人気ブログランキング |
よもやまシネマ430 “ミスター・ガラス”
e0120614_17132018.jpge0120614_19175161.jpg




2019.1.18

M.ナイト・シャマラン監督作品“ミスター・ガラス”を鑑賞。サスペンススリラー作品“シックス・センス”でシャマラン監督の世界に引きずり込まれたわたしは、それ以降彼の作品には目がない。鬼才と謳われる彼の表現センスは、ラストまで答えを見せない大ドンデン返しの展開が最大の魅力。だが、期待が大きい分評価が割れてしまうのも事実。有名税みたいなもので、高い評価を得る良質の作品を世に出すと、期待度も高く評価の的になるのが世の常。大変な職業である。わたしは評論家ではないので、重箱の隅をつつくような映画鑑賞は基本しません。あくまで自分中での好みとこころに響いた度合いが物差しである。シャマラン監督のセンスが大好きである。ただ、ほぼ作品は観ているが全部100点なんていうこともありえません。それでもファンであることには変りがない。今作はきっと評価が賛否両論にわかれること間違いなし。わたしの感想は、はじめて観るひとには結構楽しめる作品に仕上がっていると思います。ある情報で理由は解らないが、この作品はシャマラン監督が制作費のすべてを出して創られたと聞きました。何故そうしたのか?それともそうならざる得ない事情があったのかは知るよしもない。どうでもいいことですが・・・。
今作“ミスター・ガラス”は“アンブレイカブル”に登場した、犯罪者イライジャ(サミュエル・L・ジャクソン“)の通称。生まれつきの難病でその身体はガラスのようにもろい。そのハンディを埋めるかのように神は、彼にひと並外れた高い頭脳(IQ)を与えたのだが、自分とは真逆の強い肉体をもつ人間が存在すると信じ、それを見つけるためにトンデモナイ事件を起す。物語は彼が捕まることで一応終演を迎えるのだが、この続編ということで制作されたのが今作品である。イライジャが見つけ出したヒーローが、フィラデルフィアの列車事故で乗客131人が死亡した大惨事。ただひとり生還した男デビット(ブルース・ウィルス)がそのひと。彼の能力は強靭な身体と触れたひとの記憶が瞬時に頭に浮かぶという特殊な能力。いわゆる超能力といわれるようなものだが、”Xメン“などのようにファンタジー的扱いではなく、実在する待望的世界を描いていて観客をワクワクさせる。延長戦として期待して臨んだ鑑賞だが、そこに”スプリット“の多重人格者ケビン[パトリシア・ヘドウィク・ビースト他23の人格](ジェームズ・マカヴォイ)までが絡み、混沌とした展開になってしまう。「スーパーマンvsバットマン」とも「プレデターvsエイリアン」とも違うテイストで、何だかしっくりとこないわたし。登場人物たちの繊細な内面の部分がやや雑な扱いになり、せっかくの魅力が伝わってこない。巧みな心理描写の扱いがシャマラン監督の持ち味だが、今回はアクションの方に比重がやや大きくなりちょっと唖然。もちろんラストまで引っ張る仕掛けもあるのだが、監督らしさがわたしは感じることが出来ませんでした。結論的には超人よりも人間のほうが恐いということが何倍も解ります。そして大げさな話しになるが、どんなに優れた能力を持っていても常識を越えた時に、社会から異端とみなされ、差別が生まれるという現実がこころに残った。現実社会でもこの問題は根深く、簡単には解決できない。永遠に続いていくテーマなのかも知れません。少なくとも今作で、わたしの中には差別に対する新たな意識が芽生えました。みなさんはどんな結末を期待しますか?どうか自分の目で確かめにお出かけください。
P.S. 映画鑑賞の記念に必ず購入するのがプログラム(パンフレット)なのだが、どういう訳か販売していない。売り切れということはあったが、こんなことは初めて???聞けば製造していないと販売員のひとこと・・・。なんだか納得いかないまま、モヤモヤした気持ちをかかえ映画を観ることになり、結果も???でした。
by eddy-web | 2019-01-22 00:00 | よもやまCINEMA(映画の話) | Comments(0)
<< よもやまシネマ431 “12人... よもやまシネマ429 “クリー... >>


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 06月
2007年 05月
フォロー中のブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


logobr.gif