人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ570 “モーリタニアン/黒塗りの記録”
よもやまシネマ570 “モーリタニアン/黒塗りの記録”_e0120614_10253041.jpgよもやまシネマ570 “モーリタニアン/黒塗りの記録”_e0120614_11021489.jpg



2001.11.19.

映画が持つ使命のようなものが、今日観た作品“モーリタニアン”で、強く感じられたわたし。9.11アメリカ同時多発テロ事件から20年の歳月が過ぎ、このタイミングで公開となった作品は事件に関わるもう一つの真実を浮かび上がらせる。作品を観て思うことは、わたしたちが思っているほど事実はそう単純ではないということである。世界を驚愕の渦に巻き込んだ9.11テロ事件は、わたしたちのこころにテロの恐怖と同時に強い憎しみの感情を植え付け、さらにメディアの情報により翻弄されてしまう。
今回の作品は実話をもとに創られている映画。鑑賞のあと強く感じたのは、人はいかに単純に感情に流され、答えを見誤ってしまう生き物なのかということ。この作品は9.11.テロ事件が生み出した、もう一つのアメリカの姿が浮かび上がる。もしこの作品に出会わなければ、テロという現実にただ強い怒りを覚えるだけの無知な人でいたに違いない。法諺に「疑わしきは罰せず」という言葉がある。作品はこの真逆を行う国策の裏にメスを入れ、真実をあぶり出しそして人権の尊さを訴える問題提議をしている。
物語はテロ首謀者のひとりとして捕らえられ、無実の罪で14年間もの間だ牢獄に収監されたモーリタニアン(モハメドゥ・オールド・サラヒ)人の無実を勝ち取るまでの戦いと、彼を救うべく奔走する人権派弁護士ナンシー・ホランダーの真実の追究がリアルに描かれた秀作である。こんなことがあったのか?と目を疑ってしまうほどの衝撃は、9.11をより深く考える切っ掛けとなる作品としてこころに残るものになりました。それにしてもひとの怒りの感情を操り無理あり正義を掲げる国の暴挙には、嘘でしょと思わずにはいられない。恐い話である。R国やC国ならあるかもと思いますが、まさかこんなことが民主主義の先頭に立つ先進国で・・・である。日本もその昔、似たような隠蔽工作をし国民感情を手のひらで操っていた時代がある。それを考えると、一見平和に見える現代社会の中にも、きっとわたしたちの知ることの無い理不尽な行為にさらされるひとがいるに違いありません。
「疑わしきは罰せず」「信じるものは救われる」。残念ですが、もうこんな言葉が通用する世の中ではないということかも知れません。それではどう生きたらと、真剣に考えてみる良い機会かも知れません。
監督はケヴィン・マクドナルドという方で、ドキュメンタリーの世界ではかなり名の通ったひとで沢山の賞を手にしている。そんな監督が描いた作品は、ドキュメンタリータッチとミステリータッチが絡み合い上級の緊張感を味わう素晴らしい作品に仕上がっています。また、出演者のみなさんが、見事としか言えない演技でそれぞれの役を演じています。この映画の原作ともなった手記を出版した主人公モハメドゥを演じたサラヒ・タハール・ラヒムの、感情豊かな表現力は本人が乗り移ったかのようで、素晴らしいものでした。また、弁護士ナンシーを演じたジュディ・フォスター、は実力派の名に恥じない完璧さで、強い信念を内面からほとばしらせクールな「鉄の女」を演じてみせてくれました。そして制作にも関わったとされる、カウチ大佐役のベネディクト・カンバーバッチもまた、いぶし銀のような演技で物語の重要な役割をしっかりと担っています。全体を通してキャストの演技力の高さが、作品を上質に仕上げていることは間違いありません。実話をもとにした作品は、いままでもそうですが一般には知られていない事実を浮かび上がらせ、心の眼を開かせてくれる。映画が担う役割は本当に重く、それだけに信念なくしては創り得ない世界かも知れません。ぜひ、鑑賞をお勧めいたします。
P.S. 久しぶりにジュディに会えたのですが、年を重ねても魅力に溢れ輝きを失わない素晴らしい女優さんです。実はこのBLOG「よもやまシネマ」のはじめての投稿作品が、彼女の出演作“ブレイブワン”でした。2007年の作品でしたが、もう14年も前の作品。沢山彼女の作品を観てきましたが、いつもオーラを放つ彼女の演技は年を重ねてなお輝きを増しているとまた再確認した作品でした。
※サブタイトルの「黒塗りの記録」ですが、日本でも話題になりましたが、「くさいものには蓋ををする」という行為は万国共通の手口のようでした。
by eddy-web | 2021-11-23 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< カケダシのデザイナーが、バイト... よもやまシネマ569 “梅切ら... >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif