人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ671 “ボーはおそれている”

よもやまシネマ671 “ボーはおそれている”_e0120614_18202171.jpg
よもやまシネマ671 “ボーはおそれている”_e0120614_20023927.jpg


2024.2.16.


今やハリウッドを代表するアクターとなった、ホアキン・フェニックス。難しい役どころを難なくこなすその実力は折り紙つき。その彼の最新作、“ボーはおそれているを鑑賞。予告編を観てその情報に心が躍り、早速劇場へ・・・。まず刺激を受けた情報はなんと言っても、ホアキン・フェニックスの主演。そして次がA24が制作し、監督・脚本がアリ・アスターである事。この3つの駒が揃えば、期待せざるを得ない。さまざまな映画賞に次々話題作を提供する、ハリウッドで今最も勢いのある映画制作会社A24。そのA24が見出し、ヘレディタリー(継承)”“ミッドサマーと立て続けて、大ヒット作を生み出したcと3度目のタッグを組んで創り上げた最新作がこのポーはおそれているである。そして主演がホアキン・フェニックスとなれば、観るのは当然の行動。いったいどんなクリエイティブな世界を観せてくれるのか、見る前からワクワク、ドキドキ感が高まる。以前ミッド・サマーを鑑賞した時、こんな作品は2度は観たくないと言ったわたし。カルト的内容とその表現が、余りにリアル且つグロで気分が悪くなったことが今の脳裏に浮かぶ。ストーリーや映像表現の素晴らしさは、素直に認める出来なのだがどうしても受け付けない思考が働き拒んでしまう。その後批評を色々読むと、「消えない傷」を観客に植え付けた天才監督とアリ・アスター監督を称賛していました。なるほどと思う批評に、狙い通りに創り上げた監督に完敗したことを認めざるを得ない。基本A24作品は好きである。いつ観ても感性を良くも悪くも刺激され、映画の持つ魅力と可能性を今までにない切り口で私たちを楽しませてくれる。目の離せない存在であることは間違いのないこと。

前置きがいつものように長くなりました、すみません。悪い癖というか、刺激が強い作品に出会うといつもこうなる。のめり込んでしまう自分が、怖いです。

さて、感想です。いやぁ~~~っ、何から話をしたら良いやら頭の中がグチャグチャです。脳みそが掻き回される3時間の旅はかなり、ハード。A24、アリ・アスター監督にしか創れない作品であることは間違いありません。観客の想像を遥かに超えた展開に、迷路に迷った羊と化すそんな自分になってしまう感覚。主人公ボーがそのまま、自身と重なり最後はもう、クタクタです。長編ですが、長さは感じません。ですが、100mを全力で走ったくらいの疲労感が残ります。体調を整え挑むことをお勧めします。映像表現や演出は内容を和らげる効果を狙ったのか、絵本風のアナログ的表現を加えたりし遊んでいます。つい先ごろ見た、哀れなるものたちに近い作品と言っても良いかも・・・。そう言えばこの作品の制作会社もまた、脚光を浴びている新進気鋭のサーチライト・ピクチャーズという制作会社。ハリウッドは今、新しい風が吹き革命にも似た潮流が生まれ始めているようである。お金さえ掛ければの時代は、もう終わったようである。

人間の中に棲みつく「強迫観念」に犯された主人公ボー。数日の出来事の中で、一生分のエネルギーを使いエンドロールを迎える。観た人に再び「消えない傷」を植え付ける作品、そんな作品になっています。個人的には、まだこちらの方がミッドサマーより、ソフトだと思います。主人公は明らかに病んでいるのですが、なんか自分の中にも潜んでいるようで怖いです。映画としては記憶に残る一品となりました。是非とは言いませんが、観て損はない作品です。

P.S. ホアキン・フェニックスという俳優さん、改めて凄い人だと強く感じました。近い俳優さんを探すと、頭に浮かんだのがレジェンド、ジャック・ニコルソン。最近あまり観ていませんが・・・。そう言えば共通点が見つかりました。2人とも「ジョーカー」を演じているということ。バットマンの宿敵ジョーカーは、それほどにキャラの深みがあるという事実ではないでしょうか?ビランの中でも一番好きなキャラですが、ホアキン・フェニックス、ジャック・ニコルソンも甲乙つけがたい怪演でしたが、忘れてならない人がもう一人。若くしてこの世を去ったヒース・レジャー。この人の名も永遠に映画ファンの心に刻まれた俳優さんではないでしょうか?こう考えるとジョーカー役を射止める俳優は、間違いなく名優と呼ばれる証。今年公開のバットマンが、今から楽しみです。

作品のパンフがめちゃ凝っていて、作品に負けず劣らず完成度が高い作品となっています。A24の作品は、いつもクオリティの高いデザインでパンフも素晴らしいです。デザイナーに拍手です。


by eddy-web | 2024-02-19 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< 映画“PERFECT DAY”... NANJYa?COLLe71 ... >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif