人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ550 “竜とそばかすの姫”
よもやまシネマ550 “竜とそばかすの姫”_e0120614_15094115.jpgよもやまシネマ550 “竜とそばかすの姫”_e0120614_15254897.jpg



2021.7.19.

細田守監督の新作“竜とそばかすの姫”を鑑賞しました。つい先日TVで“サマーウォーズ”が放映され、何度も観ているのにも関わらず引き込まれ最後まで観てしまいました。何度観ても飽きないと言うより、観る度に新しい発見があるそんな作品である。細田監督の創り上げる作品は、どこかアニメを超えている世界感を感じるのはわたしだけだろうか。
日本のアニメは世界に誇るサブカルとして認知され、まさに日本文化の象徴として世界の注目を集めています。アニメと言えば、何と言ってもまず頭に浮かぶのが「スタジオジブリ」。次々と興行収入を更新させ、新作を発表する度に大ヒットを連発。アニメ界を牽引したのは間違いの無い事実。確かに素晴らしい作品ばかりで、記憶に残る感動作が多い。宮崎駿氏と高畑勲氏の創り上げる感性を刺激する作品群は、多くのファンのこころを掴み大きな波となり世界をも認めさせました。いつしかアニメと言えば「ジブリ」と言われるように・・・。
そしてそんなジ作品作品に割って入るかのように、才能豊かな新しいクリエーターたちが次々と登場し、日本アニメ界の可能性をさらに拡げはじめました。そのひとりが今作を手掛けた細田守監督である。作品を発表する度に進化していく想像力がまずは大きな魅力として、ファンの期待を裏切りません。常に新しいことにチャレンジする感性は、観たことのない世界を浮かび上がらせ観客のこころにす~っと入り込み魔法をかける。最先端の技術と明確なメッセージ反映されたコンセプトが、見事に調和している証拠ではないでしょうか?身近でおきている見落としてしまいそうな出来事を拾い上げ、その大切さをあらためて思い出す切っ掛けを作り出す、まさに天才といえる感性の存在です。
今回の作品“竜とそばかすの姫”は、ディズニーの「美女と野獣」をモチーフにしているのは明らかなこと。永遠に語り継がれるであろう世界的名作である。近年ディズニーで実写化され、大きな話題となったばかり。それをどうどうとモチーフにする勇気はどこから湧いてくるのでしょうか?原作をリスペクトしそれ以上の作品を創り上げられるという自信があればこそ出来る仕事です。“竜とそばかすの姫”を観てそんなことを感じたわたしです。古典的題材にAIの世界を融合させる演出は、監督が創り上げた“サマーウォーズ”の続きと位置づけされていましたが、その進化は計り知れないほど遠くて近い未来を見させてくれています。映像の美しさは今まで味わったことのない表現力で圧倒されました。音楽と映像をメインに据え置いた演出は、見事な調和をみせ夢見心地の気分を思う存分味合わせてくれます。ただただ溜め息。ネット社会で生まれる映像と音楽のコラボを陽とするならば、その裏側でもがく不器用なひとたちの存在こそ陰の部分。それらを巧みに結びつけしっかりと浮かび上がらる脚本と演出はさすがとしか言えない。この作品は表裏(陰陽)の世界を憂いつつ、そしてそれを乗り越えて行く姿を希望へと繫げてみせてくれます。ネット世界(U)で出会った自信のない自分の前にあらわれた、もうひとりの自分。そこで知ることになる、ひとを思うこころの大切さ。いままでの細田監督の作品同様、そこには紛れもない人を思う優しさが溢れ、ぶれのないポリシ-が見て取れました。劇中の台詞「きみは何も解っていない!!」は、胸に突き刺さる言葉として刻まれました。
沁みる音楽で随分と救われている物語ですが、サントラがでたらきっと買ってしまうわたしです。主人公すず(Belle)の声を担当した中村佳穂さんの歌声は、まさに癒やし系。LIVEシーンの美しさは、言葉では言い表せないほど圧巻です。これだけでも充分過ぎる価値ありのシーンではないでしょうか。
日本のアニメの凄さは何と言ってもジャンルが多岐にわたることと、表現力のクォリティの高さ。きめの細かい美しく繊細な表現は、日本伝統の美意識の高さが創り上げたことに間違いない。むかし「漫画なんて見てると馬鹿になるよっ!」って時代が、まるで嘘のよう・・・。
思う存分に日本アニメを楽しみ、こころを豊かにしてみてはいかがでしょうか?とても素晴らしい作品です。
P.S. 今作ではディズニーのスタッフだったクリエーターが、CGキャラクターデザインで参加しています。他にもプロダクションデザインや音楽など、世界中から細田監督にひかれ優秀なクリエーターたちが参加し素晴らしい作品を創り上げています。仮想現実(ネット世界)のCGを駆使した表現は、あまりにも凄く遂にここまで来たか!と思わせてくれます。もともとCG表現が苦手なわたしですが、今回は完全にKOされました。完全に食わず嫌いが払拭された映画となり、これからはもっとその世界を知ろうと思っています。

by eddy-web | 2021-07-23 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ551 “東京リ... よもやまシネマ549 “プロミ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif