人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ665 “658km、陽子の旅”
よもやまシネマ665 “658km、陽子の旅”_e0120614_10560087.jpg
よもやまシネマ665 “658km、陽子の旅”_e0120614_11024991.jpg



2024.1.18.

その昔青春時代を過ごした、阿佐ヶ谷にやって来た。50年前に一人暮らしを始めたその地は、今も変わらず活気に満ち多くの人たちが寄り添い暮らすそんな姿を見せていました。
久しぶりの遠出となった映画鑑賞。某TVに 出演していた女優「菊池凛子」さんのインタビューを見て、思い立ったように訪ねた阿佐ヶ谷。菊池凛子さんと言えば、国際女優とクールビューティのイメージ を勝手に感じていたわたし。ところがインタビューに応じている彼女はとても不器用で、コメントひとつひとつを噛み締めながら丁寧に語る真摯な女性で、飾ら ない性格がとても魅力的な女性でした。その中で語っていたのが、今回初主演となった映画作品“658km、陽子の旅”。強く惹かれる、その内容に引っ張られるかのように阿佐ヶ谷にあるミニシアター「Morc」に来ていた。
さ て、感想です。日本の映画がこんなにも世界と渡り合える、素晴らしい作品を創り上げてくれたことを誇りに思う。大袈裟に聞こえるかも知れませんが、エンタ メとは一線を画した作品は誰もが抱える自分との向き合い方を丁寧に紡いだ秀作になっていました。エンタメ最優先の映画界ですが、現実に目を向けたテーマも また絶対不可欠なものではないでしょうか?現実逃避のために、映画を観るわたしがこんなことを言うのは矛盾していますが、人の中にあるどうしようもない感 情を露わにした切ないこころの動きを除くのが好きなわたし。ある意味変態かも知れません。そうすることにより、自分自身を振り返り正しい生き方ができてい るのかを、時々確かめるそんな自分がいつもそこにいます。今作“658km、陽子の旅”を鑑賞し、妙に親近感を覚えたわたしです。その訳は後ほど・・・。
映 画は主人公陽子は東京に夢を求め暮らし始め、現実とのギャップに押しつぶされ悶々と暮らしている姿から始まる。よくある話と言えばそうなのだが、だからこ そ身近に感じるテーマである。そして物語は父の訃報が突然届き、故郷青森へ帰るロードムービーへと繋がる。たった数日の出来事だが旅を通じて、多くの人と 出会い別れ人間性を取り戻していく陽子の姿は人ごとには思えないくらいリアルな現実を浮かび上がらせる。良い人も悪い人も出てくるが、そこには紛れもない 事実と現実が浮き彫りになる。名も知らぬ人たちとの出会いと別れを繰り返し、彼女は本当の自分と向き合うことができるラストは、切なくもあり、光も見え る・・・。
人 と人との繋がりの大切さを、リアルに感じさせるそんな作品はわたしの心に間違いなくヒット。とても良い作品に出会い、自信を律する時間をもらいました。菊 池凛子さんはノーメイクで全編を演じ切っていますが、とても綺麗でした。内面から滲み出る美しさと演技力に拍手を贈ります。
突然関係のない話なのだが、陽子と似た経験をしている自分。それは大袈裟に聞こえるかも知れないが、わたしの生き方を決めた旅だったと今は確信している。親との意味のない確執で、半ば家出同然に飛び出した北海道の冬。18歳 の青い時である。2週間ほどの経験で、多くの人の生き様に触れ、なんて自分がちっぽけな存在で我が儘だと思わされた旅。中湧別という駅で大雪に見舞われ、 突然放り出されたわたし。途方に暮れ茫然自失になっていたとき、声をかけてくれた一人のおじさん。まともに顔も見ることができないわたしに、そっと寄り添 い話をしてくれた。そしてよかったら家に泊まるか?と言って、サロマの自宅に招いてくれた。細々と暮らす北の家族(4人)は暖かく、わたしが失くしてし まったものがそこには間違いなくありました。そんな経験がふと蘇るこの作品、“658km、陽子の旅”は、わたしにはかけがえのないものとなりました。ぜひ、見て頂きたい作品です。
P.S. 20年 後にサロマに行き、その家族を訪ねた。やっと探しあてた家にはお母さんがひとり暮らしていた。お父さんは数年前に亡くなったと聞き仏前に手を合わせたが、 色々な思いが胸に溢れ涙が止まらなかったことが今も忘れられない。その後ご家族は今も、元気で暮らされています。私的な話で、申し訳ありません・・・。


by eddy-web | 2024-01-20 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ666 “ゴール... 青春時代に過ごした阿佐ヶ谷。街... >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif