人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ543 “キャラクター”
よもやまシネマ543 “キャラクター”_e0120614_10042080.jpgよもやまシネマ543 “キャラクター”_e0120614_14421708.jpg




2021.6.15

“キャラクター”という新作を鑑賞しました。内容は主人公の漫画家が描いた物語を模倣した、猟奇殺人事件がおこるというミステリー仕立ての作品である。観たいと思ったのは今や超売れっ子の菅田将暉くんが主演をつとめ、相手役(犯人)をSekino Owariのミュージシャン・Fukaseさんが演じているというキャスティングにまずひかれたから…。そしてもう一つ興味をひいた理由は、大好きな漫画と映画の両方を融合した作品になっているのと、漫画家の舞台裏まで描かれているところ…。
近年、漫画の原作を映画化したものが多くなっています。それは日本の漫画のクォリティの高さにあることは間違いありません。そんな中、この構成を逆手にとって創られた今作品はかなり興味をそそられます。完全オリジナルのこの映画を創るに集まったスタッフが、みなさん拘りの強い方たちのようで、企画の段階でもかなりのバトルがあったと聞いています。互いにひかない思い入れがぶつかり合い、そして完成したのが今作と伺っています。原案&脚本を書いた長崎尚志氏は、この原案を10年間を温めていたと聞いています。そして漫画は専門でも映像のことは解らないと、映画化にあたりその道のプロとのコラボが実現。漫画と映画のオタクたちが“キャラクター”という作品を生み出しました。
感想ですが、何とも言えない後味が残るそんな映画です。まず一番強烈だったのは殺人犯・両角役を演じたFu何とも言えない何とも言えない無垢な存在感でした。狂気をはらんではいるのですが、何か不思議なオーラが全身から溢れ、同時に哀愁さえ感じてしまうそんなキャラを演じています。さすがクリエーターは何をやらせても一流ってことを証明しています。このキャスティングは見事にはまったと思える選出ではないでしょうか?演出効果として劇中の展開が漫画と重なって描かれ、それがまた妙なリアリティを生み出しています。サイコパスを扱った同じようなテーマはいままでもさまざまな作品が描かれてきましたが、漫画の世界と結びつけたところが日本ならではの発想ではないでしょうか?映画好きにも、漫画好きにもとても興味がそそられる作品に仕上がっています。
主人公の山城は画力は抜群だが、優しい性格が災いしてイマイチ輝きを得ることできずモンモンとした日々を過ごす漫画家。取材中に偶然遭遇してしまった殺人現場を目撃したことで、運命が大きく揺れはじめるというストーリーではじまる。もちろん面白いし、出演している役者のみなさんもきっちり自分の立ち位置を理解して、ある意味漫画を読み解くように演じている感じが伝わってきます。ハラハラドキドキ感をめいっぱいに楽しんでいるようにもわたしにはみえました。一番この作品で感じたのは、漫画家の過酷な労働状況や才能だけでは成功へとは繋がらない現実の表現。プロの厳しさは他の業界でもあることは確かですが、共通するのはやはりその仕事が好きだという信念があるということ。劇中の台詞で「技術はずば抜けているが、彼は優しすぎる性格で悪人を描けない」それが漫画家としての致命傷になっているという言葉。かなりきついお言葉ですが、ある意味芯を突いている部分ではないでしょうか?“キャラクター”というタイトルは、個性をテーマにした、「善と悪」を描いています。それは表裏一体のもので、だれもが持つ得る感情の表れであるというちょっと恐い話でもあるのです。ラストあたりがあたりが浮かび上がり、背筋が寒くなります。それは観てのお楽しみ???。この作品を観て、さてあなたは何を感じますか?
P.S. 原作者の長崎さんですが、漫画オタクはみな知っているひとで浦沢直樹さんと組んでの作品が多く、「MASTERキートン」「MONSTER」「20世紀少年/21世紀少年」「BILLY BAT」など、名作揃い。ちなみにすべて持っているますが、「MASTERキートン」が好きです。また、長崎さんはペンネームを多数持っていて、作品の質によりそれを使い分けている様です。もしかしたら読んだ作品の中にも、知らないで観ているものもあるかも知れませんね?
※もう一つおまけの話。殺人犯・両角を演じたFukaseさんですが、両角の部屋の壁に描かれた「かなりヤバい!!」って感じの絵を自ら描いたそうです。いろんな意味で凄い迫力です。好き嫌いはさておき、一見の価値ありの画力です。才能の深さにただただ感服です。★プログラムのデザイン良いですね…。コンセプトがしっかり反映されていて、ここにも拘りを感じることができます。


by eddy-web | 2021-06-17 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ544 “クワイ... NANJYa?COLLe/39... >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif