人気ブログランキング |
西武池袋線・江古田駅近くの浅間湯(せんげん湯)は、玄関前に立つ狸の置物が睨みを利かす粋なお風呂屋さん。
西武池袋線・江古田駅近くの浅間湯(せんげん湯)は、玄関前に立つ狸の置物が睨みを利かす粋なお風呂屋さん。_e0120614_13232684.jpg銭湯探訪49
浅間湯「せんげん湯」(練馬区栄町38)
2020.2.19


しばらく空いてしまった巡礼の銭湯巡り。50軒目目前での足踏みに、けじめをつけるべく出かけた先は練馬区江古田。ここは30年ほど前に度々足をはこんだ思い出の街。大切なひとが住んでいた街の風景は、当時の面影を残しつつもかなり変ってしまいマンションが駅前に立ち並ぶ。駅舎もモダンになり、ここがあの江古田という印象。江古田駅周辺は日大芸術学部のキャンパスを筆頭に武蔵野音大、武蔵大学と多くの大学が集まり学生街と住宅地が溶け込んだ町並みが拡がるところ。
西武池袋線・江古田駅近くの浅間湯(せんげん湯)は、玄関前に立つ狸の置物が睨みを利かす粋なお風呂屋さん。_e0120614_18355578.jpg
北口駅前を出るとすぐ目に入るのが浅間神社の鳥居。まさに街の守り神と言ったところ。富士信仰の神社は境内の奧に富士塚があり、由緒深き神社と資料に記載されている。その昔神社の所有をめぐり小竹町と江古田町の争いがあり、夏にもかかわらず雪が降る天変地異が起こったそうである。それを気に双方の町は争いを止め共有の氏神として祀ったという伝説が残っています。銭湯を訪ねてきて、思わぬ歴史の勉強をさせてもらった。コレだから銭湯巡礼旅は止められません。
西武池袋線・江古田駅近くの浅間湯(せんげん湯)は、玄関前に立つ狸の置物が睨みを利かす粋なお風呂屋さん。_e0120614_18362031.jpg
さて、浅間湯(せんげん湯)は浅間神社の脇道を2~3分真っ直ぐ行ったところにあるのだが、裏手になるようで四角い煙突が突然マンションの建物の後から姿を現す。威風堂々とした佇まいはこれぞ街のシンボルといったところ。開業時間が4時ということで、ちょっといままでにない営業時間に戸惑いながらも、その時間を利用し街をブラブラ。30年という時間の流れは、街を変化させ驚きと同時にちょっと寂しい気持ちが湧いたわたし。年をとると何故か過去を振り返ることが多くなる。過ぎた時間は戻ってこないのですが・・・。気を取り直し歩くと、街のいたるところに昔のままの風情も残り、時代の変化にも負けず生きている街の息吹を感じる事が出来た。路地裏にはいると美味しそうな居酒屋さんがいっぱい。むかしを思い出しながら歩いた街並の中、覚えているお店も何件か見つかりその瞬間はタイムスリップ状態になる。いまでも頑張っている姿に、ちょっぴり感動。駅の周辺をぐるりとし、時間を見計らい浅間湯へ・・・。
西武池袋線・江古田駅近くの浅間湯(せんげん湯)は、玄関前に立つ狸の置物が睨みを利かす粋なお風呂屋さん。_e0120614_18364479.jpg
ネットであらかじめ調べてはいたが、玄関前には噂の狸がドンと立ち睨みを利かせていた。「これがシンボルの???」タヌキか?と思わず見入ってしまった。なかなかユニークなお出迎えである。さっそく中に入るとおばちゃんが笑顔で迎えてくれた。まずはいつものスタンプをもらい中へと・・・。庶民的な感じの地元に根付いた感じのレトロな佇まい。ビル銭湯とはいえ、なんと90年以上の歴史を誇るお風呂屋さん。学生さんが多く住む街の銭湯は、下宿している学生さんたちにとってはきっと身も心も暖っためてくれる場所だった事でしょう。天上は低いが清潔感ただよう空間がそこにはありました。
西武池袋線・江古田駅近くの浅間湯(せんげん湯)は、玄関前に立つ狸の置物が睨みを利かす粋なお風呂屋さん。_e0120614_18371985.jpg
浴場に入ってまず目に飛び込んできたのが、富士山ではなく、不思議なタイル画の絵。モダンというか??いままで観たことのない雰囲気の抽象的表現が男湯と女湯を跨いで描かれていた。調べてみると、先代がリニューアル時に「どうせならユニークな壁画を」と、土地柄もあり芸大の先生にデザインを依頼したとの事。テーマは“家族愛”との事だが、抽象画ということで人それぞれの捉え方で楽しめばそれで吉と言ったところ。色合いがカラフルでなんだか元気を貰える感じがします。お湯は地下水を汲み上げての鉄分豊富なお湯らしく、身体の芯までポッカポカ。サウナもあるので時間のある人には、たまらないオアシス。わざわざ遠出してまで来たかいがあった江古田の銭湯。思い出と一緒に新たな発見もあり、大満足な一日になりました。また、訪ねてみたいお風呂屋さんに出会う事が出来ました。
by eddy-web | 2020-02-21 18:37 | Love ゆ Tokyo(銭湯探訪) | Comments(0)
<< 江古田駅から伸びる商店街を新桜... よもやまシネマ501 “191... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif