人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネア678 “デューン/砂の惑星パート2”
よもやまシネア678 “デューン/砂の惑星パート2”_e0120614_17020777.jpg


2024.3.15.

デューン/砂の惑星パート2が公開されました。2021年に第1作が公開され、その年の映画賞を数多く獲得し大きな話題となった作品です。原作はフランク・ハーバートによる同名小説「デューン・砂の惑星」。1965年に発表された抒情詩的SF作品は、二部作構成の物語。壮大で重厚な物語は、映像化が困難と言われていました。1971年以降何度も映画化が試みられたが、その度制作までには至らなか作品。それでも1970年以降、ようやく映画・TVを含め4作品が創られましたが、どの作品もあまり高い評価を得ることができず、製作者には大きな壁となっていました。

そこに挑戦したのが名匠ドゥニ・ヴィルヌーブ監督。かのSF映画の金字塔とまで言われる名作、ブレード・ランナーの続編2049を手がけ、前作に劣らない高い評価を得て、デューン新作監督に抜擢。その期待に応えた作品は、その年のアカデミー賞を含め多くの賞に輝いたのは記憶に新しい。

さて、今作は前作の続きとして描かれたストーリーで、さらにスケールアップせてたスペクタル作品となっています。ブレード・ランナー同様に宗教色の強いテーマは、微妙で繊細な表現の難しさを孕んでいます。それを表現するのには深い洞察力が求められ、小手先のテクニックでは到底観客の心に響くものにはならない。ある意味、品格が求められるようなテーマです。そう言う意味では、ハードルが高いためVFXに頼りすぎない演出が求められる。まず子ども向けの面白いだけのSF作品でない事だけは間違いありません。大人の鑑賞に耐えうることはもとより、難しいテーマをどう理解させるかなど、監督の手腕が問われる作品ではないでしょうか?きっと好き嫌いが大きく分かれる作品です。

さて、デューン/砂の惑星パート2の感想です。個人的には前作を上回る出来と、受け止めています。難しい物語の構成なので、あらかじめ前作を観ておく事をお勧めします。私は逆に観た後に確認しました。登場人物たちが複雑に絡み合った内容ですので、その関係図はかなり重要だと思います。また、観念的表現をベースにした宗教感が描かれているので、この辺りも複雑かつ感性の多様性を求められる作品です。現代社会にも通ずる大きなテーマ(因果応報)が見え隠れしています。答えを見つけるのが難しい作品ですので、ついていけない人もいるでしょう。

それでも私は、原作の複雑な内容をかなりシンプルにしているように感じました。個性に富んだキャラクターが多く登場しますが、メインに主人公ポールとヒロイン・チャニに絞ったことでかなり解りやすい設定になっていると思います。個性豊かで魅力を孕んだキャラ全てにスポットを当てると難解になる恐れがある。この辺りはスリムに整理され、ビルヌーブ監督の手腕が光っているのではないでしょうか?また背景になる宇宙空間などの表現もVFXCG)を惜しみなく駆使し、前作以上に見応えある映像効果を創りあげています。それ以外も美術や衣装、メイク、音響、音楽、視覚効果など、レベルの高い仕事をされています。衣装には特に目をひかれ、その創造豊かな表現はとても印象に残ります。

余談ですが、このハリウッドの技術や制作予算に優った、今年の「アカデミー賞視覚効果賞」を手にしたゴジラ−01”の偉業は凄い事です。誇りに思えます。

話を元に戻します。想像力を掻き立てる作品が好きなファンには、たまらないご馳走かも知れません。観るところがいっぱい散りばめられ、このシーンはどうやって撮影したのか?とか、このセットはどんな風に創られたのか?興味の的が絞れません。全部凄いの一言。物語は主人公の二人を軸に展開していきますが、複雑な人間関係が絡み合い、今後の展開がどうなっていくのかが余韻として残るラストとなっています。二部作で完結と言われていた作品ですが、どうなるのか気になるところ。お預け状態で終わってしまうのは、ファンは納得しないと思います。

P.S. 出演者が豪華で凄すぎます。俳優として高い評価を得ているだけでなく、とても魅力あふれるアクターの皆さんがいっぱい。私は男優さんたちより、どうしても女優さんたちに目がいってしまいます。キーパーソン役のチャニを演じたゼンデイヤをはじめ、母親役のレベッカ・ファーガソン、レア・セドゥ、フローレンス・ビュー、そしてレジェンドのシャーロット・ランプリング。いずれ劣らぬ美女ばかり。これはもうファンにはたまりません。ここからどんな絡みが生まれてくるのかも、楽しみな一面です。この昨品はスケールだけでなく、これからのハリウッドの未来を占う、そんな作品かも知れません。


by eddy-web | 2024-03-18 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ679 “月” よもやまシネマ677 “アメリ... >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif