人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ538 “ミナリ”
よもやまシネマ538 “ミナリ”_e0120614_13090447.jpgよもやまシネマ538 “ミナリ”_e0120614_18032835.jpg




2021.4.15

今日観た作品は“ミナリ”。この作品も先週観た“ノマドランド”同様、今年度アカデミー賞に6部門でノミネートされています。すでにゴールデングローブ賞外国語映画賞を受賞し数多くの映画賞で高い評価を得ている話題作。監督はリー・アイザック・チョンという長編作品5作目の若い監督である。今作は彼の半自伝的作品であると言われ、1980年代を舞台に韓国系移民の家族の一攫千金の夢を追うジェイコブとその家族が織りなす家族の生活と絆を描いています。肩に力の入らぬ演出はシンプルで、ごく普通の日常を淡々と描き、見る側の生活が重なり好感が膨らむ。日々の良くある出来事がそこには映し出され、なにか懐かしさを覚える。個人的な感想ですが、小津安二郎監督の作風に近いものを感じました。日常の中の当たり前の風景が丁寧な演出で浮かび上がり、「幸せ」とはと本当の意味を紡いでみせる。出演している俳優さんたちが、それぞれの役に同化し見事にリアリティを創り上げ観客のこころに入り込む。夫ジェイコブを演じたスティーブン・ユァン、そして妻モニカを演じたハン・イェリは完璧といえる夫婦と両親役をこなし、それぞれの立場と想いを力強く演じ共感を生み出します。また、その子どもを演じた息子デビット役のアラン・キム、長女アン役のノエル・ケイト・チョーの自然体の大人も唸る存在感を生み出し難しい役を見事演じています。さらになんと言っても中盤からこの家族に加わるオバアちゃん・スンジャ役ユン・ヨジョンは、圧倒的存在感で私たちの目とこころをわしづかみにします。デビットとの丁々発止のやり取りは、物語に光と希望を表し家庭内で巻き起こるさまざまな問題もふと忘れさてくれる。きっとこんな日常はわたしたちの多くが、いつも経験している出来事だからこそ作品に共感するのではないでしょうか?まるで本当の家族のようで、偽りの家族とはまったく感じられないほど素晴らしくこの作品のすべてと言っていい演技力のアンサンブルを生み出しています。観賞後、日常の生活を振り返りこんなにひとを思いやり活きているかを自問自答してしまう。忘れていた感情がふと甦る瞬間に触れ、とても温かな気持ちになれるそんな作品です。
エンタメ的にはちょっともの足りないと感じるひともいると思いますが、コロナ禍で煮詰まっている日常に大切なものを呼び戻す切っ掛けになる作品だと思います。ぜひ、ご鑑賞あれ!!
P.S. オバアちゃん役のユン・ヨジョンさんがとても強く印象に残ります。北朝鮮生まれの俳優さんは、毒舌だが憎めない昔ながらのオバアちゃんを家族を包み込む演技で作品のテーマを紡ぎだしています。昨年のアカデミー賞を受賞した“パラサイト 半地下の家族” に続き、アジアの風がハリウッドに旋風を巻き起こしています。ぜひ、日本もこの風の中に入るyとうな作品を生み出してくれることをこころから願いたいと思います。
予断ですが、リー・アイザック・チョン監督の次回作は、日本のアニメ“君の名は”の実写版だそうです。小野難しい創造性をどう表現するのか、期待と不安をまじえ興味は尽きません。
※ミナリとは韓国語でセリを意味する。セリは春の七草のひとつで水田や湿地に生える多年草。食べる機会は最近ほとんど無くなったが、幼年期に母とセリ採りに行った記憶が甦ります。最近妻の田舎から送られてきて、おひたしや天ぷらにし食しました。春の薫りが口いっぱいに広がり、とても懐かしい味がしました。
公式サイトの説明によると「たくましく地に寝を張り、2度目の旬が最も美味しい事から、子ども世代が懸命に生きるという意味が込められている」とのこと。まさにこの作品のテーマではないでしょうか?

by eddy-web | 2021-04-17 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ539 “AVA... よもやまシネマ537 “ノマ... >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif