人気ブログランキング | 話題のタグを見る
よもやまシネマ501 “1917/命をかけた伝令”
よもやまシネマ501 “1917/命をかけた伝令”_e0120614_16530996.jpgよもやまシネマ501 “1917/命をかけた伝令”_e0120614_14195577.jpg




2020.2.14

501本目のスタートに選んだ作品は、本年度アカデミー賞で視覚効果賞など3部門を受賞した“1917/命をかけた伝令”。もちろん作品賞にもノミネートされた作品でしたが、結果は韓国映画“パラサイト”に軍配が上がりました。アカデミー賞初となる外国作品の受賞が、今話題となりロングラン上映となっています。わたしが一押しの作品“ジョジョ・ラビット”も残念ながら脚色賞にとどまりましたが、それぞれの部門受賞にこころから拍手を贈ります。
さて、“1917”ですが、前編ワンカットと銘打っての視覚効果に拘った戦争アクション映画。正直ワンカットというくくりの作品の意味が、解りずらかった私でしたが物語がはじまりすぐにその意味がわかりました。主人公に視線を合わせずーっと追いかけて続く撮影手法は、エッ!こんなことって出来るの?と思わせる。通常はいろんな視点に立ちあらゆる角度から撮影したものをカットで割っていき、つなぎ合わせて演出したものをまとめる。ところが今作は主人公をメインにレンズを向けづ~っと定点のままストーリーが続く。もちろんアングルや遠近の動きはあってのことで、まるで1台のカメラで撮影したかのように展開する技術に自分自身がその場にいるかのような、そんな臨場感と緊張感が途切れる事無く体感でき、とてつもなくリアルな感覚に至る。こんな気分になったことは記憶に無い・・・。もちろん1台のカメラだけ回しての撮影などあり得ないのだが、その道のクリエーター(VFX)たちの見事な技術でわたしたちを翻弄する。騙されているのだが、そうとは思わせないところが本当に凄いところである。嘘っぽさが本当に見当たらず、あまりのリアルさに鳥肌さえ立つ。戦場での孤独感や命と向き合う瞬間が見事に伝わり、一瞬たりとも気の抜けない戦争の怖さを体感することになる。たった1日の出来事が、こんなにも重たくのしかかる戦争とはなんと罪深い愚行なのだろう。戦争映画にまたひとつ、名を刻む映画が現われたと確信したわたし。
物語はこの作品の監督サム・メンデス(007 スカイフォール)が、祖父から聞いた体験談をもとに創り上げた渾身のワンカット作品(ワンカットに見える映像)の構築はただただ見事としか言い様がない。1917年の第1次世界大戦時に西部戦線での攻防のさなか、若い二人の兵士に下された重要任務の伝令。一刻をあらそうその伝令を持ち、戦場の真っ只中をひたすら前に進む兵士2名の運命やいかに・・・。
映像表現への拘りが半端なく、その飽くなき探究心で創られた映画はその枠を飛び出し観る者を戦争の真っ只中に放り出す。息を潜め目をこらしまるでその場にいるとしか思えない緊張感の連続が続き、ラストはまるで魂の抜け殻状態に至る。こんな言い方も変なのだが、シーンによっては恐怖感が頂点を超え、美しいとさえ感じてしまうところが多々ある。ランアーズ・ハイということばが適切ではないが、極限に追いこもれた人間の精神状態とはこう言う事なのか?と思わせる。500本目に観た“大脱走”の興奮冷めやらない内に鑑賞した同じ戦争を題材にした“1917”もまた、映画の持つ可能性を拡げたまさしくエンタメ作品かも知れません。
P.S. 主人公のひとりスコフィールド上等兵を演じたジョージ・マッケイ、そしてもうひとりブレイク上等兵を演じたディーン=チャールズ・チャップマン。二人の全身全霊で演じ上げた主人公の二人は戦争のもつ意味をまさに伝える見事なものでした。間違いなくこれから進んでいく俳優としてのキャリアに輝く、唯一無二の作品になる事だと思います。これからの二人にも注目です。今年のアカデミー賞は決まりましたが、候補にあがったどの作品も甲乙つけがたいものばかりで映画ファンを大いに楽しませています。全部とは言いませんが、ひとつくらい観ても損はないと思います。今すぐ、劇場に直行しましょう。


by eddy-web | 2020-02-18 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< 西武池袋線・江古田駅近くの浅間... よもやまシネマ500 “午前十... >>



エディデザイン室
by eddy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif