人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ523 “罪の声”
よもやまシネマ523 “罪の声”_e0120614_16491404.jpgよもやまシネマ523 “罪の声”_e0120614_16534387.jpg



2020.11.9.

昭和の大事件(1984~85)が蘇った。気になっていた映画“罪の声”を鑑賞。この作品は作家・塩田武士氏が子どもの頃に起こった「グリコ・森永事件」を題材に、書き上げた社会派エンタメ小説。完成するまでは長い時間がかかり、「生みの苦しみ」を味わった思い入れの深い作品と氏は語っている。映画のエンドロールで、この作品は~、フィクションであると謳っている。が観れば解ることだが、当時の事件をかなりリアルに浮かび上がらせフィクションと呼ぶには少し疑問が残る。塩田氏はもと新聞記者という経歴が示すとおり、映画の主人公さながらに当時の事件を様々な角度から調べ上げ書き上げた渾身の作品。事件自体はまぎれもない事実である。モチーフとなっている脅迫電話の子どもの声など、ほとんどが事実の事件内容なのである。
1985年と言えば、わたしは当時30歳。仕事に夢中でメチャクチャ忙しい生活を送っていたが、この事件は昨日の出来事のように覚えている。グリコの社長を誘拐し身代金を要求したのを皮切りに、グリコや森永などの食品企業に脅迫状を送り小売店に青酸入り菓子を置き、日本全土を震撼させた。わたしは子どものころからグリコや森永などおまけ付きのお菓子が大好きでお世話になり、商品が食べられなくした犯人たちの行動に強い怒りを感じたものである。結局犯人は捕まらず、そのまま年月が経ち事件は時効となった。「かい人21面相」と名乗った犯人(たち?)は、結局企業からは脅迫したお金を手に入れることはなく、そのままお蔵入り。何が目的だったのかは、いまだに謎の多い事件である。
今作“罪の声”を観て、当時のことが思い出されいろいろと考えさせられてしまった。ひとつは人間という生き物は、時間と共に出来事を忘れてしまうという事実。良い意味でも、悪い意味でも・・・。映画は原作に忠実に描かれていたようだが、子どもの声という視点から掘り下げた仮説的なストーリー展開は観客の好奇心に火をつけ最後までこころを掴んで離さない。面白いといっては失礼というか罰当たりというか、事件に隠されたの真実への興味が再び湧いてきてしまった。映画には描かれていないが、当時の滋賀県警本部長が犯人を取り逃がした責任をとって退職の日に焼身自殺したことをしったわたし。そしてその後犯人側から「くいもんの 会社 いびるの もお やめや」との終息宣言がマスコミ各社に送られ、この事件は終息を迎えた。お金も奪われず、一般市民の犠牲者も出ず何事もなかったように事件は国民のこころからも消えていった。映画のように少なくとも「苦しんだ人間がいた」という事実は間違いない。そう思うと何か複雑な気持ちが入り乱れ、時効という制度を今一度見つめ直す、そんな気持ちが強くなったわたしである。みなさんはどう思われるでしょう。いろいろな意味で、問題を投げつけるいい作品ではないでしょうか?
主人公のひとり事件の真相を追う新聞記者の阿久津を演じた小栗旬、そして脅迫電話に利用され晩年苦しみを背負ってしまったテーラーの主人・曽根を演じた星野源、二人の渾身の演技は胸に染みるものとなり記憶に刻まれました。事件に関わるキャストの面々もみな存在感が半端なく、当時の事件を見事に掘り起こしてくれてます。ベテランの俳優陣がわずかな出演時間にも関わらずキラリと光るいぶし銀の演技をしていて、その熱量がそのまま映画のクォリティを高めています。俳優のみなさんに大拍手です。そして監督の土井裕泰さんにも感謝です。原作をこんなに読みたくなったのは、久しぶりの感じです。映画とはまた違った感覚で、この事件を改めて検証したいと思います。


by eddy-web | 2020-11-11 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ524 “おもかげ” 実りの暮秋。2020年。 >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif