人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ690 “ソウルメイト”
よもやまシネマ690 “ソウルメイト”_e0120614_13313676.jpg


2024.5.09.

イマイチの体調でしたが、今日までの公開だったので逃すまいと観に来たソウルメイト。無理して来た甲斐がありました。お釣りが来るほどの素晴らしい感動をもらい、ず~~っと余韻に浸っています。先週に引き続き、涙涙の私好み感動作品。韓国映画の勢いは止まる気配もなく、次々に素晴らしい作品を創り上げています。日本も負けてはいませんが、頭ひとつ韓国映画に差をつけられている感じがします。

さて、感想です。子供の頃、母から厳しく言われていた言葉「嘘をついてはいけない!」。確かにそうなのだが、人は元来嘘つき。自分の都合よく、簡単に嘘をつく。年を重ねるたびに、どんどん罪悪感が薄れ「嘘も方便」と開き直るようになる。恥ずかしい限りだ。嘘にも大きく分け二つの形がある。ひとつは絶対についてはいけないもの。もうひとつは、時には必要なも。できれば正直に生きるに越したことはないのだが、そうもいかないのが人間。人を裏切るのは良くないが、真実を語らない方がいい時もときにある。

ソウルメイトは私が知る限り、最も美しい嘘のような気がします。ソウルメイトというタイトルにひかれ鑑賞したが、そうきたか?と思わせる内容でした。人生にたった一人でもこの映画のような人間関係を築けたら、どんなに幸せだろう。日本ならさしづめ「親友」というのだろう・・・。私は昔からこの言葉には違和感を感じている。何故なら親友の親って「親」って書くじゃないですか?親と同等の関わりって、絶対ないと思っているからである。自分の全てを曝け出せる関係は、相手を尊重しさらに信用してできる心の絆。親は血という固い結びつきがあり、その分理屈抜きに良くも悪くも重たい。

ソウルメイトの主人公ふたりが、眩しくて美しい。互いに相手を思いやる心のあまり、時に激しくぶつかり合いそしてまた、相手を想いやる。互いに秘めた心の内が、少しづつ解き放され「2人の秘密」が明らかになっていく。こんな友達がいたら、どんなに生きることが素晴らしいものに思えることだろう。先週観たコット、はじまりの夏もめちゃくちゃ感動しその余韻に何度も涙しましたが、今作も鑑賞中はグチャグチャ。そしてコット、はじまりの夏同様に、余韻がおさまらず、いろいろなシーンを頭に浮かべては涙腺が緩み、ほぼダメおやじ状態に至っています。

主演の女優さんが2人とも素晴らしい存在感を生んでいます。ひとりはミソを演じたキム・ダミ。自由奔放に振る舞う表の表情とは裏腹に抱える心の奥底に抱える深い悲しみの両面を、繊細に演じ分け胸を締め付ける。また、親友ハウンを演じたチョン・ソニもまた、決して裕福な家庭ではないが親の愛を全身で感じなが何不自由なく育ったが、自分の意思では何事を決められない内向的な性格を見事に演じている。真逆の性格の二人が、互いに自分にないものを求め惹かれ合う。16年という時の流れの中での、ふたりの秘密が紡がれていく物語は2点3点と予想を裏切る展開になっている。涙無くして語れない作品だが、とても幸せな気持ちにさせてくれました。ここまで相手を強く想うことのできる関係は、素敵だと思います。羨ましい限りです。女同士の友情を疑っていた自分ですが、心改め謝罪します。偏見でした。男同士でもできないことなので、ちょっと心が歪んでいました。これからは、男とか女とか関係なく心から慕える人間関係を築いて行こうと思います。70歳の親父が今更ながら、いうようなことでもないのですが・・・。心が洗われるような、美しい作品に出会え2週連続で豊かな気分を得ることができました。映画はやっぱり、心の栄養剤です。

P.S. 韓国の済州島が背景になっていますが、とても美しく二人の関係に色を添えています。また、ジャニス・ジョップリンの名曲が蘇り美しいシーンをより際立てた演出が、とても素敵です。おじさんにはたまりません。映画の中に知っている俳優さんが、いっぱい出てきて嬉しかったです。ハウンの両親や二人ともめ追いかけてくる店の主人など・・・。いっとき韓流ドラマにハマりまくり、それらドラマで何度か観た俳優さんたち。みなさん、いい味を出す名バイブレイヤーです。こう言う俳優さんたちのおかげで、いい作品は生まれるのでしょう。冒頭とラストに出てくる、ミソの大きな肖像画。とても綺麗です。鉛筆で丁寧に描かれ、愛情が画面から溢れだしこの絵を思い浮かべるだけで涙が溢れ出してきます。お勧めの1本です。ぜひ、ご覧あれ。※この作品は中国の作品を、ミン・ヨングン監督がリメイクした韓国映画です。オリジナルもぜひ、観てみたい作品です。



by eddy-web | 2024-05-10 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ691 “猿の惑... よもやまシネマ689 “コット... >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif