人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ572 “ディア・エヴァン・ハンセン”
よもやまシネマ572 “ディア・エヴァン・ハンセン”_e0120614_14421121.jpgよもやまシネマ572 “ディア・エヴァン・ハンセン”_e0120614_14422723.jpeg



2021.11.30.

ブロードウェイを席捲した名作ミュージカル、“ディア・エヴァン・ハンセン”の映画化作品を鑑賞。あまりミュージカルは得意な方ではないが、最近結構塡まっている自分。むかしは突然歌い出したり、踊り出したりする演出は、どちらかと言えば???だったジャンル。それでも近年観た“グレーテスト・ショーマン”“ラ・ラ・ランド”はマジで感動しました。そのスタッフが創り上げた映画と聞けば、観ないわけにはいかない。もともとブロードウェイで高い人気を誇る舞台は「トニー賞」「グラミー賞」「エミー賞」と名だたる賞を総なめにした名作。また主演のベン・ブラットは舞台でも同じ役をこなしトニー賞の主演男優賞を獲得した人物。彼を観るのははじめてだが、舞台で何度もエヴァン役を演じてきた実績が裏付けるように主人公になりきった演技は流石でした。繊細で難しい役どころだとおもいますが、魂が乗り移ったかのような演技でした。
ちょっと話が飛びますが、ミュージカル映画についてひとこと。実ははじめて観た洋画がミュージカル映画“マイ・フェア・レディ”でした。まだ中学生だった自分は姉に連れられ銀座まで観に行ったことを思い出します。はじめにも言いましたが、歌や踊りを突然はじめる演出に違和感は持ったのは正直気持ちですが、その煌びやかな表現と美しさ(オードリー・ヘップバーン)に圧倒され天にも昇る高揚感をはじめて感じた瞬間でした。日本映画では観たことのない世界がそこにひろがり、その日をさかいに洋画の虜となったことを思い出します。一時低迷期を迎えたミュージカル映画ですが、最近の復活ぶりはめざましいばかり。そして質な高い作品も多く、総合芸術とはまさにミュージカル作品を指す言葉かも知れません。
さて、“ディア・アヴァン・ハンセン”についての感想ですが、とても良く出来た良い作品ではないでしょうか?楽曲の良さ(特に詩)には、感動し涙してしまいました。ジュリアン・ムーアがハンセンの母親役、ハンセンが恋心を抱くコナーの妹ゾーイ役にケイトリン・デヴァー(ブック・マート出演)、そしてその母シンシアにエイミー・アダムスと、脇は完璧のキャストになっています。それぞれに難しい役をきめ細やかに表現し素晴らしい演技でした。作品としてはまずまずの出来映えといえるでしょう。ただ、ひとつわたしの中でちょっと引っかかる違和感みたいなものがありモヤモヤが拭えません。それはテーマになっているメンタルの問題がはたしてミュージカルという表現に合っているのか?ということ。物語は自分に自信が持てず苦しむ若者が、ある出会いと嘘から予想もしない事態へと繋がり、少しづつ成長していく姿を浮かび上がらせる。ナイーブな問題をミュージカルのような派手な演出で創られるのはあまり観たことがない。どちらかと言えば例え悲劇(ウェスト・サイド物語)であっても、歌や踊りで夢を描きだしエンタメの魅力を最大限に表現するジャンル。今作は歌はあっても、派手なダンスシーンはほとんどない。それが悪いと言う訳ではなく、そもそもデリケートな感情表現にミュージカルが合っていたのかということ。そう感じてしまうのはわたしだけかも知れませんが・・・。普通の社会派ドラマとして表現しても、普通に成功したであろうと思うのだが・・・。面倒くさい男ですみません。今作ほどミュージカル作品としては違和感を覚えたわたしです。みなさんはこの作品をどう捉えるでしょうか?ご意見がありましたら是非、一報を・・・。まずは観てからですのお話ですが・・・。
P.S. 近々あの名作“ウエスト・サイド・ストーリー”がスピルバーグ監督により蘇ります。1961年にアカデミー賞10部門を獲った、ロバート・ワイズとジェローム・ロビンスが共同で制作した名作をはたして超えることが出来るかがいまから楽しみです。


by eddy-web | 2021-12-02 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ573 “ヴェノ... 3年ぶりに開催する、中村みつを... >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif