人気ブログランキング |
2015年 02月 02日 ( 1 )
よもやまシネマ-185 エクソダス
よもやまシネマ-185 エクソダス_e0120614_17423612.jpg

よもやまシネマ-185 エクソダス_e0120614_13402868.jpg




2015.Feb.02

リドリー・スコット監督の最新作“エクソダス”を鑑賞。歴史ものは男心をくすぐるテーマ。ましてスコット監督が手がけたとなれば、見ない訳にいきません。2000年に“グラディエーター”でアカデミー賞12部門にノミネートされ、うち5部門を受賞。その名を名実共に不動のものにしました。個人的にはスコット監督作品で一番好きなのは“ブレード・ランナーで、ケース入り特別バ−ジョンのDVDはわたしのお宝。他にもエイリアンやブラック・レイン、ハンニバルなど好きな作品はいっぱい。大学でグラフィックデザインや舞台美術などを専攻し、CFの世界で実力を磨き映画界に転身したと聞いています。そのあたりは作品に思いっきり表われているのは、一目瞭然。衣装や美術への拘りと、スケールの大きい映像表現。今回の作品はスコット監督のためにふさわしいテーマ。
さて、“エクソダス(神と王)は、”紀元前1300年、旧約聖書の「出エジプト紀」に綴られたモーゼの英雄伝説がもとになっている。モーゼと言えば“十戒”。“十戒”といえばモーゼ。モーゼといえばチャールトン・ヘストンである。1956年の作品だが、今見ても色あせない堂々としたスペクタル巨編である。相手役のラムセス(当時レメセス)をユル・ブリンナーが演じ、両者一歩も引かない演技の攻防をみせてくれたのは紛れもない。予言者モーゼによる紅海が真っ二つに割れるシーンは、同時見るものの度肝を抜き忘れられぬシーンとなった。いまでこそCG技術が発達し、不可能な映像表現はまずないと言っていいが、約60年も前に創ったとは驚きのひとこと。いったいどれだけの時間とひとの手がかけられたのか、想像を遥かに超えてしまいます。
さて、“エクソダス”に話を戻しますが、さすがにスコット監督と頷く大きなスケールの作品になりました。昔のモーゼとはかなり印象がちがったところは、逆に新鮮で監督の独自の考えや表現が随所に出ておりました。昔のモーゼは予言者として、設定されていましたが神に近い人物。今回はひとりの人間がもがき苦しむ中で、神に一歩一歩近づいていくと言った、人間ドラマになっています。昔、手にしていた杖の代わりに剣を携え、はじめは闘士として地に立っています。そして戦いの中から、権力への矛盾や、自由の尊さなどを感じはじめ目覚めてゆく。軸になっている生い立ちなどは、そのままだがスコット監督流とでも言うような、現代的なアレンジの演出になっているように思えます。初っぱなからのダイナミック戦闘シーンにはじまり、あっという間の2時間半。少し長い作品だが、まったくそれを感じさせません。主演のクリスチャン・ベールは熱演です。彼は業界でも有名なストイックな人物。役柄のためなら体重を30キロくらい当たり前のように、上限できるそうです。今回はそこまでの絞りこみはなかったようですが、モーゼになりきっておりました。ラムセス役のジョエル・エドガートンもベールに負けず劣らずの存在感でした。キャッチフレーズの“神に選ばれた男”と“神になろうとした男”を見事に演じきった2人に拍手!!また、脇をシガーニー・ウィーヴァーやベン・キングズレーといった名優たちが固め、ある意味贅沢なキャスティングだと・・・。IMAX・3Dで鑑賞した訳ですが、その迫力と臨場感は謳い文句以上に満足感を獲る事ができました。歴史好きなひとやスペクタルものが好きな人たちは、いますぐGO!!
Shoji UEKUSA
by eddy-web | 2015-02-02 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif