人気ブログランキング |
2013年 09月 27日 ( 1 )
よもやまシネマ-126 風立ちぬ
よもやまシネマ-126 風立ちぬ_e0120614_11583993.jpg

よもやまシネマ-126 風立ちぬ_e0120614_13402868.jpg




2013.Sep.23

やっと宮崎監督最新作、“風立ちぬ”を観ることができました。いつもひとりで映画は鑑賞する自分。だが今回ばかりは、公開前から子どもたちとの約束がありじっと我慢。スケジュールがやっとあい、家族で劇場に足を運んだ。
今回の作品は公開前から話題が多く、ネット上に様々なコメントと憶測が流れ期待に拍車を掛けた。そして公開と合わせるかのような宮崎監督の引退会見。みな、“嘘〜っ!何で〜っ!!辞めないで”と思ったに違いない。
この作品はまぎれもなく、宮崎駿監督の覚悟だとわたしは受けとめた。ポニョの公開後、次回作が決まらず時間ばかりが過ぎたある日のこと。ブレーンでもある鈴木プロデューサーからの提案で“風立ちぬ”の名が上がった。しかし監督は“あれはだめだよ!アニメにはならない!!”と一笑。それはある雑誌の連載中の作品で、監督のプライベート的思考の強い作品。また、いままで描いてきたどの作品ともことなる現実的な話。そこに宮崎ファンタジーは影を潜めている。それでもあきらめない鈴木さんの言葉に、監督は“よし!”と意を決した。この時に監督が覚悟を決めたのかは、神のみぞ知る、いや監督のみぞ知るである。いままでとは違う、まさにまるごと宮崎監督といった作品かも・・・。作品は公開と同時に様々な批評がネット上に上がり、中には“子どもが泣き出して困った”などあれは宮崎作品ではないとまで・・・。わたしはそんな話も含め、さきほど監督の覚悟と言いました。解っていて創ったことは、ファンならみなさん解っていること。もちろん今までの作品と比べての、好き嫌いがあるのは当然。見る側のある意味、権利と自由。わたしは監督作品のすべてが大好き。いつもこころに忘れかけていたものを、観る度に思い出させてくれる。今度の作品も気持ちの良い涙を流すことが出来ました。
さて作品の内容には触れませんが、この作品で感じたことをもう少し話しましょう。作品の中に沢山のメッセージが詰まっています。そう感じるのはわたしだけかも知れませんが・・・。それらをひとつひとつ拾い集めるとまた違った意味で“風立ちぬ”を多いに楽しむことが出来ます。主人公のモデルになった堀越二郎は、監督そのもの。純粋でひたすら夢を追い続けそれを形にする。今回異色の抜擢で声優として起用された、“EVA"庵野監督もしかりである。声優に素人を使うのは冒険だ。意図的かも知れないが観客はきっと違和感を感じるに違いない。それは普通に考えれば当たり前。だが宮崎監督はそれ以上に主人公・堀越二郎という人物の中に、夢を追うものとして自分たちと同じものを感じたに違いない。こころが解る人に、やらせることがいちばん正しい選択ときっと思ったのだろう。話はちょっと脇にそれるが、以前庵野監督の“EVA"を宮崎監督はかなり厳しく批評をしている。“アニメは子どもたちの為に創るものでなければならない”、が監督の持論である。そこには監督の揺るぎないポリシーとプロ意識がある。ただ根底にある夢の形は、庵野監督も宮崎監督も表現の仕方は違えどきっと同じなのである。“ナウシカ”の中の、巨神兵のシーンを庵野監督が担当したのは周知の事実。そこにEVAの原点があるのは、ファンはみな知っている。“風立ちぬ”公開時のインタビュウーで、庵野監督は“宮さんがやっと大人になりました”と言ってのけました。この人も凄い人です。
ついでにもうひとつ、スタジオ・ジブリに入りたくて試験を受け見事落とされた人の中に、細田守監督(時をかける少女・おおかみこどもの雨と雪など)がいる。宮崎監督はその溢れる才能を認めた上で、あえて落したと言われている。その後、“ハウルの動く城”で抜擢されるも製作中止の洗礼。いろいろとあったようですが、きっと庵野監督同様、宮崎監督が期待している次世代を担う監督に間違いないひとりである。今後のジブリが気にかかるが、一番気を揉んでいるのは宮崎監督???いろんな意味で、やはり覚悟の作品だと思います。まるごと素の宮崎監督作品“風立ちぬ”をどうぞご覧あれ。きっと潔い感動と幸せを噛み締めることができるでしょう。
なんだかいつもより、熱くなり生意気を言ってしまいました。真実はやはり、監督のこころの中。大好きな宮崎駿監督のことなので、どうか許してください。
最後に劇中のもっとも印象に残った言葉を紹介します。
夢の中で、堀越二郎が尊敬するイタリアの飛行機制作者カプローニが言った言葉「大切なのはセンス。技術はあとからついてくる。」「創造的人生の持ち時間は10年。君の10年を力を尽くして生きなさい。」
なんと深い言葉だろうか。
by eddy-web | 2013-09-27 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif