人気ブログランキング |
2018年 08月 07日 ( 3 )
新しい時代の波を受けながらも、下町の風情が今なお残る北千住のお風呂屋さん。
新しい時代の波を受けながらも、下町の風情が今なお残る北千住のお風呂屋さん。_e0120614_18001743.jpg銭湯探訪1-Part2
梅の湯(足立区北千住)

2018.8.4

今年の暑さには流石に参っているわたし。NEWSでは「命の危険にあたる暑さ」だと、連日注意を促している。正直、外へ出るのでさえ腰がひける毎日。それでも稽古をやすむ訳にはいかず、頑張って通ってくる子どもたちを思い、老体に鞭を打つ。そしてどう言う訳か、元気な子どもたちの顔を観れば暑さなど吹っ飛びエネルギーも湧く。ひとは必要とされることで、生かされていることを知る。幸せなことである。
新しい時代の波を受けながらも、下町の風情が今なお残る北千住のお風呂屋さん。_e0120614_18371232.jpg
さて前に一度紹介した北千住東口から1分の「梅の湯」に、稽古帰りに一っ風呂浴びようと立ち寄った。いつもなら稽古後は真っ直ぐ帰るところだが、今日はサウナのような体育館の中でハンパない汗を流し、我慢出来ずに「梅の湯」へ直行。ここはもと教え子の実家で何度も足を運んでいるところ。商店街をちょこっとはずれた脇道沿いのお風呂屋さんは、駅から徒歩一分と最高の立地条件。外観も銭湯の王道をいく出で立ちで、銭湯好きにはたまりません。お湯は地下からくみ上げた水を湧かしているということで、肌にやさしい柔らかいお湯。浴場を飾る絵は、男・女湯をまたぎ王道の富士山が描かれています。凜とたたずむ富士山を眺めながら、ゆったりと湯舟に浸かると稽古の疲れが吹っ飛びます。これだから銭湯は止められません。北千住は40年以上通った街ですが、多くの大学がキャンパスを移して来て以来、本当に変わりました。聞けばいまや若者が住みたい街のBEST3に入るほど・・・。美しく生まれ変わった北千住ですが、まだ街のそちこちに昭和の面影が残り、古今が混在する。そんなレトロを求め探し歩くと、これはまたなかなかおつで楽しい街。タイムスリップを楽しんだ後に、一っ風呂なんて贅沢ではありませんか?ぜひ、一度足を運んでみてください。お勧めの下町です。
新しい時代の波を受けながらも、下町の風情が今なお残る北千住のお風呂屋さん。_e0120614_18384135.jpg

by eddy-web | 2018-08-07 00:00 | 銭湯探訪(Love ゆ Tokyo) | Comments(0)
江東区にある、もうひとつ「亀の湯」を訪ねて・・・。
江東区にある、もうひとつ「亀の湯」を訪ねて・・・。_e0120614_18001743.jpg銭湯探訪5
亀の湯(江東区北砂)

2018.8.2

江東区には「亀の湯」が2軒ある。今日は北砂にある「亀の湯」さんを訪ねてみました。珍しく清洲橋通り沿いにある銭湯へは、迷う ことなくたどり着くことが出来ました。 入り口横に空手の道場があり、同業と言うこともありつい足を止めてしまったわたし。ちょっと寄り道した後、表通りからちょっと引っ込んだ銭湯の入り口へ。
江東区にある、もうひとつ「亀の湯」を訪ねて・・・。_e0120614_18032121.jpg
玄関前にはわたし好みの演出で盆栽とビオトープが並び、“日本の夏”を感じさせてくれました。そして男女入り口の正面が、床の間風になり掛け軸(あさが お)の絵がかかり、その前にも夏の草花が飾られ迎えてくれます。店主の趣味なのでしょうが、粋なおもてなしに感動したわたし。中に入ると番台にはおばあ ちゃんが笑顔で「いらっしゃい!」と。はじめて来たのにそんな気がしない。脱衣所のあちらこちらにも、夏 草が鉢に植わり飾られていました。小さな庭もあり、そこにも沢山の植木と草花が夏を楽しむかのように葉をのばし、目を楽しませてくれます。浴場に足を入れ る前から、こんなに気持ちがリラックスするなんて、なんて贅沢だろう。
草花を一通り愛でたあと、ようやく浴場へ。正面には男女の浴場をまたいだ 形 で熊本県の名所“天草五橋”の風景がところ狭しとタイル絵で描かれていました。何故“天草五橋”なのかは、謎ですが???。清潔感に溢れた浴場は、湯舟が 緩やかな傾斜になっていて子どもに優しい決め細やかな創りがなされています。日本の情緒に触れる良い時間を過ごしました。
さて銭湯通いで思うこ とがあります。やはり高齢者の方が圧倒的に多いこと。家のお風呂も悪くはないが、「たまには大切なひと(家族)と銭湯に行ってみるのも悪くありません よ!」と言いたい。思いっきり手足を伸ばし、自分のすべてをさらけ出しながら過ごす時間は良いものです。ぜひ一度試してください。今日はあらたに、自分好 みのお風呂屋さんに出会い大満足でした。
江東区にある、もうひとつ「亀の湯」を訪ねて・・・。_e0120614_17581087.jpg

by eddy-web | 2018-08-07 00:00 | 銭湯探訪(Love ゆ Tokyo) | Comments(0)
予定を変更しても決めたら行きたい、それが銭湯。
予定を変更しても決めたら行きたい、それが銭湯。_e0120614_18001743.jpg銭湯探訪4
日の出湯(江東区住吉)

2018.7.30

今日は東陽町と錦糸町の丁度真ん中あたりにある、「日の出湯」を訪れた。本当は別の銭湯を予定していたのだが、この日が定休日。普段から予定を立てず気分で動く主義なのだが、銭湯巡礼は別。ちゃんと調べて行かないと、無駄足になることも多いので要チェックは必須。その辺は銭湯めぐりのルーティーンかもしれない。特に初めての場所は探しながらなので、結構大変だしもし万が一お休みだったりしたら半端なく落ち込む。今日のお風呂は再訪なので、ちょっと余裕があり急な変更に答えてもらいました・・・。
さて、「日の出湯」(住吉)は四ッ目通りに面した立地なのだが、ちょこっと引っ込んでいる。これが以前解らず、あたりをグルグルと回ってしまいたどり着くのに苦労をした。特に冬は日が暮れるのがはやいので、路地裏などの場所探しは大変。だから、見つけて銭湯の湯に浸かった時の至福感はたまらない。「日の出湯」は、昔ながらの天井が高い創り。その天井と壁は水色に塗られ、壁の画も王道の“富士山”(ペンキ絵)。ところどころペンキがはげているところも、逆に風情がありこれぞ“The銭湯”である。湯船はやや小さめだが背もたれに冷水のパイプ管が設置され、首筋に当てれば極楽。お湯はやや温め(42℃くらい)だが絶妙な湯加減、長く浸かっていてものぼせない。これなら何時間でも、浸かっていられる。わたしには最高のセッティングで、今日もまた1時間ほどいてしまった。(これはわたしの常識)むかしの話しだが、小学校3年生くらいだった頃、近所の銭湯で長湯をし気を失ったことがある。ガキのころからお風呂大好きの自分は、いまもそのままである。機会を見つけ、銭湯のむかし話をアップしようと思います。笑える話しが山ほどあります。ということで今日はここまで・・・。
予定を変更しても決めたら行きたい、それが銭湯。_e0120614_18191728.jpg

by eddy-web | 2018-08-07 00:00 | 銭湯探訪(Love ゆ Tokyo) | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif