人気ブログランキング | 話題のタグを見る
わたしの中の大好きな映画(BESTチョイス)其の十二/“ふたり”
わたしの中の大好きな映画(BESTチョイス)其の十二/“ふたり”_e0120614_14470794.jpgわたしの中の大好きな映画(BESTチョイス)其の十二/“ふたり”_e0120614_11270483.jpg



今日紹介する作品は、日本で一番好きな監督の1番好きな映画“ふたり”。1991年公開の“ふたり”は大林宣彦監督中期の作品で、数ある名作の中でも最高と呼べる。今年の二月にこの世を去った大林監督。長い闘病生活の中、最後まで映画製作に情熱をそそぎ遺作となった“海辺の映画館―キネマの玉手箱”の公開を待たずして天に召されました。以前にも言いましたが、大林監督の作品が大好きなわたしだが、本当はどの作品からも溢れ出る優しさと深い愛を表現する監督自身が好きなのかも知れない。ほとんどの作品を鑑賞していますが、今日はその中でもこれぞ大林ワールドと呼べる“ふたり”を紹介します。絶対に観て欲しい1本です。
この作品は「新・尾道3部作」の第一弾として公開されましたが、これは映画配給側が勝手につけたくくりで監督自身は特にシリーズとして意識は無かったと聞いています。監督の作品は監督のふるさと尾道が舞台になることが多く、何かにつけくくりたかったようであある。1982年に自身の郷愁を込め製作した尾道が舞台の“転校生”が評判となり、続けて“時をかける少女”“さびしんぼう”と発表し多くの熱狂的ファンを獲得した。間違いなくわたしもそのひとりである。主人公に新人の俳優さんを使うことが多く、当時アイドルと呼ばれる女優さんを起用し「アイドル映画の第一人者」とも称されていました。軽い言い方だが、わたしに言わせれば新人アイドルをもっとも輝かせることが出来る監督だと言えます。映画を観れば解ることで、その女優の一番輝いている部分を引き出すテクニックは唯一無二の手腕では無いでしょうか?そして起用された女優さんたちはみなその後も輝き続けて、素晴らしい俳優となり活躍をしています。作品の中身をこよなく愛し、そして使う俳優さんたちにも深い愛情をもって接していたからこそ多くの感動映画を残したに違いありません。
さて、どうもまた熱くなり語りましたが“ふたり”の物語を少々紹介致します。原作は売れっ子作家の赤川次郎氏。中でも“ふたり”は氏の代表的作品で本人も名刺代わりの作品と述べている。物語は不慮の事故で亡くなってしまった、しっかり者の姉(千津子)と、ちょっと天然で姉に頼ってばかりいた妹(実加)との、奇妙な共同生活(幽霊になった姉との)を軸に進んで行く。姉千津子の死から、続いて起こる多くの不幸。くじけそうになる妹・美加に寄り添うように支える姉・千津子との繋がりが何度も涙を誘います。多くの試練を乗り越え、少しづつ大人になっていく実加の成長が思わず「頑張れ!!」とこころで叫んでしまいます。途中、父親の不倫問題なども絡み「そりゃ無いぜ!お父さん!!」とも言いたくなりますが、終わって観れば父親の苦しい葛藤が伝わり「まぁ、しょうが無いか?」なんて思ってしまう自分がいた。このあたりが大林監督のやさしさが溢れているところです。
作品はほぼ原作に忠実に描かれているのだが、この不倫話は作者のが執筆中に作品は若年齢層のファンも多いのでない方が良いのではの意見が出たらしい。しかし赤川氏は子どもだから(ファンタジー)とするので無く現実に起こりうることを経験するのも小説の役割と執筆に至ったとの話。こんな裏話を聞くと、このことを大林監督もきっと解っていたような気がします。なぜなら、“ふたり”は映画化したくないと強く思っていた赤川氏に、それを承知で交渉し映画化にこぎ着けたとのこと。聞けば聞くほどこの作品の重さをひしひしと感じます。ちなみにわたしは公開当時、あまりにこころが打たれ1週間毎日映画を観に劇場通いをしてしまいました。今観ても、最高です。
妹・千津子を石田ひかり。姉・千津子を中嶋朋子が演じています。中嶋朋子は俳優としてすでに多くの評価を獲ていて若手のホープ的存在。さすがの存在感で映画の重要な役割を見事に表現していました。対して石田ひかりはまさにデビュー作としての初陣。いろんな苦労があったらしいが、大林監督の慈愛に満ちた環境の中で見事に花開いたともいえる。デビュー作にして代表作といえる作品になっています。脇を固める俳優陣は大林組ともいえる常連のみなさんですが、チームワークが目に浮かぶようなそれぞれが素晴らしい演技をしています。特に父親役の岸部一徳さんが素晴らしいです。まだまだ語り尽くせませんが、切りが無いのでこの辺で止めておきます。100%と満足する作品です。ぜひ、ご覧あれ!
P.S. 音楽を作曲家の久石譲さんが担当し、映画の印象を更に拡げています。宮崎駿監督のジブリ作品のすべてを創った久石氏だが、この作品でも強い印象を残しています。また挿入歌「草の想い」を大林監督とデュエットで歌い、映画に華を添えています。これも必見(必聴)です。わたしは後に中嶋朋子がレコーディングした同曲のシングルを買い、当時毎日聴いて映画の余韻を楽しんでいました。


by eddy-web | 2020-07-15 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ512 “ストー... わたしの中の大好きな映画(BE... >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif