湯」さんに・・・。三ツ目通りを菊川駅(都営新宿線)に真っ直ぐ向かい、森下5丁目の交差点角で「竹の湯」の看板が目に飛び込む。解りづらい場所も多いが、ここはまさにベストポジション。長く続いていた猛暑が、まるで嘘のようにカラッとした天気の今日。空気は澄み切って、近づく秋を感じさせます。銭湯の外観はビルそのもので、看板に明かりが灯っていなければお風呂屋にはとうてい見えませんでした。
e0120614_15313842.jpg
中に入ると受付があり、左右に男女の入り口が分かれている。ビルの1階ということもあり、天井は低くあまり開放感はないが浴場は超綺麗。湯船が浴場の角に 設けられいままでに出会ったことのない形状、お決まりの“富士山”の画の四角いパネル型のトタンにペイントで描かれ飾ってあり、これまた斬新。お風呂屋さ んは生き残りをかけ、独自の条件のもと最大限の個性を出そうとしているようだ。こじんまりとまとまった雰囲気は、プライバシィもほどよく確保され決して悪 くはない。自宅の殺風景なバスルームに比べれば天国である。薬湯(日替わり)あり、ジェットバス(座型)ありで、ゆっくりとした時間を堪能できる。この銭 湯で一番驚いたのが、洋室内にズ~ッと流れている音楽。有線なのかCDなのかは解りませんが、懐かしい昭和歌謡がランダムに続く。演歌あり、フォークあ り、歌謡曲ありと・・・。70年~80年代の名曲がずらり。これにはさすが驚きましたが、忘れていた懐かしい曲がかかると何故かセンチメンタルな気分にな り青春時代が蘇ってきました。曲の中にダ・カーポの「結婚するって本当ですか?」があり、思い出が走馬灯のように駆け巡るわたし。来年「平成」が終わりを告げます。目をとじ曲に耳を傾け、ふと10年後同じような気持ちで湯船に浸かるひとのことを考えた。きっと時代は同じように巡るのでしょう。
帰り道、見上げた夕暮れの空に綺麗なお月様が微笑んでいました。

e0120614_15315918.jpg

[PR]
by eddy-web | 2018-08-20 00:00 | 銭湯探訪(Love ゆ Tokyo) | Comments(0)
江東区のはずれにある、運河に囲まれた枝川の銭湯へ・・・。
e0120614_18001743.jpg銭湯巡礼の旅⑨白山湯
(江東区枝川)


2018.8.14
自宅からチャリオくんで、20分ちょいかかる地域に初めて足を踏み入れました。江東区に住みかれこれ35年にもなろうかとしている。だれもがそうであるように、住んでいる街のことを以外と知らない。と言うよりはほとんど知らないまま過ごしているのが現実。銭湯お遍路をはじめそれを痛感し、あらためて自分が住む街江東区が好きになった気がします。
e0120614_17203150.jpg
今日訪れた「白山湯」は、東京湾よりの地域で馴染みがまったくない場所。景色はどちらかと言えば倉庫が多く殺風景。あまり人通りもなく閑散としているので、正直こんなところに銭湯があるのか?と着くまで不安でした。ところが運良く道に迷う事なくすんなりと着いた「白山湯」は、そとから観ると壁一面に絵が描かれまるで何やら不思議な雰囲気。中はこれまた表と違いこ綺麗な普通の銭湯。大きな特長である血流を良くする「人工炭酸泉」(38度ぬるめ)のほか、寝風呂、スクリュージェットはまるでジャグジーのような心地よさ!湯舟が細かく仕切られて、お好みのお湯を楽しめる。銭湯としてはハイスペックな創りが魅力的。湯舟上の絵はタイルに直接描かれたペイント画。田舎の牧歌的な雰囲気で、渓流の流れる景色が何とも涼やか・・・。遠くに見えるのは北?南?アルプスの山々。男女仕切りの壁の向こうに赤富士が覗いていました。“赤富士、真正面から観たかったなァ~~。(こころのつぶやき)”
全部の湯舟を堪能し、本日も一時間。家路に着くまでにまたひと汗かくのはイヤですが、そこは巡礼者。我慢!我慢!!
e0120614_17210261.jpg
P.S. 帰って来てから調べたら、銭湯では地元の業者と組んで地ビールならぬ、地サイダーと地ラムネを売っていたらしい。知らずに飲み過ごしてしまった。大失敗である。時間をみつけもう一度行こうと、こころに決めた夜でした。
e0120614_17212054.jpg


[PR]
by eddy-web | 2018-08-16 00:00 | 銭湯探訪(Love ゆ Tokyo) | Comments(0)
稽古のあと、瀧のように流れた汗を流しに・・・。
e0120614_18001743.jpg銭湯巡礼の旅⑧美登利湯
(足立区千住旭町)


2018.8.11
先週に引き続き、今日も北千住のお風呂に・・・。今日も熱帯夜が厳しい中稽古を終え、道場近くにある「美登利湯」さんに初めてやってきました。お風呂屋さんは良くは解りませんが、同じような名前も多く組合の決まりでもあるのかなァ~と以前から思っているわたし。そんな中「美登利湯」って名は珍しくありませんか?察するに、こちらの銭湯の当主の名からとったのだろうと、勝手に思いましたが番台はお爺ちゃん。北千住駅東口の学園通り商店街を真直ぐ抜け突き当たりをちょい左の徒歩7~8分てところ。着くまでの通りは飲み屋さんが左右を取り囲み、ただでは返しません状態。この誘惑を振り切るのは結構大変、出来れば浴後帰りにお立寄ください。入り口は先週行った「梅の湯」同様、ザ、銭湯。薄明かりの中、暖簾が揺らぎ手招きをしています。中は超清潔感にあふれ、いがいやシンプル。天上も高いし脱衣所も銭湯そのものだが、浴室に入ると壁面の絵が見当たらない???はじめての経験で、浴室内をぐる~っと見渡してしまいました。壁は真っ白で、洗い場の男女の仕切り壁と湯舟の後ろ反面にだけモザイク画が・・・。富士山の絵が大好きなわたしは、チョッとガッカリ・・・。それでも気を取り直し、お湯を楽しむことにした。直したばかりなのか浴室内は、本当に綺麗で手入れが行き届いている。初めて行くお風呂屋さんでは、いつも「こいつ、見かけない奴だなァ」という顔でじろじろと見られるのだがこの日も案の定。ぜんぜん気にも止めずわたしなりの流儀で堂々と、そしてゆっくり控え目に・・・。
ちょっと物足りなさはあったのだがひとつ嬉しかったのは、湯舟のひとつが丸るい筒状になっていて四方八方がらジェットが活きよく噴出し全身をマッサージしてくれる。これには時間を忘れ、つい長湯をしてしまいました。「極楽、極楽」と思わず声が出てしまいました。こちらの銭湯はいまも薪で湯を沸かしているとのこと。また、来ようと思います。
e0120614_15544479.jpg

[PR]
by eddy-web | 2018-08-12 00:00 | 銭湯探訪(Love ゆ Tokyo) | Comments(0)
新しい時代の波を受けながらも、下町の風情が今なお残る北千住のお風呂屋さん。
e0120614_18001743.jpg銭湯巡礼の旅⑦梅の湯
(足立区北千住)


2018.8.4
今年の暑さには流石に参っているわたし。NEWSでは「命の危険にあたる暑さ」だと、連日注意を促している。正直、外へ出るのでさえ腰がひける毎日。それでも稽古をやすむ訳にはいかず、頑張って通ってくる子どもたちを思い、老体に鞭を打つ。そしてどう言う訳か、元気な子どもたちの顔を観れば暑さなど吹っ飛びエネルギーも湧く。ひとは必要とされることで、生かされていることを知る。幸せなことである。
e0120614_18371232.jpg
さて前に一度紹介した北千住東口から1分の「梅の湯」に、稽古帰りに一っ風呂浴びようと立ち寄った。いつもなら稽古後は真っ直ぐ帰るところだが、今日はサウナのような体育館の中でハンパない汗を流し、我慢出来ずに「梅の湯」へ直行。ここはもと教え子の実家で何度も足を運んでいるところ。商店街をちょこっとはずれた脇道沿いのお風呂屋さんは、駅から徒歩一分と最高の立地条件。外観も銭湯の王道をいく出で立ちで、銭湯好きにはたまりません。お湯は地下からくみ上げた水を湧かしているということで、肌にやさしい柔らかいお湯。浴場を飾る絵は、男・女湯をまたぎ王道の富士山が描かれています。凜とたたずむ富士山を眺めながら、ゆったりと湯舟に浸かると稽古の疲れが吹っ飛びます。これだから銭湯は止められません。北千住は40年以上通った街ですが、多くの大学がキャンパスを移して来て以来、本当に変わりました。聞けばいまや若者が住みたい街のBEST3に入るほど・・・。美しく生まれ変わった北千住ですが、まだ街のそちこちに昭和の面影が残り、古今が混在する。そんなレトロを求め探し歩くと、これはまたなかなかおつで楽しい街。タイムスリップを楽しんだ後に、一っ風呂なんて贅沢ではありませんか?ぜひ、一度足を運んでみてください。お勧めの下町です。
e0120614_18384135.jpg

[PR]
by eddy-web | 2018-08-07 00:00 | 銭湯探訪(Love ゆ Tokyo) | Comments(0)
江東区にある、もうひとつ「亀の湯」を訪ねて・・・。
e0120614_18001743.jpg銭湯巡礼の旅⑥・亀の湯
(江東区北砂)


2018.8.2
江東区には「亀の湯」が2軒ある。今日は北砂にある「亀の湯」さんを訪ねてみました。珍しく清洲橋通り沿いにある銭湯へは、迷う ことなくたどり着くことが出来ました。 入り口横に空手の道場があり、同業と言うこともありつい足を止めてしまったわたし。ちょっと寄り道した後、表通りからちょっと引っ込んだ銭湯の入り口へ。
e0120614_18032121.jpg
玄関前にはわたし好みの演出で盆栽とビオトープが並び、“日本の夏”を感じさせてくれました。そして男女入り口の正面が、床の間風になり掛け軸(あさが お)の絵がかかり、その前にも夏の草花が飾られ迎えてくれます。店主の趣味なのでしょうが、粋なおもてなしに感動したわたし。中に入ると番台にはおばあ ちゃんが笑顔で「いらっしゃい!」と。はじめて来たのにそんな気がしない。脱衣所のあちらこちらにも、夏 草が鉢に植わり飾られていました。小さな庭もあり、そこにも沢山の植木と草花が夏を楽しむかのように葉をのばし、目を楽しませてくれます。浴場に足を入れ る前から、こんなに気持ちがリラックスするなんて、なんて贅沢だろう。
草花を一通り愛でたあと、ようやく浴場へ。正面には男女の浴場をまたいだ 形 で熊本県の名所“天草五橋”の風景がところ狭しとタイル絵で描かれていました。何故“天草五橋”なのかは、謎ですが???。清潔感に溢れた浴場は、湯舟が 緩やかな傾斜になっていて子どもに優しい決め細やかな創りがなされています。日本の情緒に触れる良い時間を過ごしました。
さて銭湯通いで思うこ とがあります。やはり高齢者の方が圧倒的に多いこと。家のお風呂も悪くはないが、「たまには大切なひと(家族)と銭湯に行ってみるのも悪くありません よ!」と言いたい。思いっきり手足を伸ばし、自分のすべてをさらけ出しながら過ごす時間は良いものです。ぜひ一度試してください。今日はあらたに、自分好 みのお風呂屋さんに出会い大満足でした。
e0120614_17581087.jpg

[PR]
by eddy-web | 2018-08-07 00:00 | 銭湯探訪(Love ゆ Tokyo) | Comments(0)



エディデザイン室
by eddy-web
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif