人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ601 “レジェンド&バタフライ”
よもやまシネマ601 “レジェンド&バタフライ”_e0120614_14353737.jpgよもやまシネマ601 “レジェンド&バタフライ”_e0120614_16350372.jpg



2023.3.05.

大好きなチャンバラ映画“るろうに剣心”の大友啓史監督がメガホンをとり、キムタクと組んで創り上げた“レジェンド&バタフライ”を、遅ればせながら鑑賞。公開から随分と日が経っての鑑賞だが、大分後回しとなってしまった。今日はわたしの誕生日で、稽古もたまたまお休み。と言う訳で劇場に足を運んだ。
予告編が流れていた頭書から、かなり話題にはなっていた作品。大友監督の作品となれば、アクションシーン満載の作品か?と思いきや良い意味で期待を外されました。主演に木村拓哉と綾瀬はるかを起用しての作品と言う意味でも、豪華絢爛なものと想像していた。見終わってその重厚な時代絵巻とあらたな想像性を追求しているストーリーに、いままで知っている織田信長像にはない魅力を多いに感じる作品になり感動したわたし。映画でもTVでも幾度となく主人公として描かれて来た戦国武将の織田信長。天下統一をはじめに成し遂げた武将は、常に魅力的に表現されて来た人物。子供の頃の印象は単純に血気盛んな怖い物知らずで勇猛果敢のイメージが強く、ただただカッコイイ武将だった。それから時が過ぎ、さまざまな映画やドラマでの表現が少しずつ変わっていき、「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」と言う言葉で象徴される意味が少し解るようになった。歴史に残る文献を紐解くと、かなり狂気をはらんだ性格が見え隠れする人物にどんどん印象が変わっていった。波瀾万丈な人生なのはひとつの魅力ではあるが、ひととしてどうなの?という点はどうしても引っかかる部分である。いずれにしても、歴史に名を残した人物は興味が尽きない…。
さて、今作の“レジェンド&バタフライ”。やや早足状態で歴史を追っていき、前半は派手な演出もそんなに無く信長の「天下布武」の理想に向けての足跡を辿っていく。いままでも多くの作品で知っているので、各大名を打ち倒していく場面をことさら描く必要がないと判断しての表現とも受け取れた。そういうことで、はじめはちょっと物足りなさを感じたのが正直なところ。木村拓哉もいつものキムタクとしてしか感じられず、やや期待はずれかと感じてしまった。ところが中盤からはどんどんと顔ちきが変わっていき、まさに信長の中にある得体の知れない魔物が少しずつ姿を表していく様は見応え充分。若かりし信長が「尾張の大うつけ」と呼ばれ奇行に走っていた人物像は、天下統一を目指した戦いに勝利を繰り返す度に成り上がり、狂気化していく人物像が浮かび上がる。かなり踏み込んだ人物設定には、いままでに感じたことのない興味が湧き新たな側面が表現されとてもそそられたわたし。とくに印象深かった場面は徳川家康をもてなす安土城での話。家康、光秀、信長のきめ細やかなこころの表現は息を呑むほどの演出で、新解釈となる創造豊かな表現でした。創造力を掻立てられる演出は数々あり、今までにない織田信長の魅力が描かれたとても良い作品でした。いずれにしても謎の多い人物ではあるので、まだまだ創造の余地有り。歴史オタクにはたまらない人物であることは間違いありません。その切り口を創ってくれた大友監督の力は存分にでていたと思います。安土城を再現したCGの使い方も良い感じに仕上がっていたし、舞台美術や衣装、そして「静と動」を使い分ける音楽の入れ方などエンタメとしてはもちろん、芸術性にすぐれた素晴らしい作品だと思います。いつかまた違う監督が信長をモチーフに映画を撮ることがあると信じ、再びこの作品は甦りひとつの基準となるような気がします。
さて、俳優さんたちの話を少ししましょう。信長役の木村拓哉さんはカッコイイだけの俳優さんではないことが、今作でしっかりと印象に残りました。前半の若かりし「うつけもの」から、中盤の「鬼/悪魔」、そして「神仏」と変貌する変化は見事としか言いようがありません。狂気を孕みながらも苦悩する人間、信長が痛々しいほどに演じられ素晴らし演技でした。また、農姫(胡蝶)を演じた綾瀬はるかさんも、キムタクをも凌駕するほどの存在感で、こちらも言うこと無しの出来映えでした。強さと健気さを合わせ持つ哀しくも切ない生涯を表現し、感動を誘います。相変わらずの美しさは言うまでもありません。脇を固めた俳優さんたちもいままで観たことのない怪演ぶりで、作品に深みを増すアクターぶり見せています。明智光秀役の宮沢氷魚(ひおと読む)さんは、「ちむどんどん」のイメージは完全に消え、新たな世界へ一歩足を踏みだしました。いちばん驚かされたのは家康役の斎藤工さん。イケメンでCMなどでも毎日観る顔ですが、劇中まったく気がつきませんでした。本当にビックリです。ラストのエンドロールに名前が浮かび上がり「思わず。ウッソ~~~1」とこころで叫んでいました。メイクさんの勝利とも言えますが、演技もタヌキと呼ばれる人物像を見事表現しています。俳優さんて怖いなァ~~、ホント!!化けるとは、よく言ったものです。
今からでも遅くありませんので、観ていないひとは、即劇場に!!
by eddy-web | 2023-03-08 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ602 “イニシ... よもやまシネマ600 “湯道” >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif