人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ669 “鬼滅の刃/絆の奇跡、そして柱稽古へ”

よもやまシネマ669 “鬼滅の刃/絆の奇跡、そして柱稽古へ”_e0120614_14475482.jpg

よもやまシネマ669 “鬼滅の刃/絆の奇跡、そして柱稽古へ”_e0120614_16464830.jpg






2024.2.7.


ワールドツアー上映中で、世界中のファンの話題を攫っている鬼滅の刃。その最新作鬼滅の刃/絆の奇跡、そして柱稽古へを鑑賞。前にお話ししましたが、原作を後読みで全巻読んだわたし。アニメ劇場版「無限列車編」で炭治郎を知り、そして煉獄杏寿郎の生き様に感動し鬼滅の刃の虜になった。アニメ化され、「竈門炭治郎・立志編」「無限列車編」「遊郭編」「刀鍛冶の里編」と続き、待望の「柱稽古編」がこの春から待望の新シリーズが始まる。作品は劇場版として「刀鍛冶の里編」から繋いだ、ファンが待ちに待った新章へのプロローグ第1話。

今作はダイジェスト的な表現で、すでにTVで放映されたアニメを再構築しまとめたもの。ず~~~っとアニメを観てきた人たちには、新しい感動はないかも知れませんが、まだ鬼滅の刃を知らない人には登竜門的解説指南の役割になる作品です。

これまた恥ずかしい話ですが、わたしは「刀鍛冶の里編」をまだ、鑑賞していません。家のTVに全て録画してあるので、今作を観た後、家に帰り早速鑑賞。映画館で禰󠄀豆子の太陽克服のシーンで思いっきり泣いたわたしは、その余韻を引きずってのTV鑑賞。まだ全部観てはいませんが、ゆっくりじっくり物語を楽しみたいと思っています。

今作のか感想は、そういうことで特にはありません。ですのでなぜ、わたしがここまでハマってしまったのかを綴りたいと思います。そんなの聞きたくないという方も、いるかと思いますが言わせてやってください。

好きなところのまず1番目は、ストーリーの面白さは言うまでもなく、なんと言っても主人公・竈門炭治郎の究極の愛である。「愛」なんて青臭い表現で申し訳ありませんが、この言葉意外に彼を表す言葉が見つかりません。

大切な家族の命を奪われた炭治郎が、鬼退治の修行を積みながら成長していく姿は志を持つ人のこころを掴んで離さない。「夢」とか「希望」とかいう言葉が劣化している現在。そんな中でこの作品が、人の忘れかけていたこんな気持ちを奮い立たせてくれているそんな気がします。炭治郎は唯一生き残った妹・禰󠄀豆子が半妖怪(鬼と人間)から人間に戻ることを信じひたすら守りながら前へと進む。柱たちとぶつかりながらも決して諦めず争い続ける姿に、周りの全てのひとたちがそれを信じ始め共に戦う。まさにこころの共鳴である。そして何よりわたしのこころを揺さぶるのは、敵である鬼たちに対しても無性の愛を届けるその清らかなこころ。これには毎回、泣かされるわたし。ここまで深い愛を見たことがない。たかが漫画、たかがアニメという勿れ・・・。これこそ今一番求められる、私たち人間の課題ではないでしょうか?もし炭治郎のような人間がいっぱいになれば、戦争なんで愚行は世界で起こるはずもなく平和な日々が訪れるはず。バカなことを行っていると思われても、本当にそう感じています。

これがわたしの印象ですが、それ以外にもあげたらキリがないほど好きな部分がいっぱいです。映像技術のクヲリティは当然ですが、その中でもキャラの魅力が半端ないことと日本ならではの和のテイストを生かした演出の数々。アナログとデジタルをここまでうまく融合した完成度の高い作品はありません。テーマが良かったのは一つの要因だと思いますが、これは外国の人にはたまらない魅力では無いでしょうか?日本人であることが誇りに思えるほどの、創り込みは日本の伝統、歌舞伎の動きだったり、画面の構成は浮世絵を思い起こす。まさにメイド・イン・ジャパン。なんか懐かしい表現ですが、日本のカルチャーを代表する作品と言っても過言ではありません。

そしてもう一つ忘れたならないのが、音楽とのコラボレーション。映像を盛り上げるだけのものから、完全に独立し新しいカルチャーのひとつになったアニメミュージック。アニメをただ盛り上げるだけの役割から、ある意味主人公と言えるくらいの存在になりました。沢山の今輝いているミュージシャンたちにオファーし作り上げられた楽曲は、どれもインパクトのある曲と情感溢れる詩の世界が、見事に物語や映像にリンクしてこころを震わせます。挿入歌という概念は、完全になくなり一つのジャンルとして認められました。

色々個人的に言いましたが、わたしの中の想いは熱いです。まだまだ言い尽くせませんが・・・。

頑張って録画した映像を、数日かけ観たいと思います。原作は全て読んでいるのですが、躍動感あふれるアニメの視覚効果にますますオリジナルの凄さを感じています。吾峠氏の新作、待ち遠しいです。

P.S. 始めに好きになった原因は「煉獄杏寿郎」の崩れない不動の心の男らしさ。そして炭治郎の純粋な心だった。最近少しずつ変化が現れ、柱や上弦の鬼たちのなど様々なキャラたちに強く惹かれるようになりました。きっとわたし同様に、各キャラたちに想いを寄せるファンも多はず・・・。遊郭編で活躍した音柱・宇髄天元も然り、そして敵・上弦の陸/堕姫と妓夫太郎の兄妹に至っては、非道な悪行は許せませんがあまりに悲しい生い立ちと兄妹愛に涙が止まりませんでした。劇中、死にゆく兄妹の罵り合いに割って入り「今の言葉わは全部嘘だよっ!」って台詞は胸に刺さります。何度観ても泣けます!


by eddy-web | 2024-02-09 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< 80年代以降ブルームボール東京... よもやまシネマ668 “千年女優” >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif