人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ588 “余名10年”
よもやまシネマ588 “余名10年”_e0120614_16034141.jpgよもやまシネマ588 “余名10年”_e0120614_15422156.jpg




2022.3.09.

きっと泣くと思って来ましたが、やっぱり泣かされました。今日鑑賞した作品は“余名10年”。予告を観ていらいずっと気になっていた作品で、予行編ですでにウルウルしてしまう始末。ただ、物語が進行していくうちに主人公や家族の気持ちが胸に響き、泣いたら失礼だとず~~っと我慢してたのですが後半からは涙を止める術を無くし号泣。ほんとうにすみませんでした。涙腺の緩いわたしにはこの作品は反則です。もし自分だったら、こんなにも素直に生涯を全う出来るだろうか?と考えさせられました。出演者のみなさんがそれぞれの役を、全身で表現していて映画を超えズンとこころにのしかかり、1分1秒も無駄に時間を過ごしてはいけないと心底思う自分です。
原作は物語の主人公・高林茉莉(まつり)と同じ数万人に1人という難病、肺動脈生肺高血圧症という病に侵され、この作品が刊行される3ヶ月前の逝去した小坂流加さん。自身を投影し描かれた作品に間違いはないが、余名10年であることを知った20歳の女性が死に向って精一杯生きる姿を創作として紡がれています。この作品を映画化した藤井道人監督は、製作にあたり「普段見落している四季折々の自然の変化や茉莉が過ごした日々は、彼女(小坂流加)が思い描いていた『夢』だったように感じ、それを映像化したかったと語っています。映画を観るとまさにそんな気配を感じることが出来ます。
映画は原作とは異なるスチュエーションも多く、原作とはまた違った世界観を創り上げています。ただ、はっきりと感じるのは「生きる意味」の重さがどちらにもしっかりと描かれているということ。この作品を読み、または観て少なくとも命の重さを感じないひとはいないだろう。うまく言葉にはできないが、一生懸命に生きることは例えどんな人生であれ尊いものではないでしょうか…。
高林茉莉を演じた小松菜奈さんの魂のこもった演技は主人公に乗り移りとてもリアルな感情表現となり胸が打たれました。また、恋人・和人を演じた坂口健太郎くんもとても良かったです。彼はこういうちょっと頼りなげな人物をやらせるとぴか一。映画の中でリリー・フランキー演じる玄さんに言われた、「捨てられた子犬のようだった」とはまさにピッたしの表現。それが茉莉と出会いどんどんと変わっていく姿は、観る人たちへの「生きる」メッセージとなっています。今回作品を観て感じたことは、物語に出て来る沢山のひとたちがじつに見事に描かれていたこと。それぞれに抱えた想いが本当にリアルに表現されていて、沢山のシーンでこころが揺さぶられ胸を熱くしてしまいました。
キャスティングが素晴らしいと思います。お父さん、お母さん、お姉ちゃん、そして友だち。みんな良い人ばかりで良かったです。でも、やっぱり大切なひとがいなくなるのは辛いですネ。
最後に、映画をみるといつも考えることがあります。もし自分だったら…。ということ。こんなに頑張れるだろうか?こんなに静かに時を刻めるだろうか?きっとじたばたと、まわりに迷惑をかけるのだろうと思ってしまう。だから、何かをやり残さないよう必死に生きようと思う自分である。結構長く生きているのに、まだまだと思っている自分がなんとも愛おしくまた哀しいです。みなさんはもし「余名10年」と知ったら、どうその時間と向き合いますか?
P.S.  茉莉が物語の後半、家族との会話で「わたしよりおかあさんたちの方が哀しいよ」と思わず吐露するシーンは忘れられないインパクトになり記憶にのこる言葉となりました。
最後に小松菜々さんがとても素晴らしかったと言ったうえで、そろそろデビュー作“渇き”のような汚れ役も観たいと思っています。彼女の才能は計り知れないとおもっているので、独特の雰囲気を生かした役にどんどん挑戦してくれることを期待しています。
by eddy-web | 2022-03-10 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ589 “THE... よもやまシネマ587 “ナイル... >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif