人気ブログランキング | 話題のタグを見る
わたしの中の大好きな映画(BESTチョイス)。其の五/“泥の河”
わたしの中の大好きな映画(BESTチョイス)。其の五/“泥の河”_e0120614_16115134.jpgわたしの中の大好きな映画(BESTチョイス)。其の五/“泥の河”_e0120614_16255274.jpg




今日紹介するお勧めの作品は、日本映画の小栗康平作品“泥の河”。一度、よもやまシネマ-350(2017/9・28)でご紹介した作品です。すでにその時熱く語っているのですが、語り尽くせない思いを少々上積みして、再度語りたいと思います。原作は1978年に刊行された宮本輝さんの小説で、氏はこの作品でデビューし「第13回太宰治賞」を受賞している。映画は1981年に公開されたもので、小栗監督にとっての記念すべき処女作となった。偶然とは言え二人には記念すべきデビュー作となっているのも、不思議な因縁かも知れない。小栗監督はあまり多く作品を世に出していない。何か拘りがあるのか、そこらは作品を観る度にいろいろと考えさせられる部分も多い。この“泥の河”は公開されるまでは、紆余曲折あったようである。拘りのせいなのか制作費がオーバーし借金をかかえてしまったことや、それを親交のある大林監督がいろいろと影で動いてくれやっと試写会にまでこぎ着けたことなどが逸話として残っています。偶然試写会で当時の東映の岡田社長の目にとまり、「良い映画だ!!」と買い取られ全国公開されたとの話。そしてその年「キネマ旬報ベスト・テン」のベスト・ワンとなりごく内外で高い評価を得、多くの賞を手にした。多くの賞を得たから良い作品であるのではなく、良い作品だから世に出たということは岡田社長の話でも裏付けられる。良いものは誰の目から見ても明らかである。
個人的に小栗監督の作品は好きだが、何と言っても“泥の河”はわたしには一番。6作品の中ではシンプルでとても客観視され、伝わる感情が表現されています。内容はもちろん、演技者たちの生き生きとした演技、そして時代を克明に蘇られた映像と演出のきめ細やかさ。すべてに感動です。前に一度気持ちを書いているので重複してしまうかも知れませんが、登場する人たちの演技が沁みます。物語は昭和30年の大阪が舞台で、わたしの子ども時代を主人公の子どもたちは重なる。そんな巡り合わせもあり、わたしのこころの中に深く刻まれたことは間違いない。人々が戦争の爪痕からようやく立ち上がり、懸命に生きているそんな姿に胸が震える。人と人との繋がりがとても深くそして暖かく哀しい。
主人公・信雄は裕福とは言えないが、河口の側で食堂をしている父母の愛情に包まれ暮らす少年。そこにある日、店の側に着岸した舟で暮らす兄弟と知り合うところから物語が進んでいく。ひと夏の出会いと別れがこの物語の軸となり、人生の中で生きること生きて行くこと難しさを教えてくれる。この少年がこの後、どういう人生を辿って生きていくのかがとても気になってしまうわたしである。信雄のお父さんやお母さんもそうであった様に、人は何かしらひとには語れない秘密(過ち)を背負って生きている。信雄にとってのこの体験はきっと生涯で消えることの無いものになった事だろう。自身を責めるこころが儚く、切なく、そして哀しい。でもこれだけは言える、きっと信雄はこの経験を糧にひとに寄り添える大人に成長するに違いない。両親がそうであるように・・・。
P.S. 三人の子役が本当に素晴らしいです。前年ながら三人ともその後俳優になったとは聞いていませんが・・・。ラストの岸から離れて行く舟を追いかけ走る信雄の姿と「きっちゃ~~ん、きっちゃ~~ん」と叫ぶ声は頭から離れず、思い浮かべるだけで号泣です。絶対に見て欲しい、日本を代表する作品の一本です。
※今回の画像は小説の表紙。
by eddy-web | 2020-06-14 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< 50歳の記念に娘と走った、佐渡... わたしの中の大好きな映画(BE... >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif