人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ568 “カオス・ウォーキング”
よもやまシネマ568 “カオス・ウォーキング”_e0120614_14293493.jpgよもやまシネマ568 “カオス・ウォーキング”_e0120614_12162755.jpg



2021.11.12

先週に引き続き、SF映画作品“カオス・ウォーキング”を鑑賞してきました。SF映画大好きのわたしですが、2連チャンは久々。SF作品の魅力と言えば、何と言っても想像力の持つ魔力。エッと思うようなことが、もし現実に起きたらという無限の広がりが何とも言えぬわくわく感を生むところ。
今作は2012年に出版されたパトリック・ネス著書「混沌(カオス)の叫び・心の叫び」が原作の物語をモチーフにした作品。西暦2257年の地球の環境破壊により、移住を余儀なくされた人類が、その星(地球に似た星)で町をつくり暮らしている。だが、何故かそこには女性の姿が見当たらない。導入部から何か意味ありげの?マークがつき、あれよあれよという間に物語の中へと足を踏み入れてしまう。そしてさらにもう一つの謎が写しだされるのだが、住民たちは「ノイズ」という病(???)に犯され、思考や想像がすべて音声化や映像化され浮かび上がるという現象を身につけている。ようは「頭の中がムキだし」になり、相手もしくは自分が何を考えているかが見透かされてしまう。ここまで知るだけでも「何とも恐ろしい」と思ってしまうのは、日頃わたしたちがいかに嘘で固めた人生を送っているということなのだろう。“エターナルズ”みたいなエンタメ度が少ないが、想像力を掻き立てられるテーマである。本当にこんなことが起きたら、大変なことでそれこそ争い事が絶えない無法地帯が生まれるに違いありません。
物語はその星に地球から第2次移住船団が近づき、そこから来た偵察隊の少女ヴァイオラがひとり故障により不時着したところから大きく動き始める。たたみかけるような展開はアクションシーンも含め、SF作品の面白さを充分満たしワクワクドキドキとさせてくれます。解説に原作に忠実なところや映画のために脚色した部分がうまく連動し、簡潔にまとめられていると・・・。ただ原作では人物像がもっと深掘りされ、違った面白さがあるとも欠かれていました。SF作品は読み手や鑑賞する側に、答えを求めてくることも多くその辺がたまらない魅力に繋がる。この作品も本が読みたくなる作品のひとつではないでしょうか?すべての謎が解き明かされる展開にはなっておらず、余韻を残してのエンドロールを迎える。きっと続編が創られるのは間違いないといったところ。
キャストの俳優さんたちが魅力いっぱいに、それぞれの役を演じ新たな魅力をみせている。主人公となる青年トッド役を演じるトム・ホランド、偵察艇で舞い降りてきた少女ヴァイオラ役を演じたデイジー・リドリー共に、しっかりとした演技力で俳優としての確かな足跡を残しています。二人とも“スパイダーマン”“スターウォーズ”のメインキャラを演じ、間違いなくその名を残す作品に出演した俳優さん。逆を返せばイメージが強く残ってしまい、今後の出演作品がすごく大切となる。そんな中よく頑張って難役をこなしていたように感じます。出来ればSF作品ではないものを観たかったのは、個人的な気持ち。デイジー・リドリーは見違えるほど美しくなり、同一人物とは思えないような魅力を発揮していました。女性はほんとうに作品により変貌するので恐いです。あと忘れてならないのがキーパーソンとなるプレンティス首長を演じたマッツ・ミケルセン。デンマーク出身の個性派男優さんですが、出演するどの作品を観ても凄い存在感を醸しだし強く印象にのこるアクター。今作でも圧倒的オーラを発散し、他の追随を許さない迫力でした。あっけない最後を迎えますが、このまま消えるようなことはない感じがします。なかなか面白い視点で描かれた作品ですので、SFファンなら観ない手はないでしょう。
P.S. 近未来が描かれた作品ですが、舞台となっている惑星は遙か昔の西部開拓時代そのもの。考えるに人類はこの先、過ちを繰り返しながら原点回避の旅を続けるようなそんな儚い夢を見ている気がしました。


by eddy-web | 2021-11-14 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< 何もかもがわたし好みの銭湯だっ... 街路樹が秋色に街を染めはじめ・・・。 >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif