人気ブログランキング |
よもやまシネマ465 “アド・アストラ”
e0120614_17265650.jpge0120614_22021431.jpg



2019.9.21

ブラッド・ピットが制作に参加し、自ら主演を勤めた映画“アド・アストラ”を鑑賞した。SF映画の名作は多い。未来を描いた作品は想像力を掻き立て、観る側のこころに夢を与えてくれる。時代はどんどん進化を続け、むかし描かれたSFの世界はいまや現実となりはじめ、夢が夢では無くなりつつある今。今作はそんな時代を象徴したような、そんな作品として近い未来を舞台に「宇宙の彼方で」おきたスペース・アクションの物語である。解説で紹介されていたのだが、この作品のテーマは、宇宙を夢見た時代は終わり、人類は遂にサイエンス・フィクションからサイエンス・ファクトを体験する時代へと足を踏み入れたようだ。確かにこの作品もそうだが、2013年に公開された“ゼロ・グラビティ”など、近年創られている作品の多くは夢物語ではない未来の真実を解き明かすようなセッティングが多い。NASAなどの協力を得て、今回もリアルな表現を徹底して追求しまるで自身が宇宙にいるような感覚を味わう事が出来る。その昔“2001年宇宙の旅”を観て、宇宙の神秘に触れそして未来を夢見た頃。それがいまは、ほぼ現実になっている事実。人間の持つ能力とその進化は、それこそ無限大なのかも知れない・・・。先はども言ったが人類は創造したものを、ほぼ現実にしてきているのは明らかである。
さて、話しが壮大になりすぎて収集が付かなくなりそうなので“アド・アストラ”の話しに戻しましょう。いままでのSF作品と違う点を上げるとすれば、サイエンス・ファクトをただ映像で表現するだけで無く、人類の夢(地球外知的生命体の存在)を証明するためのミッションをテーマにしたところにある。いまだに創造の域を脱する事の出来ない、謎の存在(地球外知的生命体)や、未確認飛行物体(UFO)の科学的証明。これだけは、いまだ謎のままで人類が確かめたい永遠の夢でもある。物語はあるミッションにより、遙か彼方の海王星で行方不明になった父親が生存しているというところからはじまる。今回の作品では一応の結論を出す形で物語を構成し、かつリアルに表現している。こういう方向性でSFを描くというのは、今までに無い着想である。夢と現実の狭間にある永遠のテーマの新しい切り口かも知れない。きっと賛否はあるに違いないが、こればかりは誰も知るよしのないこと。いるのかいないのかは、それこそ近い未来にはっきりすることなのだろう?信じる信じないはこれまた、個人の勝手である。だからこそ、これからもますます科学が発達し、今回の映画が現実になる日が来ると思えたわたし。ブラピは制作にも参加し、自ら主演をつとめ全身全霊で主人公ロイを演じている。デビュー当時から注目を集める存在だったが、いまや押しも押されもしないハリウッドの顔になりました。顔も良くて、頭も良くて、その上才能にも恵まれている。ついこの間観た作品“ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ”の演技もインパクトがありましたが、今回は一見クールな人格の裏側にある苦悩を見事に演じ分け素晴らしい演技でした。トミー・リー・ジョーンズやドナルド・サザーランドと言ったレジェンドに囲まれながら、しっかりと自身のオーラを出しここにピットありと重厚な演技をみせてくれました。ブラピの愛称で親しまれ、俳優、そしてプロデューサーとしてもアカデミー賞に3度づつノミネートされていますがいまだ無冠。ただこれももはや時間の問題でしょう?間違いなくその栄光を手に入れると信じてやみません。ブラピ最高です。
P.S. ロイを影で支え協力した火星基地の責任者ヘレン(ルース・ネッガ)の、登場するシーンは少ないがとても印象に残る存在でした。この物語の中で見終わった後も気になっているのが、彼女のその後の処遇。ロイは無事地球に生還したが、火星しか知らない彼女のことが心配で、夜も眠れません・・・。誰か教えてください。


by eddy-web | 2019-09-24 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ466 “人間失格” 65歳以上は無料でお風呂に入れ... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif