人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ605 “シン・仮面ライダー”
よもやまシネマ605 “シン・仮面ライダー”_e0120614_14353737.jpgよもやまシネマ605 “シン・仮面ライダー”_e0120614_14183233.jpg



2023.3.20.

最近一番観たかった映画が本日紹介する、“シン・仮面ライダー”。庵野秀明氏が続けているシンシリーズ最新作である。昭和を代表するシンボル的存在の「ゴジラ」「ウルトラマン」そして今作の「仮面ライダー」。前2作も流石安野さんという拘り満載の出来映えで、ノスタルジーに浸るような陳腐な仕上がりでなく、シンという名前が伝わる新しいシンボルとして時代を超え蘇らせてくれました。監督の昭和へのリスペクトを感じる演出が随所に見られ、そこに庵野さん独自のオリジナリティを加味した表現にはとても強く引かれます。ただ者ではないことを、こころから感じることが出来ます。
さて、“シン・仮面ライダー”です。昭和の真っただ中を生きてきたわたしは、今回の「仮面ライダー」を含め前2作「ゴジラ」「ウルトラマン」は、もはや同級生のような存在。拘りはハンパなくあり、話し始めたら24時間しゃべっても終わらない。勝手に思いかんでいることですが、庵野監督も同じ気持ちを抱いているひとと感じています。昭和のヒーローはその時代を生きてきたひとたちには、永遠不滅の存在。正直言いますが、だからこそ今も延々と続く「ウルトラマン」や「仮面ライダー」のシリーズに違和感を覚え、なんか違うよな?と感じています。ルックスこそ現代に合わせ進化し、スタイリッシュに格好良くなっているのは認めますが・・・。映像技術も進化しTVでも、ここまで創り込むのかと思わせる時代。だが、何処か違和感を覚えるのは昭和の爺様だけでしょうか?昭和のウルトラマンは、怪獣たちに生まれる時代が違った、、倒すこともなかったのにといつも思っていた。仮面ライダーしかりである。ライダーが車や電車を操るのはをを生きる子どもたちの思考を意識しての演出なのは理解できるのだが、昭和のヒーローたちの信念は「正義」とはをどう伝えるのかではなかったでしょうか?ア~~ッッ、もう止めましょう!言っている自分が嫌になってきました。すみません、頑固オヤジの戯言として聞き流してください。
“シン・仮面ライダー”は、もともと観る予定だったのですが、昔の教え子(専門と会社)からのプレゼント(ムビチケ)。思わぬサプライズに胸を躍らせ、劇場へとあしを運んだ。期待通り仕上がりで、庵野さんがますます大好きになりました。こう言うひとがいるかぎり、“昭和”は永遠です。きめの細やかな演出や主人公の繊細な感情表現、そして拘りの舞台美術やロケ地選定など、随所に庵野さんの世界感が溢れています。本郷猛を演じた池松壯亮くんは、TV初代ライダーの藤岡弘さんと比べ線が細く正直心配していたのですが、新しいヒーロー像をしっかりと表現していて魅力的でした。見るからに弱そうなひとが、変身し敵に立ち向かう姿はこれぞ本物のヒーローです。「格好悪くて、カッコイイ!!」のひとこと。これは間違いなく安野さんの浮かび上がらせたかったこの作品のコンセプトだと思います。懐かしいショッカー怪人たちも、プロダクトデザインが素晴らしく欲しくなる仮面ばかりで、オタク心をくすぐります。随所に見られるリスペクトが感じられ、昭和時代を生き抜いてきたオヤジたちにはたまらないご褒美満載の映画です。そんな部分を見つける度にほくそ笑むわたしでした。「せまるショッカー。地獄の軍団。」の名曲が流れると、思わずこみ上げるものがあり、気持ちをコントロールするのが大変でした。今の時代を生きる子どもたちに、子の良さが伝わるかは解りませんが、子どもや孫たちに昭和を伝える切っ掛けになるアイテムになると確信しています。息子にもさっそく、観に行くように勧めたところです。もちろん、わたしが費用を持つ条件で(^0^)
原点回帰の作品ですが、良く練られた個人的には大好きな作品です。
P.S. ムビチケをくれたS。ありがとう!感謝です。十数年ぶりに逢ったSの成長、メチャクチャ頼もしく誇らしかったです。いただいた「仮面ライダー変身ベルト」事務所にしっかりと飾ってあります。もし、わたしに何かありましたら事務所の遺品整理、よろしくお願いいたします。家族にお金は残せませんが、少しはお金になりそうなものはあるはずなので・・・。そこを解るのはSだけだと思い、勝手なお願いを遺言として残します。迷惑を承知で・・・。
※立花と滝の名前が出たとき、思わず胸が熱くなったわたしです。

by eddy-web | 2023-03-27 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ606 “ダンジ... よもやまシネマ604 “シャザ... >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif