人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ521 “異端の鳥”
よもやまシネマ521 “異端の鳥”_e0120614_09355469.jpgよもやまシネマ521 “異端の鳥”_e0120614_15341644.jpg




2020.10.27

ここ数日さわやかな秋らしい日が続き、ほんの少しだが気分がいい。そんな中Netで話題のチェコとウクライナ合作作品、“異端の鳥”を観に日比谷へ出かけた。
さて、今回見た“異端の鳥”のNet記事では「来場者が途中退場する作品」として紹介されていた。2019年に発表され各映画祭で賛否が分かれた理由は、作品のクオリティが低い訳では無く、表現が余りにリアル且つショッキングなシーンで積み上げられているからにほかならない。確かに映像表現は秀逸で、物語を章ごとに分け、まるで写真集のページを捲りながら進んで行くような演出となっている。モノトーンで撮られた各シーンは、監督の美的感覚が伝わる印象深いシーンの連続である。映画祭ではこの映像の芸術性が高く評価され、多くの賞に輝いたようである。
記事の続きに「正視に耐えられない」ということで途中退場する人が多かった反面、最後まで観た観客からはスタンディングオベーションが起こったという。この奇妙な現象に、ここ数年の中で最大の問題作と言われているそうである。
この作品は2時間49分という長尺の上、めを背けたくなる描写がこれでもかこれでもかと延々と続く。これにはわたしも正直倦怠感を覚えた。これにより途中で席を立つという流れが生じたのだと理解できる。私見だが何度も観たくなる映画とは、決して言えないのが本音。前に観た“ミッドサマー”という作品をかなりきつく言ったことがあるが、好きか嫌いかと言われれば好きな作品には選べない。“ミッドサマー”もそうであったように、作品の完成度は申し分なく素晴らしい。だが???である。単純に言えば好みでないということである。監督がこの作品を創ろうとしたことには相当な覚悟があっただろうし、その姿勢は大いに評価されるべきものであることは間違いない。戦争を背景に差別や権利、そして命の尊厳といった大きな課題を表現していて、考えさせられる。それは良い意味ででは無く、ある意味諦めに近い人間の中にある本質を問う、どうしようも無く拡がる個人主義の現われにも近い。自分の中にも「もしかしたら」と思うだけで、背筋が寒くなる。見終わると静かな歌(ポーランドの曲?)が流れ、エンドロールとなる。強烈過ぎて、すぐに席を立つことが出来なかったわたし。周りを見渡すと逆に1秒でも速くその場からいなくなりたいと思う人たちが出口へと・・・。感想はこんな感じですが、おおよそのイメージは伝わったかと思います。
物語はホロコーストから逃れ疎開した先での差別からはじまり、ひとりふるさとを目指し苦難の旅を続ける少年の話である。撮影にはかなりの時間を費やしたようで、主人公の少年も身長が伸び顔も次第に大人びてきている。もちろん少年の体験する過酷極まりない条件を乗り越えれば、当然変わる表情は当たり前。そこまでしても表現したいという信念が監督にはあったのだろう。原作はポーランドの作家イェジー・コシンスキの小説で、タイトルも同じく内容もほぼ忠実に描かれているそうである。発表当時、その内容故発禁になった国もあるそうである。リアル且つ、静寂のモノトーンで描かれた作品のインパクトは凄まじくしばらく夢にでそうである。主人公の少年を演じたぺトル・コトラールくんの頑張りには脱帽である。彼は全くの素人で選ばれたキャストというから恐れ入る。上手いなんて言葉では称賛出来ないほど、ただただ凄いのひと言です。脇をかためていた俳優さんたちの顔ぶれもすごく、ハーヴェイ・カイテルやウド・キアという個性俳優さんたちが多数でていました。みな鬼気迫る表情で役を演じていて、いっけん優しそうに見えるが何か裏がありそうと疑いたくなるような演出ばかりで疑心暗鬼になります。
さて、話しは長くなりそうなのでここまでにします。観る観ないはあなた次第。ただもし観たら、この作品について語り合うのもいいコミュニケーションを生むと思います。

P.S. ひとつ気がかりなことがある。主人公の少年は苦難を乗り越え父親と再会し、ふるさとを目指すバスに乗車し、そのバスを鳥瞰で捉えたカットで終わる。わたしはその後の少年がどうなっていくのかが、ひどく気がかりなのである。地獄のような時の中で生き残った彼が、とうていまともな精神状態であるわけが無い。物語の終盤でも、そこらへんが感じ取れるのである。それを思うとますます眠れなくなる、そんな日が続きそうで・・・。


by eddy-web | 2020-10-28 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ522 “スパイの妻” 秋晴れの青空のもと、次女の参加... >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif